日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
pikorin77jpさ..
by j-garden-hirasato at 06:27
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:24
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 06:22
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 06:16
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 06:07
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:46
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:40
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:35
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:33
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:28
おにぎりに 心奪われてし..
by pikorin77jp at 23:25
昔、家族3人でこの辺りに..
by ninja2005y at 22:38
銀閣寺、いい風情ですよね..
by sternenlied2 at 16:14
生垣の道がすごい。 庭..
by gipsypapa at 15:31
おお、銀閣寺道、懐かしい..
by blackfacesheep2 at 13:01
こちらも人気ですよねぇ~..
by N-styel at 10:11
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 09:55
白味噌仕立てで焼きおにぎ..
by saheizi-inokori at 09:09
焼きおにぎりは初めて見ま..
by London Caller at 07:57
慈照寺さんって言うって、..
by umi_bari at 07:22
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

全国大会

8月1日~4日まで、
東広島市で、
少女ソフトの全国大会です。
我がチームの試合は2日。
応援兼報道班として、
写真を撮りに行ってきます。
一眠りしたら車で出発です。
さて、
どこまで、勝進むことができるでしょうか。
楽しみです。
f0049074_2165041.jpg

by j-garden-hirasato | 2009-07-31 21:07 | スポーツ | Comments(14)

庭園意匠:曲線美

ため息が出るような曲線美。
何も女性のヒップラインだけではありません。
日本庭園にも
思わずうっとりするような曲線美があります。
岡山後楽園です。
f0049074_21101295.jpg

この流れるような園路の曲線、
美しいですね。
f0049074_21103090.jpg

江戸時代の初期、
岡山藩主・池田綱政が
代官・津田永忠に命じて造営させました。
広々とした芝生地が印象的な池泉回遊式庭園。
国の特別名勝に指定されています。
f0049074_21105374.jpg

後楽園といえば、
東京にも「小石川後楽園」がありますが、
この岡山後楽園は、
江戸時代まで「御後園」と呼ばれていたものを
明治4年の一般公開にあたり「後楽園」と改められました。
その後、両者を区別するため、
冠に地名を付けて呼ぶようになったようです。
f0049074_21111684.jpg

流れも園路に負けず、
美しい曲線を描いています。
f0049074_21113358.jpg

そして、
園路と一体となった池の汀線の曲線。
f0049074_21115645.jpg

今でこそ、
平面図で曲線を描いて施工するのでしょうが、
造営当時は、
どのようにしてこの曲線を決めたのでしょう。
興味深いところです。
f0049074_21122072.jpg

撮影日:ちょっと以前の2005.05.10
by j-garden-hirasato | 2009-07-27 21:13 | 庭園 | Comments(22)

建物探訪:五輪の形見

長野冬季五輪が開催されたのは1998年。
そのとき競技会場として建てられたアリーナ群。
なかなか凝ったデザインがおもしろいので、
今回、紹介します。

〇ホワイトリング
f0049074_5575176.jpg

フィギアスケート、ショートトラックの競技会場。
f0049074_558897.jpg

朝霧に輝く水滴をイメージしたデザインです。
f0049074_5582783.jpg

宇宙船のようでもあり、
f0049074_5584671.jpg

巨大な宗教施設のようでもあり…。
f0049074_55916.jpg


〇ビッグハット
f0049074_5593090.jpg

アイスホッケーの競技会場。
f0049074_5595811.jpg

帽子を被せたような屋根の形から、
この名前が付きました。
f0049074_60169.jpg

でも、よく見ると、
エイリアンが顔を出しているようにも…。
f0049074_603237.jpg

どうですか。
なんか笑われているように感じ、しませんか。
f0049074_604824.jpg

撮影日:2009.6月
by j-garden-hirasato | 2009-07-23 06:00 | Comments(10)

塩の道を歩く:大網峠越え

本題の「塩の道」から、
しばし反れておりましたが、
ようやく本題です。
f0049074_7562455.jpg

この大網峠は、信州と越後のちょうど境です。
今回は信州側からの峠越えです。
f0049074_7564375.jpg

以前、下見の時にも書きましたが、
お地蔵様が暖かく見守っていてくれています。
f0049074_7565939.jpg

里を抜けるといよいよ峠に向かう山道、
沢伝いに上っていきます。
途中には滝があり、
f0049074_7572428.jpg

トチノキの大木もあり、
f0049074_7574494.jpg

すっかり山の中です。
f0049074_758118.jpg

山歩きは久しぶりです。
気持ちいいですね。
f0049074_7583259.jpg

町では味わえない爽快感、
f0049074_7585755.jpg

程よく汗をかいたところで、
峠に到着です。
f0049074_7592841.jpg

峠を越えると灌漑用の池がありました。
f0049074_7594947.jpg

池の向こうにはあ、
日本百名山の一つ、雨飾山が雄姿を見せてくれました。
民家をそのまま活用した
塩の道民族博物館に展示してあった郵便ポスト。
f0049074_80778.jpg

この形は初めて見ました。
かなり、古そうです。
このあと温泉に入って、宴会!
充実した峠越えでした。
f0049074_803724.jpg

探訪日:2009.06.27
by j-garden-hirasato | 2009-07-19 08:03 | 街道歩き | Comments(16)

塩の道を歩く:糸魚川の町

大糸線から北陸線へ乗り換えるために降りたった糸魚川駅。
糸魚川は、翡翠の産地として有名です。
駅の構内には、
大曲玉がありました。
f0049074_5501963.jpg

乗り換えには時間があったので、
駅の周辺をプラプラしてみました。
駅から歩いて5分ほどで海岸線に出られます。
残念ながら、
砂浜ではありませんでした。
f0049074_5503697.jpg

テトラポットで埋め尽くされた無機質な海岸。
でも、
気を取り直して、
f0049074_5505415.jpg

海無し県で生活しているので、
海を見ただけで、
自然とテンションが上がります。
f0049074_5511051.jpg

日本海側は雪が多く降るため、
道路には消雪パイプが入っています。
パイプの錆の影響で、道路も錆色。
f0049074_5513721.jpg

人口49,000人の小さな町ですが、
なかなか風情のある町並みが保存されていました。
f0049074_552269.jpg

軒下が広く張り出していて、
その下が歩道になっています。
f0049074_5522435.jpg

雪国ならではのアイデアですね。
間口に比べて奥行が長い町屋の造り。
f0049074_5525031.jpg

昔ながらの町屋の地割が残されています。
江戸時代には、
加賀藩が参勤交代の際に泊まる宿場町として栄え、
殿様が泊まる本陣も置かれていました。
f0049074_5532557.jpg

土曜日の夕暮れ時でしたが、
人通りはほとんどなく、
閑散としていたのが残念でした。

撮影日:2009.06.27
by j-garden-hirasato | 2009-07-16 05:53 | 町並み | Comments(12)

塩の道を歩く:JR西日本・大糸線

PCのトラブルで、
すっかり間があいてしまいましたが、
6月の末、「塩の道」を歩いてきました。
その報告は、また、後日にする(かも)として、
その帰りの交通手段として利用した大糸線。
鉄道マニアにとっては、
たまらないルートのようです。
f0049074_2215892.jpg

大糸線は、
長野県の松本駅と新潟県の糸魚川駅を結ぶルートで、
長野県の南小谷駅を境として、
長野県側の松本ー南小谷間はJR東日本、
新潟県側の南小谷ー糸魚川間はJR西日本の管轄です。
同じルートで、管轄が分かれる珍しい路線。
f0049074_2221633.jpg

しかも、
松本ー南小谷間は電化されていますが、
南小谷ー糸魚川間は無電化区間です。
したかって、
南小谷ー糸魚川間はディーゼルの単線路線。
しかも、ワンマン車両。
f0049074_2224420.jpg

今回は、無電化区間にある根知駅から乗車しました。
ディーゼルのすれ違いが見られる珍しい駅ということで、
多くの鉄道マニアの方々が、
カメラを構えておられました。
f0049074_223799.jpg

ディーゼル区間は一車両での運行。
この車両、3車両しか走っていないようです。
鉄道マニアの間では、
「たらこ車両」と呼ばれているそうです。
f0049074_2232632.jpg

大糸線の終着駅である糸魚川駅で
北陸線に乗り換えて、一路長野駅へ。
f0049074_224414.jpg

この北陸線もなかなかユニークです。
f0049074_2243029.jpg

乗った車両は、寝台特急をそのまま利用した車両。
f0049074_2244968.jpg

これで三段ベットになるようですが、
どうやって…。
トンネルの途中に駅もありました。
地下にある駅。
f0049074_225127.jpg

この地下駅、
他には関門海峡のトンネル駅だけだそうです。
今年の国体は、新潟県での開催。
f0049074_2253070.jpg

いつの間にか山岳競技から、
「踏査」の種目はなくなったのですね…。

撮影日:2009.06.27
by j-garden-hirasato | 2009-07-13 22:06 | Comments(12)

庭園意匠:丸(その3)

日本庭園内の「丸」、
まだまだ行きます。
主庭の中央に置かれた「丸」一つ。
京都・妙心寺小方丈
f0049074_517184.jpg

一つでもインパクトがあるのに、
もう一つ。
京都・南禅寺方丈
f0049074_5172462.jpg

さらに、もう一つ。
三尊石のような石柱組。
京都・円山公園
f0049074_5175061.jpg

連続技もあります。
京都・洛翠
f0049074_5181330.jpg

これは、有名な沢飛び。
京都・平安神宮
f0049074_519063.jpg

どちらも、小川治兵衛の作品。
これは、重森三玲の作品。
京都・東福寺方丈
f0049074_5192062.jpg

砂紋の連続技も三玲の作品。
京都・霊雲院
f0049074_5194276.jpg

写真では半円ですが、
東京・小石川後楽園
f0049074_5195947.jpg

水面に写って正円です。
庭園の「丸」、
これでようやく打ち止めです。
京都・洛翠
f0049074_5202293.jpg

撮影日:いろいろ
by j-garden-hirasato | 2009-07-10 05:20 | 庭園 | Comments(17)

庭園意匠:丸(その2)

日本庭園内の「丸」、続けます。
庭園内を散策していても、
「丸」をたまに見かけます。
飛石の中の「丸」。
京都・洛翠
f0049074_60117.jpg

石臼の廃物利用です。
飛石の中の「丸」、意外とあります。
東京・小石川後楽園
f0049074_60353.jpg

飛石の中の「丸」は、分岐点で多く見かけます。
京都・無鄰庵
f0049074_605466.jpg

京都・等持院
f0049074_613159.jpg

リズムを変えたい場所でも、使われています。
京都・建仁寺
f0049074_615590.jpg

園路から脇に目をやると、
こんなところにも「丸」があります。
静岡・紅葉山庭園
f0049074_621415.jpg

蹲(つくばい)です。
岸の近くなら「水岸つくばい」。
静岡・紅葉山庭園
f0049074_623579.jpg

流れにあれば「流れつくばい」。
京都・白沙村荘
f0049074_652429.jpg

蹲は、建物の脇にあるだけではありません。
京都・詩仙堂
f0049074_654824.jpg

園路の脇に、
無造作に置かれたものもあります。
横浜・三渓園
f0049074_661684.jpg

蹲はいろいろなものがあって、
奥が深いです。
東京・朝倉彫塑館
f0049074_663284.jpg

これで「丸」(その2)は終了です。
さて、第3弾は…。
京都・渉成園
f0049074_664834.jpg

撮影日:いろいろ
by j-garden-hirasato | 2009-07-07 06:06 | 庭園 | Comments(10)

庭園意匠:丸

日本庭園内で見かけたまん丸。
今回は、写真を中心に…。
「丸」行きます!
まず、部屋の中から。
京都・源光庵
f0049074_5253736.jpg

庭園というより、建築の意匠ですが…。
立石にも丸窓が。
京都・洛翠
f0049074_5261066.jpg

庭園意匠としては、
京都・東福寺方丈
f0049074_5264867.jpg

砂紋は自由に描けます。
京都・東海庵
f0049074_5272885.jpg

中心に石を配して、
京都・観智院
f0049074_532221.jpg

丸はインパクトがあります。
模様も楽しめます。
京都・龍源院
f0049074_5354395.jpg

中心に奥のものは、
石とは限りません。
京都・霊雲院
f0049074_5361420.jpg

砂紋以外にも、
石を使ってこんな意匠が。
京都・宝泉院
f0049074_5383148.jpg

石臼そのものも意匠になります。
京都・観智院
f0049074_5385439.jpg

石臼の再利用。
京都・観智院
f0049074_5391747.jpg

まだまだ「丸」は続きます。
京都・退蔵院余香苑
f0049074_5394945.jpg

撮影日:いろいろ
by j-garden-hirasato | 2009-07-03 05:39 | 庭園 | Comments(18)

復活!

パソコンが故障し、
しばらく休止しておりました。
復活します。
これからも、
よろしくお願いします。

by j-garden-hirasato | 2009-07-03 05:21 | 日常 | Comments(8)