日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
気になるもの
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
国宝松本城のライトアップ..
by umi_bari at 14:47
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 10:04
おいでください、行きたい..
by saheizi-inokori at 09:53
なんか忍者がでてきそうな..
by ejichan555 at 09:26
siawasekunさん..
by j-garden-hirasato at 05:21
ほしがきさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:17
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:14
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:06
素敵なショットと解説から..
by siawasekun at 01:20
円形ポストは古い街並みに..
by ほしがき at 22:38
円筒のポスト 昔は何処..
by 雪だるま at 05:37
はい、シャ・チョ・ホ・コ..
by London Caller at 06:56
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:27
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 06:25
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 06:21
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 06:15
iris304さん、コメ..
by j-garden-hirasato at 06:02
sternenlied3..
by j-garden-hirasato at 05:54
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:49
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:41
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
ライフログ
画像一覧


レトロ探訪:大阪編

大阪探訪第10弾。
最終回です。
今回の大阪行きでは、
レトロな建物をあまり巡れませんでしたが、
大阪のレトロは次の3物件。
まず、『大阪市立美術館』から。
f0049074_6223033.jpg

天王寺公園内に位置しています。
f0049074_6225010.jpg

もともと住友家本邸のあった場所で、
美術館の建設を目的として、
「慶沢園」とともに大阪市に寄贈されました。
f0049074_623113.jpg

昭和2年(1927)に着工され、
工事の中断を含め、
10年近くの歳月を費やし建設されました。
f0049074_6232717.jpg

美術館の開館は、昭和11年(1936)。
設計は、伊藤正文と海上静一。
f0049074_6234865.jpg

券売場になっているゲートも、
何ともレトロ。
f0049074_624530.jpg


続いて、旧『大阪市立博物館』。
大阪城公園内に位置しています。
f0049074_624213.jpg

昭和4年(1929)、
昭和天皇即位の記念事業として、
大阪城公園の整備、大阪城天守閣の復興に合わせて、
城内に分散していた陸軍第4師団の司令部機能を集約するために、
大阪市が事業主体となって
司令部庁舎の建設に着手したものです。
f0049074_6244337.jpg

設計は、第4師団経理部。
昭和6年に竣工し、国へ寄贈されました。
f0049074_62459100.jpg

博物館としては昭和35年(1960)に開館し、
平成13年(2001)に閉館しました。
f0049074_6251657.jpg


最後に、『大丸・心斎橋店本館』。
f0049074_6253450.jpg

設計は、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ。
昭和8年(1933)の築。
日本におけるDOCOMOMO100選に選定されています。
f0049074_6255061.jpg

信号待ちのときに、
車中から。

撮影日:2012.03.22-23
by j-garden-hirasato | 2012-05-23 06:26 | レトロな建物 | Comments(16)
Commented by N-styel at 2012-05-23 08:22
美術館はまだ現役ですか?? (';')
だとしたら、とっても雰囲気が良くて素晴らしいですねぇ~~
最近の建物はintelligenceが強すぎて、どうもしっくりこない…。
開業当時は周りの方々もモダンで、もしかすると同じように思われた方がいらしたかな…。
時代というスパイスと時間という火加減でじっくりコトコト…そうするとしっくり受け入れられるようになるのかもしれませんね~~

…と、いうコトは…!!!
私もかなりじっくりコトコト煮込まれたシロモノってコトでしょうか…(^^ゞ
Commented by voyagers-x at 2012-05-23 09:38 x

おはようゴザイマス!!
凄く存在感あるレトロな感じですね。日本ではない様な雰囲気が当たりに漂っていますね(笑) この明るいブルー系の柵の色、むーん....ちょっと合っていない様な気もしますが(笑) せっかくのレトロなのに....少し色が軽すぎかな(笑) でもこういう建物素敵ですね。


Commented by gipsypapa at 2012-05-23 13:57
まとめてアップしましたね~。
いずれもなじみ深い近代建築です。
旧大阪市立博物館の上から撮った写真は珍しいです。
ここを見たのは
あまり建築物の写真を詳しく撮っていなかったころで、
この角度から見ると、
側面にも見どころがありそうです。
大丸は忙しくて中に入らなかったようですが、
是非内部も見て欲しかったです。
アールデコの装飾が素晴らしいので。
いつか機会があればサロン・ド・テ・ヴォーリスでお茶でもどうぞ。
http://gipsymania.exblog.jp/4680254/
Commented by ninja2005y at 2012-05-23 22:28
何処かで見たことある建物と思ってたら
↓でした。
http://www.kobe-c.ac.jp/

ここの図書館がまたサイコーでした。
Commented by London Caller at 2012-05-24 02:34 x
大阪市立美術館の正面はとても美しいですね。
図案は複雑できれいです。
旧大阪市立博物館はイギリスのお城みたいですね。^^
イギリスの博物館とか美術館などほとんど無料なので、とてもいいですよ。
しかも館内撮影はOKです。^^
Commented by 雪だるま at 2012-05-24 05:54 x
天王寺公園の美術館
この美術館から新世界に渡っている橋
この橋の上は以前は路上生活者の段ボールテントだらけでした
おまけに青空カラオケと題した路上喫茶(アルコールも販売していた)があり
とんでもない風景で、折の中が動物園なのか、折の外がそうなのか?
という景色でした

博物館
現在はNHKのビルの横に巨大な建造物を建て
そちらに移ってますが
それまではこの建物が博物館だったそうですが
入ること無いまま閉鎖され内部を知りません

最後の大丸ですが
この建物
内部もかなりレトロで面白い
エレベータの表示や階段、そしてエントランスなど
見どころ満載
立ち寄れると良かったですね

ちなみに大丸の数ブロック北側
北浜から船場にかけてのブロックにはレトロ建築物が満載
そのうち紹介しようと思っていますが
かなり良い感じの建物が満載ですよ
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-24 06:00
Naoさん、コメントありがとうございます。
美術館は現役です。
この日は時間がなく(いつも、こんなこと書いたますが…)、
中は入りませんでしたが、
内部もきっと、
素敵なレトロな空間となっていることでしょう。
こういう建物での美術鑑賞は、
最高でしょうね。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-24 06:05
voyagers-xさん、コメントありがとうございます。
柵の色は、
券売所の屋根の色に合わせたんでしょうけど、
こういう色を柵で使うと、
ちょっと安っぽいというか、
ちゃっちく見えますね。
建てられた当初からこの色だったかは、
分かりません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-24 06:11
gipsypapaさん、コメントありがとうございます。
まとめてアップしてみました。
今回の大阪では、
数も多く巡れなかったし、
個々をじっくり撮ることができませんでした。
「旧大阪市立博物館の上から撮った写真」
大阪城からです。
こういう角度から眺めるのも、
また、趣が異なっていいものです。
大丸は、
ああー、で撮っただけになってしまいました(笑)。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-24 06:20
ninjaさん、コメントありがとうございます。
神戸女学院大学ですか。
確かに、
正面から見て、屋根の形とか、
似たところがありますね。
でも、「女学院」…。
何で、ninjaさんが…。
まさか…。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-24 06:22
London Callerさん、コメントありがとうございます。
この美術館は有料で、
多分、館内は撮影禁止です。
博物館は閉館しているので、
無料ですが、
中には入れません(笑)。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-24 06:29
雪だるまさん、コメントありがとうございます。
「新世界に渡っている橋」
昔はそんな状態だったんですか。
そういう風景も見てみたい気もしますが、
お気楽気分ではいけませんね。
動物園の改修を期に、
ここもリニューアルしたんでしょうか。
「大丸の数ブロック北側」
そのようですね。
レトロな建物についても少し調べて行ったのですが、
とても時間がなくて、
巡るどころではありませんでした。
次回は、じっくり、
一人で大阪巡りをしたいものです。
Commented by kafe3232 at 2012-05-25 07:24
大阪城にある、博物館は外からちらっと見ただけで、
もう一度ゆっくり行きたいと思っていました・・・
美術館は、数度・・・
いや、素晴らしいフェルメールを見に行ったり・・・
素敵な名画が良く来るので、
楽しみです♪
その時は・・・串カツと言った感じなんです(笑)
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-26 06:24
kafe3232さん、コメントありがとうございます。
こういうレトロな建物で、
美術品を楽しめるというのは、
ほんと、素敵なことですよね。
地方に住んでいると、
美術館はあっても、
建物自体は近年になって建てられたものが多く、
美術品+αがありません。
何事も、
雰囲気が大切ですから。
Commented by London Caller at 2012-05-27 05:41 x
そうなんですか。
イギリスのは無料なのに、小さな博物館は観光客はあまり多くないです。
営業はどうやって続くのかほんとうにわかりませんね。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-27 06:52
London Callerさん、コメントありがとうございます。
ヨーロッパでは、
無料の美術館や博物館が多いようですが、
どうやって営業できているのか、
とても不思議です。
維持管理費用は、
国が負担しているんでしょうか。
<< 街道歩き:中仙道・塩尻峠 庭園探訪:豊國神社庭園・秀石庭 >>