日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
pikorin77jpさ..
by j-garden-hirasato at 06:27
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:24
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 06:22
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 06:16
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 06:07
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:46
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:40
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:35
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:33
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:28
おにぎりに 心奪われてし..
by pikorin77jp at 23:25
昔、家族3人でこの辺りに..
by ninja2005y at 22:38
銀閣寺、いい風情ですよね..
by sternenlied2 at 16:14
生垣の道がすごい。 庭..
by gipsypapa at 15:31
おお、銀閣寺道、懐かしい..
by blackfacesheep2 at 13:01
こちらも人気ですよねぇ~..
by N-styel at 10:11
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 09:55
白味噌仕立てで焼きおにぎ..
by saheizi-inokori at 09:09
焼きおにぎりは初めて見ま..
by London Caller at 07:57
慈照寺さんって言うって、..
by umi_bari at 07:22
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

山の記録2013:爺ヶ岳(2670m)その3

爺ヶ岳の3回目。
お昼の時間も近づいてきたので、
再び、南峰へ。
f0049074_22404899.jpg

春になると、
種蒔きをする爺さんの雪形が山腹に現れ、
農耕の目安に利用されてきました。
これが
「爺ヶ岳」という名前の由来です。
f0049074_22411246.jpg

毎年のように登っていながら、
雪形を見たことがないのが、
残念です。
f0049074_22414260.jpg

長野では、
雪形が多く見られます。
雪形を集めてみるのも面白そうです。
f0049074_2242554.jpg

爺ヶ岳の最高峰は中峰ですが、
三角点は南峰にもあります。
f0049074_22422867.jpg

爺ヶ岳は、
日本百名山ではありませんが、
日本三百名山には選ばれています。
f0049074_22425348.jpg

気軽に登れて、
景色は絶景(この日は…、残念!)。
日本二百名山でもいいと思います。
f0049074_22431598.jpg

山頂でしばし休息(酔い醒まし)の後、
下山です。
f0049074_22434289.jpg

ヒーヒー言いながら登った道も、
下りはスイスイ。
f0049074_22442094.jpg

後ろ髪を曳かれる思いで、
f0049074_22445298.jpg

何度も振り返り、
f0049074_22451654.jpg

無事、
下山しました。
f0049074_22453931.jpg

探訪日:2013.08.08
by j-garden-hirasato | 2013-08-19 22:45 | 山岳 | Comments(19)

山の記録2013:爺ヶ岳(2670m)その2 sanpo

爺ヶ岳の2回目。
種池山荘前で小休止の後、
爺ヶ岳に向かいます。
f0049074_6442030.jpg

ここからは山頂が見えるので、
目標に向かって進むのみです。
f0049074_6444357.jpg

天気は良いのですが、
山にはガスがかかっていて、
展望はイマイチ。
f0049074_645270.jpg

山頂まであとわずか。
f0049074_6452594.jpg

南峰に到着。
標高2660m。
f0049074_6454623.jpg

眼下に
先ほど小休止した種池山荘が見えます。
f0049074_64677.jpg

立山連峰は何とか見えましたが、
霞みがかかっています。
f0049074_6463333.jpg

爺ヶ岳は、
南峰、中峰、北峰からなります。
最高峰の中峰に向かいます。
f0049074_6465759.jpg

中峰に到着。
標高2670m。
f0049074_6472463.jpg

南峰より中峰の方がわずか高いです。
f0049074_6474851.jpg

なかなか姿を見せてくれない鹿島槍ヶ岳。
f0049074_64898.jpg

中峰からの種池山荘。
f0049074_6483394.jpg

かわいい山小屋です。
つづく。

探訪日:2013.08.08
by j-garden-hirasato | 2013-08-16 06:48 | 山岳 | Comments(16)

山の記録2013:爺ヶ岳(2670m)その1

先の木曜日、
夏休みをもらって、
爺ヶ岳に行ってきました。
f0049074_6205940.jpg

黒部アルペンルートの起点、
扇沢から登ります。
f0049074_621183.jpg

このルートは、
短時間で稜線に出られるので、
とても重宝していますが、
一気に高度を稼ぐので、
身体への負担がかなり架かります。
f0049074_6213932.jpg

稜線に建つ
「種池山荘」が遠くに見えてきました。
f0049074_6215652.jpg

ゼイゼイ言いながら、
稜線を目指します。
f0049074_6221630.jpg

途中の沢に、
残雪がまだありました。
f0049074_6224147.jpg

種池山荘まであと僅か。
f0049074_62359.jpg

山小屋の直下は、
コバイケイソウのお花畑になっていました。
f0049074_6232525.jpg

この日、
まずまずの天気ではありましたが、
イマイチ山が霞んでいます。
f0049074_6234659.jpg

稜線に到着。
標高2450m。
f0049074_624888.jpg

北アルプスの山小屋の多くが
近代化、大型化する中で、
この種池山荘はとても小振りで、
昔ながらの山小屋の雰囲気を残しています。
f0049074_6243350.jpg

続く。
f0049074_6245614.jpg

探訪日:2013.08.08
by j-garden-hirasato | 2013-08-14 06:24 | 山岳 | Comments(14)

庭園探訪・群馬編:甘楽・楽山園(その2) sanpo

甘楽の最終回。
『楽山園』の続きです。
築山の山頂には、
「梅の茶屋」が配されています。
f0049074_636955.jpg

庭内だけでなく、
甘楽の町も一望できます。
f0049074_6362736.jpg

築山を設け、
地形に起伏を付け、
景色に変化を持たせるとともに、
周囲の山々も景に取り込んだ、
借景庭園でもあります。
f0049074_6364728.jpg

見事な空間演出です。
f0049074_6371176.jpg

発掘で出土した飛び石も
そのまま配されています。
f0049074_6373249.jpg

豪華さはありませんが、
どこか雅さを感じさせる滝組。
f0049074_638228.jpg

対岸から眺める
「梅の茶屋」(上段)と「腰掛茶屋」(下段)。
f0049074_6382127.jpg

明和4年(1767)、
織田氏が出羽・高畠へ移封された後、
小幡藩主となった松平氏も
この藩邸を本拠とし、
明治までこの地を治めました。
f0049074_6384422.jpg

復元されてまだ日の浅い庭園ではありますが、
石組もしっかり造り込まれ、
見応えのある庭園でした。
f0049074_639581.jpg

群馬県内で唯一の大名庭園です。
f0049074_6392587.jpg

探訪日:2013.07.02
by j-garden-hirasato | 2013-08-12 06:39 | 庭園 | Comments(21)

庭園探訪・群馬編:甘楽・楽山園(その1)

再び、甘楽へ。
今回の甘楽探訪の最大の目的は、
『楽山園』を訪れることでした。
f0049074_6402973.jpg

江戸時代初期に織田氏によって造営された
小幡藩邸の庭園です。
f0049074_6404965.jpg

「知者ハ水ヲ楽シミ、仁者ハ山ヲ楽シム」
という論語の故事から
「楽山園」と名づけられた、
と伝えられています。
f0049074_6411030.jpg

元和元年(1615)、
織田信長の二男・信雄が、
大和・宇陀郡三万石と
上州・小幡二万石を与えられ、
翌2年(1616)、
信雄の子・信良が仮陣屋に入り、
織田氏による小幡藩政が始まりました。
f0049074_6413291.jpg

小幡藩邸は、
寛永6年(1629)に3代・信昌が計画し、
寛永19年(1642)に完成したと伝えられています。
f0049074_6415995.jpg

平成12年(2000)に国の名勝に指定され、
庭園や茶屋、各種門、塀などの復元が行われ、
平成24年(2012)3月に開園しました。
f0049074_6422115.jpg

雄川堰から豊かな用水を取り入れた
池泉回遊式の庭園です。
f0049074_6424531.jpg

「昆明池」と呼ばれる池を中心に景石を多く配し、
中島や築山を築き、
起伏のある地形を造り出しています。
f0049074_6431110.jpg

築山の山腹に配された、
全国的にも珍しい
五角形の形状をした「腰掛茶屋」。
f0049074_6433217.jpg

続く。
f0049074_6435036.jpg

探訪日:2013.07.02
by j-garden-hirasato | 2013-08-10 06:44 | 庭園 | Comments(14)

ドライブ・神奈川編:オープンキャンパス同行

先の日曜日、
神奈川の某大学の
オープンキャンパスに行ってきました。
f0049074_2141338.jpg

実に近代的な素敵なキャンパス。
f0049074_2141527.jpg

自分の母校とは大違いです。
f0049074_21421163.jpg

海にも歩いて行けます。
f0049074_21422940.jpg

海岸沿いは公園になっていて、
f0049074_21424788.jpg

多くのグループがBBQを楽しんでいました。
f0049074_2143424.jpg

園内には、
こんなものも。
f0049074_21433086.jpg

明治から大正にかけて造られた、
東京湾防衛の要塞の残骸だそうです。
船舶の障害になったことから、
引き揚げられ、
この公園に展示さました。
f0049074_21435622.jpg

せっかく海沿いに来たので、
お昼は鉄火丼。
f0049074_21441721.jpg

帰りは、
横浜みなとみらいを通り、
f0049074_2144378.jpg

渋滞した首都高を抜けて帰りました。
f0049074_2144567.jpg

本日の走行距離、
628キロなり。
f0049074_21451398.jpg

探訪日:2013.08.04
by j-garden-hirasato | 2013-08-07 21:46 | イベント | Comments(18)

庭園探訪・群馬編:甘楽・とある会社の日本庭園

甘楽の5回目。
雄川堰を散策していて、
こんな日本庭園を見つけました。
f0049074_640258.jpg

地元企業のもので、
歴史的価値はありませんが、
f0049074_6402463.jpg

しっかり造り込まれています。
f0049074_6404333.jpg

社長さんの趣味でしょうか、
置物があちらこちらに…。
f0049074_641210.jpg

こんなものまで…。
f0049074_6412296.jpg

このアンバランスさが、
オモシロいと言えば
オモシロいのですが…。
f0049074_6413939.jpg

探訪日:2013.07.02
by j-garden-hirasato | 2013-08-05 06:41 | 庭園 | Comments(16)

庭園探訪・群馬編:甘楽・武家屋敷庭園

甘楽の続き。
甘楽の武家屋敷には、
他の武家屋敷がそうであったように、
日本庭園が作庭されていました。
まず、
『松浦氏屋敷庭園』から。
f0049074_7234421.jpg

建物の南に庭園を設け、
その中を小堰が流れています。
f0049074_724424.jpg

建物は、
昭和53年(1978)まで
住居として使われていましたが、
現在は物置となっています。
f0049074_7242426.jpg

築庭の時期は不明ですが、
旧住宅建造時とほぼ同じ頃、
江戸時代後期、
18世紀末から19世紀初期とみられています。
f0049074_7244758.jpg

小堰を流れとして利用し、
庭の中央には池を配し、
南方の山々を借景しています。
f0049074_725941.jpg

県指定の史跡です。
f0049074_725287.jpg

続いて、『高橋家庭園』。
高橋家は勘定奉行の役職にありました。
f0049074_7254894.jpg

庭園は主屋の南側、
瓢箪型の池を中央に配し、
この庭園でも、
小堰が流れとして利用されています。
f0049074_7261299.jpg

池は「心字池」、
池に注ぐ小さな滝は、
「蓬莱の滝」と呼ばれています。
f0049074_7263588.jpg

池の周りには「月見燈籠」が3基配され、
園内の植栽は、
サツキをはじめ、
花木が多く植えられています。
f0049074_726582.jpg

このときがアジサイ、
クチナシが咲いていました。
f0049074_7271869.jpg

町の名勝に指定されています。
f0049074_727384.jpg

探訪日:2013.07.02
by j-garden-hirasato | 2013-08-03 07:28 | 庭園 | Comments(12)

スポーツの景:サッカー観戦・長野パルセイロ

先の土曜日、
地元のサッカーのクラブチーム
「長野パルセイロ」の試合を観戦してきました。
f0049074_633762.jpg

ただ今、
JFLの首位争いをしています。
1位であれば、
J2への昇格に王手がかかります。
f0049074_635614.jpg

ただ、
大きな問題があります。
スタジアムがJリーグの規格に合っていないこと。
いくら成績が良くても、
Jリーグには昇格できません。
f0049074_641557.jpg

今のスタジアムは、
ピッチと観客席がとても近く、
目の前で選手のプレーを見ることができます。
f0049074_643525.jpg

Jリーグへの昇格に向けて、
スタジアムを改修することになり、
この試合が、
このスタジアムでの最終試合。
f0049074_64574.jpg

完成は平成27年2月。
それまで、
上位でいることができるか。
f0049074_651531.jpg

勝負は厳しい世界です。
f0049074_653657.jpg

雷雨で試合開始が30分遅れ、
キックオフは4時30分。
家路に着くころには、
すっかり暗くなっていました。
f0049074_655460.jpg

試合は2-1で勝ちました。
首位をキープ。

探訪日:2013.07.27
by j-garden-hirasato | 2013-08-01 06:06 | スポーツ | Comments(16)