日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
桜の紅葉も素晴らしいです..
by umi_bari at 08:38
展覧会場は込み合っていた..
by gipsypapa at 08:30
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 07:17
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:46
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:44
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 05:41
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:39
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:35
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:30
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:28
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:27
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:25
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:21
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:18
tomiete3さん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:13
sarutvさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:10
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:09
こんにちは☆ 素晴らし..
by aozoracafe123 at 10:10
寒い訳ですね…( ᵒ̴̶..
by N-styel at 08:09
同じ初雪でも、連なった山..
by sternenlied2 at 02:32
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ライフログ
画像一覧


<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

京都の庭園:西本願寺

西本願寺には、二つの有名な庭園があります。
一つは、国宝である「飛雲閣」の周りに作庭された「滴翠園」(名勝)と
今回紹介する書院東側の「虎渓の庭」(特別名勝)です。
庭園講習会での見学だったので、普段はお目にかかれない庭園に行けました。
江戸時代初頭、親鸞聖人350回遠忌の際、
諸堂の修復と庭園の造営が行われ、これらの庭園はそのときに作庭されました。
今も親鸞聖人750回大遠忌に向けて、平成の大改修中でした。
豊臣秀吉が造営した聚楽第の庭石を、僧侶・門徒300人が一日で運び込んだそうです。
「虎渓の庭」は、もっとも豪華絢爛な桃山様式を備えた枯山水庭です。
f0049074_715366.jpg

奥に巨石で組んだ三尊石、手前右が鶴島、左が亀島。
どれをとっても豪華そのもの。
f0049074_725130.jpg

屏風のように立てられた石が鶴の羽、亀の頭は何か凶暴、食いつき亀か。
醍醐寺三宝院庭園と石の組み方など共通点が多いことから、
賢庭が関わっていたのではないか、とも言われています。
f0049074_73485.jpg

アップしても石の迫力が伝わってきます。
f0049074_74368.jpg

「虎渓の庭」、普段は撮影禁止です。
今回の京都巡りでは、撮影禁止に泣かされたので、
この庭園を撮影できたのは、最大の収穫かもしれません。
f0049074_753481.jpg

能舞台がある書院南の白砂庭の隅にあったこの表示、何でしょう。
気になります。
探訪日:2006.11.22
by j-garden-hirasato | 2007-01-28 07:05 | 庭園 | Comments(12)

京都の庭園:建仁寺

京都の庭園、再開です。
建仁寺では、風神・雷神の屏風絵に先制のボディーブローを、
阿吽の龍の天井画(双龍図)にアッパーパンチを喰らったような状態でしたが、
庭園もなかなか見応えがあって、楽しい時間が過ごせました。
方丈の前に「大雄庭」、書院と宝物殿の間に「潮音庭」、
他にも建物周りのちょっとしたスペースにも小さな庭園が施されています。
いずれも作庭されたのは昭和期です。
まずは「大雄庭」。
f0049074_455012.jpg

花頭窓から。微妙に波を打つ砂紋。
f0049074_511188.jpg

雑誌に載っている写真では、砂紋がまっすぐなものもあり、
お坊さんのその日の気分で変わっているのでしょうか(それはないかな)。
f0049074_4563853.jpg

白砂と青苔のコントラスト、梅雨の頃ならもっと鮮やかなんでしょうね。
こちらは「潮音庭」。
f0049074_4572756.jpg

個性的な三尊石です。
真ん中の主石が人の顔のように見えませんか。
f0049074_4582811.jpg

窓のガラスに陽の光が反射して、白砂に落ちていました。
探訪日:2006.11.21
by j-garden-hirasato | 2007-01-25 04:58 | 庭園 | Comments(21)

北アルプス展望:小川村

5時過ぎに目が覚める。
窓の外では星が輝いている。
今日も天気が良さそうだ。
久々に北アルプスの写真、撮りに行こうかな、
というわけで、小川村まで行ってきました。
この場所には何回も訪れていて、よく知った場所なのに、
夜明けまではまだまだ、という異常に早い時間に到着。
星がまだ輝いています。
感覚がズレてんなあ、などと思いつつ、しばし太陽の出を待つ。
ラジオ体操の時間も終わり、ようやく北アルプスが姿を現し始めました。
そして日の出。
やっぱ、いいねえ、北アルプス。
普段から見慣れているものの、こうして対峙するとやはり迫力があります。
右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ケ岳、これで白馬三山。
f0049074_559367.jpg

白馬は、村や駅の名前は「はくば」ですが、
山の名前は「しろうま」と読みます。
でも、白馬三山、白馬鑓ヶ岳のときは「はくば」、何か複雑。
この猫みたいなのは鹿島槍ケ岳。
f0049074_602763.jpg

峰が二つあるのは「双耳峰」といいます。
自分の登山人生(大げさ)、この山から始まりました。
すごく、愛着のある山。
北アルプスのパノラマ。北部限定。
f0049074_6184.jpg

槍・穂高のある南部は霞がかかっていました。
山はそれなりに茜色に染まりましたが、今ひとつ。
次回に、こう、ご期待。
昔ながらの建物と鹿島槍ヶ岳。
f0049074_615290.jpg

りっぱな茅葺の建物ですが、これでも民家です。
撮影日:2007.01.21
by j-garden-hirasato | 2007-01-22 06:10 | 北アルプス | Comments(16)

京都探訪・再び:建仁寺

京都探訪を再開します。
京都の初日、お昼からの研修会だったため、午前中はフリータイム。
10時過ぎに京都に着いたので、2つ3つの庭園は巡れると読んでいたんですが、
レンタサイクルで思いのほか時間を取られてしまいました。
駅前でのレンタサイクルは要注意。
借りる人が多く、予約していたのにもかかわらず時間がかかりました。
次回は、駅前ではパス。
ということで、とりあえず、目的の建仁寺へ。
このお寺、名前は建仁寺垣で有名なので知っていましたが、
庭園探訪という観点では、これまではノーチェックだったんですが、
訪れると意外に面白く、結局、このお寺だけで午前は終了となりました。
庭園探訪を目的に行ったのですが、絵画も興味深く、十分楽しむことができました。
京都初日ということもあり、いろいろと巡れませんでしたが、満足できました。
建仁寺の風神・雷神の屏風絵。特別公開のようでした。
f0049074_2056561.jpg

何が特別公開か、説明もよく読まずに通過してしまいました。
オリジナルではない、と鼻から決め付けていたんですが、どうだったんでしょうか。
今になって気になります。
こちらは、通常公開バージョン。模写と明記されていました。
f0049074_20565217.jpg

建仁寺、今回の訪問でもっとも印象に残ったのが、この天井画です。
f0049074_2058240.jpg

仏様の真上に描かれた、阿吽の龍。大迫力です。
f0049074_20584423.jpg

庭園は、次回に。
探訪日:2006.11.21
by j-garden-hirasato | 2007-01-18 20:58 | 庭園 | Comments(20)

静岡の庭園:龍潭寺

静岡帰省シリーズ第2弾、龍潭寺庭園です。
まだ庭園に関する知識もろくに無かった学生時代(遥か遠い昔の話し)、
帰省の際、なにげなくこの庭園を訪れ、
こんな片田舎に、こんなに質の高い庭園が存在するんだ、と衝撃を受けました。
庭園の構成、管理状況、京都の庭園と比べても全く遜色のない素晴らしい庭園です。
これは龍潭寺が、この地方の領主で後に彦根城主となった井伊家の菩提寺で、
井伊家の深い帰依を受け、文化が継承されてきたことによるものでしょう。
庭園は小堀遠州の作庭とされています。
f0049074_7411389.jpg

配石の数が、庭園正面から向かって右に多く、左に少ないため、
それぞれの方向から庭園を眺めると、その雰囲気がガラッと変わります。
すばらしい演出です。
作庭者が高度な技術の持ち主であることがわかります。
f0049074_7421842.jpg

これは亀出島。
f0049074_7431841.jpg

手前中央が亀の口、その上に配された丸い二つの石が目玉とされていますが、
口さとれている石だけでも、十分亀の頭に見えます。
滝組も力強く組まれています。
f0049074_7441395.jpg

蘇鉄が植えられているのが、いかにも小堀遠州の作庭、という気がします。
庭園は国の名勝に指定されています。
探訪日:2007.01.01
by j-garden-hirasato | 2007-01-13 07:45 | 庭園 | Comments(20)

竜ヶ岩洞

静岡帰省シリーズ第2弾、鍾乳洞です。
これで「りゅうがしどう」と読みます。
昔から子どもの探検遊び場としてその存在は知られていたようですが、
1980年代初め、二人の洞窟愛好家が地主さんの理解を得て、
手掘りで作業を進め、一般公開に至ったそうです。
努力の結晶というべきか。
元旦から開園していました。
お客さんはボチボチ来ていました。
f0049074_632733.jpg

う~ん、右横の竜がねえ。どうもB級っぽいんだなあ。
f0049074_6331345.jpg

今流行のマイナスイオン。
どうやって測定しているのか、どんなに身体にいいのか、よく分かりせん。
でも、このように掲示されると、何か身体によさそうな気がします。
f0049074_634148.jpg

ここにもあった、富士山。
洞窟内は暗いので、あんまり写真は撮りませんでした。
個人的には面白かったですが、他のメジャーな鍾乳洞と比べると…。
f0049074_6353100.jpg

これがおみやげ。
どこでも買えるのに、こういうところに行くと、ついつい買ってしまいます。
アンモナイト、大好きです。
by j-garden-hirasato | 2007-01-10 06:35 | Comments(11)

初ブログ:富士山

初ブログです。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
年末年始は静岡の実家で過ごし、
長野に戻って一日だけ仕事をして、夜は新年会、
少し二日酔いのまま、次の日から子どもの空手合宿のお手伝いで一泊、
新年早々、少し忙しい日々でした。
ようやく落ち着いてブロクができます。
山国・長野にいると、海はいいなあ、とつくづく感じます。
浜辺にいると、何をするわけでもなく、時間が過ごせます。
それは子どもも同じようです。
f0049074_824848.jpg

モデルは娘と姪。場所は三保の海岸です。
静岡といえば、何といっても富士山。
f0049074_82585.jpg

これは三保からの富士山。海あり富士あり、三保はよい場所です。
こちらは日本平からの富士山。
f0049074_8255141.jpg

日本平は駿河湾越しに富士山が見え、景勝地として有名です。
国の名勝に指定されています。
山頂にはテレビ塔が乱立し、SFっぽい光景が拡がっています。
f0049074_8263852.jpg

今年もこんなペースでやっていきますので、よろしくお願いします。
by j-garden-hirasato | 2007-01-07 08:27 | 風景 | Comments(16)