日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
pikorin77jpさ..
by j-garden-hirasato at 06:27
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:24
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 06:22
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 06:16
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 06:07
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:46
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:40
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:35
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:33
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:28
おにぎりに 心奪われてし..
by pikorin77jp at 23:25
昔、家族3人でこの辺りに..
by ninja2005y at 22:38
銀閣寺、いい風情ですよね..
by sternenlied2 at 16:14
生垣の道がすごい。 庭..
by gipsypapa at 15:31
おお、銀閣寺道、懐かしい..
by blackfacesheep2 at 13:01
こちらも人気ですよねぇ~..
by N-styel at 10:11
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 09:55
白味噌仕立てで焼きおにぎ..
by saheizi-inokori at 09:09
焼きおにぎりは初めて見ま..
by London Caller at 07:57
慈照寺さんって言うって、..
by umi_bari at 07:22
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2014年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

博物館探訪・東京:国立科学博物館・一般展示

東京そぞろ歩き第17弾。

長々と続けてきました「東京そぞろ歩き」、

今回が最終回です。

国立科学博物館の2回目。

今回は一般展示。

f0049074_05421712.jpg

国立科学館には、

「地球館」と「日本館」がありますが

時間に余裕がなく(いつものことですが)、

今回は「地球館」のみの見学。

f0049074_05430519.jpg

展示のテーマは、

人類と自然の共存をめざして」。

f0049074_05481639.jpg

展示の方法が、

実に工夫されています。

f0049074_05490664.jpg

博物館というイメージではありません。

f0049074_05495181.jpg

まるで、

小ジャレたどこかのショップのようです。

f0049074_05503778.jpg

来館者自らが体験するコーナーあり、

f0049074_05511686.jpg

クラシックカーあり、

f0049074_05514821.jpg

零戦あり、

f0049074_05530116.jpg

宇宙衛星まで。

f0049074_05533989.jpg

相変わらずのバタバタで、

じっくり見れなかったのが残念です。

 

探訪日:2013.11.26


by j-garden-hirasato | 2014-02-27 05:54 | 美術館・博物館 | Comments(14)

博物館探訪・東京:国立科学博物館・大恐竜展

東京そぞろ歩き第16弾。

国立科学博物館に入ります。

展示は、

「大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異」。

f0049074_05514557.jpg

モンゴル・ゴビ砂漠で発掘された

貴重な化石標本の公開です。

f0049074_05521081.jpg

ゴビ砂漠は、

大正11年(1922)から昭和5年(1930)にかけて、

アメリカのアンドリュース調査隊が

数々の発掘をしたことで、

世界有数の恐竜化石産地として有名になりました。

f0049074_05523156.jpg

「プロトケラトプス」のデスマスク?

f0049074_05530017.jpg

この角度は、

ちょっと滑稽です。

f0049074_05532488.jpg

「アンキロサウルス」の全身骨格。

f0049074_05535567.jpg

ゴッツイ鎧をまとっています。

「サウロロフス」の全身骨格。

f0049074_05541973.jpg

こんな恐ろしげな容姿でも草食恐竜です。

「タルボサウルス」の全身骨格。

f0049074_05544958.jpg

アジア最大の肉食恐竜です。

f0049074_05551401.jpg

デカい顎に、鋭い牙。

f0049074_05553517.jpg

こんな恐竜が、

実在していたとは…。

f0049074_05560283.jpg

中にはレプリカもありましたが、

ほとんどが実物の化石。

f0049074_05562835.jpg

感動いたしました。

 

探訪日:2013.11.26


by j-garden-hirasato | 2014-02-25 05:56 | Comments(14)

レトロ探訪・東京編:国立科学博物館・日本館

東京そぞろ歩き第15弾。

東京国立博物館の後は、

斜向かいに建つ

『国立科学博物館・日本館』へ。

f0049074_06321357.jpg

関東大震災の復興事業の一環において

昭和6年(1931)、

「東京科学博物館本館」として竣工しました。

f0049074_06325083.jpg

建築様式は、

ネオ・ルネサンス様式。

設計は、

文部省大臣官房建築課文部技師・糟谷謙三。

f0049074_06331904.jpg

上空からみると

飛行機の形をしているそうです。

f0049074_06335186.jpg

起源は、明治5年(1872)、

湯島聖堂内に設立された博物館。

明治10年(1877)年には教育博物館が設置され、

これが創立とされています。

昭和24年(1949)、

東京市から国に移管され、

現在の国立科学博物館となりました。

f0049074_06341931.jpg

戦時下の昭和20年(1945)には、

建物が軍に徴用され、

終戦まで高射第1師団の司令部となっていました。

f0049074_06344349.jpg

この日本館は、

「旧東京科学博物館本館」として

国の重要文化財に指定されています。

f0049074_06351712.jpg

今回、科学館に訪れたのは、

特別展「大恐竜展~ゴビ砂漠の驚異」を見たかったから。

f0049074_06354440.jpg

D51の横を通って館内へ。

f0049074_06360909.jpg

詳細は次回。

夜景は、こんな感じです。

f0049074_06364498.jpg

探訪日:2013.11.26


by j-garden-hirasato | 2014-02-22 06:37 | レトロな建物 | Comments(14)

庭園探訪・東京編:東京国立博物館庭園

東京そぞろ歩き第14弾。

東京国立博物館の3回目。

今回は、庭園探訪。

f0049074_06184817.jpg

本館の裏にある日本庭園です。

f0049074_06191898.jpg

池を中心に、

周囲に園路が巡らされた

池泉回遊式庭園。

f0049074_06194543.jpg

この辺りはもともと寛永寺の境内であり、

この地には、

寛永寺の庭園がありました。

f0049074_06201452.jpg

この寛永寺庭園は、

小堀遠州の作庭と伝えられていますが、

f0049074_06204958.jpg

幕末の戊辰戦争で戦場と化し、

多くの伽藍とともに焼失しました。

f0049074_06211533.jpg

その後寛永寺は、

明治12年(1879)に復興が認められ、

現在の場所に再建されています。

f0049074_06220813.jpg

小堀遠州の作庭であれば、

もっと石を多用し、

躍動感のある庭園に

仕上がっているのではないかと思われますが、

f0049074_06223545.jpg

現状の庭園は、

実に穏やかな表情をしています。

f0049074_06230686.jpg

庭園内には5棟の茶室があり、

茶会・句会等で利用ができるようです。

f0049074_06234051.jpg

春と秋の年二回、

一般開放されています。

f0049074_06242955.jpg

ようやく訪れることができました。

f0049074_06245707.jpg

探訪日:2013.11.26


by j-garden-hirasato | 2014-02-20 06:25 | 庭園 | Comments(18)

大雪

二週続けて大雪となりました。
f0049074_06024945.jpg
それにしても、
よく降りました。
f0049074_06030508.jpg
裏の駐車場は雪原になっています。
f0049074_06032313.jpg
こちらからは、
散歩にも出れません。
f0049074_06034381.jpg
さすがにこの雪では、
犬も駆け回りません。
f0049074_06040804.jpg
待て!
f0049074_06042669.jpg
これは、できます。

撮影日:2014.02.16
by j-garden-hirasato | 2014-02-18 06:11 | 季節 | Comments(18)

北アルプス展望:小川村

先の大雪の後の建国記念日、

天気が良かったので、

北アルプスを見に、

小川村の展望広場に行ってきました。

f0049074_08124025.jpg
今回は早朝のモルゲンロートではなく、

ちょっと霞みがかった午後3時ころ。

f0049074_08151454.jpg

雄大な北アルプスが望めました。

f0049074_08155282.jpg

白馬三山。

f0049074_08161679.jpg

右から、白馬岳(2,932m)、杓子岳(2,812m)、白馬鑓ヶ岳(2,903m)。

鹿島槍ヶ岳(2,889m)。

f0049074_08164453.jpg

唐松岳(2,695m)。

f0049074_08171498.jpg

五竜岳(2,814m)。

f0049074_08173514.jpg

展望広場には、

双眼鏡が常設。

かなり、大きく見えます。

f0049074_08175505.jpg

今回の大雪で、

さらに積もっているでしょうね。

f0049074_08181761.jpg

この足跡は…?

f0049074_08184022.jpg

探訪日:2014.02.11


by j-garden-hirasato | 2014-02-16 08:19 | 北アルプス | Comments(20)

レトロ探訪・東京編(台東区):東京国立博物館(その2)

東京そぞろ歩き第13弾。

東京国立博物館の2回目。

今回は、『表慶館』。

f0049074_06234419.jpg

東宮皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の成婚を

祝う目的で建てられました。

f0049074_06241325.jpg

正面入口の左右のライオン像は、

彫刻家・大熊氏広の作。

f0049074_06245023.jpg

明治42年(1909)の築。

設計は、宮廷建築家・片山東熊。

f0049074_06261785.jpg

石造及び煉瓦造2階建て。

f0049074_06264481.jpg

ネオ・バロック様式の建物で、

中央と南北両端にドームがあります。

f0049074_06285525.jpg

中央のドームは吹き抜け、

南北のドームの下は階段室です。

f0049074_06292560.jpg

中央ドーム吹き抜けの床は、

鮮やかなタイル貼り。

f0049074_06295438.jpg

見上げたドームも、

繊細な仕上げになっています。

f0049074_06301986.jpg

神秘的な雰囲気でした。

国の重要文化財に指定されています。

f0049074_06310150.jpg

国立博物館の敷地内、

本館と平成館の間から、

スカイツリーが見えました。

f0049074_06312553.jpg

探訪日:2013.11.26


by j-garden-hirasato | 2014-02-13 06:31 | レトロな建物 | Comments(20)

レトロ探訪・東京編(台東区):東京国立博物館(その1)

東京そぞろ歩き第12弾。

不忍池を後に、

『東京国立博物館』を目指します。

f0049074_06053705.jpg

上野恩賜公園内にはスタバもあり、

さすが、都会の公園です。

f0049074_06060567.jpg

東京国立博物館は、

明治5年(1872)に創設された日本最古の博物館です。

f0049074_06063065.jpg

本館、表慶館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館の

5つの展示館があります。

f0049074_06065605.jpg

『本館』は、

昭和12年(1937)の築。

開館は、翌昭和13年(1938)。

設計は公募により、

「渡辺仁」の案が採用されました。

f0049074_06071853.jpg

日本伝統の木造建築を鉄筋コンクリートで造り上げた、

和洋折衷の建築物です。

f0049074_06080544.jpg

独特の雰囲気です。

f0049074_06083470.jpg

国の重要文化財に指定されています。

f0049074_06080544.jpg

今回は、

『平成館』で開催されていた

「京都展」が目的でした。

f0049074_06093017.jpg

平成館は、

皇太子・徳仁親王(浩宮さま)の成婚を記念して、

平成11年(1999)に開館しました。

f0049074_06095679.jpg

続いて、『法隆寺宝物館』。

明治11年(1878)に法隆寺から皇室に献納された
「法隆寺献納宝物」
保存展示するため、

昭和39年(1964)に開館しました。

f0049074_06102361.jpg

現在の建物は2代目で、

平成11年(1999)の開館。

設計は「谷口吉生」です。

f0049074_06110070.jpg

探訪日:2013.11.26


by j-garden-hirasato | 2014-02-10 06:11 | レトロな建物 | Comments(20)

東京そぞろ歩き・東京編(台東区):不忍池

東京そぞろ歩き第11弾。

東大を後に、

上野公園内の国立博物館を目指します。

ちょうど、お昼を少し過ぎた時間帯。

コンビニで買物をし、

『不忍池』でお昼です。

f0049074_08103265.jpg

不忍池は、

上野恩賜公園の中に位置する天然の池。

f0049074_08111064.jpg

不忍池の名は、

かつて上野台地と本郷台地の間が

「忍ヶ丘」と呼ばれていたことに由来します。

f0049074_08114746.jpg

都会のオアシス、

人懐っこい雀が

餌を求めて寄ってきます。

f0049074_08123467.jpg

海辺でもないのに、

カモメが多くいます。

f0049074_08131846.jpg

寛永2年(1625)、

江戸幕府は、

比叡山延暦寺をなぞり、

この地に寛永寺を建立します。

f0049074_08140147.jpg

開祖である慈眼大師・天海は、

不忍池を琵琶湖に見立て、

竹生島をなぞり弁天島を築かせ、

そこに弁天堂を作りました。

f0049074_08142830.jpg

当初、

弁天島へは船で渡っていましたが、

寛文12年(1672)に石橋が架けられ、

徒歩で渡れるようになりました。

f0049074_08150296.jpg

現在の池は、

堤で3つに分かれており、

一面が蓮で覆われる蓮池

f0049074_08153576.jpg

ボートを漕いで楽しむことのできるボート池

f0049074_08160198.jpg

そして、

上野動物園の中の鵜の池です。

貸しボートの営業が始まったのは、

昭和6年(1931)。

f0049074_08162918.jpg

不忍池から上野公園へ。

これは珍しい、

「月の松」。

f0049074_08165887.jpg

探訪日:2013.11.26


by j-garden-hirasato | 2014-02-08 08:17 | そぞろ歩き | Comments(16)

レトロ探訪・東京編(台東区):東大本郷キャンパス(その7)

東京そぞろ歩き第10弾。

東大レトロ探訪の第7回目。

長々と続けてまいりましたが、

今回が最終回。

まず、

医学部附属病院の正面に位置する『理学部化学東館』。

設計は山口孝吉。

大正5年(1916)の築。

内田ゴシックの建物群よりもさらに古い建物です。

f0049074_06030962.jpg

本郷地区キャンパスに現存する最古の校舎。

もともと別の位置にあったのを移築したものです。

内田ゴシックの建物群とは趣を異にしています。

f0049074_06044747.jpg

続いて、

『理学部旧1号館』。

設計は岸田日出刀。

昭和元年(1926)の築。

f0049074_06052210.jpg

アインシュタインが来日時に

乗ったと言われるエレベーターが残っているそうです。

理学部の建物群の隙間から、

安田講堂の時計が見えました。

f0049074_06055244.jpg

続いて、

『第二食堂』。

f0049074_06062354.jpg

設計は内田祥三。

昭和9年(1934)の築。

f0049074_06070363.jpg

今は生協が入っています。

f0049074_06073680.jpg

道を挟んで附属病院の研究棟が並んでいます。

設計はすべて内田祥三。

まず、

『医学部附属病院第一研究棟』

f0049074_06081166.jpg

昭和3年(1928)の築。

続いて、

『医学部附属病院内科研究棟』

f0049074_06084214.jpg

昭和4年(1929)の築。

f0049074_06095307.jpg

続いて、

『医学部附属病院東研究棟』。

f0049074_06102407.jpg

昭和3年(1928)の築。

f0049074_06110395.jpg

最後に、『池之端門』。

f0049074_06113809.jpg

東大レトロ、これにて完結。

 

探訪日:2013.11.26


by j-garden-hirasato | 2014-02-06 06:12 | レトロな建物 | Comments(16)