日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
地下街、いいですね。 ..
by London Caller at 22:08
ん? レトロ館? ..
by ninja2005y at 21:52
久しく上野駅には行ってま..
by aitoyuuki32 at 12:38
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 11:47
夜行列車が出ていった古い..
by saheizi-inokori at 10:59
オォ~‼ご来京でしたか‼..
by N-styel at 09:04
上野駅には10年くらい降..
by gipsypapa at 08:46
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 08:28
iris304さん、コメ..
by j-garden-hirasato at 05:13
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:10
ericanadaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:06
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 04:58
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 04:51
こんにちは^^ 後..
by iris304 at 12:11
こんにちは^^ 縄..
by iris304 at 12:04
先週私も新潟に行っていま..
by YuccaR at 09:34
凄い膨大な展示ですね!こ..
by YuccaR at 09:31
これは見に行きたいですね..
by ericanada at 09:00
きっと こういうのにも..
by 雪だるま at 05:55
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:49
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2014年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

関西探訪記・大阪編:大阪を食する

関西探訪記の8回目。

今回は、関西ならではの食べ物。

初日は奈良だったので、

東大寺境内のお店でいただいた

『にゅうめん』。

f0049074_06114401.jpg

昔から、

東京は「履き倒れ」、

京都は「着倒れ」、

そして、

大阪は「食い倒れ」といわれます。

f0049074_06121568.jpg

道頓堀の屋台の『たこ焼き』。

f0049074_06125143.jpg

同じく道頓堀、

夕食で入ったお店の『たこ焼き』。

f0049074_06132838.jpg

同店の『ネギ焼き』。

f0049074_06142586.jpg

なんばグランド花月の近く、

昼食で入ったお店の『串揚げ』。

f0049074_06145815.jpg

道頓堀、

金龍ラーメンの『ラーメン』。

f0049074_06154810.jpg

「食い倒れ」とは、

飲み食いに贅沢して貧乏になること。

f0049074_06161577.jpg

分かる気がします。

 

探訪日:2014.03.27-29


by j-garden-hirasato | 2014-04-29 06:17 | Comments(22)

関西探訪記・大阪編:夜の道頓堀

関西探訪記の7回目。

今回から大阪編です。

奈良を後にして、

大阪の宿に着いた頃には夜になっていました。

宿は道頓堀の近く。

夜の道頓堀を闊歩しました。

f0049074_06463274.jpg

大阪屈指の繁華街。

f0049074_06470540.jpg

話には聞いていましたが、

張りぼての立体広告だらけ。

f0049074_06473415.jpg

超有名な『かに道楽』のカニ。

f0049074_06480414.jpg

たこ焼き屋のタコ。

f0049074_06483426.jpg

寿司屋の前にも巨大寿司。

f0049074_06490458.jpg

『大阪王将』の大餃子。

f0049074_06493118.jpg

『金龍ラーメン』の龍。

f0049074_06500281.jpg

巨大なカールおじさん。

f0049074_06503335.jpg

ホルモン焼き屋にはリアルな牛。

f0049074_06510721.jpg

大人気、食い倒れ人形。

f0049074_06514156.jpg

みんな記念写真を撮っていました。

巨大広告と派手な装飾。

f0049074_06523070.jpg

グリコの前は、

絶好の記念写真のポイント。

f0049074_06530281.jpg

ビール会社も張り合っています。

f0049074_06540139.jpg

普通のホテルですが、

正面玄関にこんなものが…。

f0049074_06543584.jpg

大阪ですねえ。

 

探訪日:2014.03.27


by j-garden-hirasato | 2014-04-27 06:55 | Comments(22)

レトロ探訪・奈良編:奈良国立博物館

関西探訪記の6回目。

今回は、レトロ探訪。

奈良公園内に建つ『奈良国立博物館』。

f0049074_06260941.jpg

庭園探訪で時間がなくなり、

足早に通り過ぎただけの探訪となってしまいました。

f0049074_06263926.jpg

赤坂離宮(迎賓館)などを手がけた

宮廷建築家・片山東熊の設計。

f0049074_06270758.jpg

明治27年(1894)の築。

f0049074_06273130.jpg

国の重要文化財に指定されています。

f0049074_06275798.jpg

毎年秋に、

「正倉院展」が開催されるそうです。

f0049074_06282407.jpg

探訪日:2014.03.27


by j-garden-hirasato | 2014-04-24 06:29 | レトロな建物 | Comments(24)

庭園探訪・奈良編:依水園

関西探訪記の5回目。
今回も、庭園探訪。

『吉城園』の次に訪れたのは、

隣接する『依水園』。

f0049074_06042454.jpg

「前園」と「後園」の二つの庭園から成る

池泉廻遊式庭園です。

f0049074_06054904.jpg

前園は、

寛文12年(1673)、

奈良晒業者であった清須美道清の作庭です。

f0049074_06071355.jpg

「奈良坊目考」によると、

古くは興福寺摩尼珠院の別業があった場所で、

この地に清須美道清が別邸を設け、

萱葦の「三秀亭」を造り、

庭園を造作しました。

f0049074_06074779.jpg

後園は、

明治時代の実業家・関藤次郎が所有するこの地に、

裏千家・十二世又妙斎宗室が作庭したものです。

完成は明治32年(1899)。

f0049074_06081957.jpg

昔ながらの「寧楽(なら)の都」をモチーフとし、

若草山や東大寺南大門などを借景しています。

f0049074_06093213.jpg

その後、

海運業で財を成した中村家が昭和14年(1939)に買い取り、

前園と後園を合わせた形に整備しました。

f0049074_06100435.jpg

いずれの庭園も、

大和川支流・吉城川から水を引いています。

f0049074_06115253.jpg

名前の由来は諸説あり、

池が吉城川の水に依っているためという説や、

庭園内の池が

草書体の水の形をしていることに由来するという説、

などなど。

f0049074_06122860.jpg

国の名勝に指定されています。

f0049074_06125622.jpg

探訪日:2014.03.27


by j-garden-hirasato | 2014-04-22 06:13 | 庭園 | Comments(22)

庭園探訪・奈良編:吉城園

関西探訪記の4回目。

今回は、庭園探訪。

東大寺を後に『吉城園』へ。

f0049074_06563009.jpg

園内は

「池の庭」、「苔の庭」、「茶花の庭」の三庭から成り、

門を潜ってすぐに「池の庭」があります。

f0049074_07091372.jpg

「興福寺古絵図」によると

江戸時代までは、

同寺の支院・摩尼珠院があったとされています。

f0049074_07205739.jpg

明治時代に実業家の邸宅となり、

大正8年(1919)に

現在の建物と庭園が造られました。

f0049074_07114574.jpg

昭和の終わりから奈良県が所有し

平成4年(1992)から庭園を一般公開しています。

f0049074_07213332.jpg

「苔の庭」は、

一面青苔で覆われ、

かや葺きの離れ茶室があります。

f0049074_07124802.jpg

茶室というには、

実に立派な建物です。

f0049074_07133144.jpg

石橋の柱を再利用した飛び石あり。

f0049074_07141029.jpg

燈籠を利用した蹲あり、

f0049074_07143966.jpg

なかなか楽しめました。

f0049074_07150919.jpg

探訪日:2014.03.27


by j-garden-hirasato | 2014-04-20 07:22 | 庭園 | Comments(18)

寺院探訪・奈良編:東大寺

関西探訪記の3回目。

今回は、『東大寺』。

運慶作、

金剛力士像(国宝)に迎えられ、

f0049074_05582630.jpg

大仏殿(金堂)へ。

f0049074_05585797.jpg

当初の大仏、大仏殿は、

聖武天皇の発願により、

天平勝宝4年(752)に開眼供養が行われました。

f0049074_05592806.jpg

その後、

治承4年(1180)、永禄10年(1567)の2度の兵火で焼け落ち、

f0049074_06000452.jpg

現存する大仏殿は、

江戸時代の宝永6年(1709)に落慶したもの。

f0049074_06004000.jpg

奈良の大仏、

正確には盧舎那仏坐像。

f0049074_06011401.jpg

台座と袖、脚などの一部に当初部分を残すのみで、

体部の大部分は中世の作、

頭部は元禄3年(1690)に鋳造されたものです。

f0049074_06014414.jpg

大仏、大仏殿、

ともに国宝です。

f0049074_06021645.jpg

大仏の左右には、

脇侍として如意輪観音坐像と虚空蔵菩薩坐像が、

f0049074_06024815.jpg

堂内北西・北東の隅には、

四天王のうち

広目天像と多聞天像が安置されています。

f0049074_06031960.jpg

続いて、二月堂へ。

f0049074_06035218.jpg

旧暦2月にお水取りが行われることから、

この名前が付けられました。

f0049074_06042574.jpg

寛文7年(1667)、

お水取りの最中に失火で焼失し、

2年後に再建されたのが現在の建物です。

f0049074_06045739.jpg

国宝です。

 

探訪日:2014.03.27


by j-garden-hirasato | 2014-04-18 06:05 | Comments(20)

関西探訪記・奈良編:東大寺の鹿

関西探訪記、

今回より本格スタートです。

まず、奈良から。

f0049074_05382767.jpg

奈良といえば、

奈良公園の「鹿」。

f0049074_05390239.jpg

公園内を

我が物顔で闊歩していました。

f0049074_05393198.jpg

全然人を恐れません。

f0049074_05400175.jpg

こんなに人に慣れた鹿ですが、

飼育動物ではなく野生動物です。

f0049074_05404465.jpg

春日大社の神使として古くから神聖視され、

チヤホラされた結果、

態度がデカくなってしまいました。

f0049074_05412590.jpg

「奈良のシカ」の名称で

国の天然記念物に指定されています。

f0049074_05415100.jpg

公園内には、

約1100頭が生息しているそうです。

f0049074_05421866.jpg

探訪日:2014.03.27


by j-garden-hirasato | 2014-04-16 05:42 | 動物 | Comments(16)

関西探訪記:春なので

3月末に慣行した関西旅行。

奈良、大阪、京都と巡り、

欲張り旅行となりました。

その報告の前に、

春なので、春らしいネタを。

「大阪万博記念公園」で見かけた

春の花たちです。

f0049074_06315868.jpg

長野から出かけた我々にとっては、

一足早い本格的な春。

f0049074_06322523.jpg

コブシ、

f0049074_06325023.jpg

サンシュユ、

f0049074_06332170.jpg

トサミズキはちょうど見頃。

f0049074_06334973.jpg

ソメイヨシノも、

場所によっては見頃の樹もありましたが、

f0049074_06342131.jpg

ほとんどが

まだ5分咲きくらいでした。

f0049074_06344547.jpg

ユキヤナギは咲き乱れ、

f0049074_06360043.jpg

モクレンも

ちょうどいいタイミング。

f0049074_06362898.jpg

この日は、

天候にも恵まれました。

f0049074_06365574.jpg

スミレの生命力。

f0049074_06372557.jpg

寒椿は、

これで終わり。

f0049074_06381118.jpg

探訪日:2014.03.29


by j-garden-hirasato | 2014-04-12 06:38 | | Comments(18)

町並み探訪:奈良井宿

駒ヶ根からの帰り、

中央アルプスを横断する権兵衛トンネルを抜け、

『奈良井宿』に寄りました。

f0049074_06202755.jpg

大雪の直後で、

風景もどことなく寒々としていました。

f0049074_06210082.jpg

奈良井宿は、

「中山道六十九次」の34番目の宿場町。

f0049074_06214289.jpg

「木曽路十一宿」では、

江戸側から2番目、

11宿の中で最も標高が高い宿場です。

f0049074_06221907.jpg

江戸時代には「奈良井千軒」といわれ、

多くの旅人で賑わっていました。

f0049074_06224848.jpg

天保14年(1843)の『中山道宿村大概帳』では、

奈良井宿の家の数は409軒、

うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠5軒、

宿内人口は2,155人という記録が残っています。

f0049074_06232255.jpg

江戸時代から

曲げ物、櫛、漆器などの木工業が盛んで、

今も多くのお店で売られています。

f0049074_06235558.jpg

タイムスリップをしたように、

当時の町並みが保存され、

「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。

f0049074_06243301.jpg

大雪後の平日、

時刻も夕暮れ時。

f0049074_06250696.jpg

自分以外に、

他に観光客はいませんでした。

f0049074_06253753.jpg

探訪日:2014.02.13


by j-garden-hirasato | 2014-04-10 06:25 | 町並み | Comments(20)

庭園探訪:駒ヶ根・光前寺庭園

駒ヶ根・光前寺の二回目。

今回は日本庭園です。

f0049074_05563837.jpg

光前寺には、

本堂前庭の池泉庭と、

客殿の池泉庭があります。

f0049074_05571445.jpg

本堂の前庭は雪に埋もれ、

確認できませんでした。

f0049074_05574545.jpg

客殿の池泉底を訪れてみました。

f0049074_05581643.jpg

光前寺は境内全域が、

「光前寺庭園」の名で名勝に指定されています。

f0049074_05584628.jpg

指定区域が境内全域となっているのは、

寺域をかこむ樹林、参道ぞいの杉並木など、

庭園の環境そのものが美しく、

庭と有機的な関連があるからです。

f0049074_05592057.jpg

信濃地方では唯一の名勝庭園。

f0049074_05595556.jpg

庭園の意匠など、

雪で確認できません…。

f0049074_06002356.jpg

雪のない時期に再訪です。

f0049074_06005783.jpg

探訪日:2014.02.13


by j-garden-hirasato | 2014-04-08 06:01 | Comments(16)