日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
こんにちは^^ 昨..
by iris304 at 18:27
素敵なショットと解説から..
by siawasekun at 03:18
小布施ですか。 栗、大..
by kwc_photo at 23:29
モンブラン・・・・良いで..
by ninja2005y at 22:00
小布施と言えば栗・・・ ..
by blackfacesheep2 at 21:16
木漏れ日が気持ち良さそう..
by yaguchitenga at 18:36
こんにちは^^ 小布施..
by risaya-827b at 16:56
小布施って、街づくりがお..
by N-styel at 15:42
栗、大好きです 天津甘..
by aitoyuuki32 at 12:25
小布施の街も電線を地下に..
by umi_bari at 11:17
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 11:06
おはよう。 日差しが夏..
by ejichan555 at 10:20
ちょっと外れにうまいそば..
by saheizi-inokori at 09:20
小布施は古い町並みを ..
by gipsypapa at 09:01
> 舗装材にも栗が採用 ..
by London Caller at 06:18
雪だるまがこの界隈を良く..
by 雪だるま at 05:50
sarutvさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:03
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:00
ここでは、栗きんとんのお..
by sarutv at 01:35
こんにちは☆ 桔梗、め..
by aozoracafe123 at 14:27
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ライフログ
画像一覧


庭園の意匠:砂紋

白砂に描かれた模様、砂紋。
「さもん」または「しゃもん」と読みます。
f0049074_5362152.jpg

戦国時代、忍者の侵入を防ぐため、
庭園に白砂を敷きホウキ目を付けたことが起こりとされています。
f0049074_5364259.jpg

このホウキ目は、
風雨にさらされるとつぶれ易く、
落葉なども目立つため、
庭園の清掃も兼ねてホウキ目を付け直します。
この作業は「雲水の修行」と言われています。
f0049074_537031.jpg

「雲水」という漢字を当てているのが面白いですね。
f0049074_5371770.jpg

この砂紋の模様を楽しむのも、
庭園探訪の醍醐味の一つです。
f0049074_5373562.jpg

それにしても、
いろいろな模様があります。
f0049074_5375942.jpg

はっきりとした力強い模様。
f0049074_5382043.jpg

うっすら付けられた繊細な模様。
f0049074_5383781.jpg

凛とした上品な模様。
f0049074_538549.jpg

見ていて楽しくなる模様。
f0049074_5391436.jpg

いつか自分で、
このホウキ目を付けてみたいものです。
そのためには、「雲水の修行」が必要ですね。
f0049074_5392972.jpg

探訪日:いろいろ
by j-garden-hirasato | 2008-05-25 05:39 | 庭園 | Comments(22)
Commented by NEOTOKYO-MODE at 2008-05-25 14:50
こんにちは^^
模様が独特でとても美しいですね!
どの様にこのラインを描くのか見てみたいです。
Commented by nakanokeiichi at 2008-05-25 19:46
実際にしてみたいですね・・修行は嫌だけど・・ USにはテーブルサイズのZENGARDENがあって自分でちょこっとするのが 有ったような記憶が有ります 
Commented by ninja2005y at 2008-05-25 21:40
>>忍者の侵入を防ぐため、

わたしが行ったら、門前払い喰ったりして・・・・・(爆)
Commented by furarann at 2008-05-26 02:38
何個かは見た事あるよ~~
どこだったかな??(^^ゞ
すごいよね~~時間かかるんだろうな~~
ほんと修行だわ・・・
私だったら間違いなく真ん中に取り残されてます~~
(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-26 04:48
NEOTOKYO-MODEさん、コメントありがとうございます。
砂紋はお寺ごとに違いがあって、
おもしろいです。
同じお寺でも、季節で違いもあるようで、
引いているお坊さんによって、
違いがあるようです。
ほんと、どのように描くか見てみたいですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-26 04:56
nakanokeiichiさん、コメントありがとうございます。
そろうち、「体験!雲水の修行」
なんてイベントを行うお寺が登場したりして(笑)。
「テーブルサイズの…」
イタリアの家具メーカーで、
砂紋が自分で描けるテーブルがありますね。
ネットで調べていて見たことあります。
なんか、テーブルに砂場が付いたようなものでしたが…。
発想の豊かさに、
さすがイタリア、と思いました。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-26 05:01
ninjaさん、コメントありがとうございます。
この説も、定説ではないようですが、
もっともらしいでしょ。
忍スタイルじゃなきゃ、大丈夫でしょう。
ちゃんと玄関から入りましょうね。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-26 05:07
furarannさん、コメントありがとうございます。
雲水の修行、見てみたいですよね。
特に、模様が重なるところなんて、
どうやってるのか気になります。
自分の足跡だって消しながら模様を描くわけですから、
それなりに頭を使うんでしょうね。
「真ん中に取り残されてます~」
自分もそうなるでしょう(笑)。
Commented by farfarsideK at 2008-05-26 11:41
この砂紋、見てる分には凄く綺麗だし、見てるだけで心が落ち着くような安心感をかんじますが、作る方は凄く大変ですね。これからの季節梅雨なので、この形を維持するのは凄く大変そうですね。
Commented by taka-9 at 2008-05-26 12:54 x
砂紋って、本当に庭園ごとに様式も作り方も全然違いますね。
幾何学模様のオンパレードでなかなか面白いです。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-26 20:42
farfarsideKさん、コメントありがとうございます。
雨が降れば崩れ、風が吹けば葉っぱが落ち、
砂紋も常に管理が必要です。
でも、そのように手が加わってこそ、
見る人に感動を与える。
それが「雲水の修行」なんですね。
自分で砂紋をつけるのが、
今の夢です。
Commented by mornbell at 2008-05-26 23:10 x
庭を砂でデザインするなんてすごい技ですね。美しい砂紋、見ているだけで楽しくなります。箱庭で、砂に砂紋を描いたら面白いだろうな。今まで、砂を平にしていたけれど、箒型の小さな道具があればできるかもしれませんね。面白そう!!
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-27 04:07
taka-9さん、コメントありがとうございます。
人それぞれ書く字に個性があるように、
砂紋にも個性がでるんでしょうね。
とはいっても、
各庭園でそれなりの方向性はあるんでしょう。
曼殊院(8枚目)でくっきりした模様は合わないし、
龍安寺(2枚目)で渦巻き模様はやはり不釣合いです。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-27 04:20
mornbellさん、コメントありがとうございます。
自宅で砂紋が描けたら、楽しいでしょうね。
個人宅で砂紋の庭、聞いたことないですが。
以前100円ショップで
卓上で描ける砂紋ミニセットを見たことがあります。
白砂と模様を付けるミニほうきまでありました。
これなら簡単に砂紋が描けそうだったので、
買おうかどうしようか悩んだんですが、
白砂を敷くお盆がいかにも100円ショップだったので、
まずお盆から、と買うのをやめました。
まだ、売っているんでしょうか。
Commented by shinmemo0417 at 2008-05-27 15:29
庭園さん、知ってる庭が2箇所ほど
少しは勉強しているのが....
上から7つめ、小さい石に当たる微妙な波さばきがいいですね
Commented by aippp at 2008-05-27 22:29
砂紋を描いてるところ、みてみたいですよね。
ものすごく早くお寺に行ったら見られるのでしょうか。
それとも、誰も入れない時間に、ひっそりと修行されるのでしょうか。
もし「修行体験」があったら、絶対行きます!
で、綺麗に描いて、ゆっくり鑑賞した後は、ザザーッと壊しちゃう!
別にストレスたまってるわけじゃないんですけど、やってみたくありません?
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-28 04:54
shinmemo0417さん、コメントありがとうございます。
今回は庭園名を載せなかったので、
「ここ、どーこだ」になってしまいました。
7枚目は、大徳寺塔頭瑞峯院の「独坐庭」です。
昭和を代表する作庭家・重森三玲の作品。
砂紋は大海の荒波を表現しているんでしょう。
「微妙な波さばき」
岩に砕ける波がイメージできましたか。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-28 05:16
aipppさん、コメントありがとうございます。
「ザザーッと壊しちゃう!」
それはストレス発散です(笑)。
砂紋、いつ描いているんでしょうね。
たぶん、庭園の公開前の早朝じゃないでしょうか。
お寺って、朝が早いから、
寝起きの一作業で砂紋をサササッと。
でも、お経をあげる朝のお勤めもありますね。
「雲水の修行」というくらいだから、
通常の修行ではなく、
陽が出る前の暗いうちから作業しているんでしょうか。
その方がイメージしやすいですね。
ほんと、いつ描いてるんだろう。
気になってきました。
Commented by bassneco at 2008-05-31 02:37
こんばんは、猫です。
いいですねー、砂紋。流れるような曼殊院の砂紋も素晴らしいし、霊雲院の幾何学的な砂紋も見事だし。まさに、作庭する人の腕の見せ所ですね。

ちょっと記憶をたどって、どのお寺のお写真か考えてみました。
1枚目:東福寺霊雲院。遺愛石でしたっけ。
2枚目:龍安寺でしょうか。石の形が特徴的ですね。
3枚目:龍源院のこの庭、シャレた雰囲気が素敵ですね。
4枚目:んー、わからないです。でも、きれいな同心円の砂紋。どうやって描くんでしょう。
5枚目:東福寺の開山堂でしょうか。砂紋の美しさだけで魅せる名庭ですね。
6枚目:銀閣寺の銀沙灘ですよね。モダンな砂紋、カッコいいです。
7枚目:大徳寺瑞峯院。爽やかな気持ちのいい庭ですよね。
8枚目:スピード感たっぷりの曼殊院の砂紋。
9枚目:これ、ちょっとわかりませんでした。にょろにょろ~って蛇の歩いた跡みたいなの。
10枚目:これまた東福寺霊雲院じゃないかなと思うのですが。。。
最後の11枚目は、もう一回龍源院かなぁとか思ってみたり。

以上です。間違いだらけだったらスミマセン。。。でも、こういうの考えるの、楽しいですね!
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-31 04:46
bassnecoさん、コメントありがとうございます。
お庭検定、合格!
さすが、お寺巡りのプロですね。
寺院名が挙げられたものは、全部正解です。
4枚目は、普段は非公開の妙心寺東海庵の坪庭です。
庭園の講習会で特別に見せていただいたので、
一般の拝観は受け付けていません。
季節ごとの特別拝観もしていないんじゃないでしょうか。
9枚目は、建仁寺です。
庭園を見る本来の視点場からではないので、
分かりにくかったかもしれませんね。
以上、講評です(笑)。
Commented by youpv at 2008-06-02 14:46
こんにちわ~。
私も庭園ばかりを見ていますので、砂紋を見れば京都のお寺は
わかりますね(笑)

9枚目は建仁寺の花頭窓のちょっと右側からじゃないですか(笑)
こうやって並べていただくと色々な模様があって面白いですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-06-03 04:56
youpvさん、コメントありがとうございます。
「花頭窓のちょっと右側から…」
はい、正解です。
流石です。
今回はyoupvさんには楽勝だったと思うので、
次回は、上級用の問題を(笑)。
砂紋もこうして並べると、
各お寺で個性があって面白いです。
でも、京都では白砂の採取がもうできないようですね。
新たに作庭するときは、
他から持ってくるようになるんでしょうか。
<< ポーラ美術館コレクション:信濃美術館 イベント >>