日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
ハイボール濃いめ、良いで..
by yaguchitenga at 19:22
東京の銅像といえば、まず..
by sternenlied2 at 17:12
あはは、例によって濃い目..
by blackfacesheep2 at 13:08
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 11:08
最後の写真、 すごい行..
by gipsypapa at 09:20
西郷本がめだちますね。 ..
by saheizi-inokori at 09:09
普通銅像というと立派な軍..
by ericanada at 08:49
濃いめ‼︎(*´艸`) ..
by N-styel at 06:58
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:07
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:05
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 05:01
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 04:58
こんにちは☆ 青空に雪..
by aozoracafe123 at 18:17
オォ~‼ 最後の一枚は..
by N-styel at 13:30
おはようございます^^ ..
by risaya-827b at 11:12
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 11:00
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:55
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:51
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:48
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:41
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ライフログ
画像一覧


タグ:レトロ ( 162 ) タグの人気記事

新潟そぞろ歩き・レトロ探訪:上越高田を歩く(その3)

次に向かったのは、

『町家交流館・高田小町』。
f0049074_21293225.jpg

明治に建築された町家「旧小妻屋」を

休憩・案内所として再生・活用した施設です。
f0049074_21295968.jpg

高田の町家の特徴である吹抜けや

土蔵が見学できます。
f0049074_21303147.jpg

雨が降ってきたので、

雁木を通って移動。
f0049074_21305324.jpg

次は、『旧今井染物屋』。
f0049074_21312257.jpg

150年前の江戸後期に建てられた商家。
f0049074_21315206.jpg

高田に現存している最古の町家建築の一つです。
f0049074_21321684.jpg
f0049074_21324931.jpg

続いて、

『高田瞽女ミュージアム』。
f0049074_21331304.jpg

高田瞽女(ごぜ)として

最後まで残った旧杉本家住宅です。
f0049074_21333606.jpg

瞽女とは、

娯楽の少なかった時代、

農村を旅して回り、

三味線や唄いを見せていた芸人のこと。
f0049074_21335998.jpg

高田瞽女の文化を紹介する施設です。
f0049074_21343137.jpg


昭和12年(1937)築の典型的な高田の町家です。

f0049074_21345857.jpg
f0049074_21354663.jpg

続いて、『高田世界館』。
f0049074_21363494.jpg

日本最古の映画館だそうです。

探訪日:2017.11.18

by j-garden-hirasato | 2017-12-06 05:28 | 町並み | Comments(22)

新潟そぞろ歩き・レトロ探訪:上越高田を歩く(その2)

次に向かったのは、

『旧師団長官舎』。
f0049074_15395299.jpg

レルヒ少佐とともに

日本スキーの発展に尽力した長岡外史中将。
f0049074_15410143.jpg

その長岡外史の官舎として、

明治43年(1910)に建てられました。
f0049074_15412210.jpg

平成3年(1991)まで、

自衛隊高田駐屯地の幹部宿舎として使われていましたが、
f0049074_15414213.jpg

明治期の貴重な木造洋館建築物保存のため、

現在の場所に移築・復原されました。
f0049074_15425405.jpg
f0049074_15431618.jpg


上越高田は雁木の町。

現在の雁木。
f0049074_15434577.jpg

次に向かったのは、

『旧金津憲太郎桶店』。
f0049074_15440670.jpg

上越市では、

今に残された町家が公開されています。
f0049074_15443082.jpg

150年前の江戸後期に建てられた町家。
f0049074_15445234.jpg

入ってすぐが桶職人の仕事場。
f0049074_15451415.jpg
f0049074_15453420.jpg

茶の間の吹抜け。
f0049074_15455662.jpg

古いテレビも、

残されていました。
f0049074_15461707.jpg

この黒電話も懐かしい。
f0049074_15463722.jpg

探訪日:2017.11.18

by j-garden-hirasato | 2017-12-04 06:02 | 町並み | Comments(26)

東京そぞろ歩き・レトロ探訪:上野駅

11月頭の三連休、

東京に行きました。

高速バスを降りたのは東京駅。
f0049074_21042436.jpg

地下街の天井は、銀河でした。
f0049074_21051733.jpg

上野へ移動。

上野駅の外観。
f0049074_21055278.jpg

明治16年(1883)、

日本鉄道が上野- 熊谷間の始発駅として開業。
f0049074_21063032.jpg

明治18年(1885)に初代本駅舎が竣工。
f0049074_21071181.jpg

今の駅舎は2代目。
f0049074_21075337.jpg

昭和7年(1932)の落成。
f0049074_21085067.jpg

設計は、鉄道省技師・酒見佐市ほか。
f0049074_21092009.jpg

高度成長期、

集団就職で上京した人が多く降り立った駅。
f0049074_21094819.jpg

今は、

在来線で一日18万2千人が乗車します。
f0049074_21102062.jpg

日本を代表するターミナル駅の一つです。
f0049074_21105299.jpg

この壁画も、

実に味わいがあります。
f0049074_21112066.jpg

探訪日:2017.11.03

by j-garden-hirasato | 2017-11-21 05:19 | レトロな建物 | Comments(20)

松本そぞろ歩き・レトロ探訪:縄手通りほか

松本レトロ探訪の3回目。

縄手通りへ移動。
f0049074_23190073.jpg

このお店は開いていません。
f0049074_23203254.jpg

いつ頃、閉めちゃったのでしょうか。
f0049074_23211810.jpg

路地に入ると、看板ネコ?
f0049074_23220833.jpg

縄手通りの守り神、

カエル大明神。
f0049074_23224261.jpg

二宮金次郎ガエル。
f0049074_23232712.jpg

通りの入口にも、

こんな張りぼてカエルが。
f0049074_23235336.jpg

デカいカエルの石像。
f0049074_23242374.jpg

記念写真、どうぞ。
f0049074_23244909.jpg

場所を変えて、松本城の近くへ。

こんなお城を見つけました。
f0049074_23251245.jpg

「青翔堂」。

古本屋さんです。
f0049074_23254275.jpg

立派な擬似天守です。
f0049074_23264987.jpg

探訪日:2017.09.05

by j-garden-hirasato | 2017-11-13 05:06 | レトロな建物 | Comments(31)

松本そぞろ歩き・レトロ探訪:大手周辺

松本レトロ探訪の2回目。

松本市大手を歩きました。
f0049074_05533292.jpg

「信濃毎日新聞松本専売所」。

創業は大正2年(1913)。
f0049074_05540633.jpg

「東もん磯村」。

創業は明治30年(1897)。
f0049074_05542337.jpg

「松本ホテル花月」。

玄関部分だけ保存。
f0049074_05544318.jpg

古本喫茶「想雲堂」。
f0049074_05550428.jpg

レトロの建物が軒を並べています。
f0049074_05552469.jpg

「松本市下町会館」。

昭和元年(1926)の築。
f0049074_05554600.jpg

「白鳥写真館」。

大正12年(1923)の築。
f0049074_05560320.jpg

円筒ポスト、

レトロな建物にピッタリです。
f0049074_05562170.jpg

これは一体の建物です。
f0049074_05564299.jpg

「丸山鶏肉店」。
f0049074_05570188.jpg

素敵なネーミング、

「凡蔵」。

f0049074_05572103.jpg

探訪日:2017.09.05


by j-garden-hirasato | 2017-11-11 05:55 | レトロな建物 | Comments(28)

松本そぞろ歩き・レトロ探訪:旧松本高等学校

松本そぞろ歩きの3回目。

今回からはレトロ探訪。

向かったのは、あがたの森公園。
f0049074_21155444.jpg

こんなレトロな建物が残されています。
f0049074_21162051.jpg

「旧松本高等学校」の校舎。
f0049074_21164887.jpg

この本館は、

大正9年(1920)の築。
f0049074_21170830.jpg

当時の教室が復元されています。
f0049074_21173444.jpg

木製の机、

懐かしいですね。
f0049074_21175988.jpg

この廊下も、

昔は木製だったのでしょうか。
f0049074_21182541.jpg

こちらは、校長室。
f0049074_21192813.jpg

中庭から見た校舎。
f0049074_21195211.jpg

こちらの建物は、講堂。
f0049074_21202983.jpg

大正11年(1922)の築。
f0049074_21230425.jpg
f0049074_21234382.jpg

どちらの建物も、

国の重要文化財に指定されています。
f0049074_21241954.jpg

探訪日:2017.09.05

by j-garden-hirasato | 2017-11-09 05:35 | レトロな建物 | Comments(29)

静岡そぞろ歩き:里帰り

9月の中旬、

静岡の実家に帰りました。

新清水PAにて。

バイクの展示。

f0049074_13154359.jpg

また、変わっていました。

f0049074_13162068.jpg

知らないメーカーです。

f0049074_13164896.jpg

次の日は台風一過。

イイ天気になりました。

f0049074_13172088.jpg

今回は、遠出はせず、

お出かけは、

清水の鮮魚センターに買い物に行ったくらい。

f0049074_13180917.jpg

鮮魚センターのゲームコーナー。

f0049074_13184953.jpg

シュールな光景。

f0049074_13191441.jpg

飲食店の前のベンチ。

f0049074_13201049.jpg

市場がこんな雰囲気。

f0049074_13211493.jpg

本マグロのカマを買って、

家でいただきました。

f0049074_13221408.jpg

美味なり!

ちょこっと散歩。

清水区の光福寺へ。

f0049074_13223748.jpg

これが本堂。

f0049074_13232028.jpg

昭和2年(1927)の築。

f0049074_13235501.jpg

関東大震災の教訓から、

このような鉄筋コンクリート造に。

f0049074_13242428.jpg

県指定の有形文化財に指定されています。

f0049074_13251009.jpg

探訪日:2017.09.17-18


by j-garden-hirasato | 2017-10-30 06:13 | レトロな建物 | Comments(24)

京都そぞろ歩き・レトロ探訪:五龍閣ほか sanpo

京都そぞろ歩きの18回目。

古都・京都に行ってもレトロな建物が気になります。

まとめました。

京都初日、清水寺参道脇のレトロから。
f0049074_05545565.jpg

「五龍閣」。
f0049074_05552429.jpg

大正10年(1921)の築。
f0049074_05555370.jpg

祇園では「弥栄会館」。
f0049074_05562410.jpg

昭和11年(1936)の築。
f0049074_05565146.jpg

設計は劇場建築を手がけた木村得三郎。
f0049074_05571908.jpg

お城の天守を思わせる形が特徴。

国の登録有形文化財です。
f0049074_05574681.jpg

京都駅周辺には「富士ラビット」。
f0049074_05581314.jpg

大正14年(1925)頃の築。
f0049074_05584434.jpg

京都で自動車販売の草分けといわれる

日光社の社屋として建てられました。
f0049074_05593447.jpg

国の登録有形文化財です。
f0049074_06000634.jpg

「烏丸七条ビル」。
f0049074_06010586.jpg

昭和12年(1937)の築。
f0049074_06071063.jpg

京都駅前の「関西電力京都支店(旧京都電燈本社)」。
f0049074_06075195.jpg

昭和12年(1937)の築。

設計は武田五一。
f0049074_06114385.jpg

探訪日:2017.08.19-20

by j-garden-hirasato | 2017-10-19 06:17 | レトロな建物 | Comments(32)

京都そぞろ歩き・レトロ探訪:南禅寺水路閣 sanpo

京都そぞろ歩きの14回目。

今回はレトロ探訪。

南禅院の前にある『南禅寺水路閣』。
f0049074_05524013.jpg

南禅寺の境内を通過する

琵琶湖疏水の分線の水路橋です。
f0049074_05525746.jpg

全長93.2メートル、

4メートル、高さ9メートル。
f0049074_05531625.jpg

レンガ造りのアーチ型橋脚が連続しています。
f0049074_05533480.jpg

明治21年(1888)の築。
f0049074_05535337.jpg

設計は、

琵琶湖疎水を設計監督した田辺朔郎。
f0049074_05541085.jpg

当時、

工部大学校(現・東大工学部)を卒業したばかりで、

琵琶湖疎水を設計監督したときは、

若干23歳でした。
f0049074_05542921.jpg

琵琶湖疎水は、

明治期に京都の産業振興を計るために建設された水路。
f0049074_05544881.jpg

明治2年(1869)に東京へ首都が移り、

京都は産業も人口も急速に衰退。
f0049074_05551793.jpg

この衰退から京都を復興させるために計画されたのが

琵琶湖疏水の建設です。
f0049074_05553576.jpg

当時、日本の重大な土木工事は

すべて外国人技師に委ねられていましたが、

琵琶湖疏水の建設は、

すべて日本人の手によって行われた、

日本最初の大土木事業でした。
f0049074_05555341.jpg

琵琶湖疎水は国の史跡に、

この南禅寺水路閣は、

京都市の史跡に指定されています。
f0049074_05561194.jpg

探訪日:2017.08.20

by j-garden-hirasato | 2017-10-07 06:01 | 土木遺産 | Comments(26)

レトロ探訪・長野編:伊那・円筒分水工群

南信地方のレトロ探訪の2回目。

今回は、これ。

f0049074_07262747.jpg

何でしょう。

f0049074_07264641.jpg

こんなところに設置されています。

f0049074_07265602.jpg

『西天竜幹線水路・円筒分水工群』。

f0049074_07322252.jpg

西天竜幹線水路から

水を分けるために設けられた分水施設群です。

f0049074_07325437.jpg

大正8年から昭和14年にかけて建設されました。

f0049074_07331406.jpg

当時開田された水田は、

人や家畜により整地されたため水持ちが悪く、

水争いがたびたび発生していました。

f0049074_07335837.jpg

そこで水の分水管理をするために造られたのが、

この円筒分水工です。

f0049074_07341720.jpg

これにより公平な水の供給ができ、

水争いが収まりました。

f0049074_07344207.jpg

水田の面積に応じた穴の数により、

公平な水を供給しています。

f0049074_07350039.jpg

当初は57基が建設され、

現在、35基が活用されています。

f0049074_07352581.jpg

日本土木学会の

近代土木遺産に認定されています。

f0049074_07362245.jpg

探訪日:2016.12.20
by j-garden-hirasato | 2017-08-09 07:41 | 土木遺産 | Comments(26)