日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
>>「弥栄会館」 ..
by ninja2005y at 21:56
さすが京都、近代建築も素..
by blackfacesheep2 at 21:49
何故か諸外国を意識した様..
by yaguchitenga at 18:33
こんばんは~(=´∀`)..
by N-styel at 17:33
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 10:49
見たことがあるレトロな建..
by gipsypapa at 09:04
いずれも味わいがあります..
by saheizi-inokori at 08:34
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 05:53
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 05:50
そうそう、ここです。 ..
by gipsypapa at 12:26
こんにちは^^ 平安神..
by risaya-827b at 12:09
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:18
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 06:12
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 06:08
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 06:06
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 06:02
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:58
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:56
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 05:52
映り込みの綺麗なところで..
by ninja2005y at 22:03
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ライフログ
画像一覧


カテゴリ:庭園( 242 )

京都そぞろ歩き・庭園探訪:平安神宮神苑

京都そぞろ歩きの17回目。

平安神宮には、

神苑が造営されています。

庭内に入ってすぐに、

日本最古の電車が置かれています。

平安神宮の創建と同じ明治28年に

京都電気鉄道が運行していたもの。
f0049074_22001336.jpg

平安神宮神苑は、

本殿背後の周囲三方に造営された

池泉回遊式の日本庭園です。
f0049074_22010810.jpg


面積は約33,000平方メートル(10,000坪)。
f0049074_22034526.jpg
f0049074_22041261.jpg

作庭は、

明治から昭和初期に活躍した

7代目・小川治兵衛(植治)。
f0049074_22044466.jpg

蒼龍池に架けられた臥龍橋は、

天正年間に豊臣秀吉が造営した

三条大橋と五条大橋の橋脚の石材を用いています。
f0049074_22052933.jpg
f0049074_22065989.jpg

神苑の造営は、

平安神宮の社殿一帯の風致保存のためとも言われています。
f0049074_22072964.jpg

栖鳳池に架けられた泰平閣。
f0049074_22090527.jpg

橋殿とも呼ばれます。
f0049074_22104596.jpg

京都御所から移築された建物です。
f0049074_22115962.jpg

平安神宮神苑は、

国の名勝に指定されています。
f0049074_22124634.jpg

探訪日:2017.08.20

by j-garden-hirasato | 2017-10-17 05:50 | 庭園 | Comments(21)

京都そぞろ歩き・庭園探訪:金地院庭園 sanpo

京都そぞろ歩きの15回目。

南禅寺界隈の最終回、

今回は、『金地院庭園』です。
f0049074_14171819.jpg

金地院は、

南禅寺の塔頭の1つ。
f0049074_14175372.jpg

江戸幕府の幕政に参与し、

「黒衣の宰相」と呼ばれた以心崇伝が住していました。
f0049074_14185435.jpg

庭園は「鶴亀の庭」と呼ばれる枯山水庭園、

小堀遠州作の庭として有名です。
f0049074_14195287.jpg

崇伝が徳川家光のために作らせ、

作庭には小堀遠州が当たりました。

遠州作と伝えられる庭園は全国に多くありますが、

資料が残っているのはココだけです。
f0049074_14201672.jpg

庭師は、賢庭と伝えられています。
f0049074_14204142.jpg

方丈から見て右手に鶴島、
f0049074_14212316.jpg

左手に亀島が配されています。
f0049074_14244473.jpg

鶴と亀の間には、

5畳弱の長方形の平らな巨石があり、

遥拝石と呼ばれます。

隣接する東照宮を拝むために置かれたものです。
f0049074_14260701.jpg


国の特別名勝に指定されています。
f0049074_14263049.jpg

探訪日:2017.08.20

by j-garden-hirasato | 2017-10-09 05:56 | 庭園 | Comments(22)

京都そぞろ歩き・庭園探訪:南禅院庭園

京都そぞろ歩きの13回目。

今回も庭園探訪。

南禅寺の別院『南禅院』。
f0049074_21062847.jpg

正応2年(1289)、

亀山天皇が離宮(この場所)で出家して法皇となり、

離宮を寄進して禅寺としたため、

南禅寺の発祥の地とされています。
f0049074_21065565.jpg

方丈は、元禄16年(1703)、

徳川綱吉の母・桂昌院の寄進によって再建されたもの。
f0049074_21074494.jpg

庭園は、

鎌倉時代末に作庭された池泉廻遊式庭園。
f0049074_21081161.jpg

作庭は、

夢窓疎石と伝えられています。
f0049074_21084498.jpg

周囲を深い樹林で包まれ、

幽玄閑寂の趣です。
f0049074_21090940.jpg
f0049074_21094865.jpg

上段の池は曹源池と呼ばれ、

蓬莱島が配されています。
f0049074_21101273.jpg

滝口の石組。
f0049074_21105420.jpg

国の史跡および名勝に指定されています。
f0049074_21114000.jpg

探訪日:2017.08.20


by j-garden-hirasato | 2017-10-05 05:47 | 庭園 | Comments(22)

京都そぞろ歩き・庭園探訪:天授庵庭園

京都そぞろ歩きの12回目。

続いて、

南禅寺塔頭の『天授庵』。
f0049074_18284328.jpg

暦応2年(1339)、

光厳上皇から塔所建立の勅許を得、

翌年、天授庵が建立されました。
f0049074_18290900.jpg

戦国時代には一時衰退してしまいますが、

慶長7年(1602)、

歌人としても知られる武将・細川幽斎により再興されました。
f0049074_18292969.jpg

「方丈前庭」。

白砂と苔が爽やか庭園です。
f0049074_18294858.jpg

菱形の畳石が特徴の枯山水庭園。
f0049074_18301142.jpg
f0049074_18303072.jpg

切石を組み合わせた直線的なパターン構成は、

小堀遠州の発案と言われています。
f0049074_18305584.jpg

秋の紅葉も見事です。
f0049074_18311516.jpg

続いて、「書院南庭」。
f0049074_18313426.jpg

杉や楓が鬱蒼と茂る池泉回遊式庭園。
f0049074_18315549.jpg

明治時代に改修されましたが

南北朝時代の面影を今も残しています。
f0049074_18321735.jpg
f0049074_18323643.jpg

探訪日:2017.08.20


by j-garden-hirasato | 2017-10-03 05:39 | 庭園 | Comments(24)

京都そぞろ歩き・庭園探訪:南禅寺庭園その2

京都そぞろ歩きの11回目。

南禅寺方丈には、

名勝の方丈庭園のほかに、

いろいろな庭園が造営されています。

小方丈庭園「如心庭」。
f0049074_05283226.jpg

昭和41年(1966)の作庭。
f0049074_05284023.jpg

心字形に庭石を配置。

悟りの心の風景をイメージした庭園。
f0049074_05284721.jpg

「蓬莱神仙庭」。

仙人の住む不老不死の地のイメージ。
f0049074_05285656.jpg

「六道庭」。

天上道、人間道、修羅道、

畜生道、餓鬼道、地獄道を生まれ変わるという

六道輪廻という仏教の世界観を表現。
f0049074_05290477.jpg

「鳴滝庭」。
f0049074_05291458.jpg
f0049074_05292312.jpg

可愛らしい灯籠が印象的。

f0049074_05293167.jpg

回廊の奥にも庭園はあります。

f0049074_05294059.jpg

「龍吟庭」。

f0049074_05295636.jpg

チェックもれの名前不明庭。

f0049074_05300530.jpg

「環源庭」。

f0049074_05301560.jpg
f0049074_05302445.jpg

古庭園と現代庭園とのコラボ、

楽しめました。

f0049074_05303219.jpg

探訪日:2017.08.20


by j-garden-hirasato | 2017-09-27 05:37 | 庭園 | Comments(28)

京都そぞろ歩き・庭園探訪:南禅寺方丈庭園

京都そぞろ歩きの10回目。

銀閣寺の後に向かったのは、

南禅寺。

臨済宗南禅寺派の大本山です。
f0049074_16531715.jpg

正応4年(1291)、

亀山法皇が大明国師を迎えて、

開創されました。
f0049074_16545038.jpg

方丈を参拝です。
f0049074_16551190.jpg

方丈庭園。
f0049074_16561864.jpg

小堀遠州の作と伝えられ、
f0049074_16564567.jpg

江戸時代初期に作庭された枯山水庭園です。
f0049074_16571034.jpg

築地塀に沿った細長い地形に作庭されています。
f0049074_16575831.jpg

向かって左に大きな石組を配し、

前方と右は白砂とし、

空間の広がりを演出しています。
f0049074_16581585.jpg

「虎の子渡し」の庭とも呼ばれています。
f0049074_16583403.jpg

虎が三匹の子を生むと一匹がヒョウで、

他の子を食おうとするので、

川を渡るとき、

親はまずヒョウを対岸に渡し、
f0049074_16585310.jpg

次いで他の一匹を渡してからヒョウを連れ帰り、

次に残る一匹を渡し、
f0049074_16591243.jpg

最後にヒョウを渡した、

という故事を表現していると言われています。
f0049074_16593823.jpg

国の名勝に指定されています。

f0049074_17000270.jpg

探訪日:
2017.08.20

by j-garden-hirasato | 2017-09-25 06:01 | 庭園 | Comments(26)

京都そぞろ歩き・庭園探訪:銀閣寺庭園 sanpo

銀閣寺の2回目。

今回は、庭園をメインに。
f0049074_22245596.jpg

シンボリックな向月台。
f0049074_22250382.jpg

東山から登る

月を演出する装置とも言われます。
f0049074_22251100.jpg

ダイナミックな白砂の砂盛と砂紋も

銀閣寺庭園の特徴。
f0049074_22252019.jpg

この銀沙灘(ぎんしゃだん)も、

月を愛でるための演出と考えられています。
f0049074_22252730.jpg

建物間のちょっとしたスペースにも、

ちゃんと作庭されています。
f0049074_22253595.jpg

銀閣寺庭園は、

池泉の周りに巡らされた園路を周遊する

池泉回遊式という様式の庭園です。
f0049074_22254459.jpg

池の護岸の石組も見事です。
f0049074_22255323.jpg
f0049074_22260266.jpg

池から少し登った斜面にある枯山水庭園は、

昭和初期に発掘で発見されたもの。
f0049074_22261177.jpg

さらに斜面を登ると、

上から庭園を俯瞰できます。
f0049074_22261747.jpg

最後に、

銀閣を正面から。
f0049074_22262475.jpg

銀閣寺庭園は、

国の特別史跡・特別名勝に指定されています。
f0049074_22263390.jpg

探訪日:2017.08.20

by j-garden-hirasato | 2017-09-23 05:29 | 庭園 | Comments(26)

東京そぞろ歩き・庭園探訪:芝離宮恩賜庭園

神楽坂をプチ散策後、

野球観戦に行くという娘と別れ、

『芝離宮恩賜庭園』に行きました。

f0049074_06022174.jpg

小石川後楽園、浜離宮恩賜庭と共に、

東京に残る江戸時代の大名庭園の一つです。

f0049074_06022967.jpg

池の周りを周遊する池泉回遊式庭園。

f0049074_06031908.jpg

潮の満ち欠けで景色を演出する

汐入の庭となっています。

f0049074_06033950.jpg

明暦年間(16551658)の頃に

海面を埋め立てた土地を、

延宝6年(1678)に

老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領。

f0049074_06035243.jpg

忠朝は、

藩地の小田原から庭師を呼び、

「楽壽園」と呼ばれる庭園を作庭しました。

f0049074_06040061.jpg

その後は所有者を変え、

幕末の頃は紀州徳川家の芝御屋敷となり、

明治4年(1871)には有栖川宮家の所有となり、

8年(1875)に宮内省が買上げ、

9年(1876)に芝離宮となりました。

f0049074_06041094.jpg

大正13年(1824)には、

皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として東京市に下賜され、

関東大震災で被災した園地の復旧と整備が行われ、

同年に一般公開されました。

f0049074_06042229.jpg

景勝地と有名だった

中国杭州の西湖の景色を模したという「西湖堤」。

f0049074_06064869.jpg

作庭当時は海岸に面していましたが、

今やビジネスタワーの前庭みたいな状況です。

f0049074_06065739.jpg

国の名勝に指定されています。

鯛の形をしたおめでたい橋。

f0049074_06070674.jpg

おめでたいカップルの姿も。

f0049074_06071397.jpg

江戸時代のものかどうかはわかりませんが、

こんなカワイイ灯籠が、

池の中に据えられていました。

f0049074_06072214.jpg

探訪日:2017.06.18
by j-garden-hirasato | 2017-07-08 06:29 | 庭園 | Comments(24)

東京そぞろ歩き・庭園探訪:旧古河庭園

『旧古河庭園』の2回目。

前回は、バラを紹介しましたが、

今回は庭園

f0049074_05450234.jpg

武蔵野台地の地形を活かして、

北側の小高い丘には洋館を、

低地には日本庭園を配したのが特徴です。

f0049074_05451122.jpg

この洋館を設計したのは、

英国人ジョサイア・コンドル。

f0049074_05452052.jpg

大正6年(1917)の竣工です。

f0049074_05453013.jpg

躯体は煉瓦造、

外壁は真鶴産の新小松石(安山岩)の野面積です。

f0049074_05453961.jpg

斜面を下ると、

池泉廻遊式の日本庭園が広がります。

f0049074_05454826.jpg

作庭者は、

京都の庭師・植治こと小川治兵衛。

f0049074_05455822.jpg

心字池を中心に作庭され、

荒磯も配されています。

f0049074_05460897.jpg

荒磯には、

存在感のある雪見灯篭が設置されています。

f0049074_05461701.jpg

その奥には、

枯山水庭で見られるような枯滝も組まれています。

f0049074_05462582.jpg

この大滝は、

深山幽谷のイメージです。

f0049074_05463638.jpg

この庭園は、

もともとは明治の元勲・陸奥宗光の邸宅でした。

f0049074_05464425.jpg

国の名勝に指定されています。

f0049074_05465542.jpg

探訪日:2017.06.17
by j-garden-hirasato | 2017-06-23 05:50 | 庭園 | Comments(28)

長野そぞろ歩き・庭園探訪:田中本家庭園

最近、少しご無沙汰していたので、

5月の中旬、

須坂の『豪商の館 田中本家』に行きました。

f0049074_04552847.jpg

初夏を彩る花たちが、

元気に咲いていました。

f0049074_04554069.jpg
f0049074_04555063.jpg

田中家は、

江戸中期に穀物、菜種油、煙草、綿、酒造業などの商売で財を築き、

代々須坂藩の御用達を勤めた北信濃屈指の豪商。

f0049074_04555821.jpg

100m四方の敷地を

20の土蔵が取り囲みます。

f0049074_04561017.jpg

天明年間(1780年代)には、

村民の飢饉救済のため、

池泉廻遊式庭園も作庭されました。

f0049074_04561981.jpg
f0049074_04562788.jpg

作庭の際は、

京都から庭師を招いたそうです。

f0049074_04565191.jpg
f0049074_04570095.jpg

秋の紅葉も見事です。

f0049074_04570893.jpg

中庭に面してお休み処もあり、

f0049074_04571629.jpg

江戸時代の料理を再現した御弁当をいただけます。

f0049074_04572656.jpg

探訪日:2017.05.20


by j-garden-hirasato | 2017-06-15 05:46 | 庭園 | Comments(28)