日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
siawasekunさん..
by j-garden-hirasato at 04:54
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 04:53
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 04:51
pikorin77jpさ..
by j-garden-hirasato at 04:48
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 04:47
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 04:44
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 04:42
tomiete3さん、コ..
by j-garden-hirasato at 04:40
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 04:37
London Calle..
by j-garden-hirasato at 04:32
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 04:28
珍しいいろいろなショット..
by siawasekun at 02:08
な、なんと! これが”..
by ninja2005y at 21:57
こんにちは^^ わ! ..
by risaya-827b at 15:42
こうしてみると あらため..
by pikorin77jp at 14:06
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 10:17
新宿はよく行くのに御苑は..
by saheizi-inokori at 08:56
伊勢丹新宿店は 自分の..
by gipsypapa at 08:24
ビルの谷間に小さな神社。..
by tomiete3 at 05:56
外見が凝っているというの..
by 雪だるま at 05:47
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サクラ咲く

春休みで
静岡の実家に預けた娘を回収に行ってきました。
早く目が覚めたので、
自転車で向かった先は駿府公園です。
f0049074_650137.jpg

自分の中では、
満開のサクラのイメージでしたが…。
f0049074_6503386.jpg

長野では先週雪も積もり、
冬に逆戻りだったから、
どうかな、と思っていたんですが…。
f0049074_6564025.jpg

木によってはきれいに咲いているものもありましたが、
3~4分咲きというところでしょうか。
全体的にはまだまだでした。
f0049074_6565612.jpg

同じ駿府公園でも、
場所によってもまちまちで、
お花見の場である本丸内のサクラは、
全然咲いていません。
ブルーシートの上で寝袋に包まって、
場所取りをしている人も見かけましたが…。
f0049074_6571912.jpg

お堀に張り出したサクラは、
他に比べれば咲いていました。
f0049074_65631100.jpg

温かくなれば一気に咲くんでしょうね。
満開を期待し過ぎでした。
f0049074_656545.jpg

撮影日:2009.03.29
by j-garden-hirasato | 2009-03-30 06:59 | 季節 | Comments(14)

雨にも負けず

年度末、
忙しさにかまけて、
ブログの更新ができませんでした。

卒業式を終えた娘、
羽を伸ばし放題状態のまま、
静岡の実家に置いてきました。
日曜日はあいにくの雨模様。
でも、出かけます。
f0049074_026227.jpg

傘をさしても、
いい写真なんて撮れないのに…。
でも、出かけます。
f0049074_026786.jpg

駿府公園に行きました。
もともとは家康が隠居していた駿府城の跡地。
堀の石垣が部分的に復元されています。
f0049074_0262973.jpg

サクラ(ソメイヨシノ)の開花もこんなもの。
f0049074_027753.jpg

それから3、4日が経ちました。
今頃はどうでしょうね。
少しは咲いたでしょうか。
今週末、
娘を回収に行きます。
サクラの開花、確認してまいります。
f0049074_0275938.jpg

撮影日:2009.03.22
by j-garden-hirasato | 2009-03-27 00:28 | そぞろ歩き | Comments(22)

史跡探訪:旧文武学校

たまには、地元の探訪を、第2弾。
真田藩10万石の城下町・松代。
f0049074_67143.jpg

真田藩の主邸であった花の丸御殿は、
明治初期に放火により消失。
松代9代藩主・真田幸教の隠居所であり、
明治維新後は真田家の私邸として使用された新御殿は、
現在、建物と庭園が修復中。
早期公開が期待されます。
今回は、真田藩が開設した「文武学校」の紹介です。
f0049074_673783.jpg

文武学校は、
松代9代藩主・真田幸教によって、
嘉永6年(1853)に建物が完成し、
安政2年(1855)に開校した藩の学校です。
f0049074_68227.jpg

文学所、教室2棟、剣術所、柔術所、
弓術所、槍術所などの建物が残されています。
f0049074_682381.jpg

文学や武術のほかに西洋の軍学なども教えられ、
当時としては、先進的な教育が行われていたようです。
f0049074_685014.jpg

教師の中に「佐久間像山」の名前もあります。
f0049074_691876.jpg

開設当時の面影をそのまま残しています。
f0049074_694143.jpg

文武学校が設置されて、
わずか20年足らずで明治へと
時代は大きく変わってしまいました。
f0049074_610682.jpg

武士の精神を
そのまま現代に伝える貴重な文化財です。
f0049074_6121730.jpg

松代にお越しの際には、
ぜひ、お寄りください。
f0049074_612519.jpg

探訪日:2009.01.23
by j-garden-hirasato | 2009-03-21 06:12 | 文化財 | Comments(22)

卒業式

とうとう、
この日を迎えました。
昨日、卒業式でした。
f0049074_5462635.jpg

6年間って、
頭で考えているより、ずっと早かったですね。
こんなに短かかったのか、
と、改めて実感しました。
f0049074_5465088.jpg

中学の制服を着ると
それなりにお姉さんになっていました。
f0049074_547812.jpg

普段の体育館も、
今日はよそ行きです。
f0049074_5472732.jpg

今日で、小学校も最後。
朝は大雨になり、
ちょっと冷えました。
f0049074_5474973.jpg

卒業記念で送ったヒーターが
大活躍でした。
f0049074_5481435.jpg

卒業、おめでとう。
中学生になっても、友達を大切に、
ボチボチでいいから、がんばるように。

撮影日:2009.03.17
by j-garden-hirasato | 2009-03-18 05:52 | 日常 | Comments(18)

最後の参観日:学習発表会

先日、
娘たちの「学習発表会」がありました。
小学校最後の参観日。
午後から有給を取って行きました。
f0049074_549662.jpg

ちょっと遅れて教室に入ると、
ちょうど娘の発表の番でした。
f0049074_549294.jpg

学習発表の後は、
小学校の思い出と中学校に行っての目標の発表を聞き、
f0049074_5495432.jpg

娘の作ったサンドイッチを食べ、
f0049074_5501459.jpg

合唱・合奏を聞き、
楽しい時間を過ごすことができました。
娘作「猫男爵」。
f0049074_5503726.jpg

さて、
今週の火曜日はいよいよ卒業式。
六年間って、
あっという間ですね。
f0049074_5505959.jpg

撮影日:2009.03.03
by j-garden-hirasato | 2009-03-15 05:53 | 日常 | Comments(10)

史跡探訪:松代城跡

たまには、地元の探訪を。
善光寺のある長野市街地から
車で30分ほどの位置に松代町があります。
松代町は真田藩10万石の城下町。
長野電鉄松代駅。
f0049074_5295669.jpg

はっきり言って、駅舎はボロいし、
駅前も閑散としていて寂しいです。
そんな松代町の中心的な存在が「松代城」です。
f0049074_5303151.jpg

松代城のはじまりは、永禄3年(1560)、
武田信玄が上杉謙信との「川中島の合戦」の際、
山本勘助に命じて築城させた「海津城」とされています。
f0049074_5305468.jpg

築城当時は千曲川河畔という特徴を活かし、
周囲に堀を配した平城でした。
f0049074_5311747.jpg

武田家の滅亡後は、戦後の動乱とともに城主が移り変わり、
森忠政が城主になった慶長5年(1600)には「待城」、
次の松平忠輝のときは「松城」と呼ばれました。
元和8年(1622)に真田信之が入城、
以後、明治維新までは真田藩の居城となりました。
f0049074_531443.jpg

真田三代藩主・幸道のときに「松代城」と改名されています。
f0049074_532522.jpg

明治以降は廃城となり、土地も建物も払い下げられ、
往時の面影は、本丸の石垣だけでした。
f0049074_5322741.jpg

昭和56年(1981)に国の史跡に指定され、
近年、門の復元、石垣の修復、堀の再現が行われました。
f0049074_5324894.jpg

日本100名城に選定されていますが、
天守もなく、門が二つ再現されているだけなので、
観光施設としては、ちょっと地味です。
f0049074_533116.jpg

それでも、
城下町には古い武家屋敷も多く残されており、
それなりに風情はあります。
多くの皆さんにお越しいただきたいものです。
f0049074_5333293.jpg

探訪日:2009.02.04
by j-garden-hirasato | 2009-03-12 05:32 | 文化財 | Comments(23)

庭園意匠:仏足石

仏足石。
主庭部ではあまり見かけませんが、
門から玄関に至るまでの前庭や
お寺の境内の何気ない場所に
さり気なく置かれていたりします。
京都・安楽院
f0049074_642479.jpg

お釈迦様の足跡を石に刻んで、
信仰の対象になったものです。
京都・護王神社
f0049074_644523.jpg

古代インドでは、
像を造る習慣がなかったため、
このような仏足石が作られるようになったようです。
京都・智積院
f0049074_65561.jpg

手相みたいに
この足の模様にもいろいろ意味があるようですが、
今回は調べ切れませんでした。
京都・法金剛院
f0049074_653149.jpg

意味は分からなくても、
何となくありがたく思います。
合掌。
f0049074_65501.jpg

撮影日:いろいろ
by j-garden-hirasato | 2009-03-09 06:05 | 庭園 | Comments(10)

春なのに…

3月になったというのに、
なかなか暖かくなりません。
厳冬期に暖かい日が多かったので、
身体が暖冬に慣れてしまいました。
体調を崩さぬよう、注意しなくては…。
今回は、過ぎ去ろうとしている冬を懐かしんで、
雪の思い出のアップです。
雪国生活者としては、
一応、スキーはやります。
飯綱リゾートスキー場にて。
f0049074_0251175.jpg

吹雪いても、気合で滑ります。
スキー場はまだオープンしていますが、
3月ともなると、
スキーから放れて、気分はもう春…。
戸隠スキー場にて。
f0049074_026218.jpg

レトロなリフトです。
まだまだ現役。
湯ノ丸スキー場にて。
f0049074_0262989.jpg

スノーシュー、楽しかった!
その後、企画するも天気に恵まれず、
第二段には行っておりません…。
以下、スノーシュー・ツアーのときのものです。
雪の上でも注意!
f0049074_0265691.jpg

何か語りかけているような…。
f0049074_0272694.jpg

ウサギも標識を守っているのでしょうか。
f0049074_0274991.jpg

例年なら、
もっと雪に埋まっているのでしょうね。
f0049074_0281658.jpg

人が通らなくても、
ちゃんと、職務を全うしています。
f0049074_0284716.jpg

スノーシュー・ツアー、
まだ、諦めてはいません。
近日、報告!
できたらいいのですが…。
f0049074_0292251.jpg

撮影日:2009.1-2月
by j-garden-hirasato | 2009-03-07 00:30 | Comments(16)

東京の庭園:殿ヶ谷戸庭園

前回からずいぶん間が空きましたが、
東京の庭園・第4弾。
最後の庭園は、殿ヶ谷戸庭園です。
都心から少し外れた国分寺にあります。
f0049074_69344.jpg

大正2~4年にかけて、
後の満州鉄道の副総裁・江口定條の別荘として造営されました。
昭和4年に三菱財閥の岩崎家の別邸となり、
昭和49年に東京都が買収して一般公開しました。
f0049074_694131.jpg

殿ヶ谷戸庭園という名称は、
昔、この地が国分寺村殿ヶ谷戸という地名であったことに由来しています。
f0049074_610586.jpg

武蔵野台地の地形をそのまま活かした庭園。
段丘できた谷そのものが庭園になっています。
f0049074_6103220.jpg

崖の上部は芝生広場、
崖地にはうっそうとした武蔵野の自然林が残されています。
f0049074_6121757.jpg

水源は「次郎弁天の清水」という湧き水です。
f0049074_6131337.jpg

この池泉を見下ろす位置に「紅葉亭」という茶屋が設けられ、
樹林越しに池泉が眺められます。
f0049074_613419.jpg

この「紅葉亭」のすぐ脇には「鹿おどし」があり、
コーン!という軽快な音を響かせていました。
f0049074_6141372.jpg

まだ新しいもののようです。
紅葉はイマイチでしたが、
後から後から引っ切り無しに人が訪れていました。
さすが、東京です。
f0049074_6144054.jpg

都が買い取った背景には、
住民の保存運動があったようです。
現在、都の名勝に指定されています。
f0049074_615105.jpg

探訪日:2008.11.22
by j-garden-hirasato | 2009-03-04 06:14 | 庭園 | Comments(20)

建物探訪:上野公園編3/京成電鉄博物館動物園駅跡・黒田記念館

上野公園の建築探訪第3弾です。

5.京成電鉄 博物館動物園駅跡
昭和6年(1931)の竣工。
f0049074_7113516.jpg

昭和8年(1933)、京成電鉄本線の開通に合わせ、
東京国立博物館、国立科学博物館、上野動物園の最寄り駅として開業しました。
f0049074_7115832.jpg

老朽化と乗降客の減少により、
平成9年(1997)に営業が休止、
平成16年(2004)に廃止されました。
f0049074_7122633.jpg

入口は完全に封鎖されているものの、
駅舎とホームは現存しているそうです。
f0049074_7125088.jpg

国会議事堂を思わせるユニークな面白いデザインです。

6.黒田記念館
昭和6年(1928)の竣工。
f0049074_713255.jpg

設計者は、
当時、東京美術学校教授で建築を担当していた岡田信一郎(1883-1932)。
大正・昭和初期に活躍した建築家です。
f0049074_7135895.jpg

東京美術学校(現・東京藝術大学)、早稲田大学で教壇に立ち、後進を育てました。
主な作品:大阪高島屋、歌舞伎座、明治生命館、関東大震災後のニコライ堂修繕、
琵琶湖ホテルなど。
f0049074_714283.jpg

地下1階、地上2階。
中世ヨーロッパの貴族の館を参照したと言われています。
f0049074_715180.jpg

外壁は、
表面に引っかいた(スクラッチ)筋が入ったスクラッチ・タイル。
独特の表情があり、味わい深いです。
f0049074_7153483.jpg

館内には、
日本近代洋画の父ともいわれる黒田清輝の作品が展示されています。
f0049074_716176.jpg

探訪日:2008.11.22
by j-garden-hirasato | 2009-03-01 07:18 | レトロな建物 | Comments(16)