日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
ハイボール濃いめ、良いで..
by yaguchitenga at 19:22
東京の銅像といえば、まず..
by sternenlied2 at 17:12
あはは、例によって濃い目..
by blackfacesheep2 at 13:08
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 11:08
最後の写真、 すごい行..
by gipsypapa at 09:20
西郷本がめだちますね。 ..
by saheizi-inokori at 09:09
普通銅像というと立派な軍..
by ericanada at 08:49
濃いめ‼︎(*´艸`) ..
by N-styel at 06:58
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:07
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:05
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 05:01
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 04:58
こんにちは☆ 青空に雪..
by aozoracafe123 at 18:17
オォ~‼ 最後の一枚は..
by N-styel at 13:30
おはようございます^^ ..
by risaya-827b at 11:12
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 11:00
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:55
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:51
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:48
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:41
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ライフログ
画像一覧


カテゴリ:伝統( 12 )

長野そぞろ歩き:大岡のおまけ

秋の長野そぞろ歩きの3回目。

大岡小・中学校の二宮金次郎の像。


こんなに素敵な環境なのに、

大岡村は過疎が深刻です。


道端の小さなお堂。


今もお供え物が添えられています。

プチトマトとは、ヘルシー。


微笑んでいます。

唇には紅も。


町内の廃屋。


商店だったようですが、


廃屋になって、

ずいぶん時代が流れているようです。


取り壊されることなく、

自然に任されています。


農作業小屋の脇には、

こんなトラクターも。


はて、これは?


何だか、全然分かりません。


探訪日:2016.09.10


by j-garden-hirasato | 2016-09-18 06:36 | 伝統 | Comments(22)

長野そぞろ歩き:大岡の道祖神

秋の長野そぞろ歩きの2回目。

大岡村の売り物、

北アルプスの大展望と


芦ノ尻地区の巨大、道祖神。


正月の松飾りのしめ縄で、

毎年1月7日に作られます。


その昔、

周囲の村で病がはやったとき、

医者が、村にはやり病が入ってこないよう、

村境に祀り、

悪霊を追い払ったと言われています。


平成10年(1998)の長野冬季オリンピックの開会式にも登場。


県の無形民俗文化財に指定されています。


その道祖神の横には、


男女が寄り添う道祖神。


縁結びの神様。


いつまでも、

仲良く暮らしましょう。


探訪日:2016.09.10


by j-garden-hirasato | 2016-09-16 07:36 | 伝統 | Comments(26)

民俗探訪:大岡の道祖神

北アルプスの展望が素晴らしい大岡地区、
(北アルプスの雪は、かなり少なくなってきましたが)
f0049074_5464826.jpg

ユニークな道祖神が祀られています。
f0049074_547562.jpg

村内の各戸で
正月に飾られた注連飾りを集め、
毎年作り変えられています。
f0049074_5472788.jpg

村の中に邪気が入り込まないように、
村の入り口に当たる場所に据えられています。
f0049074_5474648.jpg

その隣りには、
f0049074_54897.jpg

夫婦の道祖神。
手と手を携えています。
f0049074_5482680.jpg

ここに据えられて、
どれくらいの時間が経っているのでしょうか。
f0049074_5485592.jpg

本日も、晴天なり。
f0049074_549917.jpg

探訪日:2013.04.14
by j-garden-hirasato | 2013-05-19 05:49 | 伝統 | Comments(22)

町並み探訪:倉吉の町並み(その2)

鳥取探訪第11弾
倉吉の2回目。
前回紹介した「赤瓦」のほかにも、
多くの古い建物が残され、
活用されています。
f0049074_5515155.jpg

昔ながらの酒屋さん。
f0049074_5521219.jpg

創業百余年の餅屋さん。
f0049074_5522935.jpg

建物の顔も様々です。
f0049074_5524546.jpg

どの建物も落ち着いていて、
趣があります。
f0049074_55331.jpg

木造三階建ては、
珍しいですね。
f0049074_5532039.jpg

建物の補強が
実にユニーク。
f0049074_5534080.jpg

「矢吹商店」。
f0049074_5535653.jpg

しつこいくらいの看板が
印象的です。
f0049074_5541462.jpg

鳥取は梨の産地。
おみやげの梨は、
宅急便で送りました。
f0049074_5542931.jpg

探訪日:2011.08.31-09.04
by j-garden-hirasato | 2011-10-20 05:54 | 伝統 | Comments(19)

御柱祭・その6

諏訪・御柱祭の本編第5弾。
「木落し」最後の「秋宮一」。
綱が切れてしまいました。
f0049074_0373232.jpg

ようやく、復旧です。
気を取り直して。
f0049074_0375992.jpg

御柱、登場。
f0049074_0381987.jpg

みんなで、
気合を入れます。
f0049074_0384413.jpg

儀式は、
淡々と進み、
f0049074_039387.jpg

いよいよ、
f0049074_0392056.jpg

「木遣り」でさらに、
雰囲気を盛り上げます。・
f0049074_0395043.jpg

そして、
行ったー!
f0049074_0401148.jpg

御柱、
暴れています。
f0049074_0403455.jpg

おおー!
f0049074_04194.jpg

乗り手は、振り落とされてしまいました。
f0049074_0413798.jpg

いろいろな人が
群がります。
f0049074_0422766.jpg

それでも、
何とか、一段落。
f0049074_0425045.jpg

御柱祭、
見れば見るほど、
おもしろいお祭りです。
f0049074_0431061.jpg

撮影日:2010.04.11
by j-garden-hirasato | 2010-04-27 00:45 | 伝統 | Comments(18)

御柱祭・その5:ハプニング!

諏訪・御柱祭の本編第4弾。
木落とし最後は、「秋宮一」。

f0049074_8535051.jpg
まず、
各地区の旗の登場です。
f0049074_8443224.jpg

その、旗部隊が、
木落し坂を下ります。
f0049074_844529.jpg

そして、
御柱を待ちます。
f0049074_8451377.jpg

氏子総出で御柱を曳いて、
f0049074_8453195.jpg

曳いて、
f0049074_8454968.jpg

木落しを待ちます。
f0049074_8464095.jpg

ん?
あれ?
f0049074_847036.jpg

切れたー!
f0049074_8473074.jpg

おい、おい!
f0049074_8475317.jpg


f0049074_8481255.jpg

切れた綱を引き上げます。
f0049074_8483336.jpg

ソーレ!
f0049074_8485490.jpg

何とか、修復。
何が起こるか分かりません。
f0049074_849184.jpg

撮影日:2010.04.11
by j-garden-hirasato | 2010-04-24 08:49 | 伝統 | Comments(22)

御柱祭・その4

諏訪・御柱祭の本編第3弾。
今回は、御柱「秋宮三」の「木落し」です。
f0049074_65955.jpg

山で切り出された御柱、
この木落し坂まで、
氏子さんが総出で曳きます。
f0049074_653061.jpg

そして、
最大の見せ場の「木落し」。
f0049074_654871.jpg

曳き手も乗り手も
盛り上がります。
f0049074_66459.jpg

落とす前のセレモニー。
地区ごとに志向を凝らしています。
f0049074_66221.jpg

ラッパ隊も盛り上げます。
お聞かせできないのが、
残念です。
f0049074_664074.jpg

神官さんが塩で清め、
f0049074_67244.jpg

そして、
f0049074_672598.jpg

いよいよ。
f0049074_674877.jpg

行ったー!
f0049074_68931.jpg

大丈夫?
f0049074_683088.jpg

最後は一丸となって、
みんなで御柱を止めます。
f0049074_69767.jpg

やったー、大成功!
f0049074_6101453.jpg

安堵の表情。
次回、最後の御柱です。

撮影日:2010.04.11
by j-garden-hirasato | 2010-04-22 06:16 | 伝統 | Comments(14)

御柱祭・その3

諏訪・御柱祭の本編第2弾。
今回観覧したのは、
下社の「木落とし」。
「春宮二」、「秋宮三」、「秋宮一」の
3本の御柱が木落とし坂を下ります。
まず、
「春宮二」の御柱から。
f0049074_5342155.jpg

観覧席に着いたときは、いよいよ大詰め。
御柱が木落とし坂の上まで曳かれたところでした。
f0049074_5344550.jpg

氏子さんたちの手で曳かれます。
f0049074_535085.jpg

御柱登場!
f0049074_5351425.jpg

儀式もあります。
f0049074_5352786.jpg

血気盛んな男性を残し、
氏子さんの多くは坂ノ下に移動。
f0049074_5354547.jpg

準備完了!
いよいよ、落とします。
f0049074_536499.jpg

徐々にせり出し、
f0049074_5362024.jpg

いざ!
f0049074_5363526.jpg

バランスよく、滑っています。
f0049074_5365298.jpg

あと少し!
f0049074_5371194.jpg

ヨッシャー!
f0049074_5372741.jpg

これが、御柱祭の「木落とし」です。
迫力満点の奇祭。
あと2本、続きます。

撮影日:2010.04.11
by j-garden-hirasato | 2010-04-19 05:38 | 伝統 | Comments(20)

御柱祭・その2

諏訪・御柱祭の本編です。
f0049074_622267.jpg

全国各地に25000社あると言われる諏訪神社。
その本社がこの諏訪大社です。
f0049074_622417.jpg

諏訪湖の南側に上社の本宮と前宮、
北側に下社の春宮と秋宮があります。
f0049074_6225495.jpg

各お宮それぞれに御柱が4本ずつ、
計16本の御柱が立てられます。
f0049074_6231019.jpg

八ヶ岳山麓の森から木を切り出し(山出し)、
氏子みんなでそれを引いて(里曳き)、
お宮に立てる(立て御柱)、
というのが御柱祭。
f0049074_6232381.jpg

最近行われた「山出し」では、
途中、坂あり(木落とし)、川あり(川越し・上社のみ)。
すべて氏子たちが御柱を曳きます。
f0049074_6234026.jpg

アップした写真は、
すでに「木落とし」が終わった御柱。
「里引き」が始まるまで、
この場所で出番を待ちます。
f0049074_6235778.jpg

御柱祭が行われるのは、
7年に一度、
f0049074_6241230.jpg

といっても、この7年は数えなので、
実際には6年ごとになります。
f0049074_6242654.jpg

干支でいうと、
寅と申(さる)の年に行われます。
f0049074_624468.jpg

今回観覧に行ったのは、
下社の「木落とし」。
f0049074_625511.jpg

詳細については、
次回以降に。
f0049074_6252753.jpg

撮影日:2010.04.11
by j-garden-hirasato | 2010-04-16 06:25 | 伝統 | Comments(14)

御柱祭・その1

先の日曜日、
日本三代奇祭の一つと言われる、
諏訪・御柱祭に行ってきました。
f0049074_6153295.jpg

本編に入る前に、
高速道路・長野道の梓川PAでこんなものを発見!
f0049074_6155127.jpg

「ちくわパン」
f0049074_6161155.jpg

味は、まずまずでした。
次回から、本編です。
f0049074_6162965.jpg

撮影日:2010.04.11
by j-garden-hirasato | 2010-04-13 06:16 | 伝統 | Comments(20)