日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 06:01
shinmemo0417..
by j-garden-hirasato at 05:55
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:51
看板がかかっていなくんて..
by 雪だるま at 05:50
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:48
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:46
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:43
gachako1121さ..
by j-garden-hirasato at 05:37
ericanadaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:32
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:29
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:26
重い石をしたからボルトで..
by shinmemo0417 at 23:21
いやぁ~ゲスなハナシです..
by ninja2005y at 21:58
旧式のエレベーターもまた..
by saheizi-inokori at 15:03
久しぶりに見ました。 ..
by gipsypapa at 10:45
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 10:14
雅茶子でございます お..
by gachako1121 at 08:55
そういえば建物全体をちゃ..
by ericanada at 08:49
外観だけじゃなく、内部も..
by London Caller at 07:05
東京の都心の建物も今では..
by umi_bari at 05:53
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2016年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

長野そぞろ歩き:北国街道を歩く・古間~妙高

先の土曜日、

街道歩きの会で、

北国街道を歩きました。


スタートは、

信濃町の古間駅(長野県)。


駅前には、

この時期としては、

ちょっと厚着の二宮金次郎像。


歩き始めて、

すぐのところに…。


「高橋助作酒造店」。

試飲&お土産。


古間宿。


小林一茶の旧家。


一茶は信濃町出身。


トライアスロンの聖地・野尻湖。


懐かないワンコ。


長野と新潟の県境にある関川関所跡。


本日のお昼はここで。


いただきます&乾杯!


本日の〆は、

妙高駅(新潟県)近くの公衆浴場。


とにかく、熱かったです。

帰りの電車。


探訪日:2016.06.25


by j-garden-hirasato | 2016-06-29 05:25 | 街道歩き | Comments(26)

庭園探訪・東京編:六義園 sanpo

東京そぞろ歩きの12回目。

今回も庭園探訪。

椿山荘の次に向かったのは『六義園』。


「小石川後楽園」とともに

江戸の二大庭園に数えられています。


元禄8年(1695)

老中・柳沢吉保が五代将軍・徳川綱吉より

駒込のこの地を下屋敷として拝領。


自ら設計、指揮し、


池を掘り、山を築き、

7年の歳月をかけて、

「池泉廻遊式庭園」を造り上げました。


庭園の名称は、

中国の古い漢詩集「毛詩」の「詩の六義」から。


「風・賦・比・興・雅・頌」という分類法を、

紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来します。


紀州・和歌の浦の景勝や

和歌に詠まれた名勝の景観が

「八十八境」として園内に投影されています。


明治時代には、

三菱の創設者・岩崎弥太郎が所有。


昭和13年(1938)に東京市に寄付、

一般公開されました。


国の特別名勝に指定されています。


奇石が配された

「滝見の茶屋」からの景色。


「藤代峠」と呼ばれる築山。

満開時には、

一面のツツジの山になるでしょう。


探訪日:2016.05.02


by j-garden-hirasato | 2016-06-27 05:42 | 庭園 | Comments(16)

東京そぞろ歩き:椿山荘(その2)

東京そぞろ歩きの11回目。

椿山荘の2回目。

今回は、

園内にあるオメデたい神様たち。

椿山荘の七福神、

その一、「大黒天」。

五穀豊穣をもたらす神様。


その二、「恵比寿」。

商売繁盛、豊漁をもたらす神様。


その三、「寿老人」。

長寿を授ける神様。


その四、「布袋」 。

平和安穏、家庭隆盛をつかさどる神様。


その五は撮り損ね、

その六、「福禄寿」。

幸福、財宝、長寿の神様。


その七、「弁財天」。

音楽、弁才、財福をつかさどる神様。


その八、「庭の神」。

ニワトリがモチーフ。


「羅漢石」。


江戸時代中期の画家、

伊東若冲が下絵を描いた五百羅漢。


うち20体が設置されています。


もともとは

京都伏見の石峰寺にあったものが、


f0049074_04590578.jpg
大正14年(1925)に移設されました。

f0049074_04592995.jpg

探訪日:2016.05.02


by j-garden-hirasato | 2016-06-24 05:50 | 庭園 | Comments(26)

庭園探訪・東京編:椿山荘 sanpo

東京そぞろ歩きの10回目。

今回は前回に引き続き、庭園探訪。

『椿山荘』。


武蔵野台地の東縁部、

南北朝時代から椿が自生する景勝地だったため、

「つばきやま」と呼ばれていました。


御神木、樹齢500歳。


江戸時代は

上総久留里藩・黒田氏の下屋敷でした。


明治の軍人・政治家の山縣有朋が

明治11年(1878)に私財を投じて取得。

邸宅、庭園を造営、

「椿山荘」と命名しました。


大正7年(1918)には、

藤田財閥(大阪)の二代目当主・藤田平太郎が譲り受け、

東京での別邸とします。


昭和23年(1948)に藤田興業の所有地となり、

「戦後の荒廃した東京に緑のオアシスを」

という想いから、

一万有余の樹木を移植し、

名園・椿山荘を復興させました。


庭園の施工には、

東京を代表する庭師・岩本勝五郎が当りました。


昭和27年(1952)より

結婚式場として営業を開始します。


庭園の頂上に建つ三重塔・圓通閣。

東広島市の竹林寺にあったものを

藤田平太郎が大正14年(1925)に譲り受け、

移築したもの。


室町時代末期のものと推定されており、

国の登録有形文化財に登録されています。


建物内、

滝の裏から。


探訪日:2016.05.02


by j-garden-hirasato | 2016-06-22 06:22 | 庭園 | Comments(18)

庭園探訪・東京編:新江戸川公園

東京そぞろ歩きの9回目。

今回は、庭園探訪。

東京2日目は、

まず、『新江戸川公園』から。


熊本54万石、

細川家の江戸下屋敷の庭園の跡地が、

公園として公開されています。


池を中心にした池泉回遊式庭園


神田川に落ち込む目白台台地の斜面地を

うまく活かして作庭されています。


平成281月に

リニューアルオープンしました。


「松聲閣(しょうせいかく)」は、

もと細川家の学問所だった建物。


大正時代の建造物です。

前庭はピカピカ。


園内には「永青文庫」があります。


旧細川侯爵家の事務所として、

昭和初期に建設されたもの。

細川家の歴史資料や美術品等を

管理保存しています。


公園は、無料開放です。


探訪日:2016.05.02


by j-garden-hirasato | 2016-06-20 05:49 | 庭園 | Comments(24)

東京そぞろ歩き:東京都現代美術館&スカイツリー

東京そぞろ歩きの8回目。

深川を歩いて、

『東京都現代美術館』に到着。


今回は『ピクサー展』のために来ましたが、


娘が所要で遅れてきて、

チケットを買おうとしたら、

これからだとゆっくり観れない、

とのこと。


この日は諦めて別の日に。

この判断が後々…。


どうしようかねえ。

娘のリクエストで『スカイツリー』へ。


足元まで来るのは、

久しぶりです。


何やら、

イベント開催中。


陽も沈み、

ライトアップがスタート。


今回は紫。


いつか展望台から、

夜の大展望を見たいですね。


探訪日:2016.05.01


by j-garden-hirasato | 2016-06-18 07:21 | 現代建築 | Comments(20)

東京そぞろ歩き:深川辺り

清澄庭園を散策した後、

娘と待ち合わせをして、

ピクサー展を開催している東京都現代美術館まで、

深川界隈を歩きました。


こんなレトロな橋はありました。


昭和4年(1929)に架けられた亀久橋。


思わぬ出会いでした。


これは?


忍び込もうとしている宇宙人!


外星船修理可。

空飛ぶ円盤修理出来ます。


???

何屋さんでしょうか。

こちらは、

オープン焼き鳥屋さん。


おおー、篠原選手!


似ていますね。

よく出来ています。


探訪日:2016.05.01


by j-garden-hirasato | 2016-06-16 20:52 | そぞろ歩き | Comments(18)

庭園探訪・東京編:清澄庭園(その2)

東京そぞろ歩きの6回目。

清澄庭園の2回目。

今回は、

庭園内で出会った動物たち。


ゴイサギ。


一羽なのに、

存在感バツグン。


亀、

負けています。


場所を変えても、

人気衰えず。


亀は亀でマイペース。


餌より甲羅干し。


餌付け少女、

登場!


鯉は血眼。


怖いです。


探訪日:2016.05.01


by j-garden-hirasato | 2016-06-14 05:45 | 庭園 | Comments(16)

庭園探訪・東京編:清澄庭園

東京そぞろ歩きの5回目。

今回は庭園探訪、

『清澄庭園』です。


この土地は、

江戸の豪商、

紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。


享保年間(17161736年)には、

下総国関宿の藩主・久世大和守の下屋敷となり、

庭園はこの頃造られたと言われています。


明治11年(1878)、

岩崎弥太郎が荒廃していたこの邸地を買い取り、

社員の慰安や貴賓を招待する場所として

庭園造成を計画。


明治13年(1880)に

「深川親睦園」として暫定的に竣工。


園内からは、

スカイツリーも遠望されました。


隅田川の水を引いた池泉を造り、


岩崎家が自社の汽船を用いて

全国から集めた名石を配し、


明治の庭園を代表する

「池泉式回遊式庭園」を完成させました。


関東大震災で大きな被害を受けましたが、


避難場所としての役割を果たし、

多数の人命を救いました。


大正13年(1880)、

東京市に寄付され、

昭和7年(1932)に公開されました。


東京都の名勝に指定されています。


探訪日:2016.05.01


by j-garden-hirasato | 2016-06-12 06:55 | 庭園 | Comments(28)

レトロ探訪・東京編:横綱町公園・東京都慰霊堂&東京都復興記念館

東京そぞろ歩きの4回目。

旧安田庭園の後は、

お隣の『横綱町公園』へ。


大正12年(1923)の関東大震災の際は避難場所となり、

多くの方がこの地で亡くなりました。


公園内に建てられた『東京都慰霊堂』。


設計は伊東忠太。

昭和5年(1930)の竣工。


関東大震災における

身元不明の遺骨が納められています。


昭和23年(1948)からは、

東京大空襲の身元不明の遺骨を納められ、

死亡者の霊が合祀されています。


昭和26年(1951)に

「東京都慰霊堂」と改称されました。


同じく、

公園内にある『東京都復興記念館』。


昭和6年(1931)の開館。


設計は、伊東忠太と佐野利器。


慰霊堂の建設に合わせて建設されました。


関東大震災に関する資料、

東京大空襲などの戦災関係資料が

保存・展示されています。


訪れたのは、

新緑が美しい頃でした。


探訪日:2016.05.01


by j-garden-hirasato | 2016-06-10 05:41 | レトロな建物 | Comments(18)