日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
銀閣寺に初めて来たのは高..
by ほしがき at 13:42
こんにちは 綺麗に..
by iris304 at 12:01
庭の手入れをする人たちの..
by saheizi-inokori at 09:59
ここの石庭は規模が竜安寺..
by London Caller at 09:14
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 08:58
銀閣寺の様式美には脱帽で..
by yaguchitenga at 08:51
アンブリーバブルな無人の..
by umi_bari at 06:10
siawasekunさん..
by j-garden-hirasato at 05:23
otti468さん、コメ..
by j-garden-hirasato at 05:21
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:17
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 05:13
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:11
素敵なショットと解説から..
by siawasekun at 00:43
京都旅行を楽しまれました..
by otti468 at 22:24
銀閣寺は行った事がないで..
by yaguchitenga at 20:25
こんにちは^^ サスガ..
by risaya-827b at 15:19
こんにちは☆ 祇園、素..
by aozoracafe123 at 14:21
pikorin77jpさ..
by j-garden-hirasato at 06:27
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:24
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 06:22
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

庭園探訪・東京編:檜町公園

東京の庭園第7弾。
今回は、
東京ミッドタウンの隣接地、
『檜町公園』です。
f0049074_22162065.jpg

「東京ミッドタウン」は、
三井不動産が主体となった再開発により誕生した、
複合施設及びその地域一帯の総称です。
f0049074_22165476.jpg

2003年(平成15)に誕生した
「六本木ヒルズ」に対抗して進められたプロジェクト。
f0049074_22171017.jpg

開業は2007年(平成19)。
f0049074_22173283.jpg

もともとは、
長州藩毛利家の下屋敷がありました。
f0049074_22175132.jpg

戦後は米軍の檜町駐屯地として使われ、
その後、防衛庁が置かれましたが、
その移転に伴い再開発が行われました。
f0049074_22181278.jpg

シンボルであるミッドタウン・タワーは、
地下5階・地上54階・高さ248m。
都内で最も高い超高層ビルです。
f0049074_22182929.jpg

国内では、
横浜ランドマークタワー(296m)、
大阪ワールドトレードセンタービルディング(256m)、
りんくうゲートタワービル(256m)に次ぐ四番目の高さです。
f0049074_2218478.jpg

港区が管理する隣接する檜町公園と合わせ
4ヘクタールが緑地帯となっています。
f0049074_2219547.jpg

日本庭園は、
その公園の一角に整備されています。
f0049074_22192351.jpg

池を中心として、
その周囲に園路が配された池泉回遊式庭園。
f0049074_22194089.jpg

都心の一等地に位置する、
まさに、都会のオアシスです。
f0049074_222037.jpg

撮影日:2010.08.28
by j-garden-hirasato | 2011-01-30 22:20 | 庭園 | Comments(18)

庭園探訪:池田山公園

東京の庭園探訪第6弾。
今回は、『池田山公園』。
f0049074_6205665.jpg

江戸時代には、
岡山池田藩の下屋敷があった場所です。
f0049074_6211621.jpg

当時、
この高台は「池田山」と呼ばれ、
この屋敷も、
「大崎屋敷」と呼ばれました。
f0049074_6213358.jpg

明治以降も
池田家の屋敷と使われていましたが、
この一帯が高級住宅地とした宅地分譲され、
戦後しばらくは、
個人の邸宅となっていました。
f0049074_62151100.jpg

品川区が庭園保護のために敷地を買収し、
区立公園として整備。
f0049074_6221213.jpg

1985年(昭和60)に開園しました。
f0049074_6223159.jpg

起伏のある地形に造られた庭園。
f0049074_6224760.jpg

今では、
パワースポットとしても
人気があるようです。
f0049074_623545.jpg

撮影日:2010.08.27
by j-garden-hirasato | 2011-01-27 06:23 | 庭園 | Comments(16)

庭園探訪・東京編:東京庭園美術館

東京の庭園探訪第5弾。
『東京庭園美術館』です。
f0049074_5411476.jpg

旧朝香宮邸を、
そのまま美術館として公開しています。
f0049074_5414567.jpg

1933年(昭和8)の築。
設計は、宮内省の内匠寮。
内装デザインはフランスのインテリアデザイナー担当しました。
f0049074_542895.jpg

当時流行のアールデコ様式の粋を尽くした建物です。
f0049074_5424794.jpg

戦後の一時期、
外務大臣・首相公邸、国の迎賓館などとして使われてきましたが、
建設から半世紀後の1983年(昭和58年)、
美術館として新しく生まれかわりました。
f0049074_543854.jpg

東京都の有形文化財に指定されています。
f0049074_5432750.jpg

庭園は、
野外彫刻が展示された芝生広場、
日本庭園、
そして西洋庭園の3つのエリアで構成されています。
f0049074_543447.jpg

どのエリアも、
ちょっと控えめ。
f0049074_544159.jpg

特に、日本庭園には、
もう少しがんばってほしいところでした。
f0049074_5441644.jpg

時間に余裕がなく、
建物内に入らなかったのが、
今となっては残念です。
f0049074_5443485.jpg

撮影日:2010.08.27
by j-garden-hirasato | 2011-01-24 05:44 | 庭園 | Comments(12)

庭園探訪・東京編:八芳園

東京の庭園探訪第4弾。
今回は、白金台の『八芳園』です。
f0049074_843591.jpg

江戸時代、
この辺りには
旗本・大久保彦左衛門の屋敷があったとされています。
f0049074_845793.jpg

その後、
薩摩藩の抱屋敷
島津藩の下屋敷となります。
f0049074_851645.jpg

明治時代、
渋沢栄一の従兄弟である
渋沢喜作の手に渡り、
f0049074_853672.jpg

1915年(大正4)、
『鉱山王』と呼ばれた実業家・久原房之助の邸宅となり、
建物と庭園が造営されました。
f0049074_855740.jpg

戦後、
海外からの旅行者向けの料亭『八芳園』として、
1950年(昭和25)に創業しました。
f0049074_861779.jpg

現在は、
結婚式場、各種パーティーの会場、
レストランを経営しています。
f0049074_863566.jpg

訪れた当日も、
挙式を控えたカップルの写真撮影が行われていました。
f0049074_865542.jpg

造り込まれた園内の散策は、
実に気持ちがよいものです。
f0049074_871720.jpg

特に、
池の水際、というより、
池の中に設置された四阿は最高でした。
f0049074_87368.jpg

『自然の涼』とはどういうものか、
実感することができました。
f0049074_875527.jpg

最後に、
東京の大庭園に付き物の…。
f0049074_881856.jpg

我がもの顔です。

撮影日:2010.08.27
by j-garden-hirasato | 2011-01-22 08:08 | 庭園 | Comments(16)

庭園探訪・東京編:グランドプリンス高輪

東京の庭園探訪第3弾。
今回は『グランドプリンス高輪』です。
f0049074_5232954.jpg

JR品川駅から徒歩3分。
西武鉄道のグループ企業
プリンスホテルの経営です。
f0049074_5235461.jpg

高輪、新高輪、さくらタワーの
3つの系列ホテルが建ち並び、
その外構として日本庭園が造られています。
f0049074_5242330.jpg

ホテルと合わせれば、
かなり広い敷地です。
f0049074_5244418.jpg

ホテル同士を繋ぐように園路が配され、
庭園としての意匠が施されています。
f0049074_525649.jpg

小高い丘をそのまま生かして、
建物と庭園を配されています。
f0049074_5253318.jpg

その地形を生かして、
園路を巡らされ、
池、流れが造られています。
f0049074_5255540.jpg

樹木も大きく育ち、
高層建築のホテルが気になりませんでした。
f0049074_5261428.jpg

ホテルの利用者だけでなく、
出入りが自由というのが、
うれしい限りです。
f0049074_526333.jpg

日本庭園というより、
日本庭園風な公園という趣。
f0049074_526505.jpg

ホテルの敷地でありながら、
緑豊かな空間が広がり、
都会にいるのを忘れさせてくれました。
f0049074_527526.jpg

ホテルに泊まってゆっくり散策、
贅沢ですね。
f0049074_5272332.jpg

撮影日:2010.08.27
by j-garden-hirasato | 2011-01-20 05:27 | 庭園 | Comments(18)

庭園探訪・東京編:浜離宮恩賜庭園

東京の庭園探訪第2弾。
今回は、
東京の大名庭園の代表格、
『浜離宮恩賜庭園』です。
f0049074_5121827.jpg

東京湾の海水を引き込んだ、
潮入り庭園です。
f0049074_51236100.jpg

潮の干満を利用して、
園内の景色に変化を与えます。
f0049074_5161972.jpg

この地は、江戸時代初期、
将軍家の鷹狩の場でした。
f0049074_5163618.jpg

1654年(承応3)、
甲府藩主・徳川綱重がこの地を拝領、
埋め立てて、
甲府藩の下屋敷となりました。
f0049074_5165424.jpg

綱重の子・家宣が6代将軍になると、
『浜御殿』として、
庭園が整備されました。
f0049074_517109.jpg

明治になると宮内省の管轄となり、
『浜離宮』と呼ばれるようになりました。
f0049074_5172698.jpg

戦後、
1945年(昭和20)にはGHQの要求で、
東京都に下賜。
f0049074_5174361.jpg

1946年(昭和21)、
都立公園として開園されました。
f0049074_5175989.jpg

1952年(昭和27)、
国の特別史跡・特別名勝に指定されました。
f0049074_5181559.jpg

庭園周辺には高層ビルが林立。
f0049074_5183293.jpg

当時の風情を感じる環境には、
残念ながら、ありません。
f0049074_5184925.jpg

撮影日:2010.08.27
by j-garden-hirasato | 2011-01-17 05:18 | 庭園 | Comments(18)

庭園探訪・東京編:新宿御苑

真冬なのに、真夏の記事のアップ!
暑かった夏を思い出しながら、お楽しみください(笑)。

東京ではレトロ探訪だけではなく、
ちゃんと庭園探訪もしてきました。
その第1弾。
『新宿御苑』です。
f0049074_612624.jpg

この公園、
意外にも国土交通省ではなく、
環境省の管理する公園です。
f0049074_6122951.jpg

種別も「国民公園」。
「都市公園」ではありません。
f0049074_612483.jpg

もともとこの地は、
信濃高遠藩内藤家の下屋敷があった場所。
f0049074_613267.jpg

現在も、
玉藻池を中心とした日本庭園が残され、
その面影を垣間見ることができます。
f0049074_6132183.jpg

1872年(明治5)、
農業振興を目的として内藤新宿試験場が開設。
f0049074_6133758.jpg

1879年(明治12)には、
皇室の御料地として新宿植物御苑が開設され、
宮内省(現・宮内庁)の管理となりました。
f0049074_6135496.jpg

新宿御苑としての開設は1906年(明治39)。
f0049074_6141047.jpg

戦後の1949年(昭和24)、
国民公園として一般開放されました。
f0049074_6142922.jpg

園内には、
先の玉藻池以外にも日本庭園が整備され、
庭園内に建てられている旧御涼亭(台湾閣)は、
1927年(昭和2)の築。
東京都選定歴史的建造物に指定されています。
f0049074_6144471.jpg

さらに、イギリス風景式庭園、
フランス整形式庭園と、
さまざまな様式の庭園が楽しめます。
f0049074_615424.jpg

まさに、都会のオアシスとして、
都民に親しまれています。
f0049074_615223.jpg

撮影日:2010.08.26
by j-garden-hirasato | 2011-01-13 06:16 | 庭園 | Comments(16)

乗物の景:長野電鉄・ロマンスカー

新年になりましたが…。
忘年会の帰りは、
湯田中温泉駅から長野電鉄でした。
f0049074_20462361.jpg

木造のレトロな旧駅舎は、
国の有形登録文化財に指定されています。
f0049074_2046441.jpg

これは現在の駅舎。
f0049074_2047212.jpg

長野行きの特急は、
小田急電鉄で使われていたロマンスカーの車両です。
f0049074_2047199.jpg

特急券は100円。
f0049074_20473987.jpg

かなりクラシック。
f0049074_20475587.jpg

前後が展望車両になっています。
f0049074_20481574.jpg

先頭車両の席は、
すでに押えられていたので、
最後尾へ
f0049074_20483422.jpg

だれも乗っていません。
f0049074_20485267.jpg

長野まで45分。
f0049074_20491059.jpg

列車の旅もいいものです。
f0049074_20493256.jpg

乾杯!
f0049074_20495597.jpg

撮影日:2010.12.18
by j-garden-hirasato | 2011-01-11 20:50 | 鉄道 | Comments(18)

静岡にて:初詣・浅間神社

初詣は、
お浅間(せんげん)さんに。
f0049074_20161319.jpg

正式名は『静岡浅間神社』(しずおかせんげんじんじゃ)。
f0049074_20163545.jpg

神部神社(かんべじんじゃ)、浅間神社(あさまじんじゃ)、
大歳御祖神社(おおとしみおやじんじゃ)の3社の総称です。
f0049074_20171672.jpg

神部神社は、
駿河国開拓の祖神・大己貴命(おおなむちのみこと)を祀っています。
崇神天皇の時代(約2100年前)の鎮座と伝えられています。
f0049074_20173822.jpg

浅間神社は、
木之花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)を祀っています。
延喜元年(901年)、
富士山本宮浅間大社より勧請され、
以来、冨士新宮として崇敬されてきました。
f0049074_2018249.jpg

大歳御祖神社は、
大歳御祖命(おおとしみおやのみこと)を祀っています。
応神天皇の時代(約1700年前)の鎮座と伝えられ、
元々は安倍川河畔の安倍の市(古代の市場)の守護神でした。
f0049074_20184527.jpg

江戸時代まではそれぞれ独立した神社でしたが、
現在は一つの神社となっています。
f0049074_2019758.jpg

鎮座して以来、
朝廷をはじめ鎌倉将軍家、今川、武田、織田、豊臣、徳川など
時の権力者の崇敬を受けてきました。
f0049074_20192993.jpg

ことに徳川家康は、
今川氏の人質として、
幼少時代をこの浅間神社近くの臨済寺で過ごしており、
ここで元服式が行われています、
f0049074_20195153.jpg

以降、
徳川氏の篤い尊崇を受けて、
寛永・文化年間両度の大造営が行われ、
徳川幕府の祈願所となりました。
f0049074_2020141.jpg

参拝当日も
多くの人が訪れていました。
f0049074_2020327.jpg

今年一年、
よい年でありますように。
f0049074_20205058.jpg

撮影日:2011.01.03
by j-garden-hirasato | 2011-01-09 20:21 | 神社仏閣 | Comments(14)

静岡にて:三保の海岸(その2)

名峰・富士山は
f0049074_514496.jpg

何と撮っても、
f0049074_5142878.jpg

美しい?
f0049074_5144544.jpg

撮影日:2011.01.03
by j-garden-hirasato | 2011-01-07 05:14 | Comments(18)