日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
銀閣寺に初めて来たのは高..
by ほしがき at 13:42
こんにちは 綺麗に..
by iris304 at 12:01
庭の手入れをする人たちの..
by saheizi-inokori at 09:59
ここの石庭は規模が竜安寺..
by London Caller at 09:14
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 08:58
銀閣寺の様式美には脱帽で..
by yaguchitenga at 08:51
アンブリーバブルな無人の..
by umi_bari at 06:10
siawasekunさん..
by j-garden-hirasato at 05:23
otti468さん、コメ..
by j-garden-hirasato at 05:21
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:17
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 05:13
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:11
素敵なショットと解説から..
by siawasekun at 00:43
京都旅行を楽しまれました..
by otti468 at 22:24
銀閣寺は行った事がないで..
by yaguchitenga at 20:25
こんにちは^^ サスガ..
by risaya-827b at 15:19
こんにちは☆ 祇園、素..
by aozoracafe123 at 14:21
pikorin77jpさ..
by j-garden-hirasato at 06:27
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:24
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 06:22
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

静岡探訪:アートギャラリー

平成の大合併で、
アッという間に政令指定都市の仲間入りした静岡市。
昔住んでいた者にとっては、どうもピンときませんね。
でも、実家に帰って思うことは、
車でちょっと走れば渋滞しているし、
自分の育った頃とはずいぶん違うんだなあ、
とつくづく思います。
街の中心部は綺麗に整備されちゃったし、
昔遊んだ駿府公園(駿府城跡)もお城の復元工事でがらっと変わってしまって、
昔の面影がほとんどなくなってしまいました。
これまであまりカメラを持って街中に出かけなかったんですが、
今回はちょっとブラブラしてみました。
f0049074_6291085.jpg

正面に見えるのは市役所です。
市役所からこの写真を撮った青葉公園まで緑地帯になっています。
街の中心部に緑地帯があるなんて、なかなかいいものです。
プチ・セントラルパークって感じですね(過大な表現!)。
この緑地帯、あちこちに野外彫刻が置いてあって、
ちょっとした「アートギャラリー」になっているんです。
f0049074_6302126.jpg

それも教科書に出てくるような置物タイプの彫刻ではなく、
彫刻自体が動いたり、水をダイナミックに使っていたり、
これが彫刻?ってのもあって、なかなかユニークです。
その中でも、お薦めの彫刻はコレ!
f0049074_6323222.jpg

大地をモチーフにした彫刻。
彫刻のような、そうではないような…。
遊具の一種に見えないこともありません。
f0049074_6343543.jpg

彫刻という型にはまっていないところが好きです。
緑地帯の両側はケヤキ並木になっていて、
暑いこの季節、緑陰はほんと助かります。
f0049074_636742.jpg

地元のお爺ちゃん、お婆ちゃんが木陰のベンチで涼んでいました。
しかし、あまりにもラフです、ステテコ姿の人もチラホラと…。
これが静岡の実力なのか…。
ブログでこんな文章を書き込むくらいなら、
写真を撮っておくんだった…、無念!
f0049074_6372047.jpg

おでん横町なんてのもありました。
だし汁が染み込んだ静岡おでん、ご存知ですか。

探訪日:2007.08.11
by j-garden-hirasato | 2007-08-31 06:37 | 芸術 | Comments(17)

静岡の庭園:実相寺・摩訶耶寺

浜名湖周辺の庭園探訪、第三段。
龍潭寺庭園をじっくり堪能したあとは実相寺です。
「日本庭園鑑賞便覧」にも紹介されている庭園ですが、
とにかく場所が分かりにくい。
今回で二回目なんですが、土地勘がないので、
あっちをウロウロ、こっちをウロウロ…。
ようやく辿り着いた次第です。
f0049074_6305649.jpg

それまで荒廃していた庭園を
中根庭園研究所が平成11年に実測調査を行い、
作庭は江戸時代前期と推測されています。
修復されたばかりで、
まだ青臭さというか、落ち着き感はありませんが、
石組、地割などの庭園デザインは見応えがあります。
こんなにちゃんと管理されているのに、
なんと、拝観料は無料です。
f0049074_6323038.jpg

気持ちだけですが、寸志箱に投入してきました。
このあと行った長楽寺は閉門…。
次は、摩訶耶寺へ。
f0049074_6333841.jpg

この庭園は、鎌倉時代初期の作庭とされ、
昭和43年に学術調査が行われ、修復されました。
力強い石組と優美な築山が特徴です。
f0049074_6344451.jpg

ただ残念なのは、庭園の管理まで十分手があまり回っていないようで、
築山の芝生は剥げ、表土は降雨に流され、
石組の根回りが少し露出してきているのが気になります。
早めに手を打った方がいいではないでしょうか。
f0049074_6355181.jpg

夏の日の庭園探訪、
お地蔵さまも日差しを浴びて、暑そうです。
f0049074_6365983.jpg

ほんとに暑い、一日でした。

探訪日:2007.08.09
by j-garden-hirasato | 2007-08-28 06:37 | 庭園 | Comments(12)

静岡の庭園:誤算!!

夏の静岡、庭園探訪第二弾。
猛暑のなか、浜名湖周辺の庭園探訪を強行したのは、
前回のブログに掲載したとおりですが、
予定通りに物事はいかないものですね。
この日、午前中に龍潭寺、実相寺と巡り、
昼食後、以前このブログで「気にかかる庭園:長楽寺」
として掲載した長楽寺に行ったんですが、
駐車場に車が一台も止まっていません。
ちょっとイヤな予感がしたのですが、
参道の階段を上っていくと…。
ガーン!
f0049074_124670.jpg

門が閉まっています!
旧盆が目前なのに、どうしたことでしょう…。
隙間から境内をのぞいたんですが、人の気配がありません…。
f0049074_1252364.jpg

とても気になりましたが、打つ術もなく、次の庭園に。
その後、摩訶耶寺(まかやでら)、大福寺と巡りました。
摩訶耶寺の紹介は次回以降のブログに譲ることにしますが、
大福寺、これがまた…。
現在、大福寺の三門から本堂に向かう参道では、
参道を分断するように第二東名の工事が行われています。
それはそれでちょっと悲しい光景ですが、気を取り直して大福寺へ。
受付で拝観料100円を払おうとすると、
「お庭ですか。今、池の水、はらっていますが」とのこと。

門を潜って、庭園の方へ歩いていくと…。
f0049074_1262835.jpg

う~ん、池泉庭園なのに水が…。
護岸はモルタルで固めてあるんだ、と言い聞かせるようにつぶやきつつ、
徐々にテンションダウン。
タイミング、悪いなあ。
大福寺探訪後、帰るには少し時間があったので磐田の医王寺に向かいましたが、
浜松市内で渋滞に引っかかり、タイムオーバー…。
人生、こんなものでしょうか。
でも、大福寺の近くで昭和5年に作られた時計台を発見!
f0049074_1272315.jpg

こんな暑い一日でした。

探訪日:2007.08.09
by j-garden-hirasato | 2007-08-25 01:27 | 庭園 | Comments(15)

静岡の庭園:夏の龍潭寺

夏の静岡、第一弾。
この日、静岡では最高気温が35度に迫る猛暑であったのにもかかわらず、
行ってきました庭園探訪!!
今回は静岡県の西部・遠州地方を巡ってきました。
浜名湖の周辺には、数多くの庭園が残されていますが、
まず、静岡を代表する名庭・「龍潭寺」です。
この庭園は以前にもこのブログで公開しましたが、
前回は冬枯れの庭園、今回は盛夏の庭園です。
f0049074_2133699.jpg

冬は冬でそれなりの味わいがありますが、
緑豊かな庭園は、やはりイイものですね。
庭園が本堂の北側に位置することもあり、
日差しに当たることなく、庭園が楽しめます。
縁側に腰掛けて庭園を眺めていると、
猛暑であることすら忘れてしまいます。
至福の時間。
f0049074_21341813.jpg

この庭園の一番の見頃は、ツツジが咲き乱れる時期なんでしょうが、
今後の楽しみにとっておきます。
f0049074_21355397.jpg

左右に巨石の仁王石、中央に三尊石、
手前に平らな礼拝石が配されています。
修行僧がこの礼拝石に座禅して、庭園と向き合ったとされています。
f0049074_21374413.jpg

いつかこの石に座禅して、庭園と対峙してみたいものです。
庭園の作庭者は小堀遠州と伝えられています。
京都の庭園と比べても決して見劣りをしない、
お薦めの庭園です。
f0049074_21385579.jpg

この龍潭寺は井伊家の菩提樹でもあり、
創建は西暦733年、とても由緒あるお寺。
庭園、墓所以外にも左甚五郎作とされる龍の彫り物があったり、
見どころ豊富です。
f0049074_21395241.jpg

探訪日:2007.08.09
by j-garden-hirasato | 2007-08-21 21:40 | 庭園 | Comments(14)

休みボケ

ご無沙汰をしておりました。
ようやく、復帰でございます。
長いと思っていた夏休みも、
アッというまに終わってしまいました(涙)。
実家の静岡では、
毎朝、クマゼミのけたたましい声でたたき起こされ、
昼間はギンギラの太陽に照らされ、
あ~、これぞ夏!を実感してきました。
三ヶ日の庭園群、箱根、静岡の街などをブラブラ、ウロウロしてきましたので、
写真データの整理ができ次第、
徐々に公開していきたいと思います。
う~ん、今日も暑くなりそうですね。
夏バテしないように、がんばりましょう。
f0049074_6521146.jpg

by j-garden-hirasato | 2007-08-17 06:54 | 日常 | Comments(14)

夏休み

本日(8月8日)から15日まで
夏休みを取りました。
静岡の実家に帰ってまいります。
しばらくの間、このブログもお休みです。
皆さんのところへのご訪問もお休みです。
少し、寂しい気持ちもしますが、
よろしくお願いします。
f0049074_91345.jpg

追伸:
娘が早くしろ、早くしろと騒いでおります。
乱筆乱文、お許しください。 
by j-garden-hirasato | 2007-08-08 09:00 | 季節 | Comments(18)

新潟の庭園:翡翠園

中越沖地震、復興祈願第2弾。
新潟に行く観光客が激減しているんだそうです。
被災した方々に申し訳なくて、
なかなか遊びに行くという感覚にはなれないですが、
外から人が訪れることによって、
地元に元気がでる、ということもあるかもしれません。
レッツ・ゴー!新潟!

ということで、糸魚川市のもう一つの庭園の紹介です。
前回紹介した「玉翠園」のすぐ近くに「翡翠園」があります。
作庭者は、「玉翠園」と同じ中根金作です。
f0049074_6102446.jpg

低山の麓、自然の地形をうまく活かした回遊式の庭園です。
低山に抱かれているような安心感があります。
f0049074_6115017.jpg

「玉翠園」は視点場から眺める鑑賞式庭園に対し、
この「翡翠園」は園内を巡りながら楽しむ回遊式庭園です。
あえて違う見せ方の庭園を造っています。
庭園を知り尽くした中根金作ならではの演出です。
f0049074_6133322.jpg

回遊式庭園の楽しいところは、
いろいろな発見があることでしょうか。
視線が自然に誘導されて…。
f0049074_6154965.jpg

モミジでアイストップ。
葉の色を変えているのも、にくい演出です。
陰陽石も発見。
f0049074_6172449.jpg

手前の立石が「陽」、滝の左の白い石が「陰」。
庭園の入口を潜った正面には、
こんなものも鎮座しています!
f0049074_619163.jpg

70㌧のコバルトヒスイの原石です。
糸魚川市はフォッサマグマとヒスイ、そして温泉の町です。
それぞれ町の観光資源として活用されています。
ぜひ、お近くに来たときには、寄ってみてください。

探訪日:2005.05.02
by j-garden-hirasato | 2007-08-07 06:19 | 庭園 | Comments(17)

新潟の庭園:玉翠園

7月16日、中越沖地震がありました。
いろいろな被害が出て、
避難所で生活する方々はたいへんだと思いますが、
もうしばらくの辛抱です。
身体に気を付けて、がんばってください。

震源地からほど近い糸魚川市。
のんびりとした田園地帯に「谷村美術館」があります。
木彫芸術の第一人者・澤田政廣の作品を展示した美術館です。
この美術館に隣接して、
「玉翠園」という現代庭園があります。
視点場は休憩所になっている建物の中です。
建物内から庭園を眺めます。
f0049074_6353831.jpg

作庭者は、中根金作。
重森三玲とともに、昭和を代表する作庭家です。
戦後、京都市に就職、古庭園の復元に従事されたのちに独立、
日本庭園の設計を専門とするコンサルタント事務所を設立され、
大阪芸術大学の学長までお務めになりました。
京都の城南宮楽水園、退蔵院余香苑、島根の足立美術館庭園など、
全国各地にその作品が残されています。
この糸魚川市にも「玉翠園」のほか、
すぐ近くに「翡翠園」も作庭されました。
「玉翠園」は、手前に池泉を設け、背景の低山を借景としています。
f0049074_636575.jpg

穏やかに流れ落ちる滝。
f0049074_638534.jpg

退蔵院余香苑の滝と、どこなく雰囲気が似ています。
f0049074_6391247.jpg

中根金作の作品は、
庭園全体が穏やかで、優美さが感じられます。
でも、入口に立てられた観音石は別です。
この石だけで、なんと約90㌧!
f0049074_6401374.jpg

地震の被害はどうだったのでしょうか。
少し心配です。

探訪日:2005.05.02
by j-garden-hirasato | 2007-08-04 06:41 | 庭園 | Comments(14)