日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
桜の紅葉も素晴らしいです..
by umi_bari at 08:38
展覧会場は込み合っていた..
by gipsypapa at 08:30
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 07:17
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:46
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:44
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 05:41
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:39
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:35
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:30
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:28
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:27
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:25
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:21
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:18
tomiete3さん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:13
sarutvさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:10
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:09
こんにちは☆ 素晴らし..
by aozoracafe123 at 10:10
寒い訳ですね…( ᵒ̴̶..
by N-styel at 08:09
同じ初雪でも、連なった山..
by sternenlied2 at 02:32
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ライフログ
画像一覧


京都の庭園:南禅寺

そろそろ季節を切り替えたい、と思いつつ、
今回も秋の京都、南禅寺庭園。
南禅寺は、臨済宗南禅寺派の大本山であり、
たくさんの塔頭を抱える大寺院です。
その南禅寺大方丈には、かの小堀遠州作庭と伝えられる庭園があります。
「虎の子渡し」の庭園とも言われ、
虎が子どもを連れて川を渡る様子に見立てられます。
子どもへの愛情をテーマにした庭園。
f0049074_1759214.jpg

上の写真、手前から大きい石から小さい石へ、
大きさの違う石を計画的に配置した、とされています。
このことで、庭園が立体的に見えます。
f0049074_1803441.jpg

小方丈には、「如心庭」と呼ばれる白砂に石を配した枯山水庭があります。
f0049074_1815144.jpg

じっと眺めていると、宇宙に引きずり込まれるような感覚が…。
方丈北側、渡り廊下を渡りきったところにも庭園があります。
寺院のプライベートなスペースに作庭された庭園です。
一般公開はしていませんが、ちょっと斜めの方向から覗き見です。
f0049074_182556.jpg

この季節、庭園本体も霞んでしまうほど見事な紅葉です。
モミジがこの大きさなら、新緑もかなりの迫力でしょうね。
特に庭園名の明示もない、ちょっとしたスペースに作庭されていた庭園。
f0049074_184147.jpg

灯篭か何かの廃物利用した飛び石。
青苔と白砂なら季節関係なし、ですね。
探訪日:2006.11.24
# by j-garden-hirasato | 2007-02-21 18:04 | 庭園 | Comments(11)

京都の庭園:天授庵

南禅寺塔頭の一つ、天授庵。
同じ塔頭でも、南禅院が人影も少なく静かなのとは対照的に、
こちらは、南禅寺へのメインルートに面していることもあり、
たくさんの観光客が訪れています。
方丈の前に枯山水庭、書院の南に池泉庭があります。
枯山水庭は、モミジを背景としてその前面に白砂と青苔、石組で構成されています。
作庭時期は古いものではなく、現代の作品のようです。
紅葉シーズンは、方丈の軒下に、紅葉を楽しむ人がズラリと並びます。
f0049074_5371566.jpg

色のコントラストが見事、絵になります。
来訪者が多いのも納得できます。
本来は三門から入るのでしょうが、一般人には叶いません。
f0049074_539377.jpg

この庭園で目を引くのが、敷石の幾何学模様。
鱗敷(うろこじき)という敷き方です。
秋の主役は、紅葉したモミジたち。
f0049074_5401756.jpg

石もこの時期、どちらかといえば控えめに鎮座しているようにも見えます。
書院南の池泉庭は、南北朝時代の作庭と伝えられています。
こちらはうっそうとした樹木に囲まれ、ちょっと神秘的な古庭園です。
f0049074_5413847.jpg

この幾何学模様に魅せられました。
探訪日:2006.11.24
# by j-garden-hirasato | 2007-02-19 05:41 | 庭園 | Comments(10)

京都の庭園:金地院

南禅寺の塔頭の一つ、金地院。
小堀遠州作と伝えられる庭園があります。
黒衣の宰相と呼ばれた以心崇伝が小堀遠州に作庭を依頼したものです。
中央に蓬莱山、右に鶴島、左に亀島、蓬莱山の手前に大きな礼拝石、という
典型的な神仙蓬莱の庭の構成です。
古庭園としての貫禄が十二分に感じられる庭園です。
ただ、今回訪れて残念だったのは、
本堂が改修中で、庭園を満足に楽しめなかったことです。
f0049074_683946.jpg

これで拝観料、同額ですか~。
飛び石は、いかにも遠州好みの洒脱なデザイン。
f0049074_610897.jpg

江戸時代からこんなデザインがあったんです。
この庭園の鶴亀は非常に分かりやすい造形となっています。
これは亀島。亀の頭、前足がはっきり分かります。
f0049074_611181.jpg

背中のビャクシンの枯れ具合が気になります。
これは鶴島。ニョキッと突き出された鶴の首。
f0049074_6123753.jpg

この鶴首石、もともとは石橋用だったようですが、急きょ、転用されたようです。
この庭園、小堀遠州作ということになっていますが、
小堀遠州自身が現場に行って作庭の指示をしたわけではなく、
遠くにいて、庭園を造ることの指示をしていたのが実態のようで、
これで作庭者を小堀遠州とするのは、個人的には疑問に思います。
現場で直接、作庭に関わった人を作庭者とすべきではないでしょうか。
本堂の改修が完了したとき、再訪したい金地院庭園です。
探訪日:2006.11.24
# by j-garden-hirasato | 2007-02-15 06:15 | 庭園 | Comments(14)