日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
pikorin77jpさ..
by j-garden-hirasato at 06:27
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:24
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 06:22
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 06:16
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 06:07
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:46
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:40
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:35
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:33
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:28
おにぎりに 心奪われてし..
by pikorin77jp at 23:25
昔、家族3人でこの辺りに..
by ninja2005y at 22:38
銀閣寺、いい風情ですよね..
by sternenlied2 at 16:14
生垣の道がすごい。 庭..
by gipsypapa at 15:31
おお、銀閣寺道、懐かしい..
by blackfacesheep2 at 13:01
こちらも人気ですよねぇ~..
by N-styel at 10:11
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 09:55
白味噌仕立てで焼きおにぎ..
by saheizi-inokori at 09:09
焼きおにぎりは初めて見ま..
by London Caller at 07:57
慈照寺さんって言うって、..
by umi_bari at 07:22
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2015年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

レトロ探訪・栃木編:古河掛水倶楽部(その2)

足尾銅山そぞろ歩きの10回目。

古河掛水倶楽部の2回目。

入口近くにある『銅山電話資料館』。

電話の交換所です。

f0049074_05335041.jpg

昭和26年(1951)にこの場所に移設され、

平成12年(2000)まで使われていました。

f0049074_05340835.jpg

明治9年(1876)ベルが発明した電話機。

明治19年(1886)に足尾銅山の坑内外で使用され、

これが民間第1号です。

f0049074_05342497.jpg

明治23年(1890)に電話網が整備され、

明治40年(1907)には足尾鉱業所で100回線、

足尾町全町のみならず、

遠く日光まで通話することができたそうです。

f0049074_05382915.jpg

続いて、『旧足尾鉱業所付属倉庫』。

f0049074_05385153.jpg

明治43年(1910)の築。

f0049074_05391088.jpg

明治40年(1907)、

暴動によって本山鉱業事務所が焼失したため、

古河掛水倶楽部と隣接するこの場所に、

洋風の事務所と赤煉瓦の倉庫が建築されました。

f0049074_05392904.jpg

事務所は、

大正10年(1921)に足利市役所庁舎として売却され、

のちに、老朽化に伴い解体。

現在は赤煉瓦の倉庫のみ残っています。

f0049074_05394822.jpg

続いて、『掛水役宅』。

明治44年(1911)の築。

幹部社員向けに建てられた社宅です。

f0049074_05400459.jpg

現在は、鉱石資料館として国内外の鉱石を展示されています。

f0049074_05402698.jpg

戦時中は古河家が疎開してきたことから、

庭園には防空壕が造られています。

f0049074_05404307.jpg

続いて、『所長役宅』。

明治40年(1907)の築。

f0049074_05410108.jpg

所長役宅として建設された社宅です。

平成21年(2009)まで使用されていました。

f0049074_05415121.jpg

接客棟と居住棟からなっています。

f0049074_05421145.jpg

これら住宅群は、

県指定の有形文化財に指定されています。

f0049074_05423239.jpg

野生の猿も登場。

f0049074_05425011.jpg

探訪日:2015.05.02


by j-garden-hirasato | 2015-07-29 05:48 | レトロな建物 | Comments(18)

レトロ探訪・栃木編:古河掛水倶楽部

足尾銅山そぞろ歩きの9回目。

わたらせ渓谷鐵道・足尾駅に近くに、

かつての繁栄振りが感じられる

こんな施設があります。

f0049074_06082102.jpg

『古河掛水倶楽部』です。

f0049074_06104250.jpg

足尾銅山を経営する古河鉱業(現、古河機械金属)が

鉱山都市・足尾の迎賓館として

建てられた洋館です。

f0049074_06105819.jpg

明治32年(1899)の築。

f0049074_06112521.jpg

設計者は不明ですが、

ジョサイヤ・コンドルの影響を

強く受けた人の設計であるといわれています。

f0049074_06114158.jpg

華族や政府高官を招いた際の

接待や宿舎などに使用されました。

f0049074_06123843.jpg

現在も

古河機械金属株式会社(旧古河鉱業)の

福利厚生施設として利用されているようです。

f0049074_06125476.jpg

外観は洋館ですが、

諸室は洋間あり、

和室ありの

f0049074_06131092.jpg

和洋折衷となっています。

f0049074_06132509.jpg

階段窓のステンドグラス。

f0049074_06134181.jpg

年代もの扇風機とタイプライター。

f0049074_06135671.jpg

国の登録有形文化財に登録されています。

f0049074_06141569.jpg

探訪日:2015.05.02


by j-garden-hirasato | 2015-07-27 06:17 | レトロな建物 | Comments(20)

レトロ探訪・栃木編:渡良瀬橋

足尾銅山そぞろ歩きの8回目。

足尾駅の近くに、

こんなレトロな橋が残されています。

『渡良瀬橋』です。

f0049074_07425766.jpg

大正初期には既に存在し、

当初は、

一部木製の馬車鉄道の通る鉄橋だったようです。

f0049074_07431654.jpg

現在の橋は、

昭和10年(1935)、

鋼鉄部分をそのまま鉄筋とする形で改修された

コンクリートアーチ橋です。

f0049074_07433635.jpg

平成10年(1998)、

すぐ隣に新渡良瀬橋が架けられたことで、

自転車·歩行者専用の橋となりました。

f0049074_07435575.jpg

その上流側には、

こんな吊り橋が。

f0049074_07441781.jpg

水道専用の橋です。

f0049074_07445341.jpg

探訪日:2015.05.02
by j-garden-hirasato | 2015-07-25 07:46 | レトロな建物 | Comments(18)

スポーツの景:小布施見にマラソン(その2)

『小布施見にマラソン』の第2回。

走りながらのレポートです。

f0049074_05344475.jpg

この大会の特徴。

コスチューム、

凝り過ぎ、多過ぎです。

f0049074_05350411.jpg

一旦匁と塗り壁?

このまま、最後まで行くのか…。

今年は、

ゴジラとモスラが参戦。

f0049074_05352339.jpg

魔女にアリス。

f0049074_05354130.jpg

フラダンス集団。

踊っていました。

f0049074_05360038.jpg

絵本の青虫。

このままゴールまで行くのだろうか…。

f0049074_05362244.jpg

雷、四人衆。

f0049074_05365643.jpg

虫取り。

自分より、ずいぶん年上でした。

f0049074_05372848.jpg

ケーキの着ぐるみ。

このために作ったのでしょうか。

f0049074_05375217.jpg

圧巻だったのは、この人。

なんと、

吹きながら走っていました。

f0049074_05381203.jpg

ナスのカップル。

f0049074_05383393.jpg

「あるクマ」レディース。

長野県のゆるキャラです。

f0049074_05385428.jpg

このユルさが魅力の大会です。

探訪日:2015.07.19


by j-garden-hirasato | 2015-07-23 05:43 | スポーツ | Comments(24)

スポーツの景:小布施見にマラソン

先の日曜日、

『小布施見にマラソン』(ハーフ)がありました。

昨年に引き続き、今年も参加しました。

スタート前。

小布施の町がランナーで溢れます。

f0049074_05540808.jpg

しばらく走るどころではなく、

行進状態。

ようやく、スタート地点。

f0049074_05542298.jpg

スタートゲートを潜ってからも、

しばらくこんな感じ。

走れません。

f0049074_05543978.jpg

道が狭く、

先にも行けず…。

f0049074_05545835.jpg

途中、氷をゲット。

これが、とても有難いです。

f0049074_05551415.jpg

田んぼ道から土手道へ。

f0049074_05553325.jpg

こんな畑の中の道もコースになっています。

f0049074_05555235.jpg

去年は3100人がエントリー、

完走者が7249人。

今年は、

どれくらいの人が走っているのでしょう。

f0049074_05561119.jpg

終盤です。

再び、土手道。

体力の限界!

だだ、足を前に出しているだけ…。

f0049074_05562990.jpg

ゴール目前。

f0049074_05565231.jpg

ゴール!

f0049074_05582263.jpg

何とか、走り切れました。

f0049074_05584322.jpg

記録は、

昨年より2分短縮。

f0049074_05590317.jpg

いろいろあって、帰りは電車。

ということで、

乾杯!

f0049074_05592327.jpg

ろくな練習もしていなかったのに、

完走できて、

ヨカッタです。

f0049074_05594748.jpg

探訪日:2015.07.19


by j-garden-hirasato | 2015-07-21 06:03 | スポーツ | Comments(20)

レトロ探訪・栃木編:わたらせ渓谷鐵道・足尾駅

足尾銅山そぞろ歩きの7回目。

鉄道駅をもう一つ。

わたらせ渓谷鐵道・わたらせ渓谷線の『足尾駅』です。

f0049074_07014554.jpg

「足尾」と名前が付いていますが、

旧足尾町の中心地に近いのは、

隣の通洞駅です。

f0049074_07021916.jpg

駅前には、

昔懐かしい円筒ポストも完備!

f0049074_07023781.jpg

産銅量の増加に伴う輸送力の増強のため、

古河鉱業を中心に敷設されました。

大正元年(1912)には桐生~足尾間が、

大正3年(1914)には足尾~足尾本山間が開通し、

大正7年(1918)には国鉄・足尾線となりました。

f0049074_07025498.jpg

閉山以降も、

輸入鉱石や硫酸の輸送に使用されましたが、

昭和62年(1987)の国鉄民営化とともに

貨物列車は廃止。

f0049074_07031396.jpg

現在は、わたらせ渓谷鐵道として

桐生~間藤(足尾の一つ先)間が運行されています。

f0049074_07033308.jpg

構内には、

かつて使われていた車両と、

f0049074_07035146.jpg

駅のホームが残されています。

f0049074_07040946.jpg

下り・間藤方面のホームには、

留置線があり、

f0049074_07042804.jpg

貨物輸送が盛んな頃は

機関車などが留置されていました。

f0049074_07044829.jpg

こんな看板からも、

当時の繁栄振りが伺えます。

f0049074_07051683.jpg

他の駅とともに、

国の登録有形文化財になっています。

f0049074_07053515.jpg

探訪日:2015.05.02


by j-garden-hirasato | 2015-07-18 07:11 | 産業遺産 | Comments(16)

足尾銅山探訪:通洞駅とその周辺

足尾銅山そぞろ歩きの6回目。

足尾銅山観光の中心、『通洞駅』。

「わたらせ渓谷鐵道・わたらせ渓谷線」の駅です。

f0049074_06512824.jpg

町の玄関口にあたり、

比較的利用者が多い駅です。

f0049074_06520355.jpg

大正元年(1912)、

足尾鉄道の駅として開業しました。

f0049074_06524661.jpg

足尾鉄道は、

産銅量の増加に伴う輸送力の増強のため、

古河鉱業を中心に敷設された鉄道で、

大正7年(1918)には

国鉄・足尾線となりました。

f0049074_06531358.jpg

昭和62年(1987)の国鉄民営化とともに

貨物列車が廃止され、

現在は、わたらせ渓谷鐵道となっています。

f0049074_06533388.jpg

通洞駅や足尾駅など12件の鉄道施設が

国の登録有形文化財です。

f0049074_06535317.jpg

駅前に残された廃屋。

f0049074_06541000.jpg

どれくらい前に、

放棄されたのでしょう。

f0049074_06542890.jpg

旧足尾町の中心部を歩きます。

f0049074_06544999.jpg

レトロな建物も廃屋。

f0049074_06551245.jpg

銭湯跡でしょうか。

f0049074_06553304.jpg

スーパーもこの有り様。

f0049074_06554943.jpg

探訪日:2015.05.02


by j-garden-hirasato | 2015-07-16 06:58 | 産業遺産 | Comments(16)

足尾銅山探訪:足尾歴史館

足尾銅山そぞろ歩きの5回目。

今回は、

『足尾歴史館』のガソリンカーたち。

f0049074_06273302.jpg

足尾歴史館では、

足尾の歴史や足尾銅山の

資料、写真、書籍等が展示されています。

f0049074_06275192.jpg

その展示の一環として、

「ガソリンカー」と呼ばれる機関車が

屋外に置かれています。

f0049074_06282305.jpg

今回は、

相変わらずのバタバタ旅で時間がなくなり、

館内には入りませんでした。

f0049074_06290823.jpg

このガソリンカー、

かつて、

町中を走っていたそうです。

f0049074_06292719.jpg

これは除雪車?

f0049074_06294561.jpg

いろいろなタイプの車両があり、

f0049074_06300302.jpg

なかなか楽しめます。

f0049074_06302362.jpg

これは現役のガソリンカー。

来館者は乗ることができます。

f0049074_06304399.jpg

これは…。

f0049074_06310212.jpg

探訪日:2015.05.02


by j-garden-hirasato | 2015-07-14 06:35 | 産業遺産 | Comments(20)

足尾銅山探訪:通洞変電所&通洞動力所&新梨子油力発電所

足尾銅山そぞろ歩きの4回目。

前回の通洞選鉱所と道を挟んで反対側に

こんな建物が建っています。

f0049074_07041334.jpg

『通洞変電所』です。

f0049074_07043561.jpg

明治末期以降、

各地に変圧所や変電所が建設されました。

f0049074_07045236.jpg

大正中期以降、

通洞変電所は、

足尾銅山の使用電力を管理する中枢機能を果たしました。

f0049074_07051573.jpg

現在も変電所として使用されています。

f0049074_07053585.jpg

その並びに、

『通洞動力所』があります。

f0049074_07055770.jpg

動力所では、

さく岩機の動力源である圧縮空気が

コンプレッサーによって作られていました。

f0049074_07061808.jpg

そのための電気は、

併設の通洞変電所で変圧され、

供給されていました。

f0049074_07063758.jpg

明治45年(1912)には、

当時の国内の鉱山では最大出力の320馬力を誇る

大型コンプレッサーが導入されました。

f0049074_07070002.jpg

足尾銅山が閉山になった現在は、

朽ちるがままの状態です。

f0049074_07181236.jpg
続いて、

『新梨子油力発電所』。

重油を燃料とする発電所で、

非常用電力供給設備として

大正5年(1916)に完成しました。

f0049074_07074101.jpg

出力1000kWは、

当時としては最大規模のものでしたが、

昭和29年(1954)に廃止されました。

f0049074_07080201.jpg

探訪日:2015.05.02


by j-garden-hirasato | 2015-07-12 07:16 | 産業遺産 | Comments(26)

足尾銅山探訪:有越鉄索塔&通洞選鉱所

足尾銅山そぞろ歩きの3回目。

前回の中才鉱山社宅をウロウロしていて、

ちょっと気になるものが、

山の中に立っていました。

f0049074_06091366.jpg

『有越鉄索塔』です。

物資や廃石、廃泥の運搬に用いられた

輸送用のロープウエーの柱です。

これは、

昭和14年(1939)に建てられました。

f0049074_06093216.jpg

昭和35年(1960)から

トラック輸送に変わったことにより

使命を終えました。

f0049074_06100735.jpg

『わたらせ渓谷鉄道』の鉄橋。

f0049074_06102580.jpg

人気があるようで、

お洒落な車両が走っていました。

f0049074_06104404.jpg

都会では見られなくなったディーゼルです。

f0049074_06110461.jpg

中才鉱山社宅が建設される基になった

『通洞選鉱所』。

f0049074_06112373.jpg

選鉱所は、

坑内から採掘された鉱石を選り分けて、

製錬所へ送る役割を担っていました。

f0049074_06114212.jpg

最新鋭の設備が配備され、

金属鉱山の選鉱所のモデルとして

国内外で高く評価されました。

残念ながら中には入れません。

f0049074_06120134.jpg

「隣接するグラウンドなどから

見ることができます。」

f0049074_06122076.jpg

と、ネット上で見つけたので

行ってみましたが、

f0049074_06123985.jpg

残念ながら、

見ることはできませんでした。

f0049074_06125731.jpg

探訪日:2015.05.02


by j-garden-hirasato | 2015-07-08 06:17 | 産業遺産 | Comments(20)