日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
仏像
スポーツ
赤外線写真
カフェ
カフェ

水辺
気になるもの
祭り
土木構造物

北アルプス

商業施設
レトロな建物
歴史的建物
現代建築
神社仏閣
美術館・博物館
空港
スタジアム
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
港・漁港
映画
高原
海辺
温泉地
観光地


動物
産業遺産
遺産
バイク
樹木
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
映画の「フラッシュダンス..
by yaguchitenga at 18:24
おー、神戸のメリケンパー..
by sternenlied3 at 17:37
神戸は1980年代に2年..
by blackfacesheep2 at 15:45
フィッシュダンスは、遠く..
by ericanada at 14:07
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 10:46
神戸も訪れたんですね。 ..
by Penta at 09:52
神戸の見所は山手の洋館街..
by gipsypapa at 09:34
おはようございます ..
by tomiete3 at 06:51
メリケンパークの東の端側..
by 雪だるま at 05:50
Pentaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:21
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:21
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:20
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:20
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:20
赤外線カメラ、いろいろ撮..
by Penta at 21:12
赤外線写真の不思議感、バ..
by blackfacesheep2 at 17:45
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 10:33
相変わらず不思議な画像で..
by gipsypapa at 09:40
モノクロとは違う すこ..
by 雪だるま at 06:00
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:43
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
ライフログ
画像一覧


京都の庭園:興臨院

大徳寺の塔頭の一つ、興臨院。
秋の特別公開で拝観することができました。
大徳寺の塔頭は、大型バスで押しかけて、というスタイルではないので、
人もぼちぼちまばら、ゆっくり庭園が楽しめます。
案内人による解説もしていただいていましたが、
自分のペースで庭園を楽しみたかったので、別行動をとりました。
方丈南庭は、白砂に石組を配した枯山水庭、典型的な禅寺の庭園様式です。
f0049074_17544818.jpg

作庭者は中根金作。昭和を代表する作庭家です。
庭園界では、重森三玲の対極にあります(自分で勝手に位置づけてます)。
f0049074_17554082.jpg

穏やかな石組です。眺めていて、ホッとできます。
f0049074_17563748.jpg

石一つにも表情があります。
f0049074_17573112.jpg

方丈北庭は、紅葉が見頃でした。
南庭は季節感のない枯山水、北庭は紅葉の庭。絶妙な演出です。
探訪日:2006.11.23
by j-garden-hirasato | 2006-12-20 17:57 | 庭園 | Comments(8)
Commented by beerpapa at 2006-12-21 07:45
furarannさんちから「忘年会」の言葉に釣られてやって来ました。
当方 今年最後の忘年会を明日に控えてます。

京都にはカメラ抱えてよく行く所ですが、こんなにきれいには撮れないな~ 
目の保養になりました。
リンクさせていただきますネ。
Commented by j-garden-hirasato at 2006-12-21 19:35
beerpapaさん、コメントありがとうございます。
また、お褒めの言葉、ありがとうございます。励みになります。
自分も明日、忘年会。
今日あたりから、何となく落ち着かず、仕事もぼちぼちです。
もう年末ですもの、しょうがないですよね。
これからもよろしくお願いします。
Commented by aippp at 2006-12-21 22:50
中根金作って知らない~って思って(そもそも日本庭園について無知ですけど)、ちょっと検索してみたらこの方、島根にある足立美術館の枯山水庭を作った方なんですね~。
実は前々から足立美術館には行ってみたいなぁ、と思っていたんです。
調べるといろんな事が繋がってて・・・おもしろいですね!
Commented by j-garden-hirasato at 2006-12-22 05:59
aipppさん、コメントありがとうございます。
中根金作と重森三玲は、昭和を代表する二大作庭家で、
いろいろな庭園を作庭しています。
aipppさんがお調べになった足立美術館をはじめ、
二条城の清流園、城南宮楽水苑、退蔵院余香苑、三室戸寺などなど、
全国各地に数多くの作品を残されています。
また、古庭園の保存修復の仕事にも数多く関わっておられました。
重森三玲の庭園は公開している庭園が少ないのに対し、
中根金作の庭園は公開している庭園が多いので、
氏の庭園巡りも、面白いかもしれません。
Commented by papaphoto at 2006-12-22 18:46
(*´∀`)ノ こんにちわ!!
こちらへの訪問が遅くなりスミマセンでした。
京都の庭園ですか、綺麗に手入れされていて素晴しいですね。
こういった所に行くと何をどうやって撮ればそこの魅力を一番に
引き出せるか考えますが、全然上手く撮れないんですよね・・・
でもj-garden-hirasatosさんの写真は見せるツボをしっかり
抑えられていて見事です。
以前の記事も拝見させて頂きましたが、三ケ日辺りにも来られる
事がある様でビックリしました。

また遊びに来ますので宜しくお願いします。
リンク頂いて帰りますね。
Commented by j-garden-hirasato at 2006-12-23 18:07
papaphotoさん、コメントありがとうございます。
写真を始めてウン十年、最近は庭園を撮ることが楽しいです。
技術が一向に上達しないのが悩みですね。
今年の正月、実家に帰ったときは、
龍潭寺に行こうかな、と思っています。
三ケ日辺り、なぜか親近感があって好きな場所です。
これからもヨロシクお願いします。
Commented by bassneco at 2006-12-24 00:52
こんばんは。
興臨院は大徳寺の境内では、金毛閣のすぐ傍にあったりして、位置的には目に止まりやすい塔頭寺院だと思うんですけど、印象的にはなんだか地味な感じですね。
同じ期間限定公開のお寺でも、総見院や芳春院などと比べても、訪れる人も少なく、静かな印象があります。

僕もこの寺を訪ねたとき、案内の人を避けて庭を見てたものです。昔は特に案内されるのが苦手でしたから。。。
もう三年くらい行ってません。お写真を拝見して、また行ってみたくなってきました。

中根金作という人は妙心寺の退蔵院なんかを見てると特に思うんですけど、伝統の枠の中に現代の息を吹き込んで遊ぶ人だなぁと思います。
重森三鈴って人は、逆に現代の中で伝統を転がして遊ぶ人というイメージがあります。
すっごい素人考えなんですけど!
Commented by j-garden-hirasato at 2006-12-24 07:08
bassnecoさん、コメントありがとうございます。
中根金作と重森三玲、両氏の作風は
まさにbassnecoさんのおっしゃるとおりだと思います。
自分も多くの両氏の庭園を観て、そのように感じています。
中根金作は古庭園の修復という文化財保護の世界から作庭の世界へ、
重森三玲はいけばな、茶道の世界から作庭の世界へ
その辺りが両氏の作風となっているんでしょうか。
重森庭園からは刺激を、中根庭園からは癒しをもらってます。
<< 重森三玲の庭園:瑞峯院 京都の庭園:高桐院 >>