日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
桜の紅葉も素晴らしいです..
by umi_bari at 08:38
展覧会場は込み合っていた..
by gipsypapa at 08:30
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 07:17
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:46
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:44
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 05:41
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:39
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:35
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:30
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:28
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:27
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:25
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:21
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:18
tomiete3さん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:13
sarutvさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:10
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:09
こんにちは☆ 素晴らし..
by aozoracafe123 at 10:10
寒い訳ですね…( ᵒ̴̶..
by N-styel at 08:09
同じ初雪でも、連なった山..
by sternenlied2 at 02:32
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2014年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

庭園探訪・東京編(台東区):育徳園心字池(三四郎池)

東京そぞろ歩き第8弾。

今回は庭園探訪。

東大本郷キャンパスのほぼ中央部に、

『育徳園心字池』があります。

通称『三四郎池』。

 
f0049074_06055077.jpg

元和3年(1615)の大坂夏の陣の後、

加賀藩前田家は幕府から、

本郷キャンパスの一部とその周辺を賜り、

江戸時代は、

加賀藩の上屋敷となっていました。

f0049074_06063834.jpg

寛永6年(1629)、

前田家第3代藩主・前田利常のとき、

徳川3代将軍・家光と大御所・秀忠の御成があり、

それに先立って、

御成御殿や数寄屋を新築し、

庭園が整備されたと考えられています。

f0049074_06070874.jpg

この庭園は『育徳園』と呼ばれ、

心字池が造られました。

f0049074_06073517.jpg

明治維新の際、

ほとんどが新政府に収公され官有地となり、

現在の東大が設置されました。

f0049074_06080414.jpg

現在、

心字池の周辺には園路が廻され、

気軽に散策できます。

f0049074_06083252.jpg

大名庭園の名残りとして、

園内のあちこちに石組が残されていますが、

庭園としての風情を感じられないのが、

少し残念です。

f0049074_06090731.jpg

唯一、庭園らしさを感じるのは、

この滝組くらいでしょうか。

f0049074_06093852.jpg

資料がどれほど残されているかは分かりませんが、

『育徳園』として復元されたら、

いいでしょうね。

f0049074_06104712.jpg

『三四郎池』という名は、

夏目漱石の名作「三四郎」の舞台だったことから、

そう呼ばれるようになりました。

f0049074_06253293.jpg

探訪日:2013.11.26


by j-garden-hirasato | 2014-01-31 06:14 | 庭園 | Comments(16)

レトロ探訪・東京編(台東区):東大本郷キャンパス(その5)

東京そぞろ歩き第7弾。

東大レトロ探訪の第5回目。

工学部エリアへ。

まず、『工学部1号館』。

f0049074_06063764.jpg

昭和10年(1935)の築。

設計は、内田祥三。

f0049074_06074884.jpg

老朽化・狭隘化が目立ってきたため、

平成10年(1998)、

香山壽夫の設計で全面改修されました。

f0049074_06090374.jpg

国の登録有形文化財に登録されています。

f0049074_06093408.jpg

建物前の中庭の大イチョウと、

不思議なモニュメント?が印象的でした。

f0049074_06101434.jpg

続いて、『工学部6号館』。

f0049074_06105127.jpg

昭和15年(1940)の築。

設計は、内田祥三。

f0049074_06111810.jpg

研究室や実験室が多く、

地下にも大掛かりな実験装置を持つ実験室があるようです。

f0049074_06121758.jpg

ゴシック調の外観には似合わず、

科学の最先端の研究が行われているそうです。

f0049074_06124474.jpg

続いて、

昭和43年(1968)の大学紛争による占拠事件で有名になった

『安田講堂』。

f0049074_06133516.jpg

大正14年(1925)の築。

設計は、内田祥三と岸辺日出刀。

長らく閉鎖されていましたが、

平成6年(1994)に改修され、

現在は、講演や式典などに使用されています。

f0049074_06144320.jpg

安田財閥の安田善次郎からの寄付で建てられたため、

安田講堂と呼ばれています。

国の登録有形文化財。

f0049074_06141213.jpg

東大キャンパス、

まだまだ続きます。

 

探訪日:2013.11.26


by j-garden-hirasato | 2014-01-29 06:15 | レトロな建物 | Comments(14)

レトロ探訪・東京編(台東区):東大本郷キャンパス(その4)

東京そぞろ歩き第6弾。
東大レトロ探訪の第4回目。
東大の『正門』。
f0049074_5534147.jpg

大正1年(1912)の築。
設計は、伊東忠太<慶応3年(1867)~昭和29年(1954)>。
f0049074_554048.jpg

正門から安田講堂に至る道の両側は、
「内田ゴシック」のオンパレード。
f0049074_5543140.jpg

こちらは、
『工学部・列品館』。
f0049074_5545012.jpg

「内田ゴシック」はどれも似たデザインですが、
建物の規模等で、
多少変化があります。
f0049074_555812.jpg

続いて、『法学部3号館』。
昭和2年(1927)の築。
設計は内田祥三と清水幸重。
f0049074_5552862.jpg

続いて、『法文2号館』。
昭和13年(1938)の築。
設計は、内田祥三。
f0049074_5554879.jpg

イチョウの黄葉の時期だったので、
建物も黄葉の反射を受けていました。
f0049074_55668.jpg

『法文1号館』と『法文2号館』は、
道を挟んで左右対称に配置されています。
f0049074_5562687.jpg

続いて、『法文1号館』
昭和10年(1935)の築。
設計は内田祥三。
f0049074_5564359.jpg

二つの建物を横切って、
ギリシャ風の彫刻が刻まれた古風なアーケードが設置され、
内田ゴシックの真骨頂と言われています。
f0049074_557272.jpg

今回アップした建物は、
すべて国の登録有形文化財に登録されています。
f0049074_5572018.jpg

探訪日:2013.11.26
by j-garden-hirasato | 2014-01-27 05:57 | レトロな建物 | Comments(14)

レトロ探訪・東京編(台東区):東大本郷キャンパス(その3)

東京そぞろ歩き第5弾。
東大レトロ探訪の第3回目。
前回紹介した『医学部2号館(本館)』の正面、
校内の道路を挟んで建つ『教育学部・総合図書館』。
f0049074_22242448.jpg

昭和3年(1928)の築。
f0049074_22244684.jpg

設計は、内田祥三。
f0049074_2225311.jpg

それまで使用されていた煉瓦造の図書館が
関東大震災で焼失したため、
震災後にロックフェラー財団の寄付により建設されました。
f0049074_2225216.jpg

今後改築工事の予定があり、
登録有形文化財には登録されていませんが、
f0049074_22253957.jpg

他の建物同様、
「内田ゴシック」による建物です。
f0049074_2226048.jpg

建物本体は直線の角ばったデザイン、
入口部分には曲線のアーチを多用。
f0049074_22262432.jpg

戦後、
大規模な増築が行われましたが、
増築部にも内田ゴシックのデザイン様式が用いられたため、
全体のイメージは損なわれていません。
f0049074_22264544.jpg

続いて、
東大の代名詞、『赤門』。
f0049074_22278100.jpg

旧加賀藩主前田家上屋敷の御守殿門で、
加賀藩第12代藩主・前田斉泰が
第11代将軍・徳川家斉の第21女・溶姫を迎える際に造られたもの。
文政10年(1827)の築。
国の重要文化財。
f0049074_22323221.jpg

有名な門ですが、
東大キャンパスの正門ではありません。
こんなレトロなパーゴラもありました。
f0049074_22283053.jpg

藤の咲く頃、
また訪れたいものです。
f0049074_22285097.jpg

まだまだ、続きます。

探訪日:2013.11.26
by j-garden-hirasato | 2014-01-24 22:29 | レトロな建物 | Comments(20)

レトロ探訪・東京編(台東区):東大本郷キャンパス(その2)

東京そぞろ歩き第4弾。
東大レトロ探訪の第2回目。
『医学部2号館(本館)』。
f0049074_6514482.jpg

建物の位置は、
赤門を抜けて、
イチョウの並木道の正面奥になります。
f0049074_652149.jpg

設計は、内田祥三。
f0049074_6521879.jpg

昭和11年(1936)の築。
f0049074_6523736.jpg

建物の本体部分は煉瓦造、
入口部分のアーチは石造です。
f0049074_65255100.jpg

このコントラストが、
実に新鮮な感じを与えます。
f0049074_6531278.jpg

この渦巻きが意味するものは…?
f0049074_6533395.jpg

「内田ゴシック」、
まだまだ続きます。
f0049074_6535366.jpg

探訪日:2013.11.26
by j-garden-hirasato | 2014-01-22 06:59 | レトロな建物 | Comments(14)

レトロ探訪・東京編(台東区):東大本郷キャンパス(その1)

東京そぞろ歩き第3弾。
今回から、
しばらく東大のレトロ探訪です。
『懐徳門』から入ります。
f0049074_6235383.jpg

守衛はおらず、
難なく潜入完了。
まずは、
『理学部2号館』から。
f0049074_6241643.jpg

昭和9年(1934)の築。
f0049074_6243516.jpg

設計は
内田祥三<明治18年(1885)–昭和47年(1972)>。
f0049074_6245352.jpg

東大工学部の教授で、
後に総長となった人物です。
f0049074_6251319.jpg

東大に残された多くのレトロな建物は、
ほとんどが内田祥三の設計です。
f0049074_6253630.jpg

続いて、
『医学部1号館』。
f0049074_6255645.jpg

理学部2号館と
キャンパス内の道路を挟んで、
向き合うように建っています。
f0049074_6261874.jpg

昭和6年(1931)完成。
設計は内田祥三。
f0049074_6263975.jpg

外観の意匠は、
理学部2号館とほぼ同じ。
f0049074_6265980.jpg

東大のレトロな建物の特徴はゴシック様式で、
設計者の名前を取って
「内田ゴシック」と呼ばれています。
f0049074_6271945.jpg

どれもよく似たデザインです。
f0049074_6273832.jpg

続く。

探訪日:2013.11.26
by j-garden-hirasato | 2014-01-20 06:27 | レトロな建物 | Comments(16)

レトロ探訪・東京編(台東区):さかえビル・中央会館

東京そぞろ歩き第2弾。
湯島天神から春日通りを西へ。
f0049074_663142.jpg

本郷消防署前交差点の角に、
こんなレトロな建物がありました。
f0049074_665147.jpg

『さかえビル』、
昭和9年(1934)の築です。
f0049074_67978.jpg

コンビニの店舗として使用され、
まだまだ現役です。
f0049074_672698.jpg

壁面の漆喰の鷲のレリーフが
何ともレトロな雰囲気を醸し出しています。
f0049074_674288.jpg

国の登録有形文化財の認定を受けています。
f0049074_675844.jpg

さかえビルから少し西に行ったところにも、
レトロな建物があります。
f0049074_681693.jpg

日本基督教団に属するプロテスタント系の教会である
『本郷中央教会』です。
f0049074_683387.jpg

昭和4年(1929)の築。
設計は、米国人宣教師ヴォーゲル。
f0049074_684878.jpg

前身は明治23年(1890)に建てられた『中央会堂』で、
震災復興として建てられたものです。
f0049074_69580.jpg

この建物も、
国の登録有形文化財の認定を受けています。
f0049074_692198.jpg

次回、
いよいよ東大に潜入です。
f0049074_69435.jpg

探訪日:2013.11.26
by j-garden-hirasato | 2014-01-17 06:10 | レトロな建物 | Comments(24)

レトロ&神社探訪・東京編(台東区):燕湯・湯島天神

出張の翌日は有給をもらって、
東京そぞろ歩きとしました。
今回はその第1弾。
朝6時から営業している台東区の『燕湯』。
f0049074_6291083.jpg

この建物は、
国の登録有形文化財です。
f0049074_6292853.jpg

朝湯に浸かったあと、
レトロな建物が多く残されている東大に向かいます。
途中、
こんなレトロな建物の小学校がありました。
f0049074_6294610.jpg

『台東区立黒門小学校』。
昭和5年(1930)に建てられた
震災復興校舎の一つです。
f0049074_630428.jpg

さらに歩を進めると、
有名な『湯島天満宮』があります。
f0049074_6302678.jpg

女坂に、
f0049074_6304424.jpg

男坂。
f0049074_631318.jpg

通称、『湯島天神』。
f0049074_6312037.jpg

学問の神様、
菅原道真を祀る神社として有名です。
f0049074_6313877.jpg

境内を通り過ぎるサラリーマンも、
手を合わせていきます。
f0049074_63242.jpg

雄略天皇2年(458)、
雄略天皇の勅命で
天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀る神社として
創建されたと伝えられる由緒ある神社。
f0049074_6322510.jpg

境内のあちこちには、
合格祈願の絵馬の山。
f0049074_63243100.jpg

みんな、合格できますように。
f0049074_63322.jpg

ちょうど七五三の時期で、
境内には屋台が出ており、
f0049074_6332767.jpg

狛犬が窮屈そうでした。

探訪日:2013.11.26
by j-garden-hirasato | 2014-01-15 06:33 | 神社仏閣 | Comments(14)

建物探訪・埼玉:埼玉スタジアム2002

出張で関東に行った時、
『埼玉スタジアム2002』に寄りました。
f0049074_646515.jpg

最寄駅の埼玉高速鉄道・浦和美園駅から、
スタジアムまでは遊歩道が続いています。
f0049074_6462478.jpg

2002年に開催された
日韓共同開催のサッカーワールドカップの会場の一つであり、
f0049074_6464350.jpg

浦和レッドダイアモンズのホームスタジアムです。
f0049074_647132.jpg

国内の球技専用競技場としては
最大の63,700人を収容。
f0049074_6471892.jpg

とにかく、デカいです。
f0049074_6473438.jpg

2002年のワールドカップでは、
日本代表VSベルギー戦、
ブラジルVSトルコ戦など4試合が行われ、
f0049074_6475774.jpg

ワールドカップの予選、
親善試合など、
日本代表戦が多く行われています。
f0049074_6481673.jpg

田舎暮らしの自分には、
憧れのスタジアム。
f0049074_6483675.jpg

日本代表戦、
いつか観戦してみたいです。
f0049074_6485248.jpg

探訪日:2013.11.25
by j-garden-hirasato | 2014-01-13 06:48 | スタジアム | Comments(12)

静岡そぞろ歩き:清水港

新年第3弾は、『清水港』。
家にジッとしているのも辛くなり、
ちょっとお出かけ。
f0049074_5533171.jpg

清水港の中でも、
今回は、
レジャー施設の集まるエリア。
f0049074_5541374.jpg

観覧車もあります。
f0049074_5543642.jpg

今回は乗りませんでしたが、
観覧車の上から眺める清水港も、
素敵かもしれません。
f0049074_5545698.jpg

現役時代は、
荷揚げ用クレーンとして、
活躍していました。
f0049074_5551974.jpg

壊さず、
保存してあります。
f0049074_5554638.jpg

夕日が
ずいぶん傾いてきました。
f0049074_556692.jpg

ちょっと霞みがかかっていますが、
富士山もピンクに薄化粧。
f0049074_5562415.jpg

富士山が眺められると、
なぜか、ホッとします。
f0049074_5564322.jpg

再び、観覧車。
f0049074_557260.jpg

夕日は、
山の向こうに沈んでいきます。
f0049074_5572056.jpg

夜はこんな感じ。
f0049074_5574454.jpg

探訪日:2014.01.04
by j-garden-hirasato | 2014-01-11 05:57 | 港・漁港 | Comments(22)