日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
はじめまして。 長野県..
by ほしがき at 16:14
北斎館と小布施、興味あり..
by shinmemo0417 at 23:46
こんにちは^^ 昨..
by iris304 at 18:27
素敵なショットと解説から..
by siawasekun at 03:18
小布施ですか。 栗、大..
by kwc_photo at 23:29
モンブラン・・・・良いで..
by ninja2005y at 22:00
小布施と言えば栗・・・ ..
by blackfacesheep2 at 21:16
木漏れ日が気持ち良さそう..
by yaguchitenga at 18:36
こんにちは^^ 小布施..
by risaya-827b at 16:56
小布施って、街づくりがお..
by N-styel at 15:42
栗、大好きです 天津甘..
by aitoyuuki32 at 12:25
小布施の街も電線を地下に..
by umi_bari at 11:17
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 11:06
おはよう。 日差しが夏..
by ejichan555 at 10:20
ちょっと外れにうまいそば..
by saheizi-inokori at 09:20
小布施は古い町並みを ..
by gipsypapa at 09:01
> 舗装材にも栗が採用 ..
by London Caller at 06:18
雪だるまがこの界隈を良く..
by 雪だるま at 05:50
sarutvさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:03
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:00
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ライフログ
画像一覧


タグ:文化財 ( 199 ) タグの人気記事

東京そぞろ歩き・庭園探訪:芝離宮恩賜庭園

神楽坂をプチ散策後、

野球観戦に行くという娘と別れ、

『芝離宮恩賜庭園』に行きました。

f0049074_06022174.jpg

小石川後楽園、浜離宮恩賜庭と共に、

東京に残る江戸時代の大名庭園の一つです。

f0049074_06022967.jpg

池の周りを周遊する池泉回遊式庭園。

f0049074_06031908.jpg

潮の満ち欠けで景色を演出する

汐入の庭となっています。

f0049074_06033950.jpg

明暦年間(16551658)の頃に

海面を埋め立てた土地を、

延宝6年(1678)に

老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領。

f0049074_06035243.jpg

忠朝は、

藩地の小田原から庭師を呼び、

「楽壽園」と呼ばれる庭園を作庭しました。

f0049074_06040061.jpg

その後は所有者を変え、

幕末の頃は紀州徳川家の芝御屋敷となり、

明治4年(1871)には有栖川宮家の所有となり、

8年(1875)に宮内省が買上げ、

9年(1876)に芝離宮となりました。

f0049074_06041094.jpg

大正13年(1824)には、

皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として東京市に下賜され、

関東大震災で被災した園地の復旧と整備が行われ、

同年に一般公開されました。

f0049074_06042229.jpg

景勝地と有名だった

中国杭州の西湖の景色を模したという「西湖堤」。

f0049074_06064869.jpg

作庭当時は海岸に面していましたが、

今やビジネスタワーの前庭みたいな状況です。

f0049074_06065739.jpg

国の名勝に指定されています。

鯛の形をしたおめでたい橋。

f0049074_06070674.jpg

おめでたいカップルの姿も。

f0049074_06071397.jpg

江戸時代のものかどうかはわかりませんが、

こんなカワイイ灯籠が、

池の中に据えられていました。

f0049074_06072214.jpg

探訪日:2017.06.18
by j-garden-hirasato | 2017-07-08 06:29 | 庭園 | Comments(24)

長野そぞろ歩き・古墳探訪:森将軍塚

大室古墳群へ行った次の日、

この日も天気がよかったので、

お隣り千曲市にある『森将軍塚』へ。

f0049074_05145675.jpg

麓には、

竪穴式住居の村が復元されています。

f0049074_05150611.jpg

小高い丘(尾根)を登ると、

そこが『森将軍塚』。

f0049074_05151749.jpg

長野県で最大の前方後円墳です。

f0049074_05152626.jpg

全長約100メートル。

f0049074_05153619.jpg

曲がった尾根上に築造されているので、

左右対称ではなく、

後円部は丸形ではなく楕円形。

f0049074_05154646.jpg

墳丘は葺石で覆われています。

f0049074_05155473.jpg

前方部、

長さ約40メートル、

幅約30メートル。

後円部(奥)、

直径約45メートル。

f0049074_05160332.jpg

頂部を取り囲むように、

埴輪が配置されています。

f0049074_05161236.jpg

埴輪は甕形のもの。

f0049074_05162051.jpg

後円部からの眺め。

善光寺平が一望できます。

f0049074_05163022.jpg

つづく。

f0049074_05163841.jpg

探訪日:2017.02.26
by j-garden-hirasato | 2017-04-02 06:25 | 文化財 | Comments(24)

長野そぞろ歩き・古墳探訪:大室古墳群(2)

大室古墳群の2回目。

古墳群は、

谷間に位置しています。

f0049074_06065983.jpg

林の中にも古墳が点在。

f0049074_06071272.jpg

史跡整備で、

邪魔な樹木は伐採されましたが、

f0049074_06072033.jpg

このエリアは、

樹木を残しながら整備されました。

f0049074_06073059.jpg

光と影が、

怪しげな雰囲気を醸し出しています。

f0049074_06073950.jpg

再び、

樹木が伐採されたエリアへ。

なだらかな墳丘。

f0049074_06074900.jpg

景観木は残されました。

f0049074_06075976.jpg

もう少し陽が傾けば

古墳まで届きそうです。

f0049074_06081062.jpg

背景にある岩山とは、

特に関連性はないようですが、

f0049074_06081935.jpg

岩山に導かれているようにも…。

f0049074_06082771.jpg

どこかへ繋がっていそうです。

f0049074_06083632.jpg

合掌形石室。

これは、屋根の部分だけ、

新しく復元されたものです。

f0049074_06084497.jpg

探訪日:2017.02.25
by j-garden-hirasato | 2017-03-29 05:40 | 文化財 | Comments(26)

長野そぞろ歩き・古墳探訪:大室古墳群

2月下旬の快晴の日、

長野市松代町大室にある『大室古墳群』へ。

5世紀前半~8世紀にかけて築造された、

古墳時代に築かれた古墳群です。

f0049074_06443622.jpg

古墳群の入口にある「将軍塚」。

f0049074_06444597.jpg

石室に入れます。

f0049074_06445420.jpg

独特な雰囲気。

f0049074_06450471.jpg

土石混交合墳。

古墳の表面は、

復元の際、

特殊な土で固められました。

f0049074_06451326.jpg

この古墳群で最大の古墳。

f0049074_06452380.jpg

こんなに改造を施された古墳もあります。

f0049074_06453383.jpg

石室を囲む石が露出した古墳。

f0049074_06454250.jpg

盛土部分がなくなっても、

石はしっかり噛みあっています。

f0049074_06455610.jpg

長野市街地=善光寺平が臨める場所。

f0049074_06460664.jpg

大室古墳群には、

500基の古墳が存在します。

f0049074_06461630.jpg

史跡の保存整備が行われたエリアは、

そのごく一部。

f0049074_06462407.jpg

国の史跡に指定されています。

f0049074_06463355.jpg

この芝生の盛り上がりは、

イノシシの悪さでしょうか。

f0049074_06464384.jpg

探訪日:2017.02.25
by j-garden-hirasato | 2017-03-26 06:54 | 文化財 | Comments(20)

東京そぞろ歩き:台場公園

東京そぞろ歩き201712回目。

レインボーブリッジを渡り切り、

台場公園へ。

f0049074_05350338.jpg

第三台場です。

f0049074_05351307.jpg

嘉永6年(1853)、

ペリー提督のひきいるアメリカ艦隊が来航。

f0049074_05352532.jpg

海防の必要を認めて

江戸幕府が築造した台場の一つ。

f0049074_05353433.jpg

台場とは、

砲台のこと。

f0049074_05354310.jpg

設計は、

伊豆韮山の代官・江川太郎左衛門。

f0049074_05355685.jpg

11の台場の築造を予定し、

結果的には、

品川沖に6つの台場が造られました。

f0049074_05360544.jpg

しかし、

ついに使われることなく、

放置されました。

f0049074_05361837.jpg

昭和の年代まで残っていましたが、

東京湾を整備するために、

四つは撤去。

f0049074_05362413.jpg

第三台場と第六台場の二つが

今も残っています。

f0049074_05363798.jpg

この第三台場は、

周囲は石垣で囲まれ、

1辺が160メートルの正方形。

f0049074_05364506.jpg

砲台も残されています。

f0049074_05365703.jpg

日没。

f0049074_05370302.jpg

ビルに沈む太陽。

新鮮です。

f0049074_05371202.jpg

「品川台場」として

国の史跡に指定されています。

f0049074_05372293.jpg

探訪日:2017.02.03
by j-garden-hirasato | 2017-03-19 06:30 | 文化財 | Comments(20)

東京そぞろ歩き:湯島聖堂

東京そぞろ歩き5。

10月に地元のサッカーチーム、

長野パルセイロ・レディースの試合観戦で

東京に行ったとき、

御茶ノ水駅周辺をウロウロしました。

まず、訪れたのが『湯島聖堂』。

f0049074_06062128.jpg

徳川五代将軍・綱吉は、

儒学の振興を図るため、

元禄3年(1690)、

上野にあった廟殿と林家の家塾を移し、

聖堂を創建しました。

f0049074_06071690.jpg

これが湯島聖堂の始まりです。

f0049074_06081457.jpg

その後、

寛政9年(1797)には、

幕府の直轄の学問所となりました。

f0049074_06121353.jpg

明治になると新政府の所管となり、

明治4年(1871)に学問所は廃止、

文部省が置かれました。

f0049074_06130192.jpg

同年、わが国最初の博物館が置かれ、

翌明治5年(1872)には東京師範学校、

f0049074_06135236.jpg

明治7年(1874)には、

東京女子師範学校が設置されます。

f0049074_06144344.jpg

両校はそれぞれ、

現在の筑波大学、お茶の水女子大学へと発展し、

この湯島聖堂は、

近代教育発祥の地と呼ばれるようになりました。

f0049074_06153740.jpg

大正12年(1923)の関東大震災で焼失。

f0049074_06170580.jpg

昭和10年(1935)、

東京帝国大学の伊東忠太の設計により、

鉄筋コンクリート造で再建されました。

f0049074_06175820.jpg

国の史跡に指定されています。

f0049074_06184870.jpg

年間を通して、

合格祈願の受験生が多く訪れます。

f0049074_06195583.jpg

探訪日:2016.10.14
by j-garden-hirasato | 2016-12-08 05:57 | 歴史的建物 | Comments(20)

岐阜そぞろ歩き:五箇山菅沼合掌造り集落

職場の旅行の2回目。

飛騨牛のすき焼きを頂いた後、

バスは『五箇山菅沼合掌造り集落』へ。

f0049074_06311088.jpg


茅葺きの合掌造りの集落です。

f0049074_06312277.jpg

平成7年(1995)、

世界文化遺産に登録されました。

f0049074_06313518.jpg

合掌造りの茅葺き家屋は、

国内でも、

五箇山と白川郷のみに残される貴重な形式です。

f0049074_06314602.jpg

日本の原風景。

f0049074_06315806.jpg

現存する建物は、

明治から大正に建てられたもの。

f0049074_06321172.jpg

この集落には、

9戸の合掌造り家屋が残されています。

f0049074_06322340.jpg

おおー、

愛しの円筒ポストもあり!

f0049074_06323524.jpg

合掌造りの民家を見守っています。

f0049074_06325777.jpg

絵になりますね。

f0049074_06331181.jpg

田舎だからこその風景。

癒されます。

f0049074_06332487.jpg

職場旅行記、

続きます。

f0049074_06333645.jpg

探訪日:2016.10.22


by j-garden-hirasato | 2016-11-14 17:56 | 町並み | Comments(20)

レトロ探訪・東京編:青山学院大学

東京そぞろ歩き2の9回目。

青山に来たので、

『青山学院大学』をそぞろ歩き。

昭和6年(1931)に

校舎として建てられた『ベリー・ホール』。

現在は本部棟になっています。

f0049074_05424213.jpg

ネオ・ゴシック様式を感じさせる意匠。

設計は、J.H.ヴォーゲルです。

f0049074_05425190.jpg

「ベリーホール」という名前は、

関東大震災で倒壊した青山学院の

校舎復興のための募金活動に尽力した

元神学部長のA.D.ベリーに由来します。

f0049074_05430675.jpg

国の登録有形文化財に登録されています。

f0049074_05431661.jpg

続いて、

『間島記念館』。

f0049074_05432559.jpg

ギリシア建築コリント式の円柱が特徴の

青山学院を象徴する建物です。

f0049074_05433357.jpg

昭和4年(1929)の竣工。

f0049074_05434353.jpg

ベリーホール同様、

国の登録有形文化財に登録されています。

f0049074_05435281.jpg

青学の次は先の「岡本太郎記念館」へ行き、

その後、青山の街中をウロウロ。

f0049074_05440293.jpg

都会では、

壁面緑化もちゃんと行われています。

f0049074_05441160.jpg

個性的なビル。

f0049074_05442023.jpg

近代建築もイイものです。

f0049074_05443395.jpg

探訪日:2016.05.28


by j-garden-hirasato | 2016-10-24 06:21 | レトロな建物 | Comments(28)

城郭探訪:松本城(その2) sanpo

松本城の2回目。

f0049074_20184172.jpg

黒と白のコントラストが

美しいお城です。

f0049074_20190540.jpg

天守台の石垣は、

未加工の自然石を使用した野面積。

f0049074_20192699.jpg

白鳥も一休み。

f0049074_20194856.jpg

天守に入ります。

f0049074_20201236.jpg

低い天井。

f0049074_20203243.jpg

暗い城内。

この雰囲気がイイですね。

f0049074_20210348.jpg

明治維新後、

天守が競売にかけられ、

一時は解体の危機が訪れますが、

地元の有力者の尽力で買いもどされ、

難を逃れました。

f0049074_20213559.jpg

本丸御殿跡。

本丸御殿は、

享保12年(1727)の火事で焼失。

その後、再建されることはありませんでした。

f0049074_20220816.jpg

松本市内の景色。

f0049074_20222955.jpg

最上階に祀られた「二十六夜神」。

f0049074_20224946.jpg

元和3年(1617)、

松本に入封した戸田氏が祀ったとされています。

f0049074_20231412.jpg

探訪日:2016.04.23


by j-garden-hirasato | 2016-09-27 05:30 | 歴史的建物 | Comments(22)

城郭探訪:松本城

少し前のことですが、

松本に用事のあるカミさんのお付き合いで松本へ。

待ち時間で訪れた『松本城』。

f0049074_06112238.jpg
別名、烏城。

f0049074_06114243.jpg
天守は、56階。

f0049074_06121052.jpg
豊臣秀吉の家臣、

石川数正・康長父子により

戦国時代末期に築造されました。

f0049074_06123005.jpg
大天守と北面の乾小天守を渡櫓で連結し、

東面に辰巳附櫓・月見櫓を複合した

「複合連結式天守」です。

f0049074_06125294.jpg
辰巳附櫓と月見櫓は、

江戸時代初めに造られたと考えられています。

f0049074_06131286.jpg
大天守と乾小天守、

その両者をつなぐ渡櫓。

f0049074_06133644.jpg
本丸に入ります。

f0049074_06140196.jpg
右から乾小天守、渡櫓、大天守、辰巳附櫓、

その手前に月見櫓。

f0049074_06142418.jpg
天守群は国宝、

f0049074_06144903.jpg
城跡は国の史跡に指定されています。

f0049074_06150843.jpg
現存する天守の中では、

日本最古。

f0049074_06153243.jpg
探訪日:2016.04.23


by j-garden-hirasato | 2016-09-25 06:18 | 歴史的建物 | Comments(32)