日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
おはよう。 静岡出身と..
by ejichan555 at 09:26
スーパームーンも夜景も ..
by gipsypapa at 08:55
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:23
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:17
iris304さん、コメ..
by j-garden-hirasato at 05:09
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:07
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:03
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 04:59
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 04:57
つい先日のこと 若い子..
by ninja2005y at 22:37
家康のこと、初めて聞きま..
by London Caller at 22:06
こんにちは〜 スー..
by iris304 at 17:31
徳川家康と言えば、このあ..
by blackfacesheep2 at 15:49
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 10:24
やっぱり満月と城は合いま..
by saheizi-inokori at 09:43
あれま 静岡の駅 随..
by 雪だるま at 05:42
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:24
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 05:18
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:14
焼津の魚センターには行っ..
by YuccaR at 21:21
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
ライフログ
画像一覧


タグ:静岡 ( 113 ) タグの人気記事

静岡探訪:久能山東照宮

正月、実家に帰った際、久能山東照宮に参拝に行きました。
参拝のルートとしては、
石垣イチゴで有名な久能海岸から
石の階段を登るルート(本来の参拝ルート)と
富士山の絶景ポイントである名勝・日本平から
ロープーウェイで行くルート(安直ルート)の二つがあります。
今回は日本平からロープーウェイで行きました。
さすがにお正月、ゴンドラに乗るのにも長蛇の列でした。
f0049074_4265666.jpg

徳川家康ゆかりの地ということもあり、
ゴンドラも籠のデザイン、天井は葵御紋でした。
f0049074_4271459.jpg

久能山東照宮は、言わずと知れた徳川家康を祀った神社。
家康が亡くなると、一旦この久能山で埋葬され、
一年後に日光東照宮に改葬されました。
この二つの東照宮、
富士山を挟んで同一線上にあるんだそうです。
不死身になるため富士山を通過して配置された、とされています。
f0049074_4273076.jpg

さらに、久能山東照宮の墓所は西を向いています。
これは西国鎮護のためとされ、
家康を埋葬したこの久能山東照宮と
家康の生母・お大の方が子授けの祈願をした鳳来寺、
家康が生まれた岡崎の大樹寺は東西で一直線に並んでいます。
さらに京都の日吉大社には東照宮が建立されており、
これもこの線上にあるんだそうです。
f0049074_4274839.jpg

この東西軸は太陽の運行軸でもあり、
自ら「東照大権現」となり、世の中を太陽のように照らし、
徳川家の繁栄を願った家康の意向を強く反映したもの、とされています。
f0049074_428830.jpg

家康は壮大なことを考えていたんですね。
徳川幕府が260年も続いたのも分かるような気がします。
f0049074_4282494.jpg

探訪日:2008.01.02
by j-garden-hirasato | 2008-01-10 04:28 | 神社仏閣 | Comments(14)

霊峰 富士

少し遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。
正月は静岡の実家で過ごしました。
静岡と言えば、やっぱり富士山。
f0049074_14144152.jpg

長野では大晦日から元旦にかけて、
今シーズン初の本格的な雪降りだったようですが、
静岡は快晴続きのいい天気でした。
富士山がすごくきれいに見えました。
f0049074_1425644.jpg

今年もこんな感じで、
ぼちぼちブログの更新をしていきたいと思います。
本年もよろしくお願いします。
f0049074_14252244.jpg

撮影日:2008.01.03 朝霧高原にて
by j-garden-hirasato | 2008-01-05 14:42 | | Comments(20)

静岡探訪:アートギャラリー

平成の大合併で、
アッという間に政令指定都市の仲間入りした静岡市。
昔住んでいた者にとっては、どうもピンときませんね。
でも、実家に帰って思うことは、
車でちょっと走れば渋滞しているし、
自分の育った頃とはずいぶん違うんだなあ、
とつくづく思います。
街の中心部は綺麗に整備されちゃったし、
昔遊んだ駿府公園(駿府城跡)もお城の復元工事でがらっと変わってしまって、
昔の面影がほとんどなくなってしまいました。
これまであまりカメラを持って街中に出かけなかったんですが、
今回はちょっとブラブラしてみました。
f0049074_6291085.jpg

正面に見えるのは市役所です。
市役所からこの写真を撮った青葉公園まで緑地帯になっています。
街の中心部に緑地帯があるなんて、なかなかいいものです。
プチ・セントラルパークって感じですね(過大な表現!)。
この緑地帯、あちこちに野外彫刻が置いてあって、
ちょっとした「アートギャラリー」になっているんです。
f0049074_6302126.jpg

それも教科書に出てくるような置物タイプの彫刻ではなく、
彫刻自体が動いたり、水をダイナミックに使っていたり、
これが彫刻?ってのもあって、なかなかユニークです。
その中でも、お薦めの彫刻はコレ!
f0049074_6323222.jpg

大地をモチーフにした彫刻。
彫刻のような、そうではないような…。
遊具の一種に見えないこともありません。
f0049074_6343543.jpg

彫刻という型にはまっていないところが好きです。
緑地帯の両側はケヤキ並木になっていて、
暑いこの季節、緑陰はほんと助かります。
f0049074_636742.jpg

地元のお爺ちゃん、お婆ちゃんが木陰のベンチで涼んでいました。
しかし、あまりにもラフです、ステテコ姿の人もチラホラと…。
これが静岡の実力なのか…。
ブログでこんな文章を書き込むくらいなら、
写真を撮っておくんだった…、無念!
f0049074_6372047.jpg

おでん横町なんてのもありました。
だし汁が染み込んだ静岡おでん、ご存知ですか。

探訪日:2007.08.11
by j-garden-hirasato | 2007-08-31 06:37 | 芸術 | Comments(17)

静岡の庭園:実相寺・摩訶耶寺

浜名湖周辺の庭園探訪、第三段。
龍潭寺庭園をじっくり堪能したあとは実相寺です。
「日本庭園鑑賞便覧」にも紹介されている庭園ですが、
とにかく場所が分かりにくい。
今回で二回目なんですが、土地勘がないので、
あっちをウロウロ、こっちをウロウロ…。
ようやく辿り着いた次第です。
f0049074_6305649.jpg

それまで荒廃していた庭園を
中根庭園研究所が平成11年に実測調査を行い、
作庭は江戸時代前期と推測されています。
修復されたばかりで、
まだ青臭さというか、落ち着き感はありませんが、
石組、地割などの庭園デザインは見応えがあります。
こんなにちゃんと管理されているのに、
なんと、拝観料は無料です。
f0049074_6323038.jpg

気持ちだけですが、寸志箱に投入してきました。
このあと行った長楽寺は閉門…。
次は、摩訶耶寺へ。
f0049074_6333841.jpg

この庭園は、鎌倉時代初期の作庭とされ、
昭和43年に学術調査が行われ、修復されました。
力強い石組と優美な築山が特徴です。
f0049074_6344451.jpg

ただ残念なのは、庭園の管理まで十分手があまり回っていないようで、
築山の芝生は剥げ、表土は降雨に流され、
石組の根回りが少し露出してきているのが気になります。
早めに手を打った方がいいではないでしょうか。
f0049074_6355181.jpg

夏の日の庭園探訪、
お地蔵さまも日差しを浴びて、暑そうです。
f0049074_6365983.jpg

ほんとに暑い、一日でした。

探訪日:2007.08.09
by j-garden-hirasato | 2007-08-28 06:37 | 庭園 | Comments(12)

静岡の庭園:誤算!!

夏の静岡、庭園探訪第二弾。
猛暑のなか、浜名湖周辺の庭園探訪を強行したのは、
前回のブログに掲載したとおりですが、
予定通りに物事はいかないものですね。
この日、午前中に龍潭寺、実相寺と巡り、
昼食後、以前このブログで「気にかかる庭園:長楽寺」
として掲載した長楽寺に行ったんですが、
駐車場に車が一台も止まっていません。
ちょっとイヤな予感がしたのですが、
参道の階段を上っていくと…。
ガーン!
f0049074_124670.jpg

門が閉まっています!
旧盆が目前なのに、どうしたことでしょう…。
隙間から境内をのぞいたんですが、人の気配がありません…。
f0049074_1252364.jpg

とても気になりましたが、打つ術もなく、次の庭園に。
その後、摩訶耶寺(まかやでら)、大福寺と巡りました。
摩訶耶寺の紹介は次回以降のブログに譲ることにしますが、
大福寺、これがまた…。
現在、大福寺の三門から本堂に向かう参道では、
参道を分断するように第二東名の工事が行われています。
それはそれでちょっと悲しい光景ですが、気を取り直して大福寺へ。
受付で拝観料100円を払おうとすると、
「お庭ですか。今、池の水、はらっていますが」とのこと。

門を潜って、庭園の方へ歩いていくと…。
f0049074_1262835.jpg

う~ん、池泉庭園なのに水が…。
護岸はモルタルで固めてあるんだ、と言い聞かせるようにつぶやきつつ、
徐々にテンションダウン。
タイミング、悪いなあ。
大福寺探訪後、帰るには少し時間があったので磐田の医王寺に向かいましたが、
浜松市内で渋滞に引っかかり、タイムオーバー…。
人生、こんなものでしょうか。
でも、大福寺の近くで昭和5年に作られた時計台を発見!
f0049074_1272315.jpg

こんな暑い一日でした。

探訪日:2007.08.09
by j-garden-hirasato | 2007-08-25 01:27 | 庭園 | Comments(15)

静岡の庭園:夏の龍潭寺

夏の静岡、第一弾。
この日、静岡では最高気温が35度に迫る猛暑であったのにもかかわらず、
行ってきました庭園探訪!!
今回は静岡県の西部・遠州地方を巡ってきました。
浜名湖の周辺には、数多くの庭園が残されていますが、
まず、静岡を代表する名庭・「龍潭寺」です。
この庭園は以前にもこのブログで公開しましたが、
前回は冬枯れの庭園、今回は盛夏の庭園です。
f0049074_2133699.jpg

冬は冬でそれなりの味わいがありますが、
緑豊かな庭園は、やはりイイものですね。
庭園が本堂の北側に位置することもあり、
日差しに当たることなく、庭園が楽しめます。
縁側に腰掛けて庭園を眺めていると、
猛暑であることすら忘れてしまいます。
至福の時間。
f0049074_21341813.jpg

この庭園の一番の見頃は、ツツジが咲き乱れる時期なんでしょうが、
今後の楽しみにとっておきます。
f0049074_21355397.jpg

左右に巨石の仁王石、中央に三尊石、
手前に平らな礼拝石が配されています。
修行僧がこの礼拝石に座禅して、庭園と向き合ったとされています。
f0049074_21374413.jpg

いつかこの石に座禅して、庭園と対峙してみたいものです。
庭園の作庭者は小堀遠州と伝えられています。
京都の庭園と比べても決して見劣りをしない、
お薦めの庭園です。
f0049074_21385579.jpg

この龍潭寺は井伊家の菩提樹でもあり、
創建は西暦733年、とても由緒あるお寺。
庭園、墓所以外にも左甚五郎作とされる龍の彫り物があったり、
見どころ豊富です。
f0049074_21395241.jpg

探訪日:2007.08.09
by j-garden-hirasato | 2007-08-21 21:40 | 庭園 | Comments(14)

花三昧 Part2

浜松フラワーパークの続きです。
広い園内には、芝生広場あり、噴水広場あり、日本庭園あり、遊園地あり、温室あり。
一日、お花を楽しみながら、ゆっくりできます。
できれば、満開のサクラの下で、ビールなど飲みながら…(しつこい!)。
温室の中で娘たちがスケッチを始めたので、
しばし温室内をブラブラ。
花って見れば見るほど面白いですね。
これまで、花の写真はあまり撮ってこなかったのですが、
じっと花たちを見ていたら、こんな写真になりました。
f0049074_6281243.jpg

黄色は自己主張する色ですね。
f0049074_629754.jpg

このピンク、実際にはもっと紫が強かったのですが、
カメラの特性でしょうか、思うような色に撮れませんでした(技術不足でしょ)。
f0049074_630974.jpg

この色、何色って言えばいいんでしょうか。
とても神秘的な色。
f0049074_6314827.jpg

一輪の花も素敵ですが、
いっぱいあるのも豪華で好きですね。
f0049074_6324792.jpg

あじさいのアップ。
これまで撮ってきた花の名前は…。
花の名前、詳しくないんです。
f0049074_6334546.jpg

ヒスイカズラの花。
フィリピン原産のつる性植物です(これは看板あり!)。
とても、不思議な色でした。
花を黙々と撮っていたら、
娘たちのスケッチも終わって、家族はどんどん行ってしまいました。
たまには植物園に行くのもいいですね。
by j-garden-hirasato | 2007-04-11 06:33 | 季節 | Comments(12)

花三昧

各地でサクラの開花が話題になっている中、
長野では、開花まであと一歩。
待ち遠しいですね。
といっても、先週、静岡への里帰りの際、
あちこちでサクラが満開で、花見は楽しめました(でも、酒はなし)。
そのときの写真を掲載します。
黄色い絨毯を敷き詰めたような菜の花畑の後、
浜松フラワーパークに行きました。
天気も良かったので、たくさんの人が訪れていました。
ソメイヨシノがちょうど見頃です。
f0049074_15332599.jpg

後ろの花は、ベニバナトキワサンザシ。
こちらの方が派手で目立っていました。
園内には遊園地もあります。
f0049074_15343419.jpg

小学生の娘には、ちょっと物足りなかったみたいです。
f0049074_15353914.jpg

サクラのトンネル。
f0049074_15365149.jpg

サクラの下には、花見の人であふれていました。
本日は運転手なので、我慢、我慢。
あれから一週間。
もう、散ってしまったのでしょうか。
by j-garden-hirasato | 2007-04-07 15:38 | 季節 | Comments(12)

春爛漫

週末、静岡の実家に帰ってきました。
まだまだ、春本番にならない長野ですが、
静岡は春爛漫。
磐田市樋ヶ谷沼の脇にある菜の花畑に行きました。
ちょうど静岡が真夏日になった日。
春を通り越して夏のような陽気でした。
菜の花の絨緞が目の前に広がります。
f0049074_7345383.jpg

菜の花とサクラが同時に咲いています。
f0049074_736220.jpg

もっとサクラが植えられていれば、
もっと絵になりますが、それは贅沢というものですね。
ここでは、菜の花が主役です。
菜の花だけでも、迫力満点。
なぜか気になる砕石プラント。
f0049074_737619.jpg

お客さんが多く訪れていました。
f0049074_738989.jpg

単管で組まれた見晴台。
まあ、これはこれでよし、ということでしょうか。
この場所はpapaphotoさんのブログで知りました。
いい場所を紹介していただき、ありがとうございました。
by j-garden-hirasato | 2007-04-03 07:48 | 季節 | Comments(22)

静岡の庭園:龍潭寺

静岡帰省シリーズ第2弾、龍潭寺庭園です。
まだ庭園に関する知識もろくに無かった学生時代(遥か遠い昔の話し)、
帰省の際、なにげなくこの庭園を訪れ、
こんな片田舎に、こんなに質の高い庭園が存在するんだ、と衝撃を受けました。
庭園の構成、管理状況、京都の庭園と比べても全く遜色のない素晴らしい庭園です。
これは龍潭寺が、この地方の領主で後に彦根城主となった井伊家の菩提寺で、
井伊家の深い帰依を受け、文化が継承されてきたことによるものでしょう。
庭園は小堀遠州の作庭とされています。
f0049074_7411389.jpg

配石の数が、庭園正面から向かって右に多く、左に少ないため、
それぞれの方向から庭園を眺めると、その雰囲気がガラッと変わります。
すばらしい演出です。
作庭者が高度な技術の持ち主であることがわかります。
f0049074_7421842.jpg

これは亀出島。
f0049074_7431841.jpg

手前中央が亀の口、その上に配された丸い二つの石が目玉とされていますが、
口さとれている石だけでも、十分亀の頭に見えます。
滝組も力強く組まれています。
f0049074_7441395.jpg

蘇鉄が植えられているのが、いかにも小堀遠州の作庭、という気がします。
庭園は国の名勝に指定されています。
探訪日:2007.01.01
by j-garden-hirasato | 2007-01-13 07:45 | 庭園 | Comments(20)