日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
>>「弥栄会館」 ..
by ninja2005y at 21:56
さすが京都、近代建築も素..
by blackfacesheep2 at 21:49
何故か諸外国を意識した様..
by yaguchitenga at 18:33
こんばんは~(=´∀`)..
by N-styel at 17:33
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 10:49
見たことがあるレトロな建..
by gipsypapa at 09:04
いずれも味わいがあります..
by saheizi-inokori at 08:34
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:53
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 05:50
そうそう、ここです。 ..
by gipsypapa at 12:26
こんにちは^^ 平安神..
by risaya-827b at 12:09
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:18
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 06:12
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 06:08
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 06:06
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 06:02
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:58
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:56
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:52
映り込みの綺麗なところで..
by ninja2005y at 22:03
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ライフログ
画像一覧


タグ:レトロ ( 155 ) タグの人気記事

京都そぞろ歩き・レトロ探訪:五龍閣ほか

京都そぞろ歩きの18回目。

古都・京都に行ってもレトロな建物が気になります。

まとめました。

京都初日、清水寺参道脇のレトロから。
f0049074_05545565.jpg

「五龍閣」。
f0049074_05552429.jpg

大正10年(1921)の築。
f0049074_05555370.jpg

祇園では「弥栄会館」。
f0049074_05562410.jpg

昭和11年(1936)の築。
f0049074_05565146.jpg

設計は劇場建築を手がけた木村得三郎。
f0049074_05571908.jpg

お城の天守を思わせる形が特徴。

国の登録有形文化財です。
f0049074_05574681.jpg

京都駅周辺には「富士ラビット」。
f0049074_05581314.jpg

大正14年(1925)頃の築。
f0049074_05584434.jpg

京都で自動車販売の草分けといわれる

日光社の社屋として建てられました。
f0049074_05593447.jpg

国の登録有形文化財です。
f0049074_06000634.jpg

「烏丸七条ビル」。
f0049074_06010586.jpg

昭和12年(1937)の築。
f0049074_06071063.jpg

京都駅前の「関西電力京都支店(旧京都電燈本社)」。
f0049074_06075195.jpg

昭和12年(1937)の築。

設計は武田五一。
f0049074_06114385.jpg

探訪日:2017.08.19-20

by j-garden-hirasato | 2017-10-19 06:17 | レトロな建物 | Comments(7)

京都そぞろ歩き・レトロ探訪:南禅寺水路閣 sanpo

京都そぞろ歩きの14回目。

今回はレトロ探訪。

南禅院の前にある『南禅寺水路閣』。
f0049074_05524013.jpg

南禅寺の境内を通過する

琵琶湖疏水の分線の水路橋です。
f0049074_05525746.jpg

全長93.2メートル、

4メートル、高さ9メートル。
f0049074_05531625.jpg

レンガ造りのアーチ型橋脚が連続しています。
f0049074_05533480.jpg

明治21年(1888)の築。
f0049074_05535337.jpg

設計は、

琵琶湖疎水を設計監督した田辺朔郎。
f0049074_05541085.jpg

当時、

工部大学校(現・東大工学部)を卒業したばかりで、

琵琶湖疎水を設計監督したときは、

若干23歳でした。
f0049074_05542921.jpg

琵琶湖疎水は、

明治期に京都の産業振興を計るために建設された水路。
f0049074_05544881.jpg

明治2年(1869)に東京へ首都が移り、

京都は産業も人口も急速に衰退。
f0049074_05551793.jpg

この衰退から京都を復興させるために計画されたのが

琵琶湖疏水の建設です。
f0049074_05553576.jpg

当時、日本の重大な土木工事は

すべて外国人技師に委ねられていましたが、

琵琶湖疏水の建設は、

すべて日本人の手によって行われた、

日本最初の大土木事業でした。
f0049074_05555341.jpg

琵琶湖疎水は国の史跡に、

この南禅寺水路閣は、

京都市の史跡に指定されています。
f0049074_05561194.jpg

探訪日:2017.08.20

by j-garden-hirasato | 2017-10-07 06:01 | 土木遺産 | Comments(26)

レトロ探訪・長野編:伊那・円筒分水工群

南信地方のレトロ探訪の2回目。

今回は、これ。

f0049074_07262747.jpg

何でしょう。

f0049074_07264641.jpg

こんなところに設置されています。

f0049074_07265602.jpg

『西天竜幹線水路・円筒分水工群』。

f0049074_07322252.jpg

西天竜幹線水路から

水を分けるために設けられた分水施設群です。

f0049074_07325437.jpg

大正8年から昭和14年にかけて建設されました。

f0049074_07331406.jpg

当時開田された水田は、

人や家畜により整地されたため水持ちが悪く、

水争いがたびたび発生していました。

f0049074_07335837.jpg

そこで水の分水管理をするために造られたのが、

この円筒分水工です。

f0049074_07341720.jpg

これにより公平な水の供給ができ、

水争いが収まりました。

f0049074_07344207.jpg

水田の面積に応じた穴の数により、

公平な水を供給しています。

f0049074_07350039.jpg

当初は57基が建設され、

現在、35基が活用されています。

f0049074_07352581.jpg

日本土木学会の

近代土木遺産に認定されています。

f0049074_07362245.jpg

探訪日:2016.12.20
by j-garden-hirasato | 2017-08-09 07:41 | 土木遺産 | Comments(26)

レトロ探訪・長野編:伊那のローゼ桁橋(箕輪橋&明神橋)

南信地方(信州の南部)のレトロ探訪。

訪れたのは、少し前のこと。

季節は、冬です。

伊那市に残されたコンクリート・ローゼ桁橋。

f0049074_05291121.jpg

まず『箕輪橋』。

f0049074_05292211.jpg

天竜川に架かる橋です。

f0049074_05293561.jpg

架橋は昭和29年(1954)。

f0049074_05295541.jpg

このクネクネの曲線が

ローゼ桁橋の特徴です。

f0049074_05300426.jpg

コンクリート・ローゼ桁橋が、

長野県内には多く残されています。

f0049074_05301359.jpg

続いて、『明神橋』。

f0049074_05302413.jpg

この橋も天竜川に架かっています。

f0049074_05305947.jpg

昭和37年(1962)の架橋。

f0049074_05311033.jpg

戦前に、

中島武というエンジニアが長野県在職中に実用化。

f0049074_05311872.jpg

世界初といわれるコンクリート・ローゼ桁橋を

7橋設計・架設します。

f0049074_05312730.jpg

彼の転出後も1950年代、60年代に

30のコンクリート・ローゼ桁橋が架設されました。

この橋もその一つ。

f0049074_05313692.jpg

もう一橋あるのですが、

今回は見逃しました。

探訪日:2016.12.20
by j-garden-hirasato | 2017-08-07 05:36 | 土木遺産 | Comments(28)

新潟そぞろ歩き・レトロ探訪:旧師団長官舎&旧百三十九銀行本店

上越高田の第3段。

今回は、レトロ探訪。

まず、『旧師団長官舎』。

f0049074_20314475.jpg

旧陸軍第十三師団の第3代師団長・長岡外史中将の

「師団長官舎」として建てられたもの。

f0049074_20321360.jpg

明治43年(1910)の築。

f0049074_20323232.jpg

当初は別の場所に建てられていましたが、

老朽化のため、

この地に移築・復原されたものです。

f0049074_20332746.jpg

平成3年(1991)まで

自衛隊高田駐屯地の幹部宿舎として使われていました。

f0049074_20334615.jpg

長岡外史中将はレルヒ少佐とともに、

日本のスキー発展に尽力しました。

f0049074_20340670.jpg

2階は和室ですが、

バルコニーは洋風の設え。

f0049074_20344219.jpg

天井の意匠も凝っています。

f0049074_20350143.jpg

建物の後ろには、

廻遊式庭園が整備されています。

f0049074_20352191.jpg

続いて、『旧第四銀行高田支店』。

昭和6年(1931)に

百三十九銀行本店として建てられたものです。

f0049074_20353923.jpg

昭和18年(1943)、

戦時金融統制の一環で一県一行主義の方針に基づき、

第四銀行に営業権が譲渡され、

高田支店として平成216月まで営業した後、

現在は上越市文化振興課の事務所として利用されています。

f0049074_20360000.jpg

内部は漆喰仕上げ。

f0049074_20362198.jpg

玄関ホールの12階吹き抜け部には、

6本のコリント風の円柱が配されています。

f0049074_20364153.jpg

柱頭や格天井回りの縁飾りは茶系で統一、

壁や天井は白色と調和のとれた配色となっています。

f0049074_20370684.jpg


2階はギャラリーとして利用されています。

f0049074_20373015.jpg

探訪日:2017.07.19
by j-garden-hirasato | 2017-07-30 08:44 | レトロな建物 | Comments(28)

東京そぞろ歩き・レトロ探訪:銀座のレトロな建物

東京・銀座のレトロ探訪の2回目。

まずは、京橋で見つけた『明治屋』。

f0049074_06040747.jpg

昭和8年(1933)の築。

イタリア・ルネサンス様式による建築デザイン。

f0049074_06041741.jpg

外壁や室内の一部を建造当時のままに保存・改修が行われ、

平成27年(2015)に再オープンしました。

f0049074_06042643.jpg

続いて、

銀座2丁目の『ヨネイビルディング』。

f0049074_06043580.jpg

昭和5年(1930)の築。

f0049074_06044477.jpg

中世ロマネスク風の意匠が特徴です。

f0049074_06045394.jpg

続いて、

銀座1丁目の『奥野ビル』。

f0049074_06050462.jpg

昭和7年(1932)に本館、

昭和9年(1943)に新館が築。

f0049074_06051327.jpg

設計は、

同潤会の建築部長を務めた川元良一。

外壁には、

スクラッチタイルが用いられています。

f0049074_06052292.jpg

民間の建物としては、

日本初のエレベーターを備えました。

手動式です。

f0049074_06053074.jpg

かつては旧銀座アパートメントと呼ばれ、

銀座界隈でも屈指の高級アパートでした。

今は画廊やギャラリーなどが入っています。

f0049074_06053936.jpg

最後に、

銀座といえば『和光(旧服部時計店)』。

f0049074_06054892.jpg

銀座四丁目の交差点、

銀座のランドマークとして有名です。

f0049074_06055847.jpg

昭和7年(1932)の築。

f0049074_06060884.jpg

設計は、建築家・渡辺仁。

f0049074_06061702.jpg

探訪日:2017.06.16
by j-garden-hirasato | 2017-06-29 05:52 | レトロな建物 | Comments(20)

東京そぞろ歩き・レトロ探訪:高島屋日本橋店

大学の研究室の同窓会で東京に行ったとき、

前日入りして、

東京駅から銀座まで、

ブラブラしてきました。

そのとき出会ったレトロな建物を紹介します。

まず、『高島屋日本橋店』。

f0049074_05392752.jpg

高島屋の創業は、天保2年(1831)。

f0049074_05393603.jpg

創業者・飯田新七が、

京都で古着と木綿を扱う小さな店舗を始めます。

これが高島屋の始まりです。

f0049074_05394439.jpg

東京日本橋で

全館冷暖房装置を備えた店舗を構えたのは

昭和8年(1933)のこと。

f0049074_05395580.jpg

当時の宣伝コピー、

「東京で暑いところ、高島屋を出たところ」だったそうです。

f0049074_05400262.jpg

設計者は、高橋貞太郎。

「東洋趣味ヲ基調トスル現代建築」という様式を求めた

設計図案競技(コンペ)で決まりました。

f0049074_05401026.jpg

重厚な西欧の歴史様式に、

和風建築の意匠が随所に見られます。

f0049074_05401839.jpg

その後、村野藤吾により増築。

昭和8年の竣工から約30年間にわたり増築が行われました。

f0049074_05402743.jpg

1階と2階の2層分は吹き抜けになっていて、

大理石の柱が並びます。

f0049074_05403545.jpg

2階部分の回廊。

f0049074_05404390.jpg

地階から見上げた景色。

f0049074_05405238.jpg

百貨店建築としては、

初めて重要文化財に指定されました。

f0049074_05410128.jpg

探訪日:2017.06.16
by j-garden-hirasato | 2017-06-27 05:44 | レトロな建物 | Comments(34)

東京そぞろ歩き・庭園探訪:旧古河庭園

『旧古河庭園』の2回目。

前回は、バラを紹介しましたが、

今回は庭園

f0049074_05450234.jpg

武蔵野台地の地形を活かして、

北側の小高い丘には洋館を、

低地には日本庭園を配したのが特徴です。

f0049074_05451122.jpg

この洋館を設計したのは、

英国人ジョサイア・コンドル。

f0049074_05452052.jpg

大正6年(1917)の竣工です。

f0049074_05453013.jpg

躯体は煉瓦造、

外壁は真鶴産の新小松石(安山岩)の野面積です。

f0049074_05453961.jpg

斜面を下ると、

池泉廻遊式の日本庭園が広がります。

f0049074_05454826.jpg

作庭者は、

京都の庭師・植治こと小川治兵衛。

f0049074_05455822.jpg

心字池を中心に作庭され、

荒磯も配されています。

f0049074_05460897.jpg

荒磯には、

存在感のある雪見灯篭が設置されています。

f0049074_05461701.jpg

その奥には、

枯山水庭で見られるような枯滝も組まれています。

f0049074_05462582.jpg

この大滝は、

深山幽谷のイメージです。

f0049074_05463638.jpg

この庭園は、

もともとは明治の元勲・陸奥宗光の邸宅でした。

f0049074_05464425.jpg

国の名勝に指定されています。

f0049074_05465542.jpg

探訪日:2017.06.17
by j-garden-hirasato | 2017-06-23 05:50 | 庭園 | Comments(28)

東京そぞろ歩き:ぶらり、新宿

亀有のあとは、新宿へ移動。

地下鉄の駅から地上に出ると、

目の前に『伊勢丹 新宿店』。

f0049074_04520718.jpg

ゴシック様式の外観を取り入れた

アールデコ調の建築物です。

f0049074_04521473.jpg

昭和8年(1933)の築。

f0049074_04522026.jpg

設計、施工ともに、清水組。

f0049074_04522827.jpg

この重厚感、

近代建物では出せません。

f0049074_04523560.jpg

老舗の貫禄です。

f0049074_04524600.jpg

都会の神社、

何かと大変そうです。

f0049074_04525455.jpg

東京3日目。

最終日は、天気が良かったので新宿御苑へ。

f0049074_04530273.jpg

広々とした芝生広場に、

f0049074_04531098.jpg

大きく育った樹木、

f0049074_04531928.jpg

都会では、

どこに行っても人が多いから、

こういうところで過ごしたくもなりますね。

f0049074_04532831.jpg

健全なる、

都会人の休日の過ごし方、

f0049074_04533680.jpg

少しだけ、体験できました。

f0049074_04534736.jpg

最後に、おまけ。

タイムトンネル?

f0049074_04535672.jpg

探訪日:2017.05.04-05
by j-garden-hirasato | 2017-05-26 05:04 | レトロな建物 | Comments(26)

長野そぞろ歩き:長野電鉄・旧信濃川田駅

おぶせ藤岡牧夫美術館からの帰り道、

長野の若穂地籍で、

不思議な光景に遭遇。

f0049074_20453265.jpg

雪上に放置された電車の車両。

f0049074_20494117.jpg

かつて、

長野電鉄屋代線が走っていました。

f0049074_20543576.jpg

平成24年(2012)に廃線。

f0049074_21131181.jpg

今は走っていません。

f0049074_21141432.jpg

もう、ちゅういはいりません。

f0049074_21151050.jpg

旧信濃川田駅。

f0049074_21161144.jpg

バスの待合所として使われています。

f0049074_21170684.jpg

ホームに出れました!

f0049074_21180465.jpg

駅にも車両が残されていました。

f0049074_21185928.jpg

もう、電車はきません。

f0049074_21195284.jpg

思わぬイイ物件との出会いで、

ホクホクで帰路に就きました。

f0049074_21225168.jpg

探訪日:2017.01.28
by j-garden-hirasato | 2017-02-17 05:58 | 産業遺産 | Comments(26)