日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
こんばんは。 滝の流れ..
by yako3ta at 01:38
はじめまして。 長野県..
by ほしがき at 16:14
北斎館と小布施、興味あり..
by shinmemo0417 at 23:46
こんにちは^^ 昨..
by iris304 at 18:27
素敵なショットと解説から..
by siawasekun at 03:18
小布施ですか。 栗、大..
by kwc_photo at 23:29
モンブラン・・・・良いで..
by ninja2005y at 22:00
小布施と言えば栗・・・ ..
by blackfacesheep2 at 21:16
木漏れ日が気持ち良さそう..
by yaguchitenga at 18:36
こんにちは^^ 小布施..
by risaya-827b at 16:56
小布施って、街づくりがお..
by N-styel at 15:42
栗、大好きです 天津甘..
by aitoyuuki32 at 12:25
小布施の街も電線を地下に..
by umi_bari at 11:17
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 11:06
おはよう。 日差しが夏..
by ejichan555 at 10:20
ちょっと外れにうまいそば..
by saheizi-inokori at 09:20
小布施は古い町並みを ..
by gipsypapa at 09:01
> 舗装材にも栗が採用 ..
by London Caller at 06:18
雪だるまがこの界隈を良く..
by 雪だるま at 05:50
sarutvさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:03
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ライフログ
画像一覧


タグ:京都 ( 91 ) タグの人気記事

京都そぞろ歩き:京都駅

『伏見稲荷大社』からは、

JRで京都駅へ。

f0049074_06165054.jpg

コンコースが

巨大な吹き抜けになっています。

f0049074_06170503.jpg
近代的で、

実に個性的。

f0049074_06172235.jpg
古都・京都には相応しくはありませんが、

f0049074_06174032.jpg
撮り甲斐のある駅です。

f0049074_06180057.jpg
ついでに、

京都タワーも。

f0049074_06181679.jpg
この日は自分の誕生日だったので、

娘から。

f0049074_06183383.jpg
奈良から京都、

そして静岡へ。

静岡で食べた駅弁。

f0049074_06185083.jpg
ここにも富士山。

探訪日:2016.03.27


by j-garden-hirasato | 2016-05-23 06:21 | 現代建築 | Comments(24)

京都そぞろ歩き:伏見稲荷大社(その3)

『伏見稲荷大社』の3回目。

ご神体の稲荷山、標高233m

下ります。

f0049074_10530565.jpg

鳥居の裏面には、

奉納した個人・企業の名前が入ります。

f0049074_10532980.jpg

主祭神に稲荷大神が

この山に鎮座したのは、

奈良時代・和銅4年(711)のこと。

f0049074_10535009.jpg

今から1300年も前のこと。

f0049074_10541621.jpg

「お山巡り」の途中で出会った

狛犬1。

f0049074_10543354.jpg

狛犬2。

f0049074_10545503.jpg

手水舎も

龍じゃなくて狐のものも。

f0049074_10552233.jpg

鳥居だらけのお社。

f0049074_10554038.jpg

中国大陸を感じさせるお社。

f0049074_10555704.jpg

ちょん切られたような鳥居。

f0049074_10561377.jpg

和服もイイものです。

f0049074_10563479.jpg

JR伏見稲荷駅の構内からも、

鳥居群が見えました。

f0049074_10565089.jpg

探訪日:2016.03.27


by j-garden-hirasato | 2016-05-21 11:01 | 神社仏閣 | Comments(14)

京都そぞろ歩き:伏見稲荷大社(その2)・千本鳥居

『伏見稲荷大社』の2回目。

いよいよここからが、

「千本鳥居」。

f0049074_05192078.jpg

奉納された朱塗り鳥居のトンネルです。

f0049074_05193741.jpg

その数、約1万基。

f0049074_05195307.jpg

御神体の稲荷山の山頂まで、

鳥居が続いています。

f0049074_05201117.jpg

鳥居を奉納する習わしは、

江戸時代に始まったもの。

f0049074_05203129.jpg

山腹には300もの祠・塚が点在し、

f0049074_05204833.jpg

それを巡る「お山巡り」は、

平安時代から続いているといわれています。

f0049074_05210735.jpg

清少納言も巡ったと

「枕草子」に書かれています。

f0049074_05212515.jpg

全長約4km

f0049074_05221265.jpg

往復すると、

2時間ほどかかります。

f0049074_05223131.jpg

ちょっとしたハイキングです。

f0049074_05224967.jpg

この鳥居を抜ければ、

稲荷山の最高峰、一ノ峰。

f0049074_05232538.jpg

その一ノ峰の建つ「上之社神蹟」。

f0049074_05234302.jpg

探訪日:2016.03.27


by j-garden-hirasato | 2016-05-19 06:16 | 神社仏閣 | Comments(26)

京都そぞろ歩き:伏見稲荷大社

奈良から京都へ。

今回の京都は、

娘のリクエストにより

『伏見稲荷大社』のみ。

f0049074_05040017.jpg

全国各地に

3万社あるといわれる稲荷社。

f0049074_05042864.jpg

その総本社が、

ここ『伏見稲荷大社』です。

f0049074_05044788.jpg

ご神体は稲荷山。

f0049074_05050506.jpg

稲荷山の山麓に、

本殿があります。

f0049074_05052431.jpg

もともとは、

五穀豊穣の神として、

f0049074_05054383.jpg

今は、

商売繁昌、家内安全、諸願成就の神として、

広く信仰されています。

f0049074_05082097.jpg

初詣では、

近畿地方で最多の参拝者を集める寺院。

f0049074_05084080.jpg

「外国人に人気の日本の観光スポット」でも、

堂々の第1位。

f0049074_05085810.jpg

この日も、

海外から多くのお客さんがお見えでした。

f0049074_05091857.jpg

狛狐のくわえている巻物、

何が書いてあるのでしょう。

f0049074_05094558.jpg

いろんな表情の狛狐。

f0049074_05100439.jpg

箱入りも。

f0049074_05102445.jpg

いよいよ、

摩訶不思議な世界へ。

f0049074_05104195.jpg

探訪日:2016.03.27


by j-garden-hirasato | 2016-05-17 05:28 | 神社仏閣 | Comments(18)

関西探訪記・京都編:京都のおまけ

関西探訪記の21回目。

今回は、京都のおまけ。

大原には茅葺き屋根が似合います。

f0049074_05140239.jpg

なんと、

「同志社大学」の暖簾。

f0049074_05142639.jpg

お寺が連なる通りも、

実に風情があります。

f0049074_05151250.jpg

三千院の境内に鎮座されている

「わらべ地蔵」。

f0049074_05155021.jpg

可愛くも見え、

f0049074_05161530.jpg

愛らしくも見えますが、

f0049074_05164462.jpg

でも、

ちょっと不気味かも。

f0049074_05171435.jpg

大原の魅力の一つは、

清らかな水でしょうか。

f0049074_05175965.jpg

天龍寺では、

カワウにも遭遇。

f0049074_05182431.jpg

探訪日:2014.03.30


by j-garden-hirasato | 2014-06-09 05:18 | Comments(16)

庭園探訪・京都編:宝泉院

関西探訪記の20回目。

京都の庭園探訪の3回目。

三千院の次に訪れたのは、『宝泉院』。

f0049074_06200879.jpg

お抹茶をいただきながらの庭園鑑賞です。

f0049074_06214746.jpg

盤桓園(ばんかんえん)と呼ばれるこの庭園は、

「額縁庭園」として有名です。

f0049074_06264398.jpg

主景の五葉松は、

樹齢700年と言われています。

f0049074_06303089.jpg

中庭には、

江戸中期の作庭とされる

「鶴亀庭園」があります。

f0049074_06374769.jpg

池の形が鶴、築山が亀、

山茶花の古木を蓬莱山と見なしています。

f0049074_06542458.jpg

盤桓園の隅には、

「理智不二」(りちふに)と命名された

二連式の水琴窟があります。

f0049074_06561322.jpg

富士山のような五葉松、

京都市指定の天然記念物となっています。

f0049074_06565468.jpg

古庭園の隣りには、

「宝楽園」という現代庭園も整備されています。

f0049074_06572488.jpg

巨石をふんだんに用い、

f0049074_07000620.jpg

斬新な石組が随所に見られます。

f0049074_07003653.jpg

古庭園と現代庭園、

両方が楽しめるちょっと贅沢なお寺です。

f0049074_07010191.jpg

探訪日:2014.03.30


by j-garden-hirasato | 2014-06-05 07:02 | 庭園 | Comments(20)

庭園探訪・京都編:三千院

関西探訪記の19回目。

京都の庭園探訪の2回目。

天龍寺の次に訪れたのは、

大原の『三千院』。

f0049074_05520491.jpg

三千院門跡とも称し、

青蓮院、妙法院とともに、

天台宗の三門跡寺院の1つに数えられています。

f0049074_05525938.jpg

最澄の時代に比叡山に建立された円融房が起源で、

のちに比叡山東麓の坂本(現・大津市)に移され、

たび重なる移転の後、

明治4年(1871)に現在の場所に落ち着いたものです。

f0049074_05532890.jpg

宸殿、客殿には、

それぞれ「有清園」、「聚碧園」と呼ばれる

二つの古庭園があります。

f0049074_05540263.jpg

「聚碧園」は、

客殿を取り囲むように配された

池泉廻遊式庭園。

f0049074_05544496.jpg

作庭は、

江戸時代の茶人・金森宗和。

f0049074_05551593.jpg

大原の里を流れる律川から水を引き、

境内のあちこちで、

清流が流れています。

f0049074_05554740.jpg

自然の樹木を背景に

手前に池泉と築山で構成される庭園を配し、

その境界は生垣の刈込みで区切られています。

f0049074_05562163.jpg

「有清園」は、

宸殿の正面に配されています。

f0049074_05565973.jpg

瑠璃光庭と呼ばれる一面苔に覆われた庭と、

池泉を配した庭で構成されています。

f0049074_05573640.jpg

ビロードのように広がる苔が見事です。

f0049074_05581528.jpg

境内の上部、

金色不動堂の周りには、

現代の庭園も配されています。

f0049074_05585685.jpg

「慈眼の庭」。

作庭は、中根史郎。

f0049074_05593080.jpg

探訪日:2014.03.30


by j-garden-hirasato | 2014-05-29 06:00 | 庭園 | Comments(16)

庭園探訪・京都編:天龍寺

関西探訪記の18回目。

今回は、庭園探訪。

朝一で訪れた『天龍寺』。

f0049074_05342376.jpg

後醍醐天皇の菩提を弔うため、

足利尊氏を開基、

夢窓疎石(国師)を開山として、

暦応2年(1339)に創建されました。

f0049074_05345242.jpg

造営に際して、

尊氏や光厳上皇が荘園を寄進しますが

造営費用が足りず、

造営費用に充てることを目的として、

元冦以来途絶えていた元との貿易を再開、

「天龍寺船」という貿易船が仕立てられました。

f0049074_05352581.jpg

造営費の捻出に成功した天龍寺は、

康永4年(1344)に落慶しました。

f0049074_05355602.jpg

広大な寺域と壮麗な伽藍を誇った天龍寺ですが、

度重なる火災に見舞われ、

中世には6回の火災に遭っています。

f0049074_05362953.jpg

特に文安4年(1447)、

応仁元年(1467)の被害は大きく、

天正13年(1585)に豊臣秀吉の寄進を受けるまで

復興できませんでした。

f0049074_05370627.jpg

その後は順調に復興しますが、

文化12年(1815)にも焼失。

この再建途中の元治元年(1864)、

蛤御門の変に際しては長州軍の陣営となり、

兵火のために再び伽藍は焼失してしまいます。

f0049074_05374346.jpg

以後は順調に復興し、

明治9年(1876)には

臨済宗天龍寺派大本山となります。

f0049074_05381389.jpg

しかし、明治10年(1877)の上地令により、

亀山全山、嵯峨の平坦部4キロ四方の境内は、

ほとんど上地することになり、

現在の境内地はかつての10分の1

30ヘクタール(3万坪)になってしまいました。

f0049074_05384840.jpg

庭園は前庭と方丈裏庭が

国の特別名勝及び史跡に指定されています。

f0049074_05392422.jpg

方丈裏庭は

曹源池を中心とした池泉廻遊式庭園。

f0049074_05401108.jpg

作庭は夢窓疎石。

f0049074_05404678.jpg

「古都京都の文化財」として

世界遺産に登録されています。

f0049074_05412105.jpg

探訪日:2014.03.30


by j-garden-hirasato | 2014-05-26 05:41 | 庭園 | Comments(20)

関西探訪記・京都編:春の花

関西探訪記の17回目。

関西旅行の最終日は、京都。

この日のうちに長野まで帰るので、

京都も駆け足の探訪となりました。

f0049074_06145306.jpg

この日は朝から大雨。

f0049074_06153644.jpg

朝一で訪れたのは『天龍寺』。

境内は花盛りでした。

f0049074_06164390.jpg

個人的には、

最も春を感じる枝垂れ桜。

f0049074_06172738.jpg

何と組み合わせても、

絵になります。

f0049074_06184412.jpg

散った花びらも主役です。

f0049074_06193352.jpg

椿の仲間は、

落ちてすぐなら絵になりますが、

時間が少し経つと…。

f0049074_06202438.jpg

雨降りの日でも、

華やかな花があれば、

f0049074_06210818.jpg

気持ちは沈まずに済みます。

f0049074_06214520.jpg

この頃長野では、

まだまだ花など咲いておらず、

f0049074_06221503.jpg

一足早い春を、

体感できました。

f0049074_06224164.jpg

探訪日:2014.03.30


by j-garden-hirasato | 2014-05-22 06:23 | | Comments(14)

庭園探訪・大阪編:八陣の庭(その2)

関西探訪記の14回目。

『八陣の庭』の2回目。

今回は、

岸和田城の天守閣からの俯瞰です。

f0049074_05462289.jpg

作庭当時、

天守閣はまだありませんでした。

f0049074_05465627.jpg

大将を中心に配された八陣法を表す石組。

f0049074_05472994.jpg

上空から見ると、

いかに斬新なデザインかがわかります。

f0049074_05481606.jpg

さすが、重森三玲です。

 

探訪日:2014.03.29


by j-garden-hirasato | 2014-05-14 05:48 | 庭園 | Comments(18)