日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
MY HP
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers.....
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
女子も男子も頑張ってほし..
by yaguchitenga at 19:02
London Calle..
by j-garden-hirasato at 06:06
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:03
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 06:02
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:59
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:57
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:53
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:46
畿内なら 特に奈良地方..
by 雪だるま at 05:34
え〜長野チームのロゴのラ..
by London Caller at 05:16
>>写真もロクに撮れず…..
by ninja2005y at 21:58
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 10:35
サッカー大好きです、実際..
by umi_bari at 08:56
ほォ~‼すごい規模の古墳..
by N-styel at 07:26
うわぁ~♡(*'∀'人)..
by N-styel at 07:06
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:49
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:46
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:45
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:42
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:38
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
ライフログ
画像一覧


カテゴリ:自然( 18 )

滝探訪・新潟編:苗名滝

「関山神社」の後は、

同じ妙高にある滝へ。

f0049074_06162224.jpg

『苗名滝』です。

f0049074_06164000.jpg

長野と新潟の県境に位置しています。

f0049074_06165834.jpg

落差55m

f0049074_06171951.jpg

柱状節理の玄武岩から滝が落ちています。

f0049074_06173853.jpg

別名は「地震滝」。

f0049074_06175725.jpg

轟音を響かせながら落ちる様子が

「地震=なゐ」に例えられ、

f0049074_06181570.jpg

口語体に転化して

「ないの滝」が「なえな滝」となり、

f0049074_06183796.jpg

「苗名滝」となったとされています。

f0049074_06185611.jpg

滝に近づけなかったのが残念です。

f0049074_06191763.jpg

「日本の滝百選」にも選ばれています。

f0049074_06193669.jpg

季節はすっかり秋本番でした。

f0049074_06200363.jpg

探訪日:2015.10.10


by j-garden-hirasato | 2015-10-21 06:24 | 自然 | Comments(10)

滝探訪:高山村・雷滝

山田牧場を下ったところに、

『雷滝』があります。

f0049074_06114988.jpg

雷鳴のような轟音から、

『雷滝』と呼ばれます。

f0049074_06120839.jpg

滝の裏側に遊歩道が廻っています。

f0049074_06122794.jpg

「裏見の滝」とも言われます。

f0049074_06125593.jpg

こんな至近距離まで近づけます。

f0049074_06131402.jpg

なかなか見ることができない光景。

f0049074_06133292.jpg

落差は30m。

f0049074_06135032.jpg

滝としては、

それほど規模が大きくありませんが、

f0049074_06140936.jpg

迫力満点。

f0049074_06142958.jpg

これで村指定の名勝。

f0049074_06151285.jpg

もっと格上げしてあげても、

いいのではないでしょうか。

探訪日:2015.09.23


by j-garden-hirasato | 2015-10-04 06:22 | 自然 | Comments(20)

月の景:スーパームーン

『スーパームーン』というので、

f0049074_05583340.jpg

撮ってみました。

f0049074_05584971.jpg

普段より大きいようですが、

f0049074_05590818.jpg

その違いは分からず、

f0049074_05592845.jpg

雲ってきたので、

f0049074_05594474.jpg

終了。

撮影日:2015.09.28


by j-garden-hirasato | 2015-09-29 06:01 | 自然 | Comments(14)

滝探訪:須坂・米子大瀑布

シルバーウィーク、

あっという間に終わってしまいました。

遠出はせず、

近場の須坂『米子大瀑布』へ。

登山靴を新調したので、

足慣らしを兼ねて。

f0049074_04540925.jpg

熊除け用の鈴。

f0049074_04542708.jpg

清流に沿った遊歩道を歩きます。

f0049074_04544574.jpg

『不動滝』。

f0049074_04550443.jpg

落差85メートル。

f0049074_04552801.jpg

マイナスイオン、

発射!

f0049074_04554660.jpg

『権現滝』

f0049074_06394503.jpg
落差75メートル。

f0049074_04564644.jpg

この2つの滝を総称したのが、

『米子瀑布』。

f0049074_04570536.jpg

この開放的な場所は、

かつて米子鉱山があったところ。

f0049074_04572134.jpg

2つの滝が眺望できます。

f0049074_04581402.jpg

「日本の滝百選」の一つに選ばれています。

f0049074_04583538.jpg

探訪日:2015.09.22


by j-garden-hirasato | 2015-09-25 06:32 | 自然 | Comments(22)

自然に親しむ:志賀高原

梅雨明けと同時に山へ、

が、なかなか叶わず、

満を持して有給を取得。

でも、

この日は天気には恵まれず、

北アルプスは断念。

志賀高原に行きました。

「潤満の滝」。

f0049074_06511317.jpg

展望台から、遠くに望めます。

f0049074_06513573.jpg

展望台近くには、

地元地区住民により、

炭焼ガマが復原されています。

f0049074_06515114.jpg

高原らしい風景。

「平床」と呼ばれています。

f0049074_06520606.jpg

志賀高原は、

日本有数の温泉地でもあります。

「平床大噴泉」。

f0049074_06522268.jpg

夏のスキー場の風景。

f0049074_06524195.jpg

サマースクールでの活用?

バーベキューのコンロ。

f0049074_06525976.jpg

志賀高原には、

「日本国道最高地点」もあります。

f0049074_06531627.jpg

その脇の展望台から。

f0049074_06534021.jpg

眼下に見えるのは「芳ヶ平」。

ササっ原に立つ針葉樹が特徴です。

f0049074_06535759.jpg

「白根山」。

火山活動が活発になっているようで、

立入禁止でした。

f0049074_06541459.jpg

シェルターがアートっぽく、

一枚。

f0049074_06543004.jpg

「山」の境界杭。

f0049074_06545049.jpg

つづく。

探訪日:2015.07.30


by j-garden-hirasato | 2015-08-12 07:00 | 自然 | Comments(20)

初夏の長野:地獄谷野猿野公苑(その2)

『地獄谷野猿公苑』の2回目。
今回は、
親子ザルに注目。
ちょうど子供が生まれる時期でしょうか。
f0049074_6541024.jpg

生まれたての子ザルを抱いた、
母ザルを多く見かけました。
f0049074_6543138.jpg

生まれたてではなくても、
親子で寄り添う姿も多く、
とてもほっこりできました。
f0049074_6545059.jpg

「子供を虐待」という
悲しいニュースが流れる人間界。
f0049074_65593.jpg

自然界のサルの世界では、
そういう親子はいないのでしょう。
f0049074_6552786.jpg

親は弱者である子供を守る、
当然なことだと思うのですが…。
f0049074_6555473.jpg

サルの親子の姿を見て、
f0049074_6561272.jpg

いろいろ考えさせられました。
f0049074_6562929.jpg

探訪日:2013.05.22
by j-garden-hirasato | 2013-06-09 06:58 | 自然 | Comments(18)

初夏の長野:地獄谷野猿野公苑(その1)

志賀高原の入口にあたる湯田中温泉郷、
その最奥に位置する地獄谷温泉、
そこに『地獄谷野猿公苑』があります。
f0049074_6201024.jpg

開苑は昭和39年(1964)。
開苑当初から
「猿と人間の共生を観光客に見せること」に徹し、
野生のニホンザルの生態を
間近で観察できる野猿公園として知られています。
f0049074_6212720.jpg

冬場に温泉に入るニホンザルの姿は
“snow monkey”と呼ばれ、
国際的な観光地となっています。
f0049074_6214622.jpg

日本国内外のメディアで、
よく紹介されています。
f0049074_622570.jpg

戦後の林業で奥山の木々が切り倒され、
サルが山から地獄谷付近まで下りて来るようになり、
さらに下流の田畑に被害を及ぼすようになりました。
サルの駆除も検討されましたが、
それを解決する方策として考えられたのが、
サルを餌付け。
f0049074_6222756.jpg

これが成功し、
サルは駆除されることなく、
野猿公苑が開設されました。
f0049074_6224669.jpg

現在の群れは160頭程度。
うち50-60頭が入浴するそうです。
入浴するのはメスと子猿がほとんどで、
オスザルはほとんど入らないようです。
f0049074_623610.jpg

残念ながら温泉に浸かるのは冬だけのようで、
今回、
温泉に浸かって、
まったりしている猿には会えませんでした。
f0049074_6232614.jpg

探訪日:2013.05.22
by j-garden-hirasato | 2013-06-06 06:22 | 自然 | Comments(20)

そぞろ歩き:軽井沢編・白糸の滝

軽井沢の3回目。
軽井沢の町から少し山に入ったところに、
『白糸の滝』があります。
f0049074_6281257.jpg

定番の観光スポットですが、
訪れるのは、
今回が初めて。
f0049074_6282685.jpg

高さ3メートル、
幅70メートルほどの小さな滝ですが、
カーテンを敷いたように、
岩肌から水が湧き出しています。
f0049074_6284089.jpg

マイナスイオン、
大放出!
f0049074_6285341.jpg

癒されました。
f0049074_629693.jpg

撮影日:2012.10.06
by j-garden-hirasato | 2012-10-18 06:29 | 自然 | Comments(16)

景勝探訪:須坂・米子大瀑布(その2)

須坂探訪第3弾。
今回は、『米子大瀑布』のおまけ。
駐車場からの遊歩道(山道)は、
沢沿いに付いています。
f0049074_5191088.jpg

沢の音を聞きながら歩くことになりますが、
なかなか大滝の姿は見えません。
f0049074_5193183.jpg

唯一見えたポイント。
f0049074_519487.jpg

奥に見えるのは
不動滝です。
f0049074_520413.jpg

小さい滝を
幾つも越えます。
f0049074_5202341.jpg

日本庭園の原点を見るようです。
f0049074_5204084.jpg

澄んだ流れに、
豊富な水量。
f0049074_5205797.jpg

水と緑に、
癒されました。
f0049074_5211920.jpg

探訪日:2012.06.11
by j-garden-hirasato | 2012-06-23 05:21 | 自然 | Comments(20)

景勝探訪:須坂・米子大瀑布

長野市のお隣りの須坂市。
その須坂市の山奥に、
『米子大瀑布』という二つの大滝があります。
f0049074_5431058.jpg

須坂市街地から林道を奥へ奥へと進み、
その行き止まりに駐車場があります。
そこからは山道。
f0049074_5432435.jpg

いくつもの沢を渡ります。
f0049074_5433782.jpg

ちょっとした登山気分。
f0049074_5435445.jpg

根子岳と四阿山をそれぞれの源流とする
『不動滝』と『権現滝』。
f0049074_544717.jpg

『不動滝』は落差85メートル。
f0049074_5442156.jpg

霧状に流れ落ちる姿から、
「女滝」とも呼ばれます。
f0049074_5444068.jpg

修験者の「みそぎの場」として、
今でも滝に打たれる行者の姿が見られるそうです。
f0049074_5445917.jpg

一方の『権現滝』は落差75メートル。
豪快に落ちることから、
こちらは「男滝」。
f0049074_545172.jpg

残念ながら、
近くには行けません。
f0049074_5453037.jpg

男滝と女滝が揃った
国内でも珍しい「夫婦滝」として有名です。
最近では
「恋人滝」とも言われるようです。
f0049074_5454543.jpg

「日本の滝100選」に選ばれています。
f0049074_546166.jpg

探訪日:2012.06.11
by j-garden-hirasato | 2012-06-19 05:45 | 自然 | Comments(16)