日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
こんにちは^^ 昨..
by iris304 at 18:27
素敵なショットと解説から..
by siawasekun at 03:18
小布施ですか。 栗、大..
by kwc_photo at 23:29
モンブラン・・・・良いで..
by ninja2005y at 22:00
小布施と言えば栗・・・ ..
by blackfacesheep2 at 21:16
木漏れ日が気持ち良さそう..
by yaguchitenga at 18:36
こんにちは^^ 小布施..
by risaya-827b at 16:56
小布施って、街づくりがお..
by N-styel at 15:42
栗、大好きです 天津甘..
by aitoyuuki32 at 12:25
小布施の街も電線を地下に..
by umi_bari at 11:17
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 11:06
おはよう。 日差しが夏..
by ejichan555 at 10:20
ちょっと外れにうまいそば..
by saheizi-inokori at 09:20
小布施は古い町並みを ..
by gipsypapa at 09:01
> 舗装材にも栗が採用 ..
by London Caller at 06:18
雪だるまがこの界隈を良く..
by 雪だるま at 05:50
sarutvさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:03
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:00
ここでは、栗きんとんのお..
by sarutv at 01:35
こんにちは☆ 桔梗、め..
by aozoracafe123 at 14:27
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ライフログ
画像一覧


京都の庭園:梅小路公園・朱雀の庭

たまには、現代庭園を。
京都駅から西へ歩いて15分ほどのところ、
梅小路蒸気機関車館の隣りに梅小路公園があります。
面積11.6haという大きな公園です。
この公園の一角に「朱雀の庭」があります。
建都1200年の庭園として、
現代の造園技術を駆使して作庭されました。
段々畑をモチーフにしたデザイン。
f0049074_6361561.jpg

堤が美しい曲線を描きます。
庭園には、「緑の館」の二階から入ります。
f0049074_6375911.jpg

「緑の館」の一階はレストランになっていて、
庭園を眺めながら、お食事が楽しめます。
池は水鏡になっています。
沢飛びもあえて現代風に。
f0049074_639208.jpg

野辺をイメージした滝と流れ。
f0049074_6403028.jpg

伝統的な造園技術が生かされています。
現代のデザインと伝統技術とが融合した庭園。
平成の名庭の一つと言えるでしょう。
f0049074_6412980.jpg

でも、ちょっと直線を多用しすぎかなあ。

探訪日:2007.03.02
# by j-garden-hirasato | 2007-05-31 06:42 | 庭園 | Comments(20)

京都の庭園:智積院

本日の京都の庭園は、智積院庭園です。
訪れたのは、梅の咲く3月初旬(タイムリーではありませんが、ご勘弁を)。
ここの前に立ち寄った三十三間堂は、
とにかく観光客のてんこ盛り。
外人さんも多いし、修学旅行の中学生もワイワイしていて、
定型的な京都の観光寺院でした。
落ち着いて千手観音群を楽しめる風情などなく、
初めて訪れたというのに、さほど感動もないまま智積院に来ました。
着いたのは、あと少しで閉門という時間帯。
時間も時間なので、訪れる人もなく、
この庭園を独り占め、と思いきや、
自分より一回りくらい年上の男性が後から入ってきました。
男が二人、庭園を眺める。
何か変な感じです。
現在の庭園が作庭されたのは、江戸時代の初期。
智積院再興後、豊臣秀吉が創建した旧祥雲寺の庭園を
当院の第七世・運敞(うんしょう)僧正が改修したといわれています。
座敷から眺める典型的な座観式の池泉庭です。
f0049074_6312572.jpg

数多く配された景石とサツキの刈込みが特徴です。
古来より景勝地として有名な中国・廬山を写したとも伝えられていますが、
もとの風景を知らないので、なんとも…。
池泉が揚子江のようです。
f0049074_6324388.jpg

揚子江に橋があるのか…。
滝の上に石橋を組む玉潤(ぎょくかん)流の滝組。
f0049074_634327.jpg

現存する庭園では、数庭にしかない珍しい意匠です。
脇役なのになぜか気になる、
大書院の縁先に据えられた一文字型手水鉢。
f0049074_635645.jpg

水穴が「一」の文字に見えることから、こう呼ばれています。
もう一つの一文字型手水鉢。
f0049074_6361423.jpg

講堂の縁先にもありました。
手水鉢だけでも記事になりそうだな…。
大書院前の庭園は、
国の名勝に指定されています。
この庭園であれば、納得。
収蔵庫では長谷川等伯らの障壁画も楽しめます。
今頃でしょうか、サツキの咲く季節に訪れたい庭園です。

探訪日:2007.03.02
# by j-garden-hirasato | 2007-05-28 06:36 | 庭園 | Comments(12)

重森三玲の意匠:重森三玲邸庭園

重森三玲庭園美術館の続きです。
先のブログでも書きましたが、
重森三玲邸には、元からあった江戸時代に建てられた建物と
重森三玲自らが建てた二つの茶室があります。
重森三玲の才能は庭園の意匠だけでなく、
建物の細部の意匠にまで及んでいます。
では、重森ワールド・建物編、
はじまり、はじまり!
入口は長屋門。
f0049074_7264160.jpg

独特な雰囲気があります。
何となく赤みを帯びた建物の色、そして地面の赤。
いかにも重森三玲邸らしい。
写真右手に見えているくぐり門から庭園に入ります。
書院の中から。
f0049074_7274092.jpg

天井からぶる下がっているのは、
イサム・ノグチから送られた照明のカバー。
和紙が日本庭園とよく合います。
茶室「無字庵」の室内の意匠。
f0049074_7283234.jpg

襖の大胆な市松模様とその色合い、
重森三玲らしい意匠です。
こんなところも凝っています。
f0049074_7292474.jpg

障子下の木部の意匠。
この部分は、何と呼べばいいんでしょうか。
中庭もあります。
f0049074_7303056.jpg

簾がいいですね。
中庭には近づけませんでしたが、
何やら、また面白そうな設えがあります。
建物をよく見ると、
桟などにも意匠が施され、眺めるだけでも楽しいですね。
最後に石畳の意匠。
f0049074_731407.jpg

重森ワールド、炸裂。
何回でも訪れたい重森三玲庭園美術館です。

探訪日:2006.11.24
# by j-garden-hirasato | 2007-05-24 07:33 | 庭園 | Comments(18)