日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
津南町がどの辺りにあるの..
by gipsypapa at 09:05
津南といえば 豪雪地帯..
by 雪だるま at 05:59
おお、これは凄い♪ 質..
by blackfacesheep2 at 22:10
>>カミさんが結婚式に参..
by ninja2005y at 21:57
火焔型土器。本当に凄いで..
by ほしがき at 21:55
たしかにすごいですね! ..
by London Caller at 18:48
新潟まで行かれましたか ..
by yaguchitenga at 18:22
民俗資料館や郷土博物館に..
by sternenlied2 at 15:01
おはようございます^^ ..
by risaya-827b at 10:51
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 09:37
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 07:00
sarutvさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 06:22
London Calle..
by j-garden-hirasato at 06:19
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:18
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 06:15
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 06:09
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 06:05
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 06:00
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:56
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:52
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ライフログ
画像一覧


静岡の庭園:清見寺庭園

静岡に帰省の折、
清水の清見寺に寄ってきました。
市町村合併で、いつの間にか清水市も静岡市です。
しかも、静岡市が政令指定都市とは…。
時代の変化ですね。
f0049074_551244.jpg

清見寺の歴史は古く、
もともとは東北の蝦夷への備えとしてこの地に関所が設けられ、
その傍らに建立された仏堂が始まりとされています。
鎌倉時代の中頃に再興され、
足利尊氏の崇敬も得て、
日本十刹の七位に列せられたこともあったようです。
動乱の戦国時代、武田氏の駿河乱入、徳川家康の甲州攻め、
さらに豊臣秀吉の北条討伐の折には、
この寺に軍の拠点が置かれるほどの要所でした。
江戸時代には徳川家の帰依を受け、
現在の伽藍は江戸時代に建てられたものです。
明治時代、東海道線が境内を分断。
現在は、山門だけが他の建物と離れてポツンと建っています。
f0049074_5512496.jpg

徳川家康が今川氏の人質の身であった頃の遺構として、
大方丈に「手習の間」が残されています。
f0049074_5514365.jpg

ここで家康が読み書きしていたんですね。
庭園は、大方丈の裏に池泉庭があり、
この「手習の間」からも眺められます。
f0049074_5522100.jpg

庭園は江戸時代の初期、山本道斉の作庭。
家康もこの庭園を愛し、
駿府城から虎石、亀石、牛石を移して配したとされています。
家康お手植えの柏もあります。
f0049074_5522191.jpg

手前の砂利敷きは「銀砂灘」と称されています。
京都の白砂敷きとは雰囲気が違います。
白に見慣れているためか、ちょっと迫力が…。
f0049074_5524030.jpg

庭園は国の名勝に指定されています。
f0049074_5525833.jpg

境内には、五百羅漢の石像群もあります。
f0049074_5531644.jpg

五百羅漢とは釈迦如来の弟子で、
仏典の編纂に功績のあった方々。
江戸の中期に彫られたもののようです。
f0049074_5533635.jpg

どの石像も個性的です。
かなりリアルな石像もありました。
徳川家と縁の深いお寺だけあって、
境内のあちこちに葵の御紋が見られます。
f0049074_5535664.jpg

探訪日:2008.03.23
by j-garden-hirasato | 2008-05-14 05:54 | 庭園 | Comments(12)
Commented by farfarsideK at 2008-05-14 09:57
山門が線路脇にポツリとあるのが面白く、時代の流れを痛感させられますね。全国いろいろな所に五百羅漢というのがありますが、何か繋がりがあるのでしょうかね。京都の白砂敷きの方が何だか静かな佇まいみたいな心落ち着く気持になれるような気が僕はします。
Commented by ninja2005y at 2008-05-14 22:42
こういう漢字だけの何がしっていいですね。

特に達筆な毛筆というのが好きです。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-15 04:35
farfarsideKさん、コメントありがとうございます。
ほんと、山門だけポツリなんです。
面白い光景です。
五百羅漢も時代の流行だったんでしょうか。
それにしても、
だれがこんなにたくさん彫ったんでしょうね。
修行の一環だったんでしょうか。
白砂敷きについては同感です。
白砂の方が見慣れているし、
やはり「白」という色は特別な色なので、
枯山水とかで使われたんでしょうね。
京都で白砂の産地ということもありますが…。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-15 04:41
ninjaさん、コメントありがとうございます。
この毛筆の写真は書院から方丈を眺めたものです。
方丈の裏側の壁一面に毛筆で書かれてました。
意味は分かりません(笑)。
この面の一部に手習の間があったので、
家康直筆かもしれません(それは、ないない)。
Commented by hk_temple1978 at 2008-05-15 18:55
石像の五百羅漢、パワーがありますねぇ!
構図のよさも相まって、迫ってくる強さを感じます。
静岡に寄った際は伺って見たいと思います。

あと、当方のブログからリンクを張らせてもらっても宜しいでしょうか?
Commented by aippp at 2008-05-15 21:45
砂利敷きの色、これはこれで重厚感があって結構好きです~。
五百羅漢の石像郡は、かなり好きです~。
好みのお顔の石像とか、探しちゃいそうです。
こういうたくさん集まった物とか、規則正しく並んだ物には弱いですね。
三十三間堂なんて、かなりツボですから。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-16 05:10
hk_temple1978さん、コメントありがとうございます。
五百羅漢といっても、
そんなに広い場所に鎮座されているわけではなかったので、
さすがに五百体はないでしょう。
とにかく「たくさん」ということで、
「五百」が付いているんでしょうね。
(数えたら、五百あったりして…)
同じ顔がなくて、
どの羅漢さんも表情が豊かなのがいいですね。
リンクの件は了解です。
よろしくお願いします。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-16 05:25
aipppさん、コメントありがとうございます。
大名庭園や公家などの権力者が造った庭園は別にして、
庭園で使われる石とか砂利は、
近くで採れたものを使うことが多いので、
その場所の近くが石の産地だったら、
石の多い豪華なものになるし、
地域ごとで特徴があって、
そういう視点でお庭を眺めるもの楽しいです。
砂利敷きで白をイメージしちゃうのは、
京都で白川の砂利が白で多く使われているからで、
ここ清水では白い砂利が採れないんですね。
これはこれで特徴があっておもしろいです。
「規則正しく並んだ物には…」
お墓もOKだったりして(笑)。
Commented by nageire-fushe at 2008-05-17 11:17
やはり建物の中から見た庭は
切り取られた額縁のようで外で見るのとは
違う世界ですよね。
手習いの間・・この字って家康公の文字ですか?
観音経と般若心経が書かれているのですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-17 18:59
nageire-fusheさん、コメントありがとうございます。
庭園を眺める視点もいろいろあって、
縁側から眺めるもの、座敷から眺めるもの、
庭園内を歩きながら景色の変化を楽しむもの、
それぞれの視点を意識して庭園は造られます。
この清見寺庭園は縁側から眺める庭園だと思いますが、
座敷からも眺めることができると、
どうしても額縁効果を意識して、
ついつい写真をバシバシ撮っちゃいます。
「観音経と般若心経が書かれている…」
そうだったんですか。
ただの文字ではないんですね。
勉強になりました(笑)。
この文字は、家康の書いたものではないと思います。
新しかったし、もし家康のものだったらすごいお宝なので、
もっと宣伝してたはずですから(笑)。
Commented by mornbell at 2008-05-18 08:13 x
清水市と静岡市が合併?とは知りませんでした。政令指定都市も次々に増えているってことでしょうね。
白砂じゃない・・・・お聞きしてみると、随分京都の庭園と比べると、力強い感じがしますね。最近紹介していただいている庭園は、いずれも、迫力があります。原因は白砂だけじゃないような気もしますが、作庭の主眼がちがうのでしょうか?よくわからないけど、そんな印象です。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-05-19 19:07
mornbellさん、コメントありがとうございます。
最近に市町村合併で感じることですが、
「大きいことは良いこと」か、です。
自治体って、小さければ小さいほど、
住民の顔がよく見えると思うんです。
効率ばかり追わないほうが…。
庭園の迫力、これは何なんでしょうね。
自分は、石組の勢いと庭園のキャリアかなと思っています。
キャリアを積んだ古庭園は、
意匠云々以前に、やはり趣があります。
でも、古いだけじゃやはりダメで、
それなりの意匠があってこそです。
庭は奥が深いです。
<< 庭園の意匠:舟形石 球春ソフトボール大会 >>