日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
はじめまして。 長野県..
by ほしがき at 16:14
北斎館と小布施、興味あり..
by shinmemo0417 at 23:46
こんにちは^^ 昨..
by iris304 at 18:27
素敵なショットと解説から..
by siawasekun at 03:18
小布施ですか。 栗、大..
by kwc_photo at 23:29
モンブラン・・・・良いで..
by ninja2005y at 22:00
小布施と言えば栗・・・ ..
by blackfacesheep2 at 21:16
木漏れ日が気持ち良さそう..
by yaguchitenga at 18:36
こんにちは^^ 小布施..
by risaya-827b at 16:56
小布施って、街づくりがお..
by N-styel at 15:42
栗、大好きです 天津甘..
by aitoyuuki32 at 12:25
小布施の街も電線を地下に..
by umi_bari at 11:17
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 11:06
おはよう。 日差しが夏..
by ejichan555 at 10:20
ちょっと外れにうまいそば..
by saheizi-inokori at 09:20
小布施は古い町並みを ..
by gipsypapa at 09:01
> 舗装材にも栗が採用 ..
by London Caller at 06:18
雪だるまがこの界隈を良く..
by 雪だるま at 05:50
sarutvさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:03
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:00
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ライフログ
画像一覧


カテゴリ:土木遺産( 26 )

レトロ探訪・長野編:伊那・円筒分水工群

南信地方のレトロ探訪の2回目。

今回は、これ。

f0049074_07262747.jpg

何でしょう。

f0049074_07264641.jpg

こんなところに設置されています。

f0049074_07265602.jpg

『西天竜幹線水路・円筒分水工群』。

f0049074_07322252.jpg

西天竜幹線水路から

水を分けるために設けられた分水施設群です。

f0049074_07325437.jpg

大正8年から昭和14年にかけて建設されました。

f0049074_07331406.jpg

当時開田された水田は、

人や家畜により整地されたため水持ちが悪く、

水争いがたびたび発生していました。

f0049074_07335837.jpg

そこで水の分水管理をするために造られたのが、

この円筒分水工です。

f0049074_07341720.jpg

これにより公平な水の供給ができ、

水争いが収まりました。

f0049074_07344207.jpg

水田の面積に応じた穴の数により、

公平な水を供給しています。

f0049074_07350039.jpg

当初は57基が建設され、

現在、35基が活用されています。

f0049074_07352581.jpg

日本土木学会の

近代土木遺産に認定されています。

f0049074_07362245.jpg

探訪日:2016.12.20
by j-garden-hirasato | 2017-08-09 07:41 | 土木遺産 | Comments(26)

レトロ探訪・長野編:伊那のローゼ桁橋(箕輪橋&明神橋)

南信地方(信州の南部)のレトロ探訪。

訪れたのは、少し前のこと。

季節は、冬です。

伊那市に残されたコンクリート・ローゼ桁橋。

f0049074_05291121.jpg

まず『箕輪橋』。

f0049074_05292211.jpg

天竜川に架かる橋です。

f0049074_05293561.jpg

架橋は昭和29年(1954)。

f0049074_05295541.jpg

このクネクネの曲線が

ローゼ桁橋の特徴です。

f0049074_05300426.jpg

コンクリート・ローゼ桁橋が、

長野県内には多く残されています。

f0049074_05301359.jpg

続いて、『明神橋』。

f0049074_05302413.jpg

この橋も天竜川に架かっています。

f0049074_05305947.jpg

昭和37年(1962)の架橋。

f0049074_05311033.jpg

戦前に、

中島武というエンジニアが長野県在職中に実用化。

f0049074_05311872.jpg

世界初といわれるコンクリート・ローゼ桁橋を

7橋設計・架設します。

f0049074_05312730.jpg

彼の転出後も1950年代、60年代に

30のコンクリート・ローゼ桁橋が架設されました。

この橋もその一つ。

f0049074_05313692.jpg

もう一橋あるのですが、

今回は見逃しました。

探訪日:2016.12.20
by j-garden-hirasato | 2017-08-07 05:36 | 土木遺産 | Comments(28)

長野そぞろ歩き:廃線敷きを歩く・篠ノ井線(1)

少し前のことですが、

廃線敷きを歩いてきました。

f0049074_05540337.jpg

まだ、

サクラの咲く頃でした。

f0049074_05542516.jpg

旧国鉄篠ノ井線は、

明治35年(1902)に全線開通。

f0049074_05544203.jpg

昭和62年(1987)に新線が完成し、

廃線となりました。

f0049074_05570005.jpg

この「三五山(さごやま)トンネル」が建設されたのは、

明治30年代。

f0049074_05570945.jpg

全長125m、

煉瓦造のトンネルです。

f0049074_05571746.jpg

昭和46年頃、

電化に先立ち、

電線に水滴が付着するのを防ぐため、

モルタルの吹き付け工事を行われました。

f0049074_05572640.jpg

トンネルを抜けると、

真っすぐな遊歩道。

f0049074_05573521.jpg

途中、

線路敷きだったことがうかがえる施設が

あちこちに残されています。

f0049074_05574355.jpg

なぜか、

コスプレ集団にも遭遇。

f0049074_05575177.jpg

線路を支える「小沢川橋梁」。

延長58.7m。

f0049074_05580083.jpg

昭和33年の築。

この積み方は、

イギリス式で呼ばれています。

f0049074_05580815.jpg

つづく。

探訪日:2017.04.22
by j-garden-hirasato | 2017-07-19 06:04 | 土木遺産 | Comments(20)

長野そぞろ歩き:廃線トンネル

大室古墳群からの帰り道。

そうだ、

いい被写体があった!

f0049074_04574044.jpg

廃線となった長野電鉄屋代線のトンネル。

f0049074_04584539.jpg

現役時代では、

こんなに近付けませんでした。

f0049074_05164684.jpg

意外と狭いです。

f0049074_05293709.jpg

北アルプスの遠望。

f0049074_06264807.jpg

廃線トンネルをもう一つ。

f0049074_06275970.jpg

何か、ワクワクします。

f0049074_06471160.jpg

天井からツララが。

f0049074_06483029.jpg

が傾いて、

トンネル内に差し込んできました。

f0049074_06511792.jpg

廃線から5年。

f0049074_06523229.jpg

線路は撤去されています。

f0049074_06535161.jpg

反対側から。

岩山をブチ抜いています。

f0049074_06550000.jpg

廃線トンネル、

萌え~!です。

f0049074_07051339.jpg

探訪日:2017.02.25
by j-garden-hirasato | 2017-03-31 06:14 | 土木遺産 | Comments(24)

東京そぞろ歩き:玉川上水を歩く(その2)

玉川上水歩きの2回目。

f0049074_05440873.jpg

さすが上水だけあって、

水はキレイです。

f0049074_05522729.jpg

鯉も気持ち良さそうです。

上水に沿って整備されている遊歩道は、

こんな感じ。

f0049074_05552052.jpg

玉川上水は、

武蔵野台地を掘削して造られたため、

途中、こんなの森が残されています。

f0049074_05575898.jpg

富士山が見えたら、

鐘を1回!

f0049074_06053897.jpg

これは?

f0049074_06080463.jpg

おおー!

f0049074_06101340.jpg

肉眼では、こう見えます。

f0049074_06132232.jpg

この森は、

「日本野鳥の会」を創設した歌人・中西悟堂の

「野鳥村」構想の地、だそうです。

f0049074_06150920.jpg

橋の欄干にも野鳥のデザイン。

f0049074_06172989.jpg

この日は、

富士山がキレイに見えていました。

f0049074_06183541.jpg

ずいぶん、

都会の河川っぽくなってきました。

f0049074_06193229.jpg

文政5年(1822)創業の酒蔵もありました。

f0049074_06204968.jpg

多摩川では、

カワウが悪さをしているようです。

f0049074_06230017.jpg

なんと、

個人宅にガソリンスタンド?

f0049074_06241934.jpg

つづく。


探訪日:2017.02.04

by j-garden-hirasato | 2017-02-21 06:15 | 土木遺産 | Comments(32)

東京そぞろ歩き:玉川上水を歩く

街道を歩く会の番外編。

2月の初旬、

首都・東京を歩いてきました。

今回のテーマは、『玉川上水』。

まず、羽村駅から取水口の多摩川を目指します。

f0049074_07065976.jpg

信州人は、

木になった柑橘系には弱いです。

f0049074_07070605.jpg

途中、

「馬の水飲み場」に、

f0049074_07071457.jpg

茅葺きの神社。

歴史が感じられます。

f0049074_07072823.jpg

多摩川に到着。

f0049074_07073719.jpg

玉川上水は多摩川から取水しています。

咲いたら綺麗でしょうね。

f0049074_07074697.jpg

ここが取水口の「羽村取水堰」。

f0049074_07075401.jpg

土木学会選奨の土木遺産に選ばれています。

f0049074_07080216.jpg

玉川上水は

かつて江戸市中へ飲料水を供給していた

「江戸六上水」の一つ。

f0049074_07080928.jpg

多摩の羽村から武蔵野台地を東へ流れ、

f0049074_07082190.jpg

四谷大木戸の「水番所」(水番屋)で、

市中へと分配されていました。

f0049074_07082999.jpg

羽村から大木戸までは約43キロメートル。

承応2年(1653)に築かれました。

f0049074_07084032.jpg

少年たちの冒険の旅は、ココまで。

f0049074_07084982.jpg

玉川上水を完成させたのは、

この玉川兄弟。

f0049074_07090024.jpg

玉川上水の旅、

スタート!

f0049074_07091027.jpg

つづく。

探訪日:2017.02.04
by j-garden-hirasato | 2017-02-19 07:12 | 土木遺産 | Comments(24)

土木遺産探訪・長野編:牛伏川フランス式階段流路

少し前の探訪記となりますが、

松本市・牛伏川の上流に、

こんな土木遺産があります。

f0049074_05103402.jpg

『フランス式階段流路』。

f0049074_05110145.jpg

牛伏川の上流は元々急峻な谷地で、

岩盤が激しく風化した「大化け」と呼ばれる荒地でした。

f0049074_05112916.jpg

そのため下流域では、

度々大きな水害に見舞われ、

明治政府は、

明治18年(1885)より、

内務省土木局の直轄工事として、

大規模な砂防工事を行いました。

f0049074_05115910.jpg

このフランス式階段流路は、

延長141m、段差は19段。

大正7年(1918)に人力のみで建設されました。

f0049074_05122471.jpg

設計は内務省技官・池田圓男(のぶお)。

フランスのデュランス川サニエル渓流に施工された

砂防施設の図面を参考としたため、

「フランス式」と呼ばれています。

f0049074_05125175.jpg

国の重要文化財に指定されています。

その上部には、

両岸に広場が設けられている場所もあり、

f0049074_05131796.jpg

石張の段差工が設けられています。

f0049074_05134395.jpg

しっかり石で組まれています。

f0049074_05140987.jpg

本流脇の沢に施工された「張石水路」。

f0049074_05144204.jpg

滝のような落差のある堰堤も石張。

f0049074_05150917.jpg

明治19年(1886)、

内務省施工の「第二号石堰堤」。

f0049074_05153570.jpg

同年、

同じく内務省施工の「第三号石堰堤」。

f0049074_05161316.jpg

さらに上部の「石張水路」。

工事は上部から行われました。

f0049074_05165090.jpg

探訪日:2016.07.30


by j-garden-hirasato | 2016-11-28 05:36 | 土木遺産 | Comments(28)

レトロ探訪・東京編:震災復興橋梁 吾妻橋・駒形橋・厩橋

東京そぞろ歩きに戻ります。

東京そぞろ歩き2の6回目。

柴又から浅草へ移動。

『震災復興橋梁』を巡ります。

まず、『吾妻橋』。

f0049074_20181262.jpg

雷門通り(東京都道463号)が通ります。

橋長150.0m、幅員 20.0m

f0049074_20295986.jpg

「竹町の渡し」と呼ばれた渡し舟に代わり、

安永3年(1774)に架けられた木橋が最初。

明治9年(1876)の架け替えの際、「吾妻橋」と命名されました。

f0049074_20312669.jpg

明治18年(1885)の大洪水で流失、

明治20年(1887)に隅田川で最初の鉄橋として再架橋されましたが、

大正12年(1923)の関東大震災で崩落。

昭和6年(1931)に架け替えられました。

f0049074_20321766.jpg

続いて、『駒形橋』。

f0049074_20333417.jpg

浅草通り(東京都道463号)が通ります。

f0049074_20344185.jpg

竣工は、昭和2年(1927)。

橋長149.6m、幅員 22.0m

f0049074_20353361.jpg

関東大震災後の復興計画により、はじめて架橋されました。

それまでは「駒形の渡し」と呼ばれる渡し船で川を渡っていました。

f0049074_20364656.jpg

「震災復興橋梁」とは、

関東大震災で崩落した木造の橋に代わって、

隅田川に架けられた9つの鉄製の橋のこと。

f0049074_20380255.jpg

両国橋、厩橋、吾妻橋は東京市が、

相生橋、永代橋、清洲橋、蔵前橋、駒形橋、言問橋は

内務省復興局が架橋しました。

f0049074_20385400.jpg

最後に、『厩橋(うまやはし)』。

f0049074_20405120.jpg

春日通り(東京都道453号)が通ります。

f0049074_20415117.jpg

竣工は、昭和4年(1929)。

橋長151.4m、幅員 22.0m

f0049074_20430571.jpg

もともとは、

元禄年間ごろから続いていた「御厩の渡し」がありました。

以前から転覆事故が多く、

明治7年(1874)に民間の手により木橋が架橋されました。

f0049074_20440144.jpg

明治26年(1893)、

東京府によって鉄橋に架け替えられましたが、

関東大震災で被災し、

復興計画により現在の橋が架橋されました。

f0049074_20450304.jpg

探訪日:2016.05.27


by j-garden-hirasato | 2016-10-06 05:40 | 土木遺産 | Comments(20)

長野そぞろ歩き:街道を歩く会・信濃白鳥~上境(その2)

街道を歩く会の定期例会の2回目。

今回は、

歩いている途中で出会ったレトロたち。

まず、JR飯山線のトンネル。

f0049074_21350278.jpg
年代は分かりませんが、

レンガ積みなので、

かなり古い時代のものです。

f0049074_21352739.jpg
続いて、『西大滝ダム』。

f0049074_21362507.jpg
東京電力により千曲川に建設された

重力式コンクリートダム。

昭和14年(1939)竣工。

f0049074_21364653.jpg
水力発電所の信濃川発電所に送水し、

電力が生み出されている。

f0049074_21370971.jpg
このダムの建設により、

サケの遡上が困難になり、

サケ漁は昭和15年(1940)に終焉。

f0049074_21372680.jpg
続いて、『出川橋

f0049074_21375091.jpg
車で通ったら、

気が付かなかったかもしれません。

f0049074_21382094.jpg
1950(昭和25年).12月竣工。

f0049074_21384436.jpg
実はこの橋、

造られたときは国道10号線の橋でした。

f0049074_21390117.jpg
大正国道というのは、

大正9年(1920)の道路法(旧道路法)に基づいて

指定された国道。

f0049074_21394124.jpg
大正国道10号線は、

東京市を基点として、 

高崎で分岐し、

長野、新潟を抜け、

秋田県庁までを結ぶ長いルート。

f0049074_21395284.jpg
信濃川(千曲川)沿いを走っていました。

探訪日:2016.05.22


by j-garden-hirasato | 2016-05-30 05:03 | 土木遺産 | Comments(24)

レトロ探訪・松本:田沢橋

松本そぞろ歩き第5弾。

今回は、

レトロ探訪・橋編。

『田沢橋』です。

f0049074_06203072.jpg

松本市街から安曇野IC(旧・豊科IC)に向かう

犀川に架かる橋です。

f0049074_06210294.jpg

田沢橋は、

正確には2本架かっています。

f0049074_06213590.jpg

上流側には、

昭和55(1980)に開通した新橋。

車専用です。

f0049074_06221029.jpg

下流側の旧橋は歩行者専用で、

コンクリート製のローゼ桁アーチ橋です。

f0049074_06224257.jpg

昭和30(1955)の竣工。

f0049074_06232172.jpg

全長361メートル。

アーチは8連。

f0049074_06234955.jpg

北アルプスの眺望もバッチリです。

f0049074_06241277.jpg

探訪日:2014.02.01


by j-garden-hirasato | 2014-03-26 06:24 | 土木遺産 | Comments(20)