日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
気になるもの
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 06:49
rollingwestさ..
by j-garden-hirasato at 05:20
otti468さん、コメ..
by j-garden-hirasato at 05:15
雲の重なり具合と白鳥の群..
by rollingwest at 21:02
白鳥には憧れがあります^..
by otti468 at 08:47
London Calle..
by j-garden-hirasato at 06:01
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:57
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:54
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:52
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:48
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:46
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:44
sternenlied3..
by j-garden-hirasato at 05:40
ほしがきさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:38
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:32
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:28
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:23
tomiete3さん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:19
コハクチョウですね。 ..
by London Caller at 22:22
白鳥の飛来地・・・・・ ..
by ninja2005y at 21:54
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
ライフログ
画像一覧


カテゴリ:動物( 14 )

長野そぞろ歩き:白鳥飛来地・御室田遊水地(その2)

白鳥飛来地の続きです。

今回の主役は、カモ。

f0049074_05104168.jpg

陸にこの数のカモ、

思わず笑ってしまいました。

f0049074_05121910.jpg
f0049074_05143792.jpg

水面にも。

f0049074_05145108.jpg
f0049074_05184546.jpg

餌に釣られて、この有り様。

f0049074_05202440.jpg

やー!

f0049074_05220406.jpg

ド~!

f0049074_05234165.jpg
f0049074_05252422.jpg

ここまで…。

f0049074_05263714.jpg

落ち着きのないカモ。

f0049074_06110975.jpg

カモの迫力に、

白鳥がカスみます。

f0049074_05292553.jpg


探訪日:2018.01.14


by j-garden-hirasato | 2018-02-21 06:04 | 動物 | Comments(1)

長野そぞろ歩き:白鳥飛来地・御室田遊水地

少し前のことですが、

1月中旬、

白鳥の飛来地、

明科の犀川沿いの『御室田遊水地』へ行ってきました。

f0049074_22474962.jpg

昨年は、

行こうと思ったときには、

すでに旅立った後でした。

f0049074_22485663.jpg

毎年、行こう行こうと思いつつ、

ようやく実現できました。

f0049074_22494162.jpg

例年、

どれくらいの数が飛来しているのかは分かりませんが、

多くの白鳥が来ていました。

f0049074_22511762.jpg

足が冷たいのか、みんな片足。

f0049074_22521727.jpg
f0049074_22552757.jpg

仁王立ちもカワイイ。

f0049074_22580679.jpg

これだけ身近で白鳥の群れを見るのは、

初めてでした。

f0049074_22584605.jpg

飛んできました。

f0049074_22594766.jpg

写真は失敗。

f0049074_23002009.jpg

灰色のは子供でしょうか。

f0049074_23012473.jpg

つづく。

f0049074_23022188.jpg

探訪日:2018.01.14


by j-garden-hirasato | 2018-02-19 05:49 | 動物 | Comments(31)

長野そぞろ歩き:地獄谷野猿公苑(その2)

地獄谷野猿公苑は、

沢沿いにあります。
f0049074_06392430.jpg

あちこちで温泉が沸き、

暖かいところで暖を取っています。
f0049074_06400244.jpg

この兄弟は、

お湯の給水パイプがお気に入り。
f0049074_06410496.jpg

このサルはお腹ベッタリ。
f0049074_06414084.jpg

パイプ、温かいんですね。
f0049074_06425160.jpg
f0049074_06435506.jpg

餌付けタイム。

山からもサルが集まってきます。
f0049074_06461863.jpg

こんな感じになります。
f0049074_06470450.jpg


一生懸命、餌を探します。

f0049074_06474862.jpg

無心で…。
f0049074_06484276.jpg
f0049074_06503838.jpg

母ちゃん、僕の分も…。
f0049074_06534255.jpg

かなり至近距離ですが、

人間には全く動じません。

f0049074_06541900.jpg

噴泉も凍り付いていました。

f0049074_06570843.jpg

探訪日:2018.01.13


by j-garden-hirasato | 2018-01-28 07:31 | 動物 | Comments(32)

長野そぞろ歩き:地獄谷野猿公苑

寒さが厳しさを増してきた1月中旬、

そろそろか、ということで、

山ノ内町の『地獄谷野猿公苑』に出かけました。
f0049074_21065245.jpg

こちらは、

人間が入る地獄谷温泉。
f0049074_21074014.jpg

注意看板も5ヶ国語表記。

国際的です。
f0049074_21101126.jpg

お猿の湯船は、

こんな沢の脇にあります。
f0049074_21114542.jpg

このときも、

海外のお客さんが多かったです。
f0049074_21122125.jpg

湯船の脇に、

佇むサルはいますが、
f0049074_21131975.jpg

湯船に浸かっているサルは

一頭もいませんでした。
f0049074_21135626.jpg
f0049074_21145141.jpg

せいぜい指先を入れるくらい。
f0049074_21171688.jpg

お湯は平気で飲めるようです。
f0049074_21182813.jpg

わざわざ湯船の脇に来ているのは、

やはり暖かいからでしょう。
f0049074_21191775.jpg

つづく。

f0049074_21200130.jpg

探訪日:2018.01.13


by j-garden-hirasato | 2018-01-26 05:38 | 動物 | Comments(22)

長野そぞろ歩き:地獄谷野猿公苑(その2) sanpo

地獄谷野猿公苑の2回目。

ココでは、猿が主役。

人が居ようが関係なく、

堂々と闊歩しています。

f0049074_06310921.jpg

温泉に浸かるのは、

メスと子ザルだけ。

オスは入らないそうです。

f0049074_06311880.jpg

送水のパイプで温まる子ザルたち。

f0049074_06312644.jpg

湯船に入らなくてもの、

脇にいるだけで、

温かくて気持ちがイイようです。

f0049074_06313590.jpg

雪の中でも、

いい顔をしています。

f0049074_06314422.jpg

温泉が流れていて、

石が温まっているようです。

f0049074_06315274.jpg

猿団子。

f0049074_06320275.jpg

みんなでノミ取り。

f0049074_06321012.jpg

ハンドパワー!

f0049074_06321924.jpg



噴泉の周りも凍っていました。

f0049074_06322719.jpg

探訪日:2016.12.17
by j-garden-hirasato | 2017-01-28 05:50 | 動物 | Comments(22)

長野そぞろ歩き:地獄谷野猿公苑

少し前のこと。

年末恒例の泊まりの忘年会、

今回は湯田中温泉。

その帰り、

『地獄谷野猿公苑』に寄ってきました。

f0049074_20512987.jpg

このときの雪の量はそれ程ではありませんが、

道は凍ってコチコチです。

f0049074_20522139.jpg

海外からのお客さんには、

SnowMonkey」として有名です。

f0049074_20535446.jpg

温泉ザルの湯船は、

こんな川の脇にあります。

f0049074_20550337.jpg

8割くらいが海外からのお客さん。

f0049074_20560945.jpg

これが、

温泉ザルたち。

f0049074_20573062.jpg

気持ち良さそうです。

f0049074_20583604.jpg

今回は、

それほど混み合っていませんでした。

f0049074_21000826.jpg

子ザルは、

乳を吸っていますね。

f0049074_21013017.jpg

こちらの子ザルは、

湯船の中を、

アッチに行ったり、コッチに来たり、

ずっと入っていました。

f0049074_21022632.jpg

続く。

探訪日:2016.12.17
by j-garden-hirasato | 2017-01-26 05:38 | 動物 | Comments(26)

奈良そぞろ歩き:朝の散歩・鹿と出会う

奈良そぞろ歩きの2回目。

奈良といえば、『鹿』。

今回は、

朝の散歩で出会った鹿たちです。

f0049074_06044719.jpg

奈良での宿は奈良町だったので、

奈良公園へも歩いてすぐの距離。

f0049074_06052123.jpg

公園内には、

我が物顔でして鹿たちが闊歩しています。

f0049074_06053959.jpg

近付いても、

逃げる事すらしません。

f0049074_06055874.jpg

朝の奈良公園は、

散歩する人間よりはるかに多い鹿の数。

f0049074_06061690.jpg

神の使いとされてきた鹿たち。

f0049074_06063611.jpg

大切に保護されています。

f0049074_06065439.jpg

奈良の桜も咲き始めた頃。

f0049074_06071011.jpg

東大寺の参道にも。

f0049074_06073198.jpg

撮ってみろ、

といわんばかりの凛々しさ。

f0049074_06092494.jpg

オスは角を落とされていました。

f0049074_06101432.jpg

平気で道も横断するので、

鹿には注意!

f0049074_06103175.jpg

探訪日:2016.03.26-27


by j-garden-hirasato | 2016-04-18 06:13 | 動物 | Comments(20)

冬の景:地獄谷野猿野公苑(その2)

『地獄谷野猿公苑』の2回目。

今回は、

気持ちよか~!の猿たち。

f0049074_05500283.jpg

気持ちがイイと、

f0049074_05502168.jpg

猿も人間も、

f0049074_05504020.jpg

自然と瞼が落ちちゃうものなんですね。

f0049074_05511897.jpg

こんな格好まで見せちゃいます。

f0049074_05513611.jpg

思わず、手も上がる…。

f0049074_05515317.jpg

親子猿でしょうか?

f0049074_05521546.jpg

温泉の送水管を抱きしめる小猿。

f0049074_05523435.jpg

暖かいんだから~。

この子は、

温泉に入れないのかな。

探訪日:2015.12.17


by j-garden-hirasato | 2015-12-20 05:56 | 動物 | Comments(14)

冬の景:地獄谷野猿野公苑(その1)

冬は温泉が恋しい季節。

湯田中・渋温泉の『地獄谷野猿公苑』に行ってきました。

f0049074_06000564.jpg

平日、

しかも底冷えの寒い日でしたが、

多くのお客さんが訪れていました。

f0049074_06002442.jpg

国際的な観光地となっています。

f0049074_06004079.jpg

7~8割が、

外国からのお客さんではないでしょうか。

f0049074_06005791.jpg

温泉に入るニホンザルの姿は

snow monkey”と呼ばれています。

f0049074_06011581.jpg

今年は、

本格的な降雪がまだありません。

f0049074_06013047.jpg

それでもこの寒さ。

猿たちは、

温泉に入っています。

f0049074_06014801.jpg

気持ち良さそう。

f0049074_06020808.jpg

入浴するのはメスと子猿。

オスザルはほとんど入らないそうです。

f0049074_06022369.jpg

温泉に浸かるのは

冬季限定です。

f0049074_06024128.jpg

探訪日:2015.12.17


by j-garden-hirasato | 2015-12-18 06:15 | 動物 | Comments(16)

信州そぞろ歩き・湯田中:地獄谷野猿公苑(その3)

信州そぞろ歩きの13回目。

「地獄谷野猿公苑」の3回目。

f0049074_06063715.jpg

猿も人間も、

f0049074_06065280.jpg

気持ちがいい表情は同じようです。

f0049074_06071342.jpg

温泉に浸かって、

f0049074_06073161.jpg

極楽、極楽!

f0049074_06074796.jpg

ただ、

人間と猿の違いは、

f0049074_06080294.jpg

ノミ取り。

f0049074_06081832.jpg

親猿も、小猿も、

f0049074_06083641.jpg

みんなでノミ取り。

f0049074_06085198.jpg

成されるがまま…。

f0049074_06090858.jpg

こんなになっても、

f0049074_06092539.jpg

気持ちがいい。

f0049074_06094363.jpg

探訪日:2014.12.12


by j-garden-hirasato | 2015-01-21 06:13 | 動物 | Comments(22)