人気ブログランキング |

日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
仏像
スポーツ
赤外線写真
モニュメント
伝統建築
カフェ

水辺
気になるもの
祭り
土木構造物

北アルプス

商業施設
レトロな建物
歴史的建物
現代建築
神社仏閣
美術館・博物館
空港
スタジアム
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
港・漁港
映画
高原
海辺
温泉地
観光地


動物
産業遺産
遺産
バイク
樹木

ギャラリー
夜景
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyager .......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
うまい撮り方しますねえ。..
by ejichan555 at 22:04
最近のビルは、昔のような..
by Penta at 10:21
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:27
鍵コメさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 06:26
London Calle..
by j-garden-hirasato at 06:18
6枚目から登場する電通ビ..
by 雪だるま at 05:24
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:06
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:01
meife-no-shi..
by j-garden-hirasato at 04:58
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 04:53
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 04:00
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 03:56
>>刀で切ったようなデザ..
by ninja2005y at 22:19
>「朝日新聞社・東京本社..
by London Caller at 20:46
ベルサール汐留のデザイン..
by yaguchitenga at 19:17
最後のお写真、とってもフ..
by blackfacesheep2 at 16:01
普段はビルを見上げること..
by meife-no-shiawase at 12:48
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 09:45
調べたら、このエリアに行..
by gipsypapa at 08:40
この辺り、かっこいいビル..
by N-styel at 06:41
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...
ライフログ
画像一覧


レトロ探訪・東京編(台東区):東大本郷キャンパス(その5)

東京そぞろ歩き第7弾。

東大レトロ探訪の第5回目。

工学部エリアへ。

まず、『工学部1号館』。

f0049074_06063764.jpg

昭和10年(1935)の築。

設計は、内田祥三。

f0049074_06074884.jpg

老朽化・狭隘化が目立ってきたため、

平成10年(1998)、

香山壽夫の設計で全面改修されました。

f0049074_06090374.jpg

国の登録有形文化財に登録されています。

f0049074_06093408.jpg

建物前の中庭の大イチョウと、

不思議なモニュメント?が印象的でした。

f0049074_06101434.jpg

続いて、『工学部6号館』。

f0049074_06105127.jpg

昭和15年(1940)の築。

設計は、内田祥三。

f0049074_06111810.jpg

研究室や実験室が多く、

地下にも大掛かりな実験装置を持つ実験室があるようです。

f0049074_06121758.jpg

ゴシック調の外観には似合わず、

科学の最先端の研究が行われているそうです。

f0049074_06124474.jpg

続いて、

昭和43年(1968)の大学紛争による占拠事件で有名になった

『安田講堂』。

f0049074_06133516.jpg

大正14年(1925)の築。

設計は、内田祥三と岸辺日出刀。

長らく閉鎖されていましたが、

平成6年(1994)に改修され、

現在は、講演や式典などに使用されています。

f0049074_06144320.jpg

安田財閥の安田善次郎からの寄付で建てられたため、

安田講堂と呼ばれています。

国の登録有形文化財。

f0049074_06141213.jpg

東大キャンパス、

まだまだ続きます。

 

探訪日:2013.11.26


by j-garden-hirasato | 2014-01-29 06:15 | レトロな建物 | Comments(14)
Commented by N-styel at 2014-01-29 07:27
おはよ~ございます♫ (*'▽')
工学部ってすごく大きな実験機材とか普通に設置されていたりするんですよね…。
私は実は高校生の頃、ちょっと見学させていただいたコトがあるのですが、ホントにどこかの会社の工場でもこんな大規模なモノは置かないでしょ??という位…やはりすごいトコロです、東大って。
安田講堂の前は何か規制があったのですか?? (';')
何かお直ししてたのでしょうか。
Commented by Voyagers-x at 2014-01-29 09:30
重厚感ばりばりですね
耐用年数ってどれくらいなのでしょうね
ずっと使い続けていけるのでしょうか
この雰囲気を壊したくないですよね
威厳や存在感が凄いですね

Commented by yaguchitenga at 2014-01-29 20:26
拝見していくと立派な校舎ですね
僕は紅葉しか見なかったからなあ
なるほど
Commented by London Caller at 2014-01-29 21:41 x
>設計で全面改修されました。

外観と内部、すべてですか?
イギリスでは歴史がある建物にとって外は改修できないですが、中はOKです。
Commented by ninja2005y at 2014-01-29 22:11
>>昭和43年(1968)の大学紛争による占拠事件で有名になった

たしか・・・・・
今のデモはこれ以来とか?????

まあ、当時に比べれば
デモも大人しくなったそうですが?
Commented by j-garden-hirasato at 2014-01-31 05:45
Naoさん、コメントありがとうございます。
今ならオープンキャンパスなんてやってますが、
当時はまだ、なかったですよね。
自分は農学の方だったので、
工学部の様子は全く分かりませんが、
東大なら実験装置も充実しているのでしょうね。
安田講堂の周囲は、
はっきりした理由は分かりませんが、
老朽化で外壁が剥がれ落ちることが懸念され、
危険防止のため囲われていたんだと思われます。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-01-31 05:50
Voyagers-xさん、コメントありがとうございます。
こういう鉄筋コンクリートの構造物、
耐用年数はどれくらいなんでしょうね。
でも、耐用年数がきたからといって、
すぐに壊れるものではないので、
手を掛ければ、ある程度は延ばすこともできるのでしょう。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-01-31 05:52
yaguchitengaさん、コメントありがとうございます。
東大のイチョウ並木の黄葉は、
ほんとに見事でしたね。
自分はレトロが建物がメインだったので、
黄葉まで見れて、
実にラッキーでした。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-01-31 05:59
London Callerさん、コメントありがとうございます。
窓枠はサッシに変えられていますが、
外観の雰囲気は壊さず、
手を入れているようです。
基本的にはイギリスと同じではないでしょうか。
今回、建物の内部には入れませんでしたが、
内部はかなり変えられているでしょうね。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-01-31 06:01
ninjaさん、コメントありがとうございます。
「デモも大人しく…」
今は、学生デモすら聞かなくなりましたが…。
Commented by gipsypapa at 2014-01-31 20:33
内田ゴシックが続きます。(笑)
工学部の写真で思ったことがあります。
工学部にしては他の
文科系と建物的にはあまり変わりませんね。
普通は理科系の校舎は
建物の外部に
配管や排気管が露出していて
景観的にがっかりすることが多いのですが
ここはそうではないですね。
今も意識して良い外観を保とうとする意図を感じます。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-02-02 06:38
gipsypapaさん、コメントありがとうございます。
確かに、正面には、
配管の露出とかはなかったですね。
建物の裏側にでも回したのでしょうか。
今回は正面しか見ていないので、
確認はできていませんが、
「内田ゴシック」という言葉が存在するくらいですから、
景観を重視したのでしょうね。
Commented by kikouchi at 2014-02-02 22:58 x
それにしても、大学の建物は圧倒的にゴシック様式が多いですね。建物自体からも権威的な印象を与えるのが、その昔にはよいことと思われていたのでしょうか。
大学に比較するものとして銀行を想定して、日銀や三井の一号舘といった建築物をみても特に気持ちが上向きにはならないでしょうね。
学問と金融、応用の仕方の問題でしょうか。

Commented by j-garden-hirasato at 2014-02-03 05:56
kikouchiさん、コメントありがとうございます。
当時は、
大学、金融とか建物の機能云々というより、
単に建築様式の流行で建てられていたように思います。
東大の場合、
設計者が同じなのでみんな同じような雰囲気になっていて、
統一感がありました。
また、表面の仕上げが石なのかレンガなのかで、
雰囲気も全然違ってきますね。
<< 庭園探訪・東京編(台東区):育... レトロ探訪・東京編(台東区):... >>