日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
気になるもの
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
こんばんは。 「日本丸..
by yako3ta at 23:57
日本丸の中に入るという発..
by ichizo88 at 19:46
Gmail Goo..
by N-styel at 10:11
特に2枚目のアングルがい..
by otti468 at 09:52
gachako1121さ..
by j-garden-hirasato at 06:28
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:25
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 06:22
Pentaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:20
aitoyuuki13さ..
by j-garden-hirasato at 06:16
shinmemo0417..
by j-garden-hirasato at 06:14
tomiete3さん、コ..
by j-garden-hirasato at 06:08
ほしがきさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 06:05
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 06:01
tad64さん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:58
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:53
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:48
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:45
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:41
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:37
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:35
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
ライフログ
画像一覧


庭園の美:幾何学模様

日本庭園は自然素材の組み合わせでだから幾何学模様はない、
というわけではありません。
庭園の導入部である『延べ段』では
幾何学模様が多く見られます。
f0049074_4292364.jpg

庭園の一部になった延べ段もあります。
南禅寺塔頭・天授庵の庭園です。
f0049074_4294214.jpg

でも、幾何学模様は延べ段だけではありません。
昭和を代表する作庭家・重森三玲は、
この幾何学模様を多用しました。
重森の庭園がポストモダンと呼ばれる由縁です。
まず、代表作の東福寺方丈の庭園。
青苔が美しい北庭です。
f0049074_430219.jpg

青苔が千鳥に貼られています。
さらに、サツキを大胆に刈り込んだ西庭。
f0049074_4301974.jpg

この市松模様は古くから日本にあるデザインですが、
これを日本庭園に取り入れたのが重森のすごいところです。
東福寺塔頭・普門院の庭園では、
砂紋で市松模様が描かれています。
f0049074_43051100.jpg

重森三玲庭園美術館では、大胆にも茶室の襖に市松模様が。
f0049074_4392452.jpg

三玲が自らデザインしたものです。
木曾の興禅寺庭園では、庭園前のスペースに。
f0049074_4315912.jpg

すごいインパクトです。
庭園の美といいながら、
結局、重森三玲の庭園紹介になってしまいました。
これまでの日本庭園の概念を覆した重森三玲。
やはり偉大な作庭家です。
f0049074_4321347.jpg

探訪日:いろいろ
by j-garden-hirasato | 2008-03-13 04:32 | 庭園 | Comments(26)
Commented by hakuta-M78 at 2008-03-13 07:57
この様にピックアップしてみると案外幾何学模様があるんですね。
東福寺綺麗ですね~。
Commented by farfarsideK at 2008-03-13 09:53
こういう風に模様の組み合わせを色々と見てると、凄くモダンでおしゃれな感じがしてきますね。格式ある歴史的に重要な庭園、かなり昔に作られた庭園に改めてみるとお洒落に感じる模様が、そう考えると昔庭園をデザインした人の感性は凄いものですね。
Commented by ninja2005y at 2008-03-13 22:12
3枚目のさつきなんて
今にも通ずる(変ないいかたですが)ものがありますよね。

昔に考えられたデザインが、こうして今も残り
また、あらゆるところに使われている・・・・・

今なら”グッドデザイン賞”ものなのでしょうね。
Commented by aippp at 2008-03-13 23:29
長野にも重森三玲の庭園があるんですね。
興禅寺の市松模様は、あれだけ見たら、チェス盤のようにも、
洋館の床のようにも見えますね。
それにしても、こうして改めて見て思いましたが、
重森三玲は市松模様が大好きなんですね~。
洋服にもチェック柄があるし、三玲ってお洒落さんだったのかなぁ。。。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-14 05:50
hakuta-M78さん、コメントありがとうございます。
市松模様のような幾何学模様を取り入れた庭園、
今回紹介したものはすべて重森三玲の作庭した庭園です。
江戸時代以前に作庭された古庭園では、
見られません(これはあくまで自分の巡った範囲ですが)。
古庭園では、直線はほとんどなく、
延べ段とか、砂紋で直線が見られるくらいです。
そういう意味でも、
三玲の作庭した東福寺方丈の庭園群は衝撃的です。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-14 06:00
farfarsideKさん、コメントありがとうございます。
今回紹介した庭園、
天授庵と普門院以外は昭和に作庭された現代庭園です。
まだまだ江戸以前に作庭された古庭園のような
しみじみとした貫禄のようなものは感じられませんが、
その代わりに、斬新な庭園デザインによって、
庭園を観る側にワクワク感を与えてくれます。
庭園とは何か、考えさせられます。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-14 06:19
ninjaさん、コメントありがとうございます。
市松模様自体に、
時代を超えて新鮮さ感じさせる何かがあるんでしょうね。
昔から着物の柄にあったものだし、
桂離宮の襖にも使われているようなので、
模様自体はけっして重森のオリジナルではありません。
この模様を庭園デザインにしたところが、
重森のすごいところですね。
昭和の初期で、すでに現代感覚のデザインをしていたんですから。
「今なら”グッドデザイン賞”」
ほんとそうですね。
でも、グッドデザイン賞の受賞作品でも、
少し経てば古くささを感じてしまいますが、
重森作品には古くささを感じません。
だから、ポストモダンなんでしょうね。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-14 06:33
aipppさん、コメントありがとうございます。
重森自身、茶道、華道など、
日本文化に精通していた人物なので、
美的感覚はピカイチだったんでしょうね。
だから、こんな斬新な庭園を作庭することができた。
凡人には思いもよらないセンスの持ち主だったんでしょうね。
重森の写っている写真を見たことがありますが、
着物姿のものばかりでした。
庭園の作庭中も着物でしたね。
こういう庭園デザインをするくらいだから、
最新の洋服でもおしゃれに着こなしていたかと思えば、
そうではなかったようです。
庭園はやはり「和」の文化なんですね。
Commented at 2008-03-14 07:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youpv at 2008-03-14 10:08
私自身も三玲氏の庭園に魅了された一人ですが、
今、見てもかなりモダンに感じるところから凄い感性だったことがわかりますよね。
1枚目の中根金作氏の退蔵院余香苑もかなり好きですが(笑)

あ~、三玲氏の庭園が見たくなってきてしまいました(笑)
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-15 07:55
hakuta-M78さん、コメントありがとうございます。
ブログの引越しですか。
心機一転ですね。
了解です。
ではこれ以降、「NEOTOKYO-MODEさん」ということで。
リンクもさせてもらいました。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-15 08:24
youpvさん、コメントありがとうございます。
古庭園もいいですが、
現代庭園にも素敵な庭園が多いですよね。
その中でも革新派の重森三玲と
王道派の中根金作の二大巨匠、
庭園にも作風がありますね。
「あ~、三玲氏の庭園が見たくなってきてしまいました」
同感です。
Commented by nageire-fushe at 2008-03-15 11:09
やはり京都のお庭は何か違いますね。
雅なのかもしれませんね。
市松、好きな意匠です。家のふすまも
自分で市松にしてしまいました。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-16 21:26
nageire-fusheさん、コメントありがとうございます。
京都の雰囲気は言葉にし難いですね。
歴史の重みでしょうか。
それとも文化の重み。
時代が変わっても、京都は京都なんでしょうね。
ご自分で市松模様の襖ですか。
さすがです。
自分には到底できません。
ただただ、見て楽しむだけです。
Commented by taka--9 at 2008-03-17 12:35 x
幾何学模様というと、東福寺の方丈の文様を思い出しますね。
やはり、偉大な作庭家ですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-18 05:47
taka--9さん、コメントありがとうございます。
三玲の代表作である東福寺方丈の庭園群。
初めて観たときの衝撃を、
いまでも憶えています。
巨石の石組に砂紋、そして市松模様。
どれもこれも、斬新です。
また、観たくなってきました。
Commented by mornbell117 at 2008-03-18 22:59
今でこそ、色んなタイルがでまわっていて幾何学模様にしようと思えば
できそうですが、これを取り入れたのは
素晴らしいですね。特に、苔や、五月の刈り込みと石の市松模様は
すばらしいです。どんなかたちにしろ、このデザインを最初に作った
ときのように管理しているのが素晴らしいです。
最初は、キレイな石も苔むしたり、砂地のはずなのに、草が生えてくる
ので管理が大変です。いつも同じように、見せているってすごいなあって
思いますね。
Commented by shin at 2008-03-21 13:20 x
重森さんの東福寺はとても好きな庭園です
ハーマン・ロンという造園家のエリソン邸は重森さんのパクリでありまして、マジソン・コックスなど欧米人の多くが東福寺に影響されています。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-22 11:04
mornbellさん、コメントありがとうございます。
庭園を作庭することだけでもすごい才能だと思いますが、
さらに庭園デザインとして市松模様を取り入れてしまうセンス、
脱帽です。
庭園の管理は、こまめにやらないとすぐ荒れちゃいますね。
お寺だと修行の一環としてやっているんでしょうか。
常にきれいな状態で庭を見せるのは、
ほんと、たいへんなことだと思います。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-03-22 11:12
shinさん、コメントありがとうございます。
東福寺方丈の庭園をはじめて見たときは、
ほんとにビックリしました。
これでも日本庭園なのかと。
その衝撃は今でも忘れられません。
「欧米人の多くが…」
良いものは国境を越えるんですね。
でも、パクリはイカンですね。
Commented by gipsypapa at 2008-03-31 09:55
こんな素晴らしい庭園があるのですね。
重森三玲という人は京都の人ですか。京都は近くなので、ぜひ見たいです。
Commented by kubota_staff at 2008-04-16 12:39 x
はじめまして!
空間関連のブログを見ているうちにたどりつきました(笑)。
参考になることがいっぱいあるので、読みいってしましました。
備忘録として、20080415ブログにリンク記述+TBさせていただきました。

また遊びに来ますね!
Commented by こんばんは! at 2008-04-17 23:31 x
桂離宮や修学院離宮なども、江戸時代ですがモダンでは?
桂の松琴亭なども、おすすめかと。
Commented by こんばんは2 at 2008-04-17 23:37 x
ポストモダンという受け止め方も有るんですね?
Commented by こんばんは3 at 2008-04-17 23:54 x
ちなみに江戸時代後期には、角型の刈り込みが大流行した時代があるようです。絵図などに記録されているようなんです。時代変化というものは面白いですね。小堀遠州も当時は直線を効果的に利用した作庭だったようです。でも、後世に自然風に作りかえられたようです。時代の好みというものは、よく分からないものですね。
Commented by おはようございます。 at 2008-04-18 09:56 x
そういえば、日本の庭のルーツ。飛鳥の「方池」も有名でした。四角の池ですね。真ん中に蓬莱島を模した島がありました。庭は直線曲線という概念では割り切れないかもしれません。
<< 庭園の美:幾何学模様その2 東京の庭園:六義園 >>