日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
ハイボール濃いめ、良いで..
by yaguchitenga at 19:22
東京の銅像といえば、まず..
by sternenlied2 at 17:12
あはは、例によって濃い目..
by blackfacesheep2 at 13:08
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 11:08
最後の写真、 すごい行..
by gipsypapa at 09:20
西郷本がめだちますね。 ..
by saheizi-inokori at 09:09
普通銅像というと立派な軍..
by ericanada at 08:49
濃いめ‼︎(*´艸`) ..
by N-styel at 06:58
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:07
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:05
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 05:01
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 04:58
こんにちは☆ 青空に雪..
by aozoracafe123 at 18:17
オォ~‼ 最後の一枚は..
by N-styel at 13:30
おはようございます^^ ..
by risaya-827b at 11:12
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 11:00
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:55
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:51
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:48
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:41
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ライフログ
画像一覧


タグ:建物 ( 317 ) タグの人気記事

京都そぞろ歩き・レトロ探訪:五龍閣ほか sanpo

京都そぞろ歩きの18回目。

古都・京都に行ってもレトロな建物が気になります。

まとめました。

京都初日、清水寺参道脇のレトロから。
f0049074_05545565.jpg

「五龍閣」。
f0049074_05552429.jpg

大正10年(1921)の築。
f0049074_05555370.jpg

祇園では「弥栄会館」。
f0049074_05562410.jpg

昭和11年(1936)の築。
f0049074_05565146.jpg

設計は劇場建築を手がけた木村得三郎。
f0049074_05571908.jpg

お城の天守を思わせる形が特徴。

国の登録有形文化財です。
f0049074_05574681.jpg

京都駅周辺には「富士ラビット」。
f0049074_05581314.jpg

大正14年(1925)頃の築。
f0049074_05584434.jpg

京都で自動車販売の草分けといわれる

日光社の社屋として建てられました。
f0049074_05593447.jpg

国の登録有形文化財です。
f0049074_06000634.jpg

「烏丸七条ビル」。
f0049074_06010586.jpg

昭和12年(1937)の築。
f0049074_06071063.jpg

京都駅前の「関西電力京都支店(旧京都電燈本社)」。
f0049074_06075195.jpg

昭和12年(1937)の築。

設計は武田五一。
f0049074_06114385.jpg

探訪日:2017.08.19-20

by j-garden-hirasato | 2017-10-19 06:17 | レトロな建物 | Comments(32)

新潟そぞろ歩き・レトロ探訪:旧師団長官舎&旧百三十九銀行本店

上越高田の第3段。

今回は、レトロ探訪。

まず、『旧師団長官舎』。

f0049074_20314475.jpg

旧陸軍第十三師団の第3代師団長・長岡外史中将の

「師団長官舎」として建てられたもの。

f0049074_20321360.jpg

明治43年(1910)の築。

f0049074_20323232.jpg

当初は別の場所に建てられていましたが、

老朽化のため、

この地に移築・復原されたものです。

f0049074_20332746.jpg

平成3年(1991)まで

自衛隊高田駐屯地の幹部宿舎として使われていました。

f0049074_20334615.jpg

長岡外史中将はレルヒ少佐とともに、

日本のスキー発展に尽力しました。

f0049074_20340670.jpg

2階は和室ですが、

バルコニーは洋風の設え。

f0049074_20344219.jpg

天井の意匠も凝っています。

f0049074_20350143.jpg

建物の後ろには、

廻遊式庭園が整備されています。

f0049074_20352191.jpg

続いて、『旧第四銀行高田支店』。

昭和6年(1931)に

百三十九銀行本店として建てられたものです。

f0049074_20353923.jpg

昭和18年(1943)、

戦時金融統制の一環で一県一行主義の方針に基づき、

第四銀行に営業権が譲渡され、

高田支店として平成216月まで営業した後、

現在は上越市文化振興課の事務所として利用されています。

f0049074_20360000.jpg

内部は漆喰仕上げ。

f0049074_20362198.jpg

玄関ホールの12階吹き抜け部には、

6本のコリント風の円柱が配されています。

f0049074_20364153.jpg

柱頭や格天井回りの縁飾りは茶系で統一、

壁や天井は白色と調和のとれた配色となっています。

f0049074_20370684.jpg


2階はギャラリーとして利用されています。

f0049074_20373015.jpg

探訪日:2017.07.19
by j-garden-hirasato | 2017-07-30 08:44 | レトロな建物 | Comments(28)

東京そぞろ歩き・レトロ探訪:銀座のレトロな建物

東京・銀座のレトロ探訪の2回目。

まずは、京橋で見つけた『明治屋』。

f0049074_06040747.jpg

昭和8年(1933)の築。

イタリア・ルネサンス様式による建築デザイン。

f0049074_06041741.jpg

外壁や室内の一部を建造当時のままに保存・改修が行われ、

平成27年(2015)に再オープンしました。

f0049074_06042643.jpg

続いて、

銀座2丁目の『ヨネイビルディング』。

f0049074_06043580.jpg

昭和5年(1930)の築。

f0049074_06044477.jpg

中世ロマネスク風の意匠が特徴です。

f0049074_06045394.jpg

続いて、

銀座1丁目の『奥野ビル』。

f0049074_06050462.jpg

昭和7年(1932)に本館、

昭和9年(1943)に新館が築。

f0049074_06051327.jpg

設計は、

同潤会の建築部長を務めた川元良一。

外壁には、

スクラッチタイルが用いられています。

f0049074_06052292.jpg

民間の建物としては、

日本初のエレベーターを備えました。

手動式です。

f0049074_06053074.jpg

かつては旧銀座アパートメントと呼ばれ、

銀座界隈でも屈指の高級アパートでした。

今は画廊やギャラリーなどが入っています。

f0049074_06053936.jpg

最後に、

銀座といえば『和光(旧服部時計店)』。

f0049074_06054892.jpg

銀座四丁目の交差点、

銀座のランドマークとして有名です。

f0049074_06055847.jpg

昭和7年(1932)の築。

f0049074_06060884.jpg

設計は、建築家・渡辺仁。

f0049074_06061702.jpg

探訪日:2017.06.16
by j-garden-hirasato | 2017-06-29 05:52 | レトロな建物 | Comments(20)

東京そぞろ歩き・レトロ探訪:高島屋日本橋店

大学の研究室の同窓会で東京に行ったとき、

前日入りして、

東京駅から銀座まで、

ブラブラしてきました。

そのとき出会ったレトロな建物を紹介します。

まず、『高島屋日本橋店』。

f0049074_05392752.jpg

高島屋の創業は、天保2年(1831)。

f0049074_05393603.jpg

創業者・飯田新七が、

京都で古着と木綿を扱う小さな店舗を始めます。

これが高島屋の始まりです。

f0049074_05394439.jpg

東京日本橋で

全館冷暖房装置を備えた店舗を構えたのは

昭和8年(1933)のこと。

f0049074_05395580.jpg

当時の宣伝コピー、

「東京で暑いところ、高島屋を出たところ」だったそうです。

f0049074_05400262.jpg

設計者は、高橋貞太郎。

「東洋趣味ヲ基調トスル現代建築」という様式を求めた

設計図案競技(コンペ)で決まりました。

f0049074_05401026.jpg

重厚な西欧の歴史様式に、

和風建築の意匠が随所に見られます。

f0049074_05401839.jpg

その後、村野藤吾により増築。

昭和8年の竣工から約30年間にわたり増築が行われました。

f0049074_05402743.jpg

1階と2階の2層分は吹き抜けになっていて、

大理石の柱が並びます。

f0049074_05403545.jpg

2階部分の回廊。

f0049074_05404390.jpg

地階から見上げた景色。

f0049074_05405238.jpg

百貨店建築としては、

初めて重要文化財に指定されました。

f0049074_05410128.jpg

探訪日:2017.06.16
by j-garden-hirasato | 2017-06-27 05:44 | レトロな建物 | Comments(34)

東京そぞろ歩き:新宿駅周辺(その2)

新宿駅周辺をウロウロ2回目。

やはり、

撮りたくなります「モード学園コクーンタワー」。

f0049074_10053329.jpg

こんなデザインのビル、

よく造りました。

f0049074_10054357.jpg

見る度に、感心します。

f0049074_10055180.jpg

コクーンとは「繭」のこと。

f0049074_10055979.jpg

確かに、繭ですね。

f0049074_10060993.jpg

設計は、

建築家・丹下健三が設立した事務所を前身とする

丹下都市建築設計。

f0049074_10061775.jpg

歌舞伎町に移動。

f0049074_10062653.jpg

今回の目的は、

「スターウォーズ ローグ・ワン」。

f0049074_10063549.jpg

しかも、

今回はMXDで鑑賞。

f0049074_10064510.jpg

スターウォーズ、

泣けました。

f0049074_10065814.jpg

夜はゴジラもライトアップ。

f0049074_10070993.jpg

映画が終わったのは夜8時でしたが、

昼間のような人の波。

さすが、歌舞伎町です。

f0049074_10071888.jpg

探訪日:2017.01.06


by j-garden-hirasato | 2017-01-15 04:38 | 現代建築 | Comments(28)

東京そぞろ歩き:新宿駅周辺

娘の成人式目前ではありましたが、

コンサートという娘とカミさんに付き合って、

東京へ。

東京では別行動。

新宿駅周辺をウロウロ。

f0049074_06204039.jpg

バスタ新宿の南口広場にペンギンが出現。

f0049074_06204947.jpg

モデルは、

Suicaのペンギンでした。

f0049074_06205853.jpg

日が暮れ始めました。

f0049074_06210702.jpg

夕日に染まるビル。

f0049074_06211539.jpg

平日だったので、

飲み屋街の人通りはまだまだ。

f0049074_06212412.jpg

相変わらず目立つ「モード学園コクーンタワー」。

f0049074_06213227.jpg

さらに、染まってきました。

f0049074_06214135.jpg

東京都庁。

f0049074_06214945.jpg

京王プラザホテル。

f0049074_06215629.jpg

完全にお上りさん。

f0049074_06220385.jpg

でも、

撮らずにはいられません。

f0049074_06221027.jpg

探訪日:2017.01.06
by j-garden-hirasato | 2017-01-13 05:09 | 現代建築 | Comments(26)

東京そぞろ歩き:東京ミッドタウン

東京そぞろ歩き6の2回目。

上野の都美の後に向かったのは、

『東京ミッドタウン』。

f0049074_21115501.jpg

三井不動産が行った再開発事業。

ショッピングセンター、オフィスビル、ホテル、

美術館、ホール、駐車場、公園など、

多様な施設で構成されます。

f0049074_21121891.jpg

かつてこの地は

萩藩毛利家の下屋敷でした。

f0049074_21122645.jpg

明治時代に陸軍駐屯地となり、

終戦後は米軍将校の宿舎、

日本に返還された後は、

防衛庁の檜町庁舎として使われていました。

f0049074_21123330.jpg

平成12年(2000)の防衛庁が市ヶ谷に移転。

その跡地を

港区の檜町公園を含めた形で再開発が行われました。

f0049074_21124090.jpg

平成19年(2007)にグランドオープン。

f0049074_21124716.jpg

イベントスペースでは、

ワインの試飲イベントが行われていました。

f0049074_21125622.jpg

12月に入っていたので、

ディスプレイもクリスマスっぽいものに。

f0049074_21130420.jpg

建物内のセブンもクリスマス特別仕様。

撮影OKでした。

f0049074_21131373.jpg

前庭のベンチでランチ。

f0049074_21133478.jpg

自由に開放されています。

f0049074_21134596.jpg

この時期、

イルミネーションが売りのようですが、

昼間は…。

f0049074_21135373.jpg

田舎者にはワクワクの東京ミッドタウン。

f0049074_21140263.jpg

目的の美術館は、

この敷地内にあります。

続く。

探訪日:2016.12.03
by j-garden-hirasato | 2016-12-26 05:42 | 現代建築 | Comments(30)

レトロ探訪・東京編:旧お茶の水スクエアA館(主婦の友社ビル)

東京そぞろ歩き5の6回目。

神田から御茶ノ水に戻って、

明大通りを少し下ります。

『日本大学お茶の水キャンパス』。

f0049074_06120537.jpg

大正13年(1924)に、

ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した

「主婦の友社」の社屋の外観を復元した

「旧お茶の水スクエアA館」。

f0049074_06123110.jpg

昭和62(1987)

旧主婦の友社社屋は解体され、

建築家・磯崎新のデザインで再開発が行われました。

f0049074_06125677.jpg

歴史的意匠を継承しつつ、

現在のデザインと融合させた

ポストモダン建築の代表作の一つです。

f0049074_06132051.jpg

テラコッタの装飾も含め、

外観は往時のまま復元されました。

f0049074_06134588.jpg

再開発された一帯は、

平成14年(2002)に日本大学へ売却。

f0049074_06174025.jpg

A館以外は取り壊され、

平成16年(2004)に法科大学院が開設。

f0049074_06184196.jpg

「日本大学お茶の水キャンパス」に改称されました。

f0049074_06191073.jpg

明治通りを挟んで、

明治大学「リバティタワー」。

f0049074_06193721.jpg

同じく、明治大学「アカデミーコモン」。

f0049074_06200160.jpg

探訪日:2016.10.14


by j-garden-hirasato | 2016-12-19 06:22 | レトロな建物 | Comments(30)

東京そぞろ歩き:湯島聖堂

東京そぞろ歩き5。

10月に地元のサッカーチーム、

長野パルセイロ・レディースの試合観戦で

東京に行ったとき、

御茶ノ水駅周辺をウロウロしました。

まず、訪れたのが『湯島聖堂』。

f0049074_06062128.jpg

徳川五代将軍・綱吉は、

儒学の振興を図るため、

元禄3年(1690)、

上野にあった廟殿と林家の家塾を移し、

聖堂を創建しました。

f0049074_06071690.jpg

これが湯島聖堂の始まりです。

f0049074_06081457.jpg

その後、

寛政9年(1797)には、

幕府の直轄の学問所となりました。

f0049074_06121353.jpg

明治になると新政府の所管となり、

明治4年(1871)に学問所は廃止、

文部省が置かれました。

f0049074_06130192.jpg

同年、わが国最初の博物館が置かれ、

翌明治5年(1872)には東京師範学校、

f0049074_06135236.jpg

明治7年(1874)には、

東京女子師範学校が設置されます。

f0049074_06144344.jpg

両校はそれぞれ、

現在の筑波大学、お茶の水女子大学へと発展し、

この湯島聖堂は、

近代教育発祥の地と呼ばれるようになりました。

f0049074_06153740.jpg

大正12年(1923)の関東大震災で焼失。

f0049074_06170580.jpg

昭和10年(1935)、

東京帝国大学の伊東忠太の設計により、

鉄筋コンクリート造で再建されました。

f0049074_06175820.jpg

国の史跡に指定されています。

f0049074_06184870.jpg

年間を通して、

合格祈願の受験生が多く訪れます。

f0049074_06195583.jpg

探訪日:2016.10.14
by j-garden-hirasato | 2016-12-08 05:57 | 歴史的建物 | Comments(20)

レトロ探訪・東京編:銀座三越

東京そぞろ歩き4の2回目。

日本橋に続き、

今回もレトロ探訪です。

『日本橋三越本店』。

f0049074_22070858.jpg

大正3年(1914)の建設ですが、

関東大震災で火災にあい、

昭和2年(1927)に大改修、

さらに昭和10年(1935)に増改築が施され、

今日の姿になりました。

f0049074_22120066.jpg

ルネッサンス式建築の威容を誇り、

当時は「国会議事堂」「丸ビル」に次ぐ大建築物でした。

f0049074_22125587.jpg

設計は、

横河工務所の横河民輔と中村伝助。

f0049074_22134741.jpg

日本初のエスカレーターをはじめ、

エレベーター、スプリンクラーなど最新設備が施され、

東京の新名所になりました。

f0049074_22145686.jpg

東京都の「東京都選定歴史的建造物」に選定されています。

f0049074_22154764.jpg

建物に入ります。

館内も実にゴージャス。

f0049074_22164726.jpg

「中央ホール」は、

5階までの吹き抜け構造。

f0049074_22174383.jpg

採光天井になっています。

f0049074_22183916.jpg

フランス産赤斑大理石と

イタリア産卵黄色大理石で張り詰められた

贅沢な空間です。

f0049074_22194697.jpg

階段の壁には、

何と、アンモナイトの化石が!

f0049074_22203190.jpg

三越と言えば、

このライオン像。

f0049074_22220080.jpg

探訪日:2016.08.07
by j-garden-hirasato | 2016-12-02 05:55 | レトロな建物 | Comments(22)