日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
siawasekunさん..
by j-garden-hirasato at 04:54
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 04:53
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 04:51
pikorin77jpさ..
by j-garden-hirasato at 04:48
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 04:47
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 04:44
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 04:42
tomiete3さん、コ..
by j-garden-hirasato at 04:40
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 04:37
London Calle..
by j-garden-hirasato at 04:32
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 04:28
珍しいいろいろなショット..
by siawasekun at 02:08
な、なんと! これが”..
by ninja2005y at 21:57
こんにちは^^ わ! ..
by risaya-827b at 15:42
こうしてみると あらため..
by pikorin77jp at 14:06
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 10:17
新宿はよく行くのに御苑は..
by saheizi-inokori at 08:56
伊勢丹新宿店は 自分の..
by gipsypapa at 08:24
ビルの谷間に小さな神社。..
by tomiete3 at 05:56
外見が凝っているというの..
by 雪だるま at 05:47
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

レトロ探訪:東京編(その1)・東京駅

開業目前の新・東京駅。
追い込み工事が真っ盛りの7月、
訪れました。
f0049074_7292037.jpg

東京駅は、
プラットホームの数では日本一のターミナル駅。
f0049074_7293595.jpg

丸の内口の赤レンガ駅舎は、
大正3年(1914)の竣工で、
国の重要文化財に指定されています。
f0049074_7295264.jpg

設計は、辰野金吾と葛西萬司。
f0049074_73068.jpg

明治22年(1889)に神戸まで全通した官設鉄道の新橋駅と、
私鉄・日本鉄道の上野駅を結ぶ高架鉄道の建設が
「東京市区改正計画」によって立案、
明治29年(1896)の第9回帝国議会で
この区間に中央停車場(駅)を建設することが可決されます。
f0049074_7302558.jpg

日清戦争と日露戦争の影響で着工が遅れ、
戦争終了後の明治41年(1908)から工事が本格化し、
大正3年(1914)12月18日に開業しました。
このとき、「東京駅」と命名されました。
f0049074_7304049.jpg

かつての赤レンガ駅舎は、
昭和20年(1945)5月の東京大空襲で損壊。
終戦後の昭和22年(1947)、
開業当初の建物より一回り規模を縮小して修復されました。
f0049074_7305762.jpg

3つのドーム部分については、
構造を3階建てから2階建てに変更。
中央ドームは元の形に復原、
南北両ドームは丸型から台形に変更。
軒蛇腹、パラペット、壁面、柱型、窓枠などの意匠は、
2階建てになっても忠実に復元されました。
f0049074_7311552.jpg

早期の建て直しを目差したため、
「4、5年もてば良い」とされた突貫工事でしたが、
結局60年以上の歳月が過ぎることになりました。
f0049074_7313146.jpg

平成19年(2007)、
建築当初に近い駅舎の姿に戻すための復原工事がスタート。
f0049074_7314717.jpg

この工事では、
建物の躯体を増築して建築当初の3階建てに戻した上で、
外壁、尖塔、南北両ドームの内外の意匠も再現されます。
f0049074_732078.jpg

全面開業は、10月1日。
こんな時期のアップになってしまいました。
f0049074_7321652.jpg

撮影日:2012.07.13
by j-garden-hirasato | 2012-09-29 07:32 | レトロな建物 | Comments(20)

レトロ探訪:長野・旧志賀高原ホテル

少し前に紹介した志賀高原。
木道歩きの帰り、
『志賀高原歴史記念館』に寄りました。
f0049074_695511.jpg

昭和12年(1937)に建てられた
『旧志賀高原ホテル』です。
f0049074_6101461.jpg

外貨獲得を目的に建てられ、
スキーや避暑など、
外国人が多く宿泊したホテル。
f0049074_6103142.jpg

当時は、
日本を代表するホテルでしたが、
平成11年(1999)に閉鎖。
f0049074_6104683.jpg

今は、
正面玄関部分の建物が残されているだけです。
f0049074_6114322.jpg

窓には、
ステンドグラスがはめ込まれています。
f0049074_6115927.jpg

玄関を入った正面には大暖炉。
f0049074_612134.jpg

通常は灯されているということですが、
この時は消されていました。
f0049074_6122821.jpg

TVのない時代の娯楽室、
ゲームが残されています。
f0049074_612458.jpg

額に入った絵画だけでなく、
壁画も見事でした。
f0049074_6125910.jpg

往時の繁盛ぶりを
垣間見ることができました。
f0049074_613134.jpg

高原歩きのはずが、
レトロ探訪も楽しめました。
f0049074_6132746.jpg

探訪日:2012.09.01
by j-garden-hirasato | 2012-09-27 06:13 | レトロな建物 | Comments(14)

山行記録:北アルプス・爺ヶ岳(その3)

爺ヶ岳の3回目。
いつもなら中峰のピークを踏んだ時点で、
引き返すところですが、
今回は体調が良かったので、
北峰を目指してみました。
f0049074_22484849.jpg

これまで北峰に行かなかったのは、
ピークがはっきりせず、
登山道もなかったためですが、
f0049074_22491096.jpg

やはり、
分かりませんでした。
f0049074_22492553.jpg

あまり進むと戻るのがシンドイので、
適当なところでUターン。
f0049074_22494151.jpg

南峰まで戻って、
少し早いランチとしました。
f0049074_22495922.jpg

小一時間ほど休んでいましたが、
一向に晴れる気配はなく、
f0049074_22501883.jpg

むしろ、
ガスが巻いてきました。
f0049074_22503353.jpg

大展望は望めませんでしたが、
これにて、撤収!
f0049074_22504894.jpg

大展望は、
次回へ持越しです。
f0049074_2251257.jpg

下りも快調。
想定より、
かなり早い下山となりました。
f0049074_22511736.jpg

撮影日:2012.09.13
by j-garden-hirasato | 2012-09-24 22:51 | 山岳 | Comments(18)

山行記録:北アルプス・爺ヶ岳(その2)

爺ヶ岳の2回目。
種池山荘の前で小休止の後、
爺ヶ岳の山頂を目指します。
f0049074_8494497.jpg

コースタイムでは、
小一時間の上りです。
f0049074_850267.jpg

山頂が目の前なので、
精神的には楽な行程です。
f0049074_8501669.jpg

富山県側、
立山連峰がよく見えています。
f0049074_8502925.jpg

でも、
長野県側の後立山連峰は、
ガスが上昇が激しく、
展望はイマイチ。
天候が安定していれば、
槍、穂高がよく見えるはずですが、
この日は、これだけ。
f0049074_8504865.jpg

コースタイムを少し先行して南峰に到着。
標高2660m。
f0049074_851350.jpg

いつもは眼前にドーンと構えている鹿島槍も
その全容を現してくれません。
f0049074_8511813.jpg

爺ヶ岳は南峰、中峰、北峰と、
ピークが複数あります。
中峰を目指します。
f0049074_8513497.jpg

中峰に到着。
標高2669m。
f0049074_8514938.jpg

先ほど通過してきた種池山荘が
可愛らしく見えます。
f0049074_852396.jpg

続く。

撮影日:2012.09.13
by j-garden-hirasato | 2012-09-22 08:53 | 山岳 | Comments(14)

山行記録:北アルプス・爺ヶ岳

最近、
山付いております。
また、
山に行ってきました。
f0049074_2084826.jpg

今回の目的地は、
北アルプス・爺ヶ岳。
f0049074_209670.jpg

天候はまずまず。
f0049074_2092897.jpg

登山口は、
黒部アルペンルートの起点である扇沢。
f0049074_2094358.jpg

「柏原新道」と呼ばれるルートを登ります。
f0049074_2095843.jpg

短時間で稜線に出られるルートですが、
その分、
勾配はちょっとキツイです。
f0049074_20101599.jpg

大汗、ゼイゼイを繰り返し、
ようやく、
稜線の小屋が見えました。
f0049074_2010318.jpg

爺ヶ岳直下の種池山荘。
f0049074_20104535.jpg

ここで小休止。
f0049074_20105951.jpg

今の時代、
こんな山小屋でも、
生ビールが飲めます!
f0049074_20111140.jpg

続く。

撮影日:2012.09.13
by j-garden-hirasato | 2012-09-18 20:11 | 山岳 | Comments(20)

高原歩き:妙高高原・笹ヶ峰

先の土曜日、
街道歩きの会の仲間と、
妙高高原を歩いてきました。
f0049074_19113332.jpg

JR妙高高原駅からバスで40分。
笹ヶ峰から、
ウォーキング班とラン班に分かれてスタート。
f0049074_1912745.jpg

自分はウォーキング。
笹ヶ峰は、
牧場として開発された場所。
今も牧場が営まれています。
f0049074_19123126.jpg

牧場内に遊歩道があり、
牛たちののんびりした姿を見ながら歩きます。
f0049074_19124722.jpg

牧場開発の際に残された樹木は、
きれいな自然樹形を保っています。
f0049074_1913878.jpg

これはトチノキ。
途中には清水も湧いています。
f0049074_19132461.jpg

手を長く浸すことができないほど、
冷たい清水でした。
f0049074_19134272.jpg

牧場内は
アップダウンがほとんどなく、
快適です。
f0049074_19135953.jpg

牧場を後に、
車道を一気に下ります。
f0049074_19141530.jpg

この笹ヶ峰は、
高地トレーニングで多くのランナーが訪れるようです。
f0049074_19143463.jpg

こんなイベントも。
『信越五岳トレイル110キロ』。
f0049074_1914564.jpg

すごい人がいるものです。
この後、
長野に戻って「お疲れ会」でした。
f0049074_19151130.jpg

探訪日:2012.09.08
by j-garden-hirasato | 2012-09-15 19:15 | そぞろ歩き | Comments(8)

山旅:湯ノ丸山・烏帽子岳

志賀高原では満足に歩けなかったので、
次の週の平日、
有給休暇を取り、再び山へ。
当初は北アルプスを目指しましたが、
あまりに重々しい雲に覆われていたため、
断念。
急きょ、目的地を変更して
東部町の『湯ノ丸山・烏帽子岳』へ。
f0049074_2059115.jpg

湯ノ丸高原にはスキー場があり、
夏場は牛も放牧されています。
ゲレンデから登り始めます。
f0049074_20592750.jpg

少し低山への変更でしたが、
天気は相変わらす、イマイチ。
f0049074_20594197.jpg

花は夏の花から秋の花に移行中。
f0049074_20595592.jpg

湯ノ丸山の山頂、標高2102m。
ガスっていて、
山頂からの展望は全くありません。
f0049074_2101377.jpg

天候回復の見込みはありませんでしたが、
ここまで来たら意地です。
隣の烏帽子岳まで足を伸ばします。
f0049074_2103020.jpg

一旦下って、
もう一度、登り返します。
f0049074_2104370.jpg

烏帽子岳の山頂、標高2065m。
ここで小休止。
f0049074_211016.jpg

下りはじめたら、
ガスが少し取れてきました。
これが烏帽子岳の全容。
f0049074_2111584.jpg

気持ち良いカラマツの林もあり、
山道は快適です。
f0049074_2113011.jpg

登り口に着く頃には、
先ほど登った湯ノ丸山の姿も
はっきりと見えるようになっていました。
f0049074_2114583.jpg

何か損をした気分…。
今回は、
山との相性が合いませんでした。
f0049074_2115997.jpg

探訪日:2012.09.04
by j-garden-hirasato | 2012-09-12 21:02 | 山岳 | Comments(18)

山旅:志賀高原

先の先の土曜日、
家族で高原歩きに出かけました。
向かったのは、
志賀高原の芳ヶ平湿原と白根山。
f0049074_2019502.jpg

長野では天気が良かったのですが、
志賀高原の峠を越え、
群馬に入った途端、
天候が何やら怪しくなって…。
f0049074_2020986.jpg

雨も降り出したので、
当初の目的地は断念。
f0049074_20203031.jpg

途中、湿原があったので、
湿原散策に予定変更。
『田ノ原湿原』を歩きました。
f0049074_20204747.jpg

木道を見るだけで、
高原気分が盛り上がります。
f0049074_2021661.jpg

アップダウンのない、
平坦な地形。
f0049074_20212660.jpg

軽く木道を歩き、
お昼を食べ、
帰ってきました。
f0049074_20214556.jpg

たまの家族企画、
うまくいかないものです。
f0049074_2022094.jpg

探訪日:2012.09.01
by j-garden-hirasato | 2012-09-09 20:22 | 山岳 | Comments(16)

気になるもの:静岡・懐かしい遊具

静岡そぞろ歩き第9弾。
静岡編の最終回。
静岡浅間神社の鳥居は、
道の真ん中に立っています。
f0049074_6243659.jpg

他の神社でも、
道の中の鳥居を見かけまずが、
ここの位置は微妙です。
f0049074_6245137.jpg

よく、車がぶつからないものです。
f0049074_625870.jpg

その鳥居の近くに公園があります。
『西草深公園』。
f0049074_6252313.jpg

懐かしい遊具がありました。
f0049074_6253719.jpg

この近くに友人がいたので、
たまに、遊んだことがあります。
f0049074_6255358.jpg

今ではめっきり見かけることがなくなった、
モルタル仕上げのコンクリートの山の遊具。
f0049074_626783.jpg

童心に帰ってしまいました。
f0049074_6262231.jpg

探訪日:2012.08.12
by j-garden-hirasato | 2012-09-07 06:26 | 遊具 | Comments(12)

古墳探訪:静岡・賤機山古墳

静岡そぞろ歩き第8弾。
今回は、古墳探訪。
静岡浅間神社の境内、
賤機山の中腹に古墳があります。
『賤機山古墳』です。
f0049074_6285596.jpg

墳丘は、
賤機山の南端の斜面を利用して造られており、
直径は約32メートル、
高さは約7メートルの円墳です。
f0049074_629101.jpg

埋葬施設として「横穴式石室」を持ち、
内部に「家形石棺」が置かれています。
横穴式石室の長さは13.2メートル。
石棺は「家形石棺」で、
長さ約2.9メートル、幅約1メートル。
f0049074_62924100.jpg

古墳の築造時期は、
6世紀後半とみられています。
国の史跡に指定されています。
f0049074_6294094.jpg

蝉時雨の中、
古墳からさらに賤機山を登ると、
山頂に着きます。
f0049074_6295978.jpg

静岡市街地。
遠くに、
伊豆半島が見えました。
f0049074_6301491.jpg

再び、蝉時雨。
下ります。
f0049074_6303143.jpg

強い夕日に照らされ、
何か、
別世界に迷いこんだようでした。
f0049074_6304633.jpg

探訪日:2012.08.12
by j-garden-hirasato | 2012-09-05 06:30 | 文化財 | Comments(20)