日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
気になるもの
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 10:39
前回は白鳥ばかりで す..
by gipsypapa at 09:21
すごい数の白鳥。 今が..
by gipsypapa at 09:16
可愛いですね、バグースで..
by umi_bari at 09:04
落語「弥次郎」で、ほら吹..
by saheizi-inokori at 08:39
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 06:49
rollingwestさ..
by j-garden-hirasato at 05:20
otti468さん、コメ..
by j-garden-hirasato at 05:15
雲の重なり具合と白鳥の群..
by rollingwest at 21:02
白鳥には憧れがあります^..
by otti468 at 08:47
London Calle..
by j-garden-hirasato at 06:01
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:57
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:54
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:52
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:48
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:46
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:44
sternenlied3..
by j-garden-hirasato at 05:40
ほしがきさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:38
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:32
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
ライフログ
画像一覧


タグ:レトロ ( 170 ) タグの人気記事

横浜そぞろ歩き・洋館巡り:山手10番館&横浜外国人墓地

再び、横浜洋館巡り。

今回で6回目。

先の山手資料館のお隣り、

こんな広場がありました。

f0049074_21401176.jpg

『山手10番館』。

f0049074_21405568.jpg

昭和42年(1967)、

「明治100年」を記念して建てられた洋館です。

f0049074_05425318.jpg

1階はカフェ、2階はレストラン、

f0049074_21420284.jpg

1日1組限定のプライベートウエディングもできるようです。

f0049074_21424529.jpg
f0049074_21432106.jpg

その道を挟んで反対側には、

『横浜外国人墓地』があります。

f0049074_21440374.jpg

嘉永7年(1854)、

マストから誤って転落死したアメリカ海軍の水兵の埋葬地を

ペリー提督が幕府に要求。

f0049074_21445325.jpg

海の見えるところに墓地を設置して欲しい、

というペリー提督の意向を受け、

墓が設置されたことに由来します。

f0049074_21452822.jpg

訪探日:2018.01.19


by j-garden-hirasato | 2018-02-15 05:40 | レトロな建物 | Comments(26)

横浜そぞろ歩き・洋館巡り:山手聖教会&山手資料館

横浜洋館巡りの5回目。

さらに、港の見える丘公園に向かっていくと、

『山手聖教会』があります。

f0049074_20231264.jpg

プロテスタント・日本聖公会横浜教区に属する教会で、

外壁には大谷石が使われています。

f0049074_20233925.jpg

昭和6年(1931)の築。

設計は、JH・モーガンです。

f0049074_20240925.jpg

続いて、『山手資料館』。

f0049074_20244549.jpg

明治42年(1909)の築。

f0049074_20250721.jpg

横浜市内に残る唯一の「和洋併設型住宅」木造西洋館です。

f0049074_20254156.jpg

元々は、牧場を営んでいた中澤氏が、

明治42年(1909)に建てた邸宅です。

f0049074_20261046.jpg

当初は、

和風住宅に洋館が連結した和洋折衷の大邸宅でしたが、

昭和2年(1929)に洋館部分を旧牧場地に移築、

その後、昭和52年(1977)に現在地へ再移築されました。

f0049074_20264227.jpg

現在は、民間の資料館として利用されています。

f0049074_20270405.jpg

横浜市の歴史的建造物に指定されています。

f0049074_20273627.jpg

探訪日:2018.01.19


by j-garden-hirasato | 2018-02-09 05:15 | レトロな建物 | Comments(30)

横浜そぞろ歩き・洋館巡り:山手80番館遺跡&山手234番館

横浜洋館巡りの4回目。

先に紹介したエリスマン邸に隣接して、

『山手80番館遺跡』があります。

f0049074_21125882.jpg

関東大震災前の異人館の遺跡です。

f0049074_21143831.jpg
f0049074_21222906.jpg

震災当時は、

マクガワン夫妻の住居でした。

f0049074_21233972.jpg

明治末から大正初期に建てられたと考えられています。

f0049074_21241717.jpg
f0049074_21250654.jpg

続いて、『山手234番館』。

f0049074_21255101.jpg

昭和2年(1927)頃に建てられた

外国人向けの共同住宅(アパートメント)でした。

f0049074_21262942.jpg

関東大震災の復興事業の一つとして建てられたものです。

f0049074_21270911.jpg


設計者は、朝香吉蔵。

f0049074_21304382.jpg

戦後は米軍による接収などを経て、

昭和50年代頃までアパートメントとして使用されていました。

f0049074_21333271.jpg

平成元年(1989)に横浜市が歴史的景観の保全のために取得、

修繕工事を施し、

平成11年(1999)から一般公開されています。

f0049074_21341808.jpg

探訪日:2018.01.19


by j-garden-hirasato | 2018-02-07 05:15 | レトロな建物 | Comments(28)

横浜そぞろ歩き・洋館巡り:べーリック・ホール&エリスマン邸

横浜洋館巡りの3回目。

続いて、

『べーリック・ホール』。

f0049074_06073766.jpg

イギリス人貿易商B.R.ベリックの邸宅として、

昭和5年(1930)に建てられました。

f0049074_06084505.jpg

戦前まで住宅として使用された後、

昭和31年(1956)、

遺族が宗教法人カトリック・マリア会に寄付。

f0049074_06091791.jpg

その後、平成12年(2000)まで、

セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの

寄宿舎として使用されていました。

f0049074_06094277.jpg

現存する戦前の山手外国人住宅の中では、

最大規模の建物です。

f0049074_06105458.jpg

設計は、アメリカ人建築家J.H.モーガン。

f0049074_06111969.jpg

モーガンは、

山手111番館や山手聖公会、根岸競馬場など

数多くの建築物を残しています。

f0049074_06123043.jpg
f0049074_06130003.jpg

平成13年(2001)、

元町公園の拡張で用地を横浜市が買収。

f0049074_06141540.jpg

建物は、

宗教法人カトリック・マリア会から寄付されました。

f0049074_06151455.jpg

続いて、『エリスマン邸』。

f0049074_06154660.jpg

生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人格だった

スイス生まれのフリッツ・エリスマンの邸宅でした。

f0049074_06170567.jpg

大正15年(1926)に山手町127番地に建てられました。

f0049074_06212160.jpg

設計は、

「近代建築の父」といわれる

チェコ人・建築家アントニン・レーモンド。

師匠は、世界的建築家F.L.ライト。

f0049074_06215165.jpg

昭和57年(1982)、

マンション建築のため解体されましたが、

平成2年(1990)、

元町公園内の現在地に再建されました。

f0049074_06222343.jpg

探訪日:2018.01.19


by j-garden-hirasato | 2018-02-05 05:27 | レトロな建物 | Comments(30)

横浜そぞろ歩き・洋館巡り:ブラウ18番館&カトリック山手教会

横浜洋館巡りの2回目。

先に紹介した「外交官の家」と同じ、

山手イタリア山庭園内にある

『ブラウ18番館』。
f0049074_19390822.jpg

関東大震災後に、

山手町45番地に建てられた

オーストラリアの貿易商バウデン氏の住宅です。

f0049074_19401148.jpg

戦後は、

天主公教横浜地区(現カトリック横浜司教区)の所有となり、

f0049074_19413691.jpg

カトリック山手教会の司祭館として

平成3年(1991)まで使用されていました。

f0049074_19420766.jpg

同年、横浜市が部材の寄付を受け、

山手イタリア山庭園内に移築復元し、

f0049074_19433329.jpg

平成5年(1993)から一般公開しています。

f0049074_19442722.jpg
f0049074_19452873.jpg

震災復興期(大正末期~昭和初期)の

外国人住宅の暮らしが再現されています。

f0049074_19471579.jpg
f0049074_19473136.jpg

港の見える丘公園に向かって歩きます。

『カトリック山手教会』。

f0049074_19485345.jpg

隣に幼稚園があり、

チビッ子も教会でお祈り。

f0049074_19495764.jpg

中に入ります。

f0049074_19504616.jpg

教会らしい厳粛な雰囲気です。

f0049074_19515077.jpg

禁教令の緩和直後、

横浜居留地(現在の山下町)に

パリ外国宣教会の創建した横浜天主堂が、

明治39年(1906)、現在の場所に移転しました。

f0049074_19515986.jpg

当初の建物は関東大震災で倒壊しましたが、

ヤン・ヨセフ・スワガーの設計により

昭和8年(1933)に再建されました。

f0049074_19531537.jpg

探訪日:2018.01.19


by j-garden-hirasato | 2018-02-03 07:40 | レトロな建物 | Comments(22)

横浜そぞろ歩き・洋館巡り:山手214番館&外交官の家

先の先の週末、

東京の娘のところに行ってきました。

娘は授業だったので、

ひとりで横浜を闊歩してきました。

f0049074_21510754.jpg

今回の目的は、洋館巡り

f0049074_21532667.jpg

石川町から歩きます。

f0049074_21560844.jpg

横浜は坂の街。

f0049074_21583033.jpg

まず訪れたのは、

『山手214番館』。

f0049074_22051126.jpg

昭和初期の築。

建築当初の入居者・所有者は不明です。

f0049074_22055021.jpg

一時期、

スウェーデン領事館としても利用された建物。

現在は、横浜共立学園の所有です。

f0049074_22072232.jpg

一旦坂を下り、

谷の反対側を上がります。

f0049074_22081542.jpg

登り切った場所が「山手イタリア山庭園」。

f0049074_22085825.jpg

高台で景色が良かったので、

ここでひと休み。

お昼にすることにしました。

f0049074_22093295.jpg

この公園内にある『外交官の家』。

f0049074_22101940.jpg

明治政府の外交官内田定槌の邸宅として、

明治43年(1910)、

渋谷の南平台に建てられました。

f0049074_22111269.jpg

設計者はアメリカ人で立教学校の教師として来日、

その後建築家として活躍したJ.M.ガーディナー。

f0049074_22132353.jpg

平成9年(1997)、

横浜市は内田定槌の子孫からこの館の寄贈を受け、

山手イタリア山庭園に移築復原し、

一般公開しました。

f0049074_22141976.jpg

このときは、工事のため休館でした。

f0049074_22152283.jpg

探訪日:2018.01.19


by j-garden-hirasato | 2018-01-30 05:55 | レトロな建物 | Comments(24)

東京そぞろ歩き:国立科学博物館

国立西洋美術館の次に向かったのは、

『国立科学博物館』。

明治10年(1877)に創設された、

日本で最も歴史のある博物館です。
f0049074_21505507.jpg

屋外展示のSL
f0049074_21512495.jpg
f0049074_21514345.jpg

本館・日本館の内部はこんな感じ。
f0049074_21521982.jpg

中央ホールを見上げると、
f0049074_21534288.jpg
f0049074_21541232.jpg

上部にはステンドグラスが張り込まれています。
f0049074_21545330.jpg


関東大震災の復興事業の一環で建設され、

竣工は昭和6年(1931
f0049074_21551705.jpg

設計は、

文部省大臣官房建築課の文部技師・糟谷謙三。
f0049074_21561944.jpg

上空からみると飛行機の形をしているそうです。
f0049074_22000480.jpg

国の重要文化財に指定されています。
f0049074_22003737.jpg

実物大のシロナガスクジラも屋外に展示されています。
f0049074_22034654.jpg

つづく。

探訪日:2017.11.04

by j-garden-hirasato | 2017-12-16 05:28 | 美術館・博物館 | Comments(18)

東京そぞろ歩き:国立西洋美術館

再び上野を訪れたのは、

国立西洋美術館に来たかったから。
f0049074_21305134.jpg

『北斎とジャポニズム』展が開催されています。
f0049074_21311155.jpg

国立西洋美術館は、

ル・コルビュジエの設計
f0049074_21325417.jpg

昭和34年(1959)の築。
f0049074_21331741.jpg

「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産として

世界文化遺産に登録されました。
f0049074_21392112.jpg

建物に入ります。
f0049074_21394520.jpg
f0049074_21400713.jpg

同じポーズですが、

これが北斎の影響?
f0049074_21404030.jpg

屋外の彫刻。

松方コレクション。
f0049074_21411129.jpg

川崎造船所(現・川崎重工業)社長を務めた

実業家・松方幸次郎が収集したコレクション。
f0049074_21422653.jpg

ロダンの彫刻。
f0049074_22450084.jpg

この日は、

天候にも恵まれました。
f0049074_22454989.jpg

探訪日:2017.11.04

by j-garden-hirasato | 2017-12-14 05:34 | 美術館・博物館 | Comments(22)

新潟そぞろ歩き・レトロ探訪:上越高田を歩く(その3)

次に向かったのは、

『町家交流館・高田小町』。
f0049074_21293225.jpg

明治に建築された町家「旧小妻屋」を

休憩・案内所として再生・活用した施設です。
f0049074_21295968.jpg

高田の町家の特徴である吹抜けや

土蔵が見学できます。
f0049074_21303147.jpg

雨が降ってきたので、

雁木を通って移動。
f0049074_21305324.jpg

次は、『旧今井染物屋』。
f0049074_21312257.jpg

150年前の江戸後期に建てられた商家。
f0049074_21315206.jpg

高田に現存している最古の町家建築の一つです。
f0049074_21321684.jpg
f0049074_21324931.jpg

続いて、

『高田瞽女ミュージアム』。
f0049074_21331304.jpg

高田瞽女(ごぜ)として

最後まで残った旧杉本家住宅です。
f0049074_21333606.jpg

瞽女とは、

娯楽の少なかった時代、

農村を旅して回り、

三味線や唄いを見せていた芸人のこと。
f0049074_21335998.jpg

高田瞽女の文化を紹介する施設です。
f0049074_21343137.jpg


昭和12年(1937)築の典型的な高田の町家です。

f0049074_21345857.jpg
f0049074_21354663.jpg

続いて、『高田世界館』。
f0049074_21363494.jpg

日本最古の映画館だそうです。

探訪日:2017.11.18

by j-garden-hirasato | 2017-12-06 05:28 | 町並み | Comments(22)

新潟そぞろ歩き・レトロ探訪:上越高田を歩く(その2)

次に向かったのは、

『旧師団長官舎』。
f0049074_15395299.jpg

レルヒ少佐とともに

日本スキーの発展に尽力した長岡外史中将。
f0049074_15410143.jpg

その長岡外史の官舎として、

明治43年(1910)に建てられました。
f0049074_15412210.jpg

平成3年(1991)まで、

自衛隊高田駐屯地の幹部宿舎として使われていましたが、
f0049074_15414213.jpg

明治期の貴重な木造洋館建築物保存のため、

現在の場所に移築・復原されました。
f0049074_15425405.jpg
f0049074_15431618.jpg


上越高田は雁木の町。

現在の雁木。
f0049074_15434577.jpg

次に向かったのは、

『旧金津憲太郎桶店』。
f0049074_15440670.jpg

上越市では、

今に残された町家が公開されています。
f0049074_15443082.jpg

150年前の江戸後期に建てられた町家。
f0049074_15445234.jpg

入ってすぐが桶職人の仕事場。
f0049074_15451415.jpg
f0049074_15453420.jpg

茶の間の吹抜け。
f0049074_15455662.jpg

古いテレビも、

残されていました。
f0049074_15461707.jpg

この黒電話も懐かしい。
f0049074_15463722.jpg

探訪日:2017.11.18

by j-garden-hirasato | 2017-12-04 06:02 | 町並み | Comments(26)