日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
仏像
赤外線写真
スポーツ
伝統建築
カフェ

水辺
気になるもの
祭り
土木構造物

北アルプス

商業施設
レトロな建物
歴史的建物
現代建築
神社仏閣
美術館・博物館
空港
スタジアム
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
港・漁港
映画
高原
海辺
温泉地
観光地


動物
産業遺産
遺産
バイク
樹木
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:54
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:49
sternenlied3..
by j-garden-hirasato at 05:47
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:44
Pentaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:39
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:35
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:34
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:31
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:27
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:22
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:20
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:15
こんばんは^^ 広..
by iris304 at 22:36
もっと土地があれば・・・..
by ninja2005y at 21:59
大手門は歩いた事がないで..
by yaguchitenga at 18:49
都心の森、いい感じですね..
by sternenlied3 at 15:17
素晴らしい緑陰ですね! ..
by YuccaR at 10:20
昭和30年代の東京が見ら..
by Penta at 09:49
このオオテモリビルに私の..
by saheizi-inokori at 09:38
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 09:36
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ライフログ
画像一覧


山行記録2013:燕岳(その2)

燕岳山行記録の2回目。
ようやく、
燕小屋のある稜線に到着。
f0049074_6313579.jpg

稜線の向こうには、
立山連峰の山々が横たわっています。
f0049074_632336.jpg

南アルプスや八ヶ岳は遠方に見えましたが、
富士山は霞んでしまって、
確認できませんでした。
f0049074_6322249.jpg

夏ならコマクサの群生が見られる燕岳。
山頂を目指します。
f0049074_6324424.jpg

今季、
こんな綺麗な槍ヶ岳を望めたのは、
この日のみ。
今日は、
ライチョウに会わずにすみそうです。
f0049074_6331264.jpg

花崗岩が創り出す、
石の造形が広がります。
f0049074_633345.jpg

拳のような岩。
f0049074_6335829.jpg

イルカのような岩。
f0049074_6341946.jpg

尖った岩。
f0049074_6344144.jpg

丸まった岩。
f0049074_635982.jpg

山頂直下での階段は、
ほんとキツイ…。
f0049074_635358.jpg

奇石と槍ヶ岳という、
贅沢な組み合わせ。
f0049074_6355757.jpg

岩越しのアルプスも、
なかなか良いものです。
f0049074_6362374.jpg

つづく。
f0049074_6364372.jpg

探訪日:2013.11.02
by j-garden-hirasato | 2013-12-06 06:36 | 山岳 | Comments(20)
Commented by voyagers-x at 2013-12-06 09:37

おはようゴザイマス!!
素晴らしい眺めですね。
登山は登ってくだらなくてはいけないから、相当朝早い時間に登らなくてはいけないですね。僕は登るのが遅いだろうからタップリと時間が必要ですね。む?その前に僕の体力では途中で挫折しそうです^^;

Commented by N-styel at 2013-12-06 10:38
ごちそうさま~~!!!と思わず叫びたくなりそうな程の美しい景色です💛
空気が澄んでいて、とっても素敵!!
私を山頂へ連れてって💛
と、お願いしなくても素晴らしい景色をいただいてしまいました…
( *´艸`)
ホントにいつもどうもありがとォございます!!
こうした山並みや岩を見ていると、列島の創世記を垣間見たような気がしますね。
人の営みなどホントに小さく感じてしまいます…。
Commented by gipsypapa at 2013-12-06 10:54
天気がいいときれいですね~。
槍ヶ岳が格好いい。
イルカの岩とか
奇岩が多いんですね。
お疲れ様ですが、
こんな景色を見ると
報われるでしょう。
とはいえ私には絶対登れんな~。
Commented by kafe3232 at 2013-12-06 18:36
気持ちよさそうですね~~~
それに!
誰もいない・・・
雪山でなく、安心なんですか・・・?
Commented by London Caller at 2013-12-07 07:11 x
どれも絶景なんですね!
スイスのアルプスより美しいと思います。
ぜんぜん違う気持ちですね。

>拳のような岩。

そうですか?
ちょっとカニみたいですね。^^
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-07 07:39
voyagers-xさん、コメントありがとうございます。
山で無理は禁物なので、
各自、自分のペースで登っています。
最近は、
山でも高齢化の波で、
かなりご高齢の方も見られます。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-07 07:46
Naoさん、コメントありがとうございます。
「人の営みなどホントに小さく…」
ほんと、そうなんですよね。
山頂でボーっとしているときは、
余計な邪念がなくなるというか、
頭の中が自然と真っ白になります。
自分にとって、
山行は最高の気分転換です。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-07 07:52
gipsypapaさん、コメントありがとうございます。
今年は山の展望に恵まれなかったので、
最後の最後に、
最高の景色が望めました。
でも、
山頂から富士山が見えなかったのが、
唯一、残念でした。
あまり、贅沢は言えませんが(笑)。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-07 08:02
kafe3232さん、コメントありがとうございます。
山の写真では人を入れていないので、
写っていないだけで、
この日はかなりの人が登っていました。
とはいっても山なので、
町場とは人の密度が違い、
ちょっと待っていれば、
人を写さずにすみます。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-07 08:07
London Callerさん、コメントありがとうございます。
スケールでは
本場アルプスには敵いませんが、
日本の北アルプスも、
なかなか捨てたものではありません。
「ちょっとカニみたい…」
各自のイマジネージョンにお任せします(笑)。
Commented by yaguchitenga at 2013-12-07 08:17
奇岩が織りなす素晴らしい風景ですね
登って写真に撮りたけど、勇気が~~^
Commented by risaya-827a at 2013-12-07 11:59
おはようございます^^
サスガにこれだけ登ってくると、見事な眺望ですが
ゴツゴツした岩や昇り道は凄く険しいですね^^;
岩もいろんな形が見られて面白いけれど
実際に登って写真を撮る勇気と体力は凄いなぁー♪
Commented by nageire-fushe at 2013-12-07 20:41
燕岳に行かれたのですか!!
雪が積もって、寒かったのでは?
自分も残雪の頃と夏に二度登ったことが
ありますが、きつい山ですよね。
下山しての温泉が嬉しかったです。
Commented by ninja2005y at 2013-12-07 22:11
>>イルカのような岩

これ・・・・以前に親しくしていた方が
うちのBBSに貼ってくれたことがありました。

なんかね~この人、片手はロープをつかみ
片手でカメラを持ち、勿論AFでですが
シャッターを切るという恐ろしいことをやってましたわ。

と、私が方法をきいたら
答えてました。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-08 06:36
yaguchitengaさん、コメントありがとうございます。
山を始めるには、
靴、ザック、服装、カッパなど
装備を整えるための初期投資も必要です。
でも、一旦整えてしまうと
何十年も使えます。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-08 06:46
risayaさん、コメントありがとうございます。
この眺望を求めて登っています。
今年は、
せっかく登ってきても眺望が利かないことが多く、
シーズンも終盤になってようやく、
でした。
しかも、写真を撮るには楽しい燕岳。
山の上に、何時間もいました(笑)。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-08 06:52
nageire-fusheさん、コメントありがとうございます。
稜線に着いて休んでいるときは、
さすがに寒さを感じ、
着込みました。
この山、
登り始めがいきなり急なので、
キツイですよね。
でも、こんなに、というほど、
多くの人が登っていました。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-08 06:57
ninjaさん、コメントありがとうございます。
「片手はロープをつかみ
片手でカメラを持ち…」
自分は「鎖をつかみ」でしたが、
同じようなことを、
この山の後に登った山でやってました。
後日、アップします。
Commented by kikouchi at 2013-12-08 22:27 x
森林限界はおろか、植物の生える限界も通り越した先にある山頂なのですね。
植物がないと花崗岩の姿がいやにシャープに見えてきて、それが何かのイメージをかきたてる何んて、恐ろしい世界です。
その昔の禅の世界で迫力ある庭を作った僧侶たちは、もしかしたらこういう世界を修行の一環として知っていたのではないか、とまで思ってしまいます。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-09 06:16
kikouchiさん、コメントありがとうございます。
今でこそ、
レジャーとして山に登っていますが、
昔は山に登るということは、
修業の一環だったんでしょうね。
以前、
稜線から雲海を見たことがありますが、
雲の上に山のピークが出ている風景は、
まさに龍安寺の枯山水の世界でした。
それ以来、
龍安寺の庭を造ったのは、
山に登っていた修行僧であると、
勝手に思い込んでいます(笑)。
<< 山行記録2013:燕岳(その3) 山行記録2013:燕岳(その1) >>