「ほっ」と。キャンペーン

日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
MY HP
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers.....
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
のんびりしたよい天気みた..
by gipsypapa at 16:39
こんにちは 私も玉川上..
by yuta at 11:57
>野菜の無人販売機を発見..
by London Caller at 08:03
>>総延長43キロ ..
by ninja2005y at 22:08
確か三鷹駅前から 終点..
by yaguchitenga at 18:09
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 11:58
玉川上水、蓋がある場所は..
by umi_bari at 10:33
もう終点ですか、もうちょ..
by saheizi-inokori at 10:11
siawasekunさん..
by j-garden-hirasato at 09:32
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 09:30
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 09:26
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 09:19
素敵なショットと解説から..
by siawasekun at 02:33
羽村から横田まで歩いたん..
by yaguchitenga at 18:52
アメリカ旅行、ご堪能でし..
by N-styel at 07:39
アメリカ軍基地の目の前だ..
by 雪だるま at 05:59
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:35
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:32
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:30
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:26
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2016年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

レトロ探訪・東京編:日本橋&常盤橋

今回から、東京そぞろ歩き4。

8月初旬の東京美術館巡りのとき、

そぞろ歩きしたものです。

まず、『日本橋』。

f0049074_05581224.jpg

中央区の日本橋川に架かる橋。

f0049074_05583867.jpg

徳川家康の全国道路網整備計画で、

慶長8年(1603)、

初代の木造橋が架けられました。

f0049074_05590456.jpg

現在の日本橋は19代目。

f0049074_05592963.jpg

明治44年(1911)の築。

石造二連アーチ橋。

橋の長さ49m、幅27m

f0049074_06002246.jpg

設計は米本晋一、

装飾様式は妻木頼黄。

f0049074_06005575.jpg

東京オリンピックに際して、

昭和38年(1963)、

橋の直上に首都高速道路が建設され、

f0049074_06012113.jpg

現在は、こんな状況です。

f0049074_06015430.jpg

日本の道路元標があり、

f0049074_06021988.jpg

日本の道路網の始点となっています。

f0049074_06025509.jpg

国の重要文化財に指定されています。

f0049074_06032034.jpg

続いて、『常盤橋』。

千代田区大手町と中央区日本橋本石町との間の

日本橋川にかかる橋。

f0049074_06034688.jpg

昭和元年(1926)の築。

2連の鉄筋コンクリートアーチ橋です。

f0049074_06041198.jpg

探訪日:2016.08.07


by j-garden-hirasato | 2016-11-30 06:03 | レトロな建物 | Comments(14)

土木遺産探訪・長野編:牛伏川フランス式階段流路

少し前の探訪記となりますが、

松本市・牛伏川の上流に、

こんな土木遺産があります。

f0049074_05103402.jpg

『フランス式階段流路』。

f0049074_05110145.jpg

牛伏川の上流は元々急峻な谷地で、

岩盤が激しく風化した「大化け」と呼ばれる荒地でした。

f0049074_05112916.jpg

そのため下流域では、

度々大きな水害に見舞われ、

明治政府は、

明治18年(1885)より、

内務省土木局の直轄工事として、

大規模な砂防工事を行いました。

f0049074_05115910.jpg

このフランス式階段流路は、

延長141m、段差は19段。

大正7年(1918)に人力のみで建設されました。

f0049074_05122471.jpg

設計は内務省技官・池田圓男(のぶお)。

フランスのデュランス川サニエル渓流に施工された

砂防施設の図面を参考としたため、

「フランス式」と呼ばれています。

f0049074_05125175.jpg

国の重要文化財に指定されています。

その上部には、

両岸に広場が設けられている場所もあり、

f0049074_05131796.jpg

石張の段差工が設けられています。

f0049074_05134395.jpg

しっかり石で組まれています。

f0049074_05140987.jpg

本流脇の沢に施工された「張石水路」。

f0049074_05144204.jpg

滝のような落差のある堰堤も石張。

f0049074_05150917.jpg

明治19年(1886)、

内務省施工の「第二号石堰堤」。

f0049074_05153570.jpg

同年、

同じく内務省施工の「第三号石堰堤」。

f0049074_05161316.jpg

さらに上部の「石張水路」。

工事は上部から行われました。

f0049074_05165090.jpg

探訪日:2016.07.30


by j-garden-hirasato | 2016-11-28 05:36 | 土木遺産 | Comments(28)

富山そぞろ歩き:ますのすしミュージアム

職場旅行の8回目。

今回でファイナル。

金沢から長野へ。

途中、富山に立ち寄ります。

f0049074_06070253.jpg

「ますのすしミュージアム」。

富山に来たら、

ます寿司は外せません。

f0049074_06072919.jpg

ます寿司の製造過程も見学できます。

f0049074_06082094.jpg

全国各地のお弁当の包み紙の展示。

f0049074_06092493.jpg

昔の弁当箱の展示。

f0049074_06094950.jpg

地元のお祭りの山車の展示。

f0049074_06101994.jpg

宇宙ステーションみたいです。

f0049074_06104947.jpg

最後に、

ます寿司をお土産に買い、

帰路に就きました。

f0049074_06111596.jpg

職場旅行の記、おしまい。

探訪日:2016.10.23


by j-garden-hirasato | 2016-11-26 06:00 | 観光地 | Comments(18)

金沢そぞろ歩き:ひがし茶屋街(2)

職場旅行の7回目。

「ひがし茶屋街」の2回目。

今回は、

ひがし茶屋街でちょっと気になったもの。

f0049074_06520495.jpg

美容室の看板。

f0049074_06523089.jpg

お化け~?

f0049074_06560783.jpg

能登半島~。

f0049074_06564114.jpg

これは、何の実?

f0049074_06571170.jpg

お馴染み、円筒ポスト。

f0049074_06574310.jpg

現役、キレイですね。

f0049074_06580927.jpg

お洒落な自転車。

f0049074_06583754.jpg

金の注連縄。

オメデタイ!

f0049074_06590433.jpg

ひがし茶屋街、

おしまい。

f0049074_06592891.jpg

探訪日:2016.10.23
by j-garden-hirasato | 2016-11-24 05:58 | 町並み | Comments(26)

金沢そぞろ歩き:ひがし茶屋街

職場旅行の6回目。

長町で昼食の後、

『ひがし茶屋街』へバスで移動。

f0049074_05130767.jpg

卯辰山山麓を流れる浅野川の川岸には、

古い町並みが残されています。

f0049074_05131857.jpg

江戸時代、

城下町近郊を流れる犀川・浅野川両界隈には、

多くの茶屋が立ち並んでいました。

f0049074_05132881.jpg

文政3年(1820)、

加賀藩の許可を得て、

f0049074_05134502.jpg

犀川西側には「にし」の茶屋町、

浅野川東側には「ひがし」の茶屋町が開かれ、

大いに賑わいました。

f0049074_05135529.jpg

このとき、旧来の不整形な町割は改められ、

整形な街区が形成されました。

f0049074_05140943.jpg

このひがし茶屋街は、

茶屋町創設時の敷地割をよく残し、

全国でも希少な茶屋様式の町屋が多く残されています。

f0049074_05142407.jpg

建物の多くは、

明治初期に建築されたものだそうです。

f0049074_05143946.jpg

木虫籠(キムスコ)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並み。

f0049074_05145115.jpg

メイン通りの古い建物は、

お店として活用されています。

f0049074_05150418.jpg

洗礼された和のデザイン。

f0049074_05152968.jpg

重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

f0049074_05154086.jpg

職場旅行の記、

まだまだ続きます。

f0049074_05155177.jpg

探訪日:2016.10.23


by j-garden-hirasato | 2016-11-22 05:45 | 町並み | Comments(32)

庭園探訪・金沢編:武家屋敷跡野村家

職場旅行の5回目。

金沢・長町には、

こんな武家屋敷が公開されています。

f0049074_06405960.jpg

前田家家臣であった野村家の武家屋敷跡。

f0049074_06410961.jpg

野村伝兵衛信貞は、

前田利家が1583年に金沢城に入城した際、

直臣として従いました。

f0049074_06412032.jpg

明治時代に廃藩となるまで

12代に渡って1200石を有した由緒ある家柄でした。

f0049074_06413141.jpg

庭の上段と下段の二段構造の庭園。

f0049074_06414086.jpg

「濡れ縁」と呼ばれる縁側。

f0049074_06415860.jpg

かなり凝った造りです。

f0049074_06421242.jpg

こんな近くで鯉が泳いでいます。

f0049074_06422466.jpg

明治以降は、

幾たびか住人を変えましたが、

f0049074_06423540.jpg

今も武家屋敷としての面影が保たれています。

f0049074_06424546.jpg

加賀文化の深さを感じることができました。

f0049074_06425425.jpg

まだまだ、続きます。

f0049074_06431487.jpg

探訪日:2016.10.23


by j-garden-hirasato | 2016-11-20 06:46 | 庭園 | Comments(24)

金沢そぞろ歩き:長町の武家屋敷

職場旅行の4回目。

朝イチから酒蔵を訪れ、

その後、金沢港にある観光用の魚市場にも寄り、

いよいよ金沢へ。

まず、長町に到着。

f0049074_21482695.jpg

メインの通りには、

犀川から取水した「大野庄用水」が流れています。


多目的用水で、

防火、防御、融雪などに使われます。

f0049074_21502179.jpg

個々の武家屋敷に、

この用水からが引かれています。

f0049074_21512380.jpg

この長町には、

加賀藩時代の上流・中流階級藩士の武家屋敷が

軒を連ねています。

f0049074_21521055.jpg

前田家の重臣であった長氏の屋敷があったことから、

長町と呼ばれるようになりました。

f0049074_21531064.jpg

昭和の頃の建物も残され、

f0049074_21535910.jpg

実に風情があります。

f0049074_21554599.jpg

長町界隈は、

金沢市の伝統環境保存区域・景観地区に指定されています。

f0049074_21564101.jpg

武家屋敷には、

和服が似合います。

f0049074_21580188.jpg

ここで昼食。

f0049074_21590543.jpg

あん肝の石焼。

f0049074_21594759.jpg

美味い!

気になった子供の像。

f0049074_22010600.jpg

探訪日:2016.10.23


by j-garden-hirasato | 2016-11-18 05:56 | 町並み | Comments(28)

石川そぞろ歩き:粟津温泉の宿

職場旅行の3回目。

宿は粟津温泉でした。

「のとや」さん。

f0049074_05523029.jpg

何と、

合掌造りの建物を移築した宴会場でした。

f0049074_05551933.jpg

晩飯。

f0049074_05570699.jpg

朝食。

f0049074_05585670.jpg

ともに豪華で、

ボリュームのある食事。

ご馳走さまでした。

f0049074_06002873.jpg

ホテルの壁にはお地蔵様。

f0049074_06014410.jpg

ホテルの隣にはお寺がありました。

f0049074_06024766.jpg

境内には、

ふくよかな布袋様。

f0049074_06040217.jpg

地元の酒蔵「金紋酒造」。

f0049074_06045117.jpg

朝イチから利き酒。

f0049074_06053526.jpg

続く。

探訪日:2016.10.22-23
by j-garden-hirasato | 2016-11-16 06:08 | | Comments(18)

岐阜そぞろ歩き:五箇山菅沼合掌造り集落

職場の旅行の2回目。

飛騨牛のすき焼きを頂いた後、

バスは『五箇山菅沼合掌造り集落』へ。

f0049074_06311088.jpg


茅葺きの合掌造りの集落です。

f0049074_06312277.jpg

平成7年(1995)、

世界文化遺産に登録されました。

f0049074_06313518.jpg

合掌造りの茅葺き家屋は、

国内でも、

五箇山と白川郷のみに残される貴重な形式です。

f0049074_06314602.jpg

日本の原風景。

f0049074_06315806.jpg

現存する建物は、

明治から大正に建てられたもの。

f0049074_06321172.jpg

この集落には、

9戸の合掌造り家屋が残されています。

f0049074_06322340.jpg

おおー、

愛しの円筒ポストもあり!

f0049074_06323524.jpg

合掌造りの民家を見守っています。

f0049074_06325777.jpg

絵になりますね。

f0049074_06331181.jpg

田舎だからこその風景。

癒されます。

f0049074_06332487.jpg

職場旅行記、

続きます。

f0049074_06333645.jpg

探訪日:2016.10.22


by j-garden-hirasato | 2016-11-14 17:56 | 町並み | Comments(20)

岐阜そぞろ歩き:飛騨高山

10月の下旬、
職場の旅行で、
飛騨高山から金沢を巡りました。
f0049074_05264414.jpg

まず、飛騨高山から。
f0049074_05265914.jpg

岐阜・高山市の中心市街地には、
江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全され、
f0049074_05270903.jpg

「飛騨の小京都」と呼ばれます。
f0049074_05272015.jpg

元禄時代までは、
飛騨高山藩が治めていましたが、
f0049074_05273037.jpg

元禄8年(1695)、
飛騨一国は幕府領となり、
高山城は廃止。
f0049074_05274184.jpg

城下には高山代官所が設置され、
代官の支配となりました。
f0049074_05275480.jpg

この古い町並みは、
国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
f0049074_05280904.jpg

今は、年間400万人が訪れる国内屈指の観光地。
f0049074_05282137.jpg

海外からのお客さんも、
多く訪れていました。
f0049074_05283447.jpg

人力車観光も、
楽しいかもしれません。
f0049074_05285187.jpg

この後、
昼食で「飛騨牛のすき焼き」を頂いたのですが、
残念ながら、
写真を撮る余裕がなく…。
f0049074_05290129.jpg

続く。
f0049074_05291113.jpg

探訪日:2016.10.22


by j-garden-hirasato | 2016-11-11 05:33 | 町並み | Comments(28)