日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
地下街、いいですね。 ..
by London Caller at 22:08
ん? レトロ館? ..
by ninja2005y at 21:52
久しく上野駅には行ってま..
by aitoyuuki32 at 12:38
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 11:47
夜行列車が出ていった古い..
by saheizi-inokori at 10:59
オォ~‼ご来京でしたか‼..
by N-styel at 09:04
上野駅には10年くらい降..
by gipsypapa at 08:46
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 08:28
iris304さん、コメ..
by j-garden-hirasato at 05:13
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:10
ericanadaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:06
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 04:58
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 04:51
こんにちは^^ 後..
by iris304 at 12:11
こんにちは^^ 縄..
by iris304 at 12:04
先週私も新潟に行っていま..
by YuccaR at 09:34
凄い膨大な展示ですね!こ..
by YuccaR at 09:31
これは見に行きたいですね..
by ericanada at 09:00
きっと こういうのにも..
by 雪だるま at 05:55
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:49
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

気になる風景:温泉街

あれば気になる廃墟。
なぜか、近づきたくなります。
渋温泉の温泉街にもありました。
f0049074_20582677.jpg

ホテルの別館です。
f0049074_2058496.jpg

「竹久夢二ゆかりの宿」なのに…。
郵便ポストの後ろにも…。
f0049074_2059713.jpg

このホテルも閉まっていました。
この建物も、
f0049074_20592979.jpg

旅館だったのでしょう。
湯田中温泉には、
f0049074_20594988.jpg

町の社会体育館ですが…。
f0049074_210786.jpg

他に、代替施設でもできたのでしょうか。
f0049074_2102540.jpg

同じく湯田中温泉にて。
土留の壁に…。
f0049074_2104696.jpg

こんな場所に安置して、いいの?
この近くのは、こんな穴も。
f0049074_211334.jpg

ありがたいお言葉。
f0049074_2111937.jpg

学生諸君、
ちゃんと読んでいますか。
雪国ならではの光景。
f0049074_2113620.jpg

お寺の参道を雪から守っています。
でも、
こんな簡易なもので、
大丈夫なのでしょうか?

撮影日:2010.12.19
by j-garden-hirasato | 2010-12-29 21:01 | Comments(18)

町の景:温泉街・渋温泉

少し前の職場の忘年会。
泊まりは湯田中でした。
その次の日、
野猿公苑の帰り、
温泉街を歩きました。
f0049074_5335779.jpg

『渋温泉』。
「湯田中渋温泉郷」の一つ。
f0049074_5341847.jpg

1300年前に行基が発見したとされ、
武田信玄の隠し湯の一つでもあります。
f0049074_5343696.jpg

共同浴場が9軒あり、
外湯巡りが有名です。
f0049074_53457100.jpg

こういう温泉街には、
やはり、和風の建物が似合います。
f0049074_535154.jpg

昭和初期に建てられた『金具屋・斉月楼』。
f0049074_535358.jpg

「千と千尋の神隠し」の
湯屋のモデルになったと言われています。
f0049074_5355670.jpg

国の登録有形文化財です。
f0049074_5361110.jpg

訪れた時間帯は、昼間。
f0049074_5363062.jpg

忘年会シーズンの土曜日でありながら、
町中はガラーンとしていました。
f0049074_5364913.jpg

撮影日:2010.12.18
by j-garden-hirasato | 2010-12-27 05:36 | そぞろ歩き | Comments(20)

動物の景:渋温泉地獄谷・野猿公苑(その3)

『野猿公苑』第3弾。
今回は、温泉猿。
f0049074_6335834.jpg

入ったものだけが味わえる快楽!
f0049074_6342329.jpg

人も猿も一緒です。
f0049074_6343992.jpg

幸せ!
f0049074_6345915.jpg

この表情。
f0049074_635232.jpg

人より、
ゆっくり浸かっています。
f0049074_6354817.jpg

至福の時間。
f0049074_636673.jpg

またまた、
癒されました。
f0049074_6362482.jpg

撮影日:2010.12.18
by j-garden-hirasato | 2010-12-25 06:36 | Comments(12)

動物の景:渋温泉地獄谷・野猿公苑(その2)

『野猿公苑』第2弾。
今回の主役は、猿たちです。
f0049074_9195922.jpg

雪が舞う寒い中、
懸命に生きる猿たちの姿。
f0049074_9202211.jpg

雪の中から、
餌を探して食べています。
f0049074_9204247.jpg

親子の猿。
f0049074_921954.jpg

母の愛。
f0049074_9212686.jpg

親猿に寄り添う子猿、
f0049074_9214223.jpg

無邪気な表情。
f0049074_922487.jpg

かわいいです。
f0049074_9222196.jpg

カメラは自然と子猿に…。
f0049074_9223814.jpg

癒されました。
f0049074_9225540.jpg

撮影日:2010.12.18
by j-garden-hirasato | 2010-12-23 09:23 | Comments(14)

動物の景:渋温泉地獄谷・野猿公苑

長野県北部、
志賀高原の玄関口である湯田中・渋温泉。
そこに、
『野猿公苑』があります。
f0049074_5375549.jpg

泊まりの忘年会が湯田中だったので、
次の日、歩いてきました。
f0049074_5382358.jpg

とはいっても、
温泉街にあるわけではなく、
山の中です。
f0049074_5384065.jpg

今年はまだ、
本格的な雪が降っていないため、
軽装備で行けました。
f0049074_538587.jpg

温泉に入る猿として有名。
f0049074_5392188.jpg

ほんとに、
入っていました。
f0049074_5394076.jpg

猿も温泉は気持ちいいようです。
f0049074_5395517.jpg

さすが、
ジャパニーズ・モンキー。
f0049074_5401693.jpg

温泉にはどの猿も入っているわけではなく、
入れるのと入れないのがいるようです。
f0049074_5402928.jpg

それにしてもここの猿、
全く人を恐れません。
f0049074_5404330.jpg

この日は
朝から雪が舞うあいにくの天候でしたが、
多くの人が訪れていました。
f0049074_541014.jpg

特に、
外国人が多いのが印象的でした。
人がカメラを構えているのに、
前に立たれました(アジア系)。
f0049074_5411580.jpg

撮影日:2010.12.18
by j-garden-hirasato | 2010-12-20 05:43 | Comments(14)

古墳探訪:大室古墳群その2

大室古墳群の続きです。
前回はエントランスゾーンでしたが、
今回は、
そのさらに山の奥に位置する
『ムジナゴーロ』と呼ばれる一帯。
f0049074_681099.jpg

明るく開放的なエントランスゾーンとは異なり、
ムジナゴーロ一帯は、
鬱蒼とした杉林です。
f0049074_683052.jpg

古墳群に杉を植林し、
杉林にしていまいました。
f0049074_685067.jpg

その杉林の中に、
無数の古墳が点在しています。
f0049074_691687.jpg

その中で、
注目したいのが『合掌形石室』。
f0049074_693677.jpg

石室は四角い箱形が一般的ですが、
屋根のように合掌形になっています。
f0049074_695547.jpg

国内で確認されている合掌形40基(今回の発掘で41基)のうち、
ここ大室古墳群に26基。
f0049074_6101537.jpg

集中しています。
f0049074_6103751.jpg

この大室古墳群には、
積石塚古墳、盛土墳、土石混合墳など、
さまざまな形の古墳があります。
f0049074_6105614.jpg

古墳群の成立には、
朝鮮半島からの渡来人が
関わっていると推測されています。
f0049074_6111367.jpg

古墳に興味がそそられますが、
もともとはお墓。
f0049074_6113256.jpg

静寂の中、
一人でいると、
心細くなってきます…。
f0049074_6115591.jpg

探訪日:2010.12.04
by j-garden-hirasato | 2010-12-17 06:11 | 文化財 | Comments(16)

古墳探訪:大室古墳群

長野市松代町大室地区に、
大室古墳群があります。
現地見学会があったので、
出かけてきました。
f0049074_2254954.jpg

大室古墳群は、
5世紀前半から8世紀までの約300年間で、
500基を超える古墳が造られました。
f0049074_225439100.jpg

今回の見学会は、
昨年発見され『241号墳』の
発掘調査の結果説明。
f0049074_2255345.jpg

掘り出された241号墳の石室。
f0049074_22552112.jpg

今回の発掘で、
鉄製の馬具や矢じり、
ガラス玉などが出土しました。
f0049074_22554718.jpg

この古墳が造られたのは、
およそ1500年前の
古墳時代後期前半ということです。
f0049074_2256544.jpg

現在、
エントランスゾーンの史跡整備が進められています
f0049074_22563018.jpg

古墳の整備や
点在する古墳を繋ぐように
園路が巡らされています。
f0049074_22565225.jpg

大室古墳群を解説してくれる
古墳館も設置されています。
f0049074_22571259.jpg

模型に点損する赤い丸が
確認されている古墳。
ものすごい数です。
f0049074_22573519.jpg

エントランスゾーンの上部からは、
きれいに北アルプスが望めます。
f0049074_2258093.jpg

もともと岩が多い地形、
隣りの切り立った岩では、
ロッククライミングをやっていました。
f0049074_22583488.jpg

続く。

探訪日:2010.12.04
by j-garden-hirasato | 2010-12-13 22:58 | 文化財 | Comments(16)

山の景:アルプス展望3

小川村からの北アルプス後立山連峰。
これで最後。
刻々と変化するモルゲンロート。
鹿島槍ヶ岳。
f0049074_19434534.jpg

淡いピンクが、
f0049074_1944958.jpg

徐々に、
f0049074_19442514.jpg

徐々に、
f0049074_19445182.jpg

黄色が強くなります。
f0049074_1945958.jpg

五竜岳。
f0049074_19452571.jpg

徐々に、徐々に、
f0049074_19453988.jpg

小金色。
f0049074_1946513.jpg

最後は、白銀。
f0049074_19462451.jpg

カメラを固定して、
同じアングルで撮ればよかったです。
f0049074_19464022.jpg

探訪日:2010.12.05
by j-garden-hirasato | 2010-12-09 19:46 | | Comments(23)

山の景:アルプス展望2

小川村からの
北アルプス後立山連峰。
望遠でも撮ってみました。
日本三百名山の『蓮華岳』。
標高2,799m。
f0049074_557388.jpg

まだ、星が出ていました。
徐々に山がピンク色に。
f0049074_5572643.jpg

モルゲンロート(朝焼け)が始まります。
日本百名山の『鹿島槍ヶ岳』。
f0049074_5574645.jpg

標高2,889m。
猫みたいな耳が二つ。
双耳峰と呼ばれています。
日本三百名山の『爺ヶ岳』。
標高2,670m。
f0049074_5587100.jpg

雪形が種まきをするお爺さんの見えることから、
この名が付けられました。
日本百名山の『五竜岳』。
f0049074_5582643.jpg

標高2,814m。
雪形が武田家の紋章である「武田菱」に見えます。
『白馬鑓ヶ岳』(左)、標高2,903mと。
『杓子岳』(右)、標高2,812m。
f0049074_5584622.jpg

日本百名山の『白馬岳』。
標高2,932m。
f0049074_559169.jpg

朝日が強くなり、
f0049074_5591884.jpg

淡いピンク色は、
f0049074_5593483.jpg

黄金色に変わります。
f0049074_5595540.jpg

探訪日:2010.12.05
by j-garden-hirasato | 2010-12-08 05:59 | | Comments(18)

山の景:アルプス展望

先の日曜日、
天気が良かったので、
アルプスの展望で有名な
小川村に行ってきました。
f0049074_5555537.jpg

小川村から見えるのは、
北アルプス後立山連峰。
AM6:21
f0049074_5561060.jpg

左が、鹿島槍ヶ岳。
標高2,889m。
AM6:32
f0049074_5562465.jpg

右が、五竜岳。
標高2,814m。
AM6:38
f0049074_5563765.jpg

AM6:45
f0049074_5565129.jpg

Am6:47
f0049074_557730.jpg

AM6:54
f0049074_5572228.jpg

AM7:01
f0049074_55735100.jpg

こちらは、
白馬三山。
AM6:25
f0049074_5575099.jpg

左が、白馬鑓ヶ岳。
標高2,903m。
AM6:32
f0049074_558419.jpg

中央が、杓子岳。
標高2,812m。
AM6:34
f0049074_5581846.jpg

右が、白馬岳。
標高2,932m。
AM6:37
f0049074_5584972.jpg

AM6:45
f0049074_559210.jpg

絶好の天気でした。
AM6:53
f0049074_5591494.jpg

探訪日:2010.12.05
by j-garden-hirasato | 2010-12-06 05:59 | 北アルプス | Comments(14)