日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
そうそう、ここです。 ..
by gipsypapa at 12:26
こんにちは^^ 平安神..
by risaya-827b at 12:09
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:18
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 06:12
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 06:08
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 06:06
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 06:02
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:58
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:56
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:52
映り込みの綺麗なところで..
by ninja2005y at 22:03
池に映る空や樹木のシルエ..
by yaguchitenga at 19:14
池に映り込んだ空や樹木の..
by yaguchitenga at 19:09
平安神宮を二度にわたりあ..
by umi_bari at 18:53
日本最古の電車♪ そそ..
by blackfacesheep2 at 16:51
hirasatoさんのレ..
by YuccaR at 12:18
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 10:32
雨に濡れたような感じがと..
by saheizi-inokori at 09:04
平安神宮の神苑 広いん..
by 雪だるま at 05:55
rollingwestさ..
by j-garden-hirasato at 05:44
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2016年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

長野そぞろ歩き:街道を歩く会・信濃白鳥~上境(その2)

街道を歩く会の定期例会の2回目。

今回は、

歩いている途中で出会ったレトロたち。

まず、JR飯山線のトンネル。

f0049074_21350278.jpg
年代は分かりませんが、

レンガ積みなので、

かなり古い時代のものです。

f0049074_21352739.jpg
続いて、『西大滝ダム』。

f0049074_21362507.jpg
東京電力により千曲川に建設された

重力式コンクリートダム。

昭和14年(1939)竣工。

f0049074_21364653.jpg
水力発電所の信濃川発電所に送水し、

電力が生み出されている。

f0049074_21370971.jpg
このダムの建設により、

サケの遡上が困難になり、

サケ漁は昭和15年(1940)に終焉。

f0049074_21372680.jpg
続いて、『出川橋

f0049074_21375091.jpg
車で通ったら、

気が付かなかったかもしれません。

f0049074_21382094.jpg
1950(昭和25年).12月竣工。

f0049074_21384436.jpg
実はこの橋、

造られたときは国道10号線の橋でした。

f0049074_21390117.jpg
大正国道というのは、

大正9年(1920)の道路法(旧道路法)に基づいて

指定された国道。

f0049074_21394124.jpg
大正国道10号線は、

東京市を基点として、 

高崎で分岐し、

長野、新潟を抜け、

秋田県庁までを結ぶ長いルート。

f0049074_21395284.jpg
信濃川(千曲川)沿いを走っていました。

探訪日:2016.05.22


by j-garden-hirasato | 2016-05-30 05:03 | 土木遺産 | Comments(24)

長野そぞろ歩き:街道を歩く会・信濃白鳥~上境

先の日曜日、

街道を歩く会の定期例会で、

JR飯山線の

信濃白鳥駅から上境駅まで歩きました。

f0049074_08304023.jpg
飯山線は、

長野市豊野駅から新潟県長岡市越後川口駅を結ぶ

JR東日本の路線。

f0049074_08305191.jpg
千曲川(新潟に入ると信濃川)に沿って走ります。

f0049074_08310611.jpg
電化されておらず、

ディーゼル車両でワンマン運転。

赤字ローカル線です。

f0049074_08311599.jpg
JR信濃白鳥駅。

平成20年(2008)に改築された駅舎。

f0049074_08312675.jpg
日平均乗車人員は7人だそうです。

f0049074_08314049.jpg
あとは、

お昼の温泉地まで、

f0049074_08314991.jpg
ただただ歩きます。

f0049074_08315976.jpg
地蔵さんたちも鎮座。

f0049074_08320739.jpg
こんなに近くに、

ケヤキと杉2本の大木が共存。

f0049074_08321710.jpg
千曲川に沿って歩きます。

f0049074_08322669.jpg
歩く人は我々以外にはおらず、

電車も全く来ず…。

f0049074_08323488.jpg
お昼は、

湯滝温泉で乾杯!

f0049074_08324418.jpg
帰りの駅・JR上境駅はでは徒歩3分。

f0049074_08325396.jpg
本日も、

楽しく歩けました。

f0049074_08330247.jpg
探訪日:2016.05.22


by j-garden-hirasato | 2016-05-27 08:38 | 街道歩き | Comments(14)

東京そぞろ歩き:旧古河庭園のバラ sanpo

GWは、

東京の娘のところに行きました。

季節感のあるものを先行アップ。

f0049074_06064010.jpg
二泊三日でそぞろ歩きしましたが、

今回は旧古河庭園のバラ園。

f0049074_06071926.jpg
バラが咲き始めていました。

f0049074_06073960.jpg
こんなオレンジ色のものもあるのですね。

f0049074_06075669.jpg
ちょっと変わった

紫がかったピンク色。

f0049074_06081451.jpg
定番の赤色も、

f0049074_06083002.jpg
花屋の赤とは少し違います。

f0049074_06084726.jpg
淡い黄色も、

f0049074_06090297.jpg
実に様々。

f0049074_06091960.jpg
グラデーションになっているものも。

f0049074_06093415.jpg
黄色いツルバラ。

f0049074_06095257.jpg
今頃はさらに咲いて、

見頃でしょうか。

f0049074_06101069.jpg
探訪日:2016.05.02


by j-garden-hirasato | 2016-05-25 06:14 | | Comments(18)

京都そぞろ歩き:京都駅

『伏見稲荷大社』からは、

JRで京都駅へ。

f0049074_06165054.jpg

コンコースが

巨大な吹き抜けになっています。

f0049074_06170503.jpg
近代的で、

実に個性的。

f0049074_06172235.jpg
古都・京都には相応しくはありませんが、

f0049074_06174032.jpg
撮り甲斐のある駅です。

f0049074_06180057.jpg
ついでに、

京都タワーも。

f0049074_06181679.jpg
この日は自分の誕生日だったので、

娘から。

f0049074_06183383.jpg
奈良から京都、

そして静岡へ。

静岡で食べた駅弁。

f0049074_06185083.jpg
ここにも富士山。

探訪日:2016.03.27


by j-garden-hirasato | 2016-05-23 06:21 | 現代建築 | Comments(24)

京都そぞろ歩き:伏見稲荷大社(その3)

『伏見稲荷大社』の3回目。

ご神体の稲荷山、標高233m

下ります。

f0049074_10530565.jpg

鳥居の裏面には、

奉納した個人・企業の名前が入ります。

f0049074_10532980.jpg

主祭神に稲荷大神が

この山に鎮座したのは、

奈良時代・和銅4年(711)のこと。

f0049074_10535009.jpg

今から1300年も前のこと。

f0049074_10541621.jpg

「お山巡り」の途中で出会った

狛犬1。

f0049074_10543354.jpg

狛犬2。

f0049074_10545503.jpg

手水舎も

龍じゃなくて狐のものも。

f0049074_10552233.jpg

鳥居だらけのお社。

f0049074_10554038.jpg

中国大陸を感じさせるお社。

f0049074_10555704.jpg

ちょん切られたような鳥居。

f0049074_10561377.jpg

和服もイイものです。

f0049074_10563479.jpg

JR伏見稲荷駅の構内からも、

鳥居群が見えました。

f0049074_10565089.jpg

探訪日:2016.03.27


by j-garden-hirasato | 2016-05-21 11:01 | 神社仏閣 | Comments(14)

京都そぞろ歩き:伏見稲荷大社(その2)・千本鳥居

『伏見稲荷大社』の2回目。

いよいよここからが、

「千本鳥居」。

f0049074_05192078.jpg

奉納された朱塗り鳥居のトンネルです。

f0049074_05193741.jpg

その数、約1万基。

f0049074_05195307.jpg

御神体の稲荷山の山頂まで、

鳥居が続いています。

f0049074_05201117.jpg

鳥居を奉納する習わしは、

江戸時代に始まったもの。

f0049074_05203129.jpg

山腹には300もの祠・塚が点在し、

f0049074_05204833.jpg

それを巡る「お山巡り」は、

平安時代から続いているといわれています。

f0049074_05210735.jpg

清少納言も巡ったと

「枕草子」に書かれています。

f0049074_05212515.jpg

全長約4km

f0049074_05221265.jpg

往復すると、

2時間ほどかかります。

f0049074_05223131.jpg

ちょっとしたハイキングです。

f0049074_05224967.jpg

この鳥居を抜ければ、

稲荷山の最高峰、一ノ峰。

f0049074_05232538.jpg

その一ノ峰の建つ「上之社神蹟」。

f0049074_05234302.jpg

探訪日:2016.03.27


by j-garden-hirasato | 2016-05-19 06:16 | 神社仏閣 | Comments(26)

京都そぞろ歩き:伏見稲荷大社

奈良から京都へ。

今回の京都は、

娘のリクエストにより

『伏見稲荷大社』のみ。

f0049074_05040017.jpg

全国各地に

3万社あるといわれる稲荷社。

f0049074_05042864.jpg

その総本社が、

ここ『伏見稲荷大社』です。

f0049074_05044788.jpg

ご神体は稲荷山。

f0049074_05050506.jpg

稲荷山の山麓に、

本殿があります。

f0049074_05052431.jpg

もともとは、

五穀豊穣の神として、

f0049074_05054383.jpg

今は、

商売繁昌、家内安全、諸願成就の神として、

広く信仰されています。

f0049074_05082097.jpg

初詣では、

近畿地方で最多の参拝者を集める寺院。

f0049074_05084080.jpg

「外国人に人気の日本の観光スポット」でも、

堂々の第1位。

f0049074_05085810.jpg

この日も、

海外から多くのお客さんがお見えでした。

f0049074_05091857.jpg

狛狐のくわえている巻物、

何が書いてあるのでしょう。

f0049074_05094558.jpg

いろんな表情の狛狐。

f0049074_05100439.jpg

箱入りも。

f0049074_05102445.jpg

いよいよ、

摩訶不思議な世界へ。

f0049074_05104195.jpg

探訪日:2016.03.27


by j-garden-hirasato | 2016-05-17 05:28 | 神社仏閣 | Comments(18)

長野そぞろ歩き:戸隠森林自然園

天候に恵まれた土曜日、

『戸隠森林植物園』に行ってきました。

f0049074_05440914.jpg

水芭蕉はすでに見頃は過ぎ、

巨大な葉っぱと化していました。

f0049074_05443771.jpg

開花がほとんどない中で、

f0049074_05445662.jpg

遅咲きの美人を探します。

f0049074_05451314.jpg

白く花のように見えるのは、

(ほう)と呼ばれるつぼみを包んでいた葉。

f0049074_05453032.jpg

初夏の花は今が見頃。

f0049074_05454854.jpg

池の縁で咲き始めていたのは…、

f0049074_05460862.jpg

分かりません(笑)。

川ではイワナの姿も。

f0049074_05462901.jpg

そんな中、

今回の収穫はアカゲラです。

f0049074_05464714.jpg

でも、

鳥を撮るのは難しい。

f0049074_05471112.jpg

比較的、

撮りやすいカルガモ。

f0049074_05472989.jpg

つがいを何組も見ました。

f0049074_05474712.jpg

水芭蕉の見頃はGWの頃でしょうか。

来年こそ。

f0049074_05480591.jpg

撮影日:2016.05.14


by j-garden-hirasato | 2016-05-15 05:52 | 高原 | Comments(24)

奈良そぞろ歩き:おまけ・奈良の名物

奈良そぞろ歩きの13回目。

奈良の最終回、

今回はおまけ編。

可愛い動物ですが、

自然界では

食害を起こしている問題児・鹿。

f0049074_05175926.jpg

奈良では、

春日大社の神の使い。

f0049074_05181812.jpg

ならまちの郵便ポスト。

f0049074_05183922.jpg

ならまちに立つ電柱。

「ビシャモン」の文字。

f0049074_05185992.jpg

色も、

目立たないように工夫されています。

「身代わり申」のボス。

f0049074_05191986.jpg

イナバウワー?

f0049074_05194972.jpg

庚申堂には、

「身代わり申」だらけ。

f0049074_05200871.jpg

同じく、

庚申堂の耐える申。

f0049074_05202934.jpg

東大寺中門、

西方を守護する武神・兜跋毘沙門。

足元に頭。

踏みつけている…?

f0049074_05204785.jpg

ご存知ですか?

f0049074_05210651.jpg

奈良の銘品・柿の葉寿司。

f0049074_05212526.jpg

ほんとに、

柿の葉で巻かれていました。

f0049074_05214661.jpg

個人的には、

鮭がお薦めです。

f0049074_05220357.jpg

撮影日:2016.03.25-26


by j-garden-hirasato | 2016-05-13 05:59 | 観光地 | Comments(16)

奈良そぞろ歩き:朝散歩・東大寺

奈良そぞろ歩きの12回目。

朝散歩の2日目、

折角なので家族で出かけました。

東大寺まで歩きます。

f0049074_05502979.jpg

奈良時代に、

聖武天皇が建立した大寺院。

f0049074_05505854.jpg

初代の南大門は、

平安時代の応和2年(962)に台風で倒壊。

f0049074_05511584.jpg

現存する南大門は、

鎌倉時代の正治元年(1199)に復興されたもの。

f0049074_05513577.jpg

重要文化財の中門。

享保元年(1716)ごろの再建。

f0049074_05515688.jpg

国宝の金堂・大仏殿。

f0049074_05521430.jpg

当初の大仏および大仏殿は、

聖武天皇の発願により、

8世紀に造られたものですが、

その後2度の兵火で焼け落ち、

現存する大仏殿は江戸時代の再建。

f0049074_05523246.jpg

中門を守る持国天

持国天は東方を守護する武神です。

f0049074_05525097.jpg

南大門を守る吽形像と阿形像。

右に吽形像、左に阿形像

通常とは逆の配置。

f0049074_05531133.jpg

阿形像は、

大仏師・運慶と快慶が

小仏師13人を率いて造立。

f0049074_05533793.jpg

吽形像は、

大仏師・定覚と湛慶が

小仏師12人を率いて造立。

f0049074_05535501.jpg

東大寺は、

1998年に古都奈良の文化財の一部として、

ユネスコの世界遺産に登録されています。

f0049074_05541224.jpg

探訪日:2016.03.27


by j-garden-hirasato | 2016-05-11 05:57 | 神社仏閣 | Comments(18)