日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
ハイボール濃いめ、良いで..
by yaguchitenga at 19:22
東京の銅像といえば、まず..
by sternenlied2 at 17:12
あはは、例によって濃い目..
by blackfacesheep2 at 13:08
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 11:08
最後の写真、 すごい行..
by gipsypapa at 09:20
西郷本がめだちますね。 ..
by saheizi-inokori at 09:09
普通銅像というと立派な軍..
by ericanada at 08:49
濃いめ‼︎(*´艸`) ..
by N-styel at 06:58
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:07
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:05
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 05:01
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 04:58
こんにちは☆ 青空に雪..
by aozoracafe123 at 18:17
オォ~‼ 最後の一枚は..
by N-styel at 13:30
おはようございます^^ ..
by risaya-827b at 11:12
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 11:00
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:55
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:51
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:48
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:41
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2014年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

よい、お年を!

今年一年、

お付き合いいただき、

ありがとうございました。

来年も、

よろしくお願いいたします。

f0049074_14475740.jpg

よい、お年を!

正月は、静岡です。


by j-garden-hirasato | 2014-12-31 14:48 | 季節 | Comments(16)

信州そぞろ歩き・湯田中:渋温泉街・神社仏閣巡り(その2)

信州そぞろ歩きの7回目。

渋温泉の神社仏閣巡り第2弾。

渋温泉では、

神社仏閣は山際の立地となり、

まず、階段を登ります。

f0049074_05443503.jpg

「成田不動尊」。

f0049074_05454110.jpg

長野なのに、

「東京不動講」という石柱。

f0049074_05455961.jpg

建築は、

宮大工の手によるもののようです。

f0049074_05461744.jpg

ここにも見事な龍の彫刻が。

f0049074_05463388.jpg

狛犬も石垣の上。

f0049074_05465174.jpg
続いて、「薬師如来」。

ここも階段の上。

f0049074_05470915.jpg

どの寺院も、

歴史を感じます。

f0049074_05472562.jpg

続いて、

「温泉寺」。

f0049074_05474143.jpg

ここにも雪よけ。

f0049074_05483041.jpg

冬支度のお地蔵さま。

f0049074_05485957.jpg

なぜか、

「見ざる、言わざる、聞かざる」の像。

狛猿?

f0049074_05491707.jpg

雪よけの中は、

こんな感じ。

f0049074_05493771.jpg

探訪日:2014.12.12


by j-garden-hirasato | 2014-12-30 05:55 | 神社仏閣 | Comments(14)

雪景色

また、降りました…。
f0049074_07595768.jpg
彼には、
関係ないようです。
f0049074_08003294.jpg
撮影日:2014.12.29


by j-garden-hirasato | 2014-12-29 08:01 | 季節 | Comments(12)

信州そぞろ歩き・湯田中:渋温泉街・神社仏閣巡り(その1)

信州そぞろ歩きの6回目。

渋温泉には趣のある神社仏閣が多くあります。

巡りました。

f0049074_06495960.jpg

温泉街のほぼ中央に、

道祖神が祀られていました。

f0049074_06502034.jpg

境内の「お湯かけ道祖神」。

f0049074_06503673.jpg

ご本尊は、

ボカシを入れないと

アップしづらい道祖神でした。

f0049074_06505496.jpg

山の際にあるお寺も多く、

階段で一気に上がります。

f0049074_06511083.jpg

「和光庵高薬師」。

愛嬌のあるタヌキのお出迎え。

f0049074_06513065.jpg

龍の彫り物が見事でした。

f0049074_06514705.jpg

忘年会で何度も渋温泉に来ていますが、

神社仏閣を巡るのは、

今回が初めてです。

f0049074_06520565.jpg

「和光庵高薬師」の近くにあった毘沙門天。

f0049074_06522246.jpg

かなり年季が入っています。

f0049074_06523769.jpg

続く。

探訪日:2014.12.12


by j-garden-hirasato | 2014-12-28 06:56 | 神社仏閣 | Comments(14)

信州そぞろ歩き・湯田中:渋温泉街・外湯のある風景 sanpo

信州そぞろ歩きの5回目。

先の湯田中温泉同様、

ここ渋温泉にも、

町のあちこちに外湯があります。

f0049074_05190648.jpg

外湯を巡ります。

f0049074_05192462.jpg

この渋温泉で、

9つの外湯があります。

f0049074_05194826.jpg

隣接する安代温泉を含めると、

外湯は11。

f0049074_05264807.jpg

民家かと思えるような場所が

外湯だったりします。

f0049074_05270886.jpg

青いのぼりが目印です。

f0049074_05272803.jpg

観光地だけあって、

どの外湯もきれいな設えが施されています。

f0049074_05274938.jpg

この「渋大湯」は、

道路より少し下がった

半地下に設けられています。

f0049074_05280637.jpg

男湯の入口。

なぜか、懐かしさを感じます。

f0049074_05282872.jpg

地上部には、

足湯もあります。

f0049074_05284604.jpg

メインの通りだけでなく、

ちょっと入った通りにも外湯はあります。

f0049074_05291687.jpg

蛇口があるので、

持ち帰れるようです。

f0049074_05293612.jpg

続く。

探訪日:2014.12.12


by j-garden-hirasato | 2014-12-26 05:37 | 町並み | Comments(20)

信州そぞろ歩き・湯田中:渋温泉街

信州そぞろ歩きの4回目。

湯田中温泉から渋温泉に

歩を進めます。

f0049074_04530977.jpg

メインの通りには石畳が敷かれ、

f0049074_04532545.jpg

両側には、

和風建築の旅館やホテルが

軒を連ねます。

f0049074_04534492.jpg

風情のある風景が広がります。

f0049074_04540220.jpg

「千と千尋の神隠し」に出てきたような旅館あり、

f0049074_04542004.jpg

無料卓球場(やってるのかなあ)あり、

f0049074_04543917.jpg

まさに、

ザ・日本の温泉街。

f0049074_04545817.jpg

職場の忘年会でも、

何度もお世話になっています。

f0049074_04551698.jpg

車もたまに通りますが、

歩行者が優先。

f0049074_04553507.jpg

街のあちこちから

湯けむりがあがっています。

f0049074_04555323.jpg

旅館の前のかけ流しの足湯。

f0049074_04561449.jpg

別の旅館では、

かけ流しの手水鉢。

f0049074_04563467.jpg

続く。

探訪日:2014.12.12


by j-garden-hirasato | 2014-12-24 05:01 | 町並み | Comments(20)

信州そぞろ歩き・湯田中:湯田中温泉・三体しあわせめぐり

信州そぞろ歩きの3回目。

湯田中温泉の仏像を巡りました。

「三体しあわせめぐり」と称されています。

まず、「平和観音」から。

f0049074_05342532.jpg

参道の階段には、

冬用の覆いが設置されていました。

f0049074_05344515.jpg

昭和39年(1964)の建立。

製作は、

日展審査員でもあった故・横江嘉純氏。

f0049074_05350402.jpg

もとの観音様が

太平洋戦争で昭和19年(1946)に応召されたことを惜しみ、

地元と東京万人講を中心に再建されました。

f0049074_05351841.jpg

灯籠の中には、

インド…。

f0049074_05353633.jpg

かくれ念力?

f0049074_05355687.jpg

続いて、「弥勒石仏」。

f0049074_05361809.jpg

「猿が入りいたずらをしますので」

f0049074_05364107.jpg

大治5年(1130)、

大和国の僧末光が地中から発見し、

再建したものであると口碑は伝えている。

f0049074_05365926.jpg

少し、

山に登りました。

f0049074_05371780.jpg

最後が「延命煙草地蔵尊」。

f0049074_05373608.jpg

煙草を吸いませんが、

延命を祈って、

お参りしました。

f0049074_05375300.jpg

探訪日:2014.12.12


by j-garden-hirasato | 2014-12-22 05:44 | 仏像 | Comments(22)

信州そぞろ歩き・湯田中:湯田中温泉街

信州そぞろ歩きの2回目。

長野電鉄・湯田中駅を降りると、

すぐ湯田中温泉街となります。

f0049074_05200321.jpg

駅前に、

公衆温泉があります。

f0049074_05202335.jpg

文献に残る開湯は、

1350年前(天智天皇の時代)、

僧智由が発見し、

この湯を「養遐齢(ようかれい)」と名づけました。

f0049074_05204244.jpg

「遐齢」とは長命長寿のこと。

ゆえに、

この温泉は長命長寿の湯ということです。

f0049074_05205531.jpg

「湯田中大湯」。

f0049074_05211484.jpg

隣りには、

お馴染み円筒ポスト。

f0049074_05212672.jpg

この湯田中温泉は、

東の横綱です。

f0049074_05213975.jpg

梅翁寺の「湯けぶり地蔵」。

f0049074_05220077.jpg

寺伝によると、

湯田中温泉の守護発展のために創建されたようですが、

その年次は明らかではありません。

f0049074_05221863.jpg

お地蔵さまも、

大切にされています。

f0049074_05224664.jpg

探訪日:2014.12.12


by j-garden-hirasato | 2014-12-19 05:25 | 町並み | Comments(20)

信州そぞろ歩き・湯田中:長野電鉄・湯田中駅

先週末、

雪の舞う湯田中をそぞろ歩きしてきました。

今回の交通手段は、長野電鉄。

乗ったのは、

「スノーモンキー」と呼ばれる

特急の新型車両でした。

f0049074_06121752.jpg

現在の湯田中駅は、

こんな昭和チックな建物です。

f0049074_06123242.jpg

線路を挟んで、

木造の旧駅舎が残されています。

f0049074_06124909.jpg

昭和2年(1927)の築。

f0049074_06130813.jpg

国の登録有形文化財に登録されています。

f0049074_06132136.jpg

内観は至ってシンプル。

f0049074_06133847.jpg

窓越しのスノーモンキー。

f0049074_06134860.jpg

夜は、

こんな感じになります。

f0049074_06140242.jpg

続く。

探訪日:2014.12.12


by j-garden-hirasato | 2014-12-16 06:16 | そぞろ歩き | Comments(24)

初積雪

今朝は、
長野の平野でも薄っすら積雪となりました。
f0049074_08471995.jpg
軽くではありましたが、
今季初の雪かきをしました。
f0049074_08473230.jpg
昼には
ほとんど雪はなくなってしまいましたが、
本格的な冬の訪れです。

撮影日:2014.12.14

by j-garden-hirasato | 2014-12-14 13:45 | 季節 | Comments(21)