日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
水辺
気になるもの
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
みなさん、初めて名前を聞..
by Penta at 10:10
スラックライン? 写真..
by gipsypapa at 09:41
おはようございます。 ..
by iris304 at 07:54
な、なんと! これが綱..
by ninja2005y at 21:39
スラックラインと言うので..
by ほしがき at 21:20
スラックラインなんて云う..
by yaguchitenga at 17:44
スラックラインという名前..
by sternenlied3 at 17:06
スラックラインと言う言葉..
by blackfacesheep2 at 12:37
初めて見ました こんな..
by aitoyuuki13 at 12:32
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 09:54
凄い技ですね、動きも速い..
by umi_bari at 08:00
PS: >寿司のラ..
by London Caller at 07:51
お〜スラックライン大会と..
by London Caller at 07:33
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:06
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:00
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 10:52
オォ~‼建仁寺さん、見応..
by N-styel at 08:53
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:24
ほしがきさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 06:21
sternenlied3..
by j-garden-hirasato at 06:16
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
ライフログ
画像一覧


レトロ探訪:アプトの道・めがね橋

シルバーウィークに歩いたアプトの道。
遊歩道の最終地点に
めがね橋があります。
f0049074_20514897.jpg

五番目のトンネルを抜けると、
めがね橋の上です。
f0049074_2052883.jpg

明治25年に完成。
煉瓦造りのアーチ橋。
全長91m、
川底からの高さは31m。
f0049074_20522924.jpg

我が国最大の煉瓦造りアーチ橋。
アーチ橋としても最初
f0049074_20525190.jpg

設計者は、
イギリス人技師・パウナルと
当時の鉄道院技師・古川晴一。
f0049074_20531454.jpg

当時の最先端の技術だったのでしょう。
f0049074_20533516.jpg

下から見上げると、
迫力があります。
f0049074_20535414.jpg

途中、
煉瓦造りの橋もありました。
f0049074_20541523.jpg

歩いていると気がつきませんが、
なかなか趣のある煉瓦造りの橋です。
f0049074_2054338.jpg

煉瓦造りの橋にトンネル、
アプトの道は、
なかなか楽しめる遊歩道です。
一度、ご体験を!
f0049074_20553286.jpg

撮影日:2009.09.22
by j-garden-hirasato | 2009-10-17 20:57 | 土木遺産 | Comments(14)
Commented by beibe-k at 2009-10-17 21:05
こんばんは~~!!
一瞬、南禅寺を思い出してしまいました。が・・・
この高さがすごくて、南禅寺とは比較になりませんね。
迫力あるお写真で・・・すごい。
長野に、こんなすごい建築があったなんて初めて知りました・・・
Commented by ninja2005y at 2009-10-17 22:38
>>一度、ご体験を!

行きたい、行きた~い。
だって楽しそうなんだもん。

と、行きたい所が怒涛の如く増え続けるNINJAであった!
Commented by kikouchi at 2009-10-17 23:51 x
碓氷峠は信越線の工事の最難関で、手前の松井田辺りまでは明治23年位には、開通していたようです。上野の駅から半日くらいで松井田までついたようです。
そこまでの平地の工事とは比べ物にならない峠の工事です。アーチは180度までは開かないで、外向きの力を少し残し、隣り合うアーチと打ち消しあうとか、その下の柱は安全を見て下広がりにするとか、工夫がたくさん見られます。
ただ、私は高いところは割と苦手なので、実際に行きたいかと言われると、ムムムです。
Commented by 雪だるま at 2009-10-18 06:35 x
ここの峠
歩くのが面白そうですね

軽井沢からここの周辺に入るのですが
めがね橋で止めてしまって
その先へは行ってないのですけど
これは盲点でした
次回はその先まで行ってみたいと思います
Commented by London Caller at 2009-10-18 06:52 x
あのアーチ橋はすごいですね!
イギリスのニューカッスルも沢山ありますよ。
ニューカッスルに行ったことがありまあすか。
Commented by farfarsideK at 2009-10-18 11:58
凄く迫力ありますね。この様な橋は広角で見上げるか見下ろす感じがいいのかも。煉瓦色って時の流れと暖かみを感じさせてくれますね。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-10-19 05:42
beibe-kさん、コメントありがとうございます。
南禅寺のは水の道ですが、
こっちのは列車の道です。
山間を通っているので、
地形条件が悪く、
その分、規模も大きくなったんでしょうね。
さすがにこれだけの規模となると、
迫力がありました。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-10-19 05:46
ninjaさん、コメントありがとうございます。
このアプトの道は、
撮ってよし、歩いてよし、
食べてよし(横川名物・峠の釜飯)、
もう、来るしかないでしょう!
Commented by j-garden-hirasato at 2009-10-19 05:54
kikouchiさん、コメントありがとうございます。
確かに、橋台部とアーチ部が分かれていて、
高さをいかに克服するか、
工夫の跡が見られます。
「高いところは割と苦手なので…」
軌道を歩いている分には、
高さはあまり意識しないですみますよ。
トンネルを抜けて、
めがね橋の上にさしかかったときも、
最初は気が付かなかったくらいですから。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-10-19 06:00
雪だるまさん、コメントありがとうございます。
碓氷峠もいろいろルートがあって、
このめがね橋も以前から知ってはいたんですが、
ようやく今回、お目にかかることができました。
軽井沢からだと、
車で旧国道を下ってくるんでしょうか。
歩くルートもあるようですが、
まだ、ちゃんと調べておりません。
いつか横川-軽井沢間、
歩いてみたいですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-10-19 06:06
London Callerさん、コメントありがとうございます。
イギリスのは
こうした歴史的な建造物がたくさんありそうですね。
日常生活の中で、
何気なく存在しているんでしょう。
日本では、観光資源です。
「ニューカッスルに行ったこと…」
いやいや、
外国に出たことすら…。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-10-19 06:12
farfarsideKさん、コメントありがとうございます。
同じ橋でも、
コンクリート造のものは無機質で冷たく感じ、
煉瓦造のものは温かみのようなものを感じます。
煉瓦造は、
一つずつ煉瓦を積むという、
人の手間がかかってできるものだからでしょうか。
そういうものを無意識に感じているんでしょうね。
Commented by Mozuku_18 at 2009-10-20 22:26
この橋、結構大きそうですね!
スラッとして背が高そう。。。まさにイギリス(笑)
水路閣の足をグンっとのばした感じ(笑)
Commented by j-garden-hirasato at 2009-10-21 04:50
Mozukuさん、コメントありがとうございます。
「スラッとして背が高そう。。。」
足が以上に長い大道芸人みたいでしょ(笑)。
通常の「めがね橋」なら、
上部のアーチ部分だけでしょうけど、
高さをかせぐために、
ずいぶん上げ底しています。
<< そぞろ歩き:信州中野の町並み ソフト三昧 >>