日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
MY HP
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers.....
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
London Calle..
by j-garden-hirasato at 06:06
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:03
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 06:02
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:59
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:57
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:53
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:46
畿内なら 特に奈良地方..
by 雪だるま at 05:34
え〜長野チームのロゴのラ..
by London Caller at 05:16
>>写真もロクに撮れず…..
by ninja2005y at 21:58
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 10:35
サッカー大好きです、実際..
by umi_bari at 08:56
ほォ~‼すごい規模の古墳..
by N-styel at 07:26
うわぁ~♡(*'∀'人)..
by N-styel at 07:06
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:49
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:46
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:45
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:42
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:38
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:37
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
ライフログ
画像一覧


タグ:風景 ( 266 ) タグの人気記事

東京そぞろ歩き:東京へGO!

先にアップした「玉川上水巡り」に先立ち、

前日に東京入りをしました。

高速バスの車窓から。

f0049074_21165858.jpg

この日は天気がよく、

浅間山がきれいに見えていました。

f0049074_21182099.jpg

横川SAで休憩。

f0049074_21213722.jpg

ゴツゴツの妙義山を背景に、

個性的な照明塔が整列。

f0049074_21225012.jpg

関東平野、

ほんと、平らです。

f0049074_21240285.jpg

イザ、東京へ!

探訪日:2017.02.03
by j-garden-hirasato | 2017-03-09 05:42 | 風景 | Comments(21)

東京そぞろ歩き:おまけ

今回の東京そぞろ歩きを総括します。

新宿のゴジラに始まり、

f0049074_05485308.jpg

築地でウニ丼に、

f0049074_05501225.jpg

巨大ホタテの海鮮丼。

f0049074_05520401.jpg

また、食べたい!

築地はゆっくり巡れなかったので、

改めて、散策をしたいものです。

f0049074_05530348.jpg

オモシロイものが

いろいろ撮れそうです。

f0049074_05540017.jpg

隅田川も魅力的。

f0049074_05544201.jpg

次回は、ぜひ、

屋外へ出れる水上バスに。

f0049074_05551745.jpg

佃島の高層マンション群。

f0049074_05580000.jpg

下町のイメージとのギャップ。

東京観光の定番、

浅草・雷門。

f0049074_05590708.jpg

オモシロイものが、

まだまだありそうです。

f0049074_05594670.jpg

今回のスカイツリーは、

遠目で眺めるのみ。

f0049074_06005390.jpg

特別名勝・浜離宮庭園からの

高層マンション群に、

f0049074_06012759.jpg

高層ビジネスビル群。

f0049074_06020010.jpg

東京らしい風景です。

JR新橋駅周辺。

f0049074_06023255.jpg

高架下も魅力的。

東京駅周辺も、

ゆっくり巡りたいエリアです。

f0049074_06044647.jpg

以上。

探訪日:2016.02.0507


by j-garden-hirasato | 2016-04-05 06:41 | そぞろ歩き | Comments(10)

自然に親しむ:志賀高原

梅雨明けと同時に山へ、

が、なかなか叶わず、

満を持して有給を取得。

でも、

この日は天気には恵まれず、

北アルプスは断念。

志賀高原に行きました。

「潤満の滝」。

f0049074_06511317.jpg

展望台から、遠くに望めます。

f0049074_06513573.jpg

展望台近くには、

地元地区住民により、

炭焼ガマが復原されています。

f0049074_06515114.jpg

高原らしい風景。

「平床」と呼ばれています。

f0049074_06520606.jpg

志賀高原は、

日本有数の温泉地でもあります。

「平床大噴泉」。

f0049074_06522268.jpg

夏のスキー場の風景。

f0049074_06524195.jpg

サマースクールでの活用?

バーベキューのコンロ。

f0049074_06525976.jpg

志賀高原には、

「日本国道最高地点」もあります。

f0049074_06531627.jpg

その脇の展望台から。

f0049074_06534021.jpg

眼下に見えるのは「芳ヶ平」。

ササっ原に立つ針葉樹が特徴です。

f0049074_06535759.jpg

「白根山」。

火山活動が活発になっているようで、

立入禁止でした。

f0049074_06541459.jpg

シェルターがアートっぽく、

一枚。

f0049074_06543004.jpg

「山」の境界杭。

f0049074_06545049.jpg

つづく。

探訪日:2015.07.30


by j-garden-hirasato | 2015-08-12 07:00 | 自然 | Comments(20)

街道を歩く・北国街道:三才~牟礼

先の土曜日、

2015シーズン第1回目の街道歩きの会がありました。

今回は、

北国街道を三才(長野市内)から

牟礼(飯綱町)の間を歩きます。

f0049074_05462479.jpg

天気は最高!

f0049074_05464084.jpg

特に、これといった名所はありませんが、

田園地帯をのんびり歩きます。

f0049074_05465537.jpg

途中の集落で見つけたトトロ。

f0049074_05471497.jpg

手作りの虎に、

f0049074_05473663.jpg

手作りの鶴。

f0049074_05475171.jpg

何気なく路傍に立つ石碑が

街道だったことを教えてくれます。

f0049074_05480785.jpg

ブロックを積んでも、

お地蔵さんはそのまま安置。

f0049074_05482585.jpg

この区間、

アップダウンも激しく、

電動カーのお婆ちゃんに抜かれました。

f0049074_05484535.jpg

北信五岳が

キレイに見えました。

f0049074_05490024.jpg

この郵便配達のクラシックカー、

現役でした。

f0049074_05491760.jpg

何かの竣工碑の前に

無造作に置かれた石のベンチ。

f0049074_05493588.jpg

本日の目的地に到着。

「サンクゼール・ワイナリー」。

f0049074_05495024.jpg

詳細は次回。

探訪日:2015.05.29


by j-garden-hirasato | 2015-06-03 05:57 | 街道歩き | Comments(24)

東京そぞろ歩き2:靖国神社

ちょっと前のことですが、

娘のオープンキャンパスのお付き合いで行った東京。

待ち時間を利用して、

そぞろ歩きをしてきました。

歩いたのは皇居周辺。

まず向かったのは『靖国神社』。

f0049074_07215619.jpg

軍人、軍属等を主な祭神として祀ることから、

何かと話題の多い神社です。

f0049074_07225642.jpg

日本一の大きさの大灯籠は、

建築家・伊東忠太の設計。

f0049074_07232579.jpg

嘉永6年(1853)の「黒船来航」以降の

日本の国内外の事変・戦争等、

国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」と称して祀っています。

f0049074_07235166.jpg

幕末の志士である吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、

中岡慎太郎、武市半平太、橋本左内、大村益次郎等も

維新殉難者として合祀されています。

f0049074_07241585.jpg

本殿は、明治5年(1872)に造られた神明造。

この拝殿は、

明治34年(1901)に竣工した入母屋造。

f0049074_07244246.jpg

何の儀式でしょうか。

外人さんの姿も見られました。

f0049074_07251468.jpg

この日は天気が良く、

f0049074_07254554.jpg

皇居のお堀の周りで、

ゆったり、まったり。

f0049074_07261609.jpg

車で来ているので、

ノンアルコール!

f0049074_07264302.jpg

東京オリンピックで建設された首都高。

f0049074_07271947.jpg

ちょっと、悲しくなる光景です。

f0049074_07275050.jpg

探訪日:2014.09.14


by j-garden-hirasato | 2014-11-01 07:33 | 神社仏閣 | Comments(20)

庭園探訪・東京編:皇居東御苑・二の丸庭園

東京そぞろ歩きに戻ります。

今回で8回目。

今回は庭園探訪。

f0049074_06055789.jpg

皇居東御苑には、

日本庭園が整備されています。

f0049074_06063043.jpg

『二の丸庭園』です。

f0049074_06080520.jpg

江戸時代、

二の丸には小堀遠州が作庭した庭園があり、

三代将軍・家光の命で改修されたと伝えられる名庭でした。

f0049074_06083754.jpg

たびたび火災で焼失し、

明治以降は荒廃していました。

f0049074_06091000.jpg

昭和43年(1968)、

皇居東御苑の公開開始に当り作庭されました。

f0049074_06093633.jpg

九代将軍・家重の時代に作成された

庭園の絵図面が参考とされました。

f0049074_06100892.jpg

公園の中に造られた庭園で、

古庭園の風情はありませんが、

f0049074_06104693.jpg

滝組も組まれ、

しっかり造り込まれています。

f0049074_06112389.jpg

都会のオアシス内にある日本庭園。

貴重な存在です。

f0049074_06120308.jpg

探訪日:2014.07.09


by j-garden-hirasato | 2014-10-14 06:12 | Comments(22)

庭園探訪・奈良編:吉城園

関西探訪記の4回目。

今回は、庭園探訪。

東大寺を後に『吉城園』へ。

f0049074_06563009.jpg

園内は

「池の庭」、「苔の庭」、「茶花の庭」の三庭から成り、

門を潜ってすぐに「池の庭」があります。

f0049074_07091372.jpg

「興福寺古絵図」によると

江戸時代までは、

同寺の支院・摩尼珠院があったとされています。

f0049074_07205739.jpg

明治時代に実業家の邸宅となり、

大正8年(1919)に

現在の建物と庭園が造られました。

f0049074_07114574.jpg

昭和の終わりから奈良県が所有し

平成4年(1992)から庭園を一般公開しています。

f0049074_07213332.jpg

「苔の庭」は、

一面青苔で覆われ、

かや葺きの離れ茶室があります。

f0049074_07124802.jpg

茶室というには、

実に立派な建物です。

f0049074_07133144.jpg

石橋の柱を再利用した飛び石あり。

f0049074_07141029.jpg

燈籠を利用した蹲あり、

f0049074_07143966.jpg

なかなか楽しめました。

f0049074_07150919.jpg

探訪日:2014.03.27


by j-garden-hirasato | 2014-04-20 07:22 | 庭園 | Comments(18)

新潟ドライブ:気になるもの(その1)

糸魚川からの帰り、
道中にあった気になるものをアップ。
『翡翠園』の隣りにあった神社。
f0049074_8275786.jpg

雪が深いためか、
冬に備え、
社殿は板で封鎖されていました。
f0049074_8282635.jpg

国道148号の脇を流れる姫川は、
暴れ川として有名です。
かつてのルート。
f0049074_8284652.jpg

今はロックシェイドで、
対岸に付け替えられています。
f0049074_82942.jpg

北国街道も川沿いを避け、
山に進路を取りました。
JR平岩駅周辺。
キョロキョロ周りを見ていると…。
f0049074_8292663.jpg

道路の擁壁に組み込まれていても、
機能には影響がないようです。
そして、
ふと山に目をやると…、大仏?
f0049074_8294626.jpg

白馬大仏でした。
カーナビにもちゃんと登録されていました。
f0049074_830772.jpg

でも、
今ここを訪れるのは、
廃墟マニアくらいでしょうか…。
f0049074_8303093.jpg

かつて国道が通り、
白馬温泉郷として栄えていたこの辺り、
今は廃墟も多く…。
f0049074_83051100.jpg

大網発電所の専用道路。
f0049074_8311115.jpg

この発電所自体が、
電気化学工業(株)の専用発電所です。
f0049074_8313270.jpg

ここまでやるか、
国道工事事務所。
f0049074_8315571.jpg

続く。

探訪日:2013.11.24
by j-garden-hirasato | 2013-12-22 08:31 | Comments(18)

安曇野そぞろ歩き(その5):気になるもの

安曇野そぞろ歩きの5回目。
今回は、気になるもの。
安曇野は、
とにかく水がきれいです。
f0049074_6213078.jpg

この清水を利用して、
わさびだけでなく、
ニジマスの養殖も盛んです。
f0049074_6214847.jpg

大王わさび農場の他にも、
あちこちでわさび田が見られます。
f0049074_62275.jpg

安曇野は、
NHKの連続テレビ小説「おひさま」の舞台。
町内のあちこちで
ロケが行われたようです。
f0049074_6222588.jpg

リンゴ畑に立つ紳士。
f0049074_6224517.jpg

祠にも、安全対策を。
f0049074_623863.jpg

安曇野では、
橋の欄干にも道祖神が使われています。
f0049074_6232854.jpg

粋なデザインです。
f0049074_6234938.jpg

東光寺の境内には、
こんな巨大下駄が…。
f0049074_624949.jpg

吉祥仁王の下駄、だそうです。
「脚下照願」
禅の教えにあるようです。
f0049074_624283.jpg

何キロあるのでしょうか。
f0049074_6245134.jpg

そして、
本ブログの定番のこれ。
f0049074_6252050.jpg

安曇野にもありました、
円筒ポスト。
f0049074_6253997.jpg

今回は、
JR穂高駅の前に鎮座されていました。
f0049074_6255897.jpg

探訪日:2013.11.03
by j-garden-hirasato | 2013-11-22 06:26 | Comments(18)

庭園探訪・長野編:山口家庭園

安曇野そぞろ歩き5回目。
今回も庭園探訪。
安曇野・堀金地区にある『山口家庭園』。
f0049074_65391.jpg

山口家は、
三百数十年の歴史をもつ旧家で、
この地を統括する大庄屋でした。
f0049074_6532718.jpg

日本アルプスを西洋に紹介した登山家・ウェストンも
常念岳登山の際、
宿舎としてここに宿泊しています。
f0049074_6534769.jpg

戦前の日本美術院で活躍し、
36歳という若さで亡くなった
日本画家・山口蒼輪の生家でもあります。
f0049074_6547100.jpg

庭園は
書院の北側、
山の斜面を利用して作庭されています。
f0049074_654263.jpg

書院から眺める座観式池泉庭ですが、
庭内を巡れる廻遊式庭園でもあります。
f0049074_6544794.jpg

作庭は江戸初期、
天和~貞亨年間(1681~1688)とされています。
f0049074_655633.jpg

池の中央に亀島を配し、
山の斜面から滝が落とされています。
f0049074_655248.jpg

地面は苔に覆われ、
小気味よく打たれた飛石。
f0049074_6564812.jpg

随所に燈籠が配され、
庭園として、
しっかり造り込まれています。
f0049074_657744.jpg

長い時の流れを感じさせる、
落ち着いた風情が漂っています。
f0049074_6572578.jpg

管理も行き届いていて、
とても気持ちがいい庭園です。
f0049074_6574544.jpg

紅葉も、
ちょうど見頃でした。
f0049074_658320.jpg

探訪日:2013.11.03
by j-garden-hirasato | 2013-11-20 06:57 | 庭園 | Comments(20)