日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
津南町がどの辺りにあるの..
by gipsypapa at 09:05
津南といえば 豪雪地帯..
by 雪だるま at 05:59
おお、これは凄い♪ 質..
by blackfacesheep2 at 22:10
>>カミさんが結婚式に参..
by ninja2005y at 21:57
火焔型土器。本当に凄いで..
by ほしがき at 21:55
たしかにすごいですね! ..
by London Caller at 18:48
新潟まで行かれましたか ..
by yaguchitenga at 18:22
民俗資料館や郷土博物館に..
by sternenlied2 at 15:01
おはようございます^^ ..
by risaya-827b at 10:51
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 09:37
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 07:00
sarutvさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 06:22
London Calle..
by j-garden-hirasato at 06:19
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:18
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 06:15
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 06:09
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 06:05
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 06:00
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:56
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:52
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

近代遺産探訪:尾又橋

先の三連休の最終日、
ようやく時間がとれ、
木曽の行ってきました。
訪れたのは、南木曽。
妻籠宿で有名な町。
その妻籠宿で…。
f0049074_610181.jpg

ありました、
コンクリート橋!
f0049074_6102147.jpg

名前は、尾又橋。
f0049074_6103990.jpg

手元にデータがないため、
設計者、設置時期等はわかりませんが、
f0049074_6105739.jpg

先に紹介したコンクリート橋たちと、
同じ時期、昭和初期の設置と思われます。
f0049074_6111684.jpg

なかなかの味わいです。
f0049074_611372.jpg

この橋から妻籠宿にアプローチすれば、
気分高揚、間違いなし。
f0049074_6115730.jpg

妻籠宿に行かれる際は、
ぜひ、この橋から。
f0049074_612179.jpg

妻籠宿の詳細については、
後日アップの予定ですが、
こんなものもありました。
f0049074_6124153.jpg

「書状集箱」
復元物ですが、
昔のポストの様子が分かります。

撮影日:2010.07.19
by j-garden-hirasato | 2010-07-30 06:12 | 土木遺産 | Comments(14)

スポーツの景:ソフト三昧

猛暑の土日、
ソフト三昧でした。
f0049074_20352980.jpg

土曜日は、
少女ソフトの北信越大会長野予選。
諏訪湖半まで行ってきました。
f0049074_20355519.jpg

負ければそこで終わりのトーナメント方式。
それにしても、暑い…。
f0049074_2036231.jpg

この日は何とか勝ち進み、
ベスト4入り。
f0049074_20364935.jpg

日曜日に決勝戦です。

日曜日は
娘の所属するソフトボールチームの練習試合。
f0049074_20371721.jpg

ようやくメンバー9人が揃い、
試合ができるようになりました。
f0049074_20374061.jpg

この日もジリジリ焼かれます…。
練習試合なので、
勝敗よりプレイの内容確認を重視です。
f0049074_2038431.jpg

結果的には、
2試合やってどちらも勝ち。
f0049074_20382883.jpg

まずまずの出来でした。
8月8日には大会。
結果が楽しみです。

少女ソフトの結果。
3-4で負けてしまいました。
あと1勝で、
北信越大会に行けたのですが…。
残念!

撮影日:2010.07.24-25
by j-garden-hirasato | 2010-07-26 20:38 | スポーツ | Comments(15)

町の景:ポストのある風景

今では四角いものが主流ですが、
丸い筒状のポストには、
何となく親しみがわきます。
今回は、
そんなポストのある風景です。 
   日光のポスト
f0049074_5335172.jpg

ポストは「赤い」ものと相場は決まっていますが、
なぜ、赤いのか?
調べました。
   由比(静岡)のポスト
f0049074_5341246.jpg

明治4年(1871)に郵便制度ができ、
日本でも郵便ポストが設置されました。
   由比(静岡)のポスト
f0049074_5342871.jpg

創業時の郵便ポストは、木製。
江戸時代の「目安箱」を参考としたため、
「書状集箱」「集信箱」などと呼ばれました。
   小諸のポスト
f0049074_5344496.jpg

明治5年(1872)、
イギリスのポストを真似て、
鉄製角柱型の「黒い」ポストが設置されます。
   栃木のポスト
f0049074_535656.jpg

当時はまだ、
現代のように街灯の整備が進んでいない時代。
黒いポストは、夕方以降見えにくく、
苦情が多く寄せられました。
   善光寺のポスト
f0049074_5352334.jpg

そこで、明治21年(1888)、
黒より目立つ「赤い」ポストが考案され、
これが好評だったため、
以後、郵便ポストは赤くなった、ということです。
   小谷(長野)のポスト
f0049074_5354714.jpg

海外には、
いろいろな色のポストがあるようです。
日本と同じ赤は、イタリア、ポルトガル、タイ、香港など。
スイス、フランス、スペイン、ブラジル、アルゼンチンなどでは黄、
中国、ロシアは緑、
米国は青、だそうです。
   塩の道資料館のポスト
f0049074_5365100.jpg

国内でも、銀座には焦げ茶や緑のポストがあり、
特例で設置が認められたようです。
   須坂のポスト
f0049074_5362453.jpg

最後に、ポストの数え方。
1本、2本と数えるそうです。
   須坂のポスト
f0049074_5364544.jpg

同じ規格のポストですが、
それぞれ別物に見えるのが、
おもしろいですね。
   上田のポスト
f0049074_537144.jpg

撮影日:いろいろ
by j-garden-hirasato | 2010-07-23 05:37 | Comments(14)

近代遺産探訪:コンクリート橋

近代遺産(ヘリテージ)とは、
明治・大正・昭和戦前に造られた建築物・建造物のこと。
この近代遺産を巡る「ヘリテージング」が、
今、静かなブームになっているようです。
今回は、
長野県下の現役の近代遺産、
コンクリート橋を紹介します。
まず、
木曽福島町の木曽川に架かる大手橋。
f0049074_682189.jpg

昭和11年(1936)の竣工。
設計は長野県技師であった中島武。
鉄筋コンクリート造のローゼ桁橋です。
f0049074_684050.jpg

ローゼ桁橋とは、
アーチ橋の一種で、
人が通る水平面より上部がアーチになっていて、
アーチ部と水平部が一体となった構造のこと。
f0049074_685817.jpg

波を打ったような美しい曲線が特徴です。
続いて、
小谷村の姫川に架かる姫川橋。
f0049074_691720.jpg

昭和12年(1937)の竣工。
設計は同じく中島武。
f0049074_693670.jpg

横から見ると、
ローゼ桁橋の特徴がよくわかります。
f0049074_695513.jpg

次に、
坂城の千曲川に架かる昭和橋。
f0049074_6101541.jpg

昭和12年(1937)竣工。
設計はこれも中島武。
f0049074_6103572.jpg

これら3橋は、
土木学会選奨の土木遺産に選定されています。
f0049074_610537.jpg

最後に、
安曇野の穂高川に架かる常磐橋。
f0049074_611143.jpg

詳細なデータは不明。
構造、外観は前出3橋と似ています。
f0049074_6113544.jpg

このローゼ桁橋は、
戦前戦後、長野県で多く架けられたようです。
この橋は、
戦後に架けられたのでしょうか。
f0049074_6115494.jpg

撮影日:いろいろ
by j-garden-hirasato | 2010-07-21 06:11 | 土木遺産 | Comments(18)

町の意匠:レトロな時計

以前、
東海道の蒲原から興津まで歩いたとき、
発見したレトロな時計。
f0049074_22115647.jpg

ボーっとしていたら、
気が付かずに通り過ぎていたかもしれません。
f0049074_22121643.jpg

装飾を施されたコンクリート製。
f0049074_22123353.jpg

建てられたのは昭和5年。
続いて、
三ケ日の庭園探訪中に。
レトロな時計を発見。
↓写真の左に注目。
f0049074_22125346.jpg

(カーブミラーの横)
真っ直ぐ進むと大福寺です。
f0049074_22131527.jpg

この時計もコンクリート製。
建てられたのは、
同じく昭和5年。
f0049074_22133624.jpg

昭和初期、
時計がまだまだ重宝がられていたのでしょうか。
f0049074_2214447.jpg

ともに静岡。
これも、地域性?

撮影日:いろいろ
by j-garden-hirasato | 2010-07-18 22:14 | Comments(24)

気になる風景:看板

今回は珍しく、
1点ものです。
発見場所は、
京都・醍醐寺の近く。
f0049074_6173598.jpg

分譲ですか…。

撮影日:ずいぶん前
by j-garden-hirasato | 2010-07-15 06:18 | Comments(20)

町の景:陸上競技場

スペインの優勝で終わったワールドカップ。
放送時間がまことにいい時間帯だったので、
生活リズムが乱れまくり。
ブログからもちょっと距離が…。
ようやく、通常業務に戻れます。

ソフト部を退部した娘でしたが、
陸上部に落ち着きました。
今回は、その陸上絡み。
f0049074_19331152.jpg

撮影したのは、少し前のとある土曜日。
娘がまだ、陸上部に入る前です。
娘の習い事の送迎の待ち時間、
陸上競技場で高校の記録会をやっていたので、
観戦いたしました。
f0049074_19335272.jpg

北アルプスが
きれいに見えました。
f0049074_19345422.jpg

娘は、
武術館(左の建物)の中。
f0049074_1935166.jpg

陸上競技には、
野球やサッカーのように、
華やかな応援はありません。
f0049074_1935397.jpg

部員が競技者に声をかけ、
淡々と競技は進みます。
f0049074_19355840.jpg

天気のよい、爽やかな日。
f0049074_19362188.jpg

のんびり陸上観戦もいいものです。
f0049074_19364181.jpg

うっとうしい梅雨空を忘れたくて、
アップしました。
f0049074_1937268.jpg

撮影日:2010.05.15
by j-garden-hirasato | 2010-07-12 19:39 | スポーツ | Comments(18)

レトロ探訪:旧上高井郡役場

須坂探訪第4弾。
今回は、
唯一のレトロな建物の紹介です。
f0049074_19543268.jpg

『旧高井郡役場』
f0049074_19545724.jpg

大正6年(1917)の築。
須坂市内最古の公共建築です。
f0049074_1955267.jpg

大正時代は、
製糸業が最盛期であった時代。
この須坂も、
かなり繁栄していたようです。
f0049074_19554611.jpg

ドイツ下見という板張りの工法が取られ、
バルコニー付きの車寄せが特徴です。
f0049074_19562188.jpg

正面2階にはペジメントを備えたバロック様式。
f0049074_1956473.jpg

威厳が感じられます。
f0049074_19571092.jpg

郡役所と言えば、
今でいう県庁みたいなものでしょうか。
f0049074_19573487.jpg

当時の中心地であったことの証です。
f0049074_19575760.jpg

郡役所はその後、
郡連合事務所、地方事務所、教育事務所、
保健所と移り変わり、
f0049074_19582438.jpg

現在は、
市民の交流センターとして、
修復、公開されています。
f0049074_19584772.jpg

建物内部は、
自由に見学できます。
f0049074_19591357.jpg

探訪日:2010.06.11
by j-garden-hirasato | 2010-07-08 19:59 | レトロな建物 | Comments(20)

町並み探訪:須坂(その3)・須坂クラシック美術館

須坂探訪第3弾。
須坂では、
蔵を活かした町並みの整備が進められていますが、
その基点に位置するのが、
今回紹介する「須坂クラシック美術館」こと、
「旧・牧新七:家」です。
f0049074_22461467.jpg

昔の商家そのままを美術館にしています。
f0049074_22464073.jpg

もともとは、
須坂藩御用達の呉服商だった牧家の屋敷です。
f0049074_2247383.jpg

牧 新七は、
明治時代に仲間とともに須坂銀行を創設する一方、
製糸会社も設立、
製糸業の発展とともに事業を拡大し、
殖産興業と地歩自治に大きく貢献した人物です。
f0049074_22472750.jpg

明治40年に製糸工場が火事で焼失
大正に入り、
屋敷は越 寿三郎が譲り受けます。
f0049074_2248050.jpg

寿三郎は、
製糸業はもとより、
銀行、電気事業でも活躍し、
「須坂の製糸王」と呼ばれた人物。
f0049074_22485150.jpg

昭和8年には、
酒造業を営んでいた本藤家が譲り受けます。
f0049074_22491381.jpg

その頭首であった本藤恒松は、
県会議員、衆議院議員を務めました。
f0049074_22493984.jpg

明治から大正、昭和という変革の激しい時代、
政財界の一線で活躍した人物に住み継がれた屋敷。
f0049074_2250131.jpg

今は、静かな時間が流れています。
f0049074_22502482.jpg

訪れた日は平日ということもあり、
自分以外に来館者はなく、
f0049074_22505289.jpg

ゆったりとした時間を過ごせました。
f0049074_22511386.jpg

探訪日:2010.06.11
by j-garden-hirasato | 2010-07-04 22:51 | 町並み | Comments(20)