人気ブログランキング |

日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
仏像
スポーツ
赤外線写真
モニュメント
伝統建築
カフェ

水辺
気になるもの
祭り
土木構造物

北アルプス

商業施設
レトロな建物
歴史的建物
現代建築
神社仏閣
美術館・博物館
空港
スタジアム
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
港・漁港
映画
高原
海辺
温泉地
観光地


動物
産業遺産
遺産
バイク
樹木

ギャラリー
夜景
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
これは見事だなあ!
by saheizi-inokori at 08:57
これは本当に見事な枝垂桜..
by gipsypapa at 07:59
うわぁ〜💖..
by N-styel at 06:53
Pentaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:01
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:56
tad64さん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:47
Photo-Lover7..
by j-garden-hirasato at 05:39
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:36
yutaさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:34
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:31
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:27
ejichan555さん..
by j-garden-hirasato at 05:27
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:21
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:16
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:14
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:12
1枚目はマイ・サイクルな..
by Penta at 22:18
おぉっ! パートカラー..
by ninja2005y at 21:34
たとえホームでもたまには..
by tad64 at 17:28
こんにちは。長野もサッカ..
by Photo-Lover777 at 15:51
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
ライフログ
画像一覧


カテゴリ:歴史的建物( 35 )

金沢そぞろ歩き:金沢城公園

金沢そぞろ歩き4回目。

ひがし茶屋街から歩いて金沢城へ。

f0049074_07171129.jpg

もともとこの地は、

加賀一向一揆の拠点で、

浄土真宗の寺院「尾山御坊」がありました。

f0049074_07171706.jpg

織田信長が一揆を攻め落とし、

その跡地に金沢城を築いて、

佐久間盛政が入城。

f0049074_07172476.jpg

後に盛政が賤ヶ岳の戦いで羽柴秀吉により討たれ、

秀吉は、

金沢城を前田利家に与えました。

f0049074_07173117.jpg

利家は、

文禄元年(1592)から改修工事を始め、

曲輪や堀の拡張、

5重の天守や櫓が整備されました。

f0049074_07174246.jpg

慶長7年(1602)、

落雷により天守が焼失。

f0049074_07174953.jpg

江戸時代は加賀藩・前田氏が治めました。

f0049074_07180850.jpg

明治以降、

軍施設が置かれたため、

建物の一部を残して撤去。

f0049074_07183093.jpg

戦後は、

金沢大学の丸の内キャンパスとして使われていました。

f0049074_07183951.jpg

平成7年(1995)に金沢大学の移転、

復元整備工事が行われました。

f0049074_07184853.jpg

菱櫓・橋爪門・橋爪門続櫓、

この五十間長屋が復元されました。

f0049074_07185689.jpg


城址は、国の史跡に指定されています。

f0049074_07190580.jpg

日本100名城にも選定されました。

探訪日:2018.10.27


by j-garden-hirasato | 2019-03-03 07:27 | 歴史的建物 | Comments(30)

長野そぞろ歩き・諏訪:高島城

季節、遡り。

11月中旬、

諏訪湖方面へドライブに行きました。

訪れたのは、『高島城』。

f0049074_21391824.jpg

文禄元年(1592)、

豊臣秀吉の家臣・日根野織部高吉により築城されました。

f0049074_21393545.jpg

完成当時、

城の周り湖水と湿地に囲まれ、

あたかも諏訪湖の中に浮かぶようであったため、

別名「諏訪の浮城」と呼ばれました。

f0049074_21401089.jpg
f0049074_21402776.jpg

天守は三層三階の望楼型。

f0049074_21404442.jpg

天守をはじめ、

主要な建物は瓦葺きではなく葺きでした。

今の天守は、

昭和45年(1970)に復興されたもの。

f0049074_21421925.jpg

葛飾北斎も浮世絵を描いています。

「景勝奇覧・信州諏訪湖」の図。

f0049074_21433388.jpg

公園内は和のテイストで整備。

f0049074_21434933.jpg

敷地内には「諏訪護国神社」も鎮座。

f0049074_21440818.jpg

イチョウの黄葉をバックに、

ご機嫌な狛犬。

f0049074_21442818.jpg
f0049074_21450236.jpg

こちら側には、堀はありません。

f0049074_21452393.jpg

江戸時代初めに諏訪湖の干拓が行われ、

水城の面影は失われました。

f0049074_21454443.jpg

探訪日:2018.11.11


by j-garden-hirasato | 2019-01-15 05:42 | 歴史的建物 | Comments(24)

静岡そぞろ歩き・浜松:浜松城

沼津に行った次の日は、

浜松に行きました。

訪れたのは、『浜松城』。

f0049074_06075856.jpg

野面積みの石垣が今も残ります。

f0049074_06081446.jpg

今川家の家臣・飯尾氏が支配していたこの城を

家康が攻め落とし、

元亀元年(1570)、

本拠地をココに移します。

f0049074_06083108.jpg

もともとは曳馬城(ひくまじょう)という名前でしたが、

「曳馬」=「馬を引く」、

つまり負け戦に繋がり縁起が悪いということから、

この地にあった荘園の名前を取って「浜松城」と改めました。

f0049074_06083920.jpg

家康は29歳から45歳まで

この浜松城で過ごし、

天正14年(1586)に駿府城へ拠点を移します。

f0049074_06085400.jpg

江戸時代は、

徳川家とゆかりの深い譜代大名が代々居城。

f0049074_06090996.jpg

歴代城主の多くが、

幕府の要職に就く者が多かったため、

「出世城」と言われるようになりました。

f0049074_06092129.jpg

「はま松は、出世城なり、初松魚(はつがつお)」

という言葉も生まれました。

f0049074_06094410.jpg

昭和33年(1958)に

模擬天守が再建されました。

f0049074_06095887.jpg

3階は展望台になっています。

f0049074_06102842.jpg
f0049074_06111791.jpg

天気が良ければ、

富士山も見えるようです。

f0049074_06113137.jpg

複製ですが、

有名な「しかみ像」の絵もありました。

f0049074_06115116.jpg

探訪日:2018.08.25


by j-garden-hirasato | 2018-12-02 06:18 | 歴史的建物 | Comments(30)

松本そぞろ歩き:松本城(その2)

松本城の2回目。

お堀には、白鳥のツガイが。

f0049074_07590525.jpg
f0049074_08020405.jpg

オシドリの姿も。

f0049074_08074586.jpg

他にもカモが多数。

f0049074_08344310.jpg
f0049074_08374684.jpg

城の中に入ります。

f0049074_08412055.jpg

薄暗い城内。

f0049074_08462798.jpg

階段が急で、

頭を打ってしまいました。

f0049074_08483975.jpg

最上階の天井には、

二十六夜神が祀られています。

f0049074_08512386.jpg
f0049074_08525217.jpg

屋根のハト、

城主のような貫録です。

f0049074_08544464.jpg
f0049074_08585239.jpg

探訪日:2018.03.03


by j-garden-hirasato | 2018-03-21 10:41 | 歴史的建物 | Comments(24)

松本そぞろ歩き:松本城

3月の初旬、

松本に行きました。

この場で何度かアップしていますが、

松本城へ。

f0049074_05081002.jpg
f0049074_05090797.jpg

現存する五重六階の天守の中で

日本最古の国宝の城です。

f0049074_05095835.jpg

大天守(だいてんしゅ)、

乾小天守(いぬいこてんしゅ)、

渡櫓(わたりやぐら)、

辰巳附櫓(たつみつけやぐら)、

月見櫓(つきみやぐら)の五棟で形成されています。

f0049074_05104838.jpg

大天守。

f0049074_05105862.jpg
f0049074_05114811.jpg

大天守の左手前が辰巳附櫓、

その前が月見櫓。

f0049074_05120806.jpg
f0049074_05165126.jpg

戦うことを想定した備えをもつ

大天守、渡櫓、乾小天守の三棟が戦国時代末期に、

f0049074_05174643.jpg

辰巳附櫓、月見櫓の二棟は、

江戸時代初期、

平和になった時代に建てられました。

f0049074_05180614.jpg

異なる時代にわたって建築された松本城。

f0049074_05184125.jpg

別名、烏城と呼ばれています。

f0049074_05190476.jpg

探訪日:2018.03.03


by j-garden-hirasato | 2018-03-19 05:40 | 歴史的建物 | Comments(26)

東京そぞろ歩き:湯島聖堂

東京そぞろ歩き5。

10月に地元のサッカーチーム、

長野パルセイロ・レディースの試合観戦で

東京に行ったとき、

御茶ノ水駅周辺をウロウロしました。

まず、訪れたのが『湯島聖堂』。

f0049074_06062128.jpg

徳川五代将軍・綱吉は、

儒学の振興を図るため、

元禄3年(1690)、

上野にあった廟殿と林家の家塾を移し、

聖堂を創建しました。

f0049074_06071690.jpg

これが湯島聖堂の始まりです。

f0049074_06081457.jpg

その後、

寛政9年(1797)には、

幕府の直轄の学問所となりました。

f0049074_06121353.jpg

明治になると新政府の所管となり、

明治4年(1871)に学問所は廃止、

文部省が置かれました。

f0049074_06130192.jpg

同年、わが国最初の博物館が置かれ、

翌明治5年(1872)には東京師範学校、

f0049074_06135236.jpg

明治7年(1874)には、

東京女子師範学校が設置されます。

f0049074_06144344.jpg

両校はそれぞれ、

現在の筑波大学、お茶の水女子大学へと発展し、

この湯島聖堂は、

近代教育発祥の地と呼ばれるようになりました。

f0049074_06153740.jpg

大正12年(1923)の関東大震災で焼失。

f0049074_06170580.jpg

昭和10年(1935)、

東京帝国大学の伊東忠太の設計により、

鉄筋コンクリート造で再建されました。

f0049074_06175820.jpg

国の史跡に指定されています。

f0049074_06184870.jpg

年間を通して、

合格祈願の受験生が多く訪れます。

f0049074_06195583.jpg

探訪日:2016.10.14
by j-garden-hirasato | 2016-12-08 05:57 | 歴史的建物 | Comments(20)

城郭探訪:松本城(その2) sanpo

松本城の2回目。

f0049074_20184172.jpg

黒と白のコントラストが

美しいお城です。

f0049074_20190540.jpg

天守台の石垣は、

未加工の自然石を使用した野面積。

f0049074_20192699.jpg

白鳥も一休み。

f0049074_20194856.jpg

天守に入ります。

f0049074_20201236.jpg

低い天井。

f0049074_20203243.jpg

暗い城内。

この雰囲気がイイですね。

f0049074_20210348.jpg

明治維新後、

天守が競売にかけられ、

一時は解体の危機が訪れますが、

地元の有力者の尽力で買いもどされ、

難を逃れました。

f0049074_20213559.jpg

本丸御殿跡。

本丸御殿は、

享保12年(1727)の火事で焼失。

その後、再建されることはありませんでした。

f0049074_20220816.jpg

松本市内の景色。

f0049074_20222955.jpg

最上階に祀られた「二十六夜神」。

f0049074_20224946.jpg

元和3年(1617)、

松本に入封した戸田氏が祀ったとされています。

f0049074_20231412.jpg

探訪日:2016.04.23


by j-garden-hirasato | 2016-09-27 05:30 | 歴史的建物 | Comments(22)

城郭探訪:松本城

少し前のことですが、

松本に用事のあるカミさんのお付き合いで松本へ。

待ち時間で訪れた『松本城』。

f0049074_06112238.jpg
別名、烏城。

f0049074_06114243.jpg
天守は、56階。

f0049074_06121052.jpg
豊臣秀吉の家臣、

石川数正・康長父子により

戦国時代末期に築造されました。

f0049074_06123005.jpg
大天守と北面の乾小天守を渡櫓で連結し、

東面に辰巳附櫓・月見櫓を複合した

「複合連結式天守」です。

f0049074_06125294.jpg
辰巳附櫓と月見櫓は、

江戸時代初めに造られたと考えられています。

f0049074_06131286.jpg
大天守と乾小天守、

その両者をつなぐ渡櫓。

f0049074_06133644.jpg
本丸に入ります。

f0049074_06140196.jpg
右から乾小天守、渡櫓、大天守、辰巳附櫓、

その手前に月見櫓。

f0049074_06142418.jpg
天守群は国宝、

f0049074_06144903.jpg
城跡は国の史跡に指定されています。

f0049074_06150843.jpg
現存する天守の中では、

日本最古。

f0049074_06153243.jpg
探訪日:2016.04.23


by j-garden-hirasato | 2016-09-25 06:18 | 歴史的建物 | Comments(32)

奈良そぞろ歩き:泊まる・NARAMACHI HOTEL(その2)

奈良そぞろ歩きの4回目。

前回に引き続き、

NARAMACHIHOTEL』。

f0049074_05560182.jpg

肩ひじ張らずに過ごせる雰囲気が素敵です。

f0049074_05561999.jpg

蔵を改造した2階部屋で朝食。

f0049074_05563683.jpg

昭和世代には、

懐かしさのようなものを感じました。

f0049074_05565247.jpg

これが朝食。

f0049074_05570954.jpg

醤油を商っていた時代の資料館もありました。

f0049074_05572779.jpg

ここも、

蔵を改造したものです。

f0049074_05574571.jpg

古いものがそのまま保存されています。

f0049074_05581194.jpg

模型の展示もあり。

f0049074_05583175.jpg

こういう復元模型って、

なぜかワクワクします。

f0049074_05584912.jpg

外国からのお客さんのために、

トイレには、

英語の使い方が解説。

f0049074_05590714.jpg

部屋にテレビはありませんが、

贅沢な時間を楽しめました。

f0049074_05592545.jpg

探訪日:2016.03.25-26


by j-garden-hirasato | 2016-04-22 06:04 | 歴史的建物 | Comments(14)

奈良そぞろ歩き:泊まる・NARAMACHI HOTEL

奈良そぞろ歩きの3回目。

今回は、

宿でお世話になった『NARAMACHI HOTEL』さん。

f0049074_05422617.jpg

江戸の宿場町の風情が残る、

奈良町にあります。

f0049074_05424775.jpg

豪商の古い建物を

ホテルとしてリニューアル。

f0049074_05430122.jpg

『青田家住宅』。

醤油の製造販売を行ってきた商家です。

f0049074_05434273.jpg

奈良市の文化財に指定されています。

f0049074_05440545.jpg

建物は、

嘉永年間(18481854)の建築と考えられています。

f0049074_05442229.jpg

屋外のデッキスペースもあります。

f0049074_05444030.jpg

部屋は、

蔵を改修したもの。

f0049074_05445899.jpg

グループ用、

2段ベットの部屋。

f0049074_05451772.jpg

価格もお値打ち。

親近感のある温かい宿でした。

f0049074_05453532.jpg

撮影日:2016.03.25-26


by j-garden-hirasato | 2016-04-20 05:48 | 歴史的建物 | Comments(20)