日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
こんにちは^^ サスガ..
by risaya-827b at 15:19
こんにちは☆ 祇園、素..
by aozoracafe123 at 14:21
pikorin77jpさ..
by j-garden-hirasato at 06:27
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:24
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 06:22
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 06:16
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 06:07
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:46
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:40
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:35
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:33
umi_bariさん、コ..
by j-garden-hirasato at 05:28
おにぎりに 心奪われてし..
by pikorin77jp at 23:25
昔、家族3人でこの辺りに..
by ninja2005y at 22:38
銀閣寺、いい風情ですよね..
by sternenlied2 at 16:14
生垣の道がすごい。 庭..
by gipsypapa at 15:31
おお、銀閣寺道、懐かしい..
by blackfacesheep2 at 13:01
こちらも人気ですよねぇ~..
by N-styel at 10:11
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 09:55
白味噌仕立てで焼きおにぎ..
by saheizi-inokori at 09:09
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ライフログ
画像一覧


静岡の庭園:龍潭寺

静岡帰省シリーズ第2弾、龍潭寺庭園です。
まだ庭園に関する知識もろくに無かった学生時代(遥か遠い昔の話し)、
帰省の際、なにげなくこの庭園を訪れ、
こんな片田舎に、こんなに質の高い庭園が存在するんだ、と衝撃を受けました。
庭園の構成、管理状況、京都の庭園と比べても全く遜色のない素晴らしい庭園です。
これは龍潭寺が、この地方の領主で後に彦根城主となった井伊家の菩提寺で、
井伊家の深い帰依を受け、文化が継承されてきたことによるものでしょう。
庭園は小堀遠州の作庭とされています。
f0049074_7411389.jpg

配石の数が、庭園正面から向かって右に多く、左に少ないため、
それぞれの方向から庭園を眺めると、その雰囲気がガラッと変わります。
すばらしい演出です。
作庭者が高度な技術の持ち主であることがわかります。
f0049074_7421842.jpg

これは亀出島。
f0049074_7431841.jpg

手前中央が亀の口、その上に配された丸い二つの石が目玉とされていますが、
口さとれている石だけでも、十分亀の頭に見えます。
滝組も力強く組まれています。
f0049074_7441395.jpg

蘇鉄が植えられているのが、いかにも小堀遠州の作庭、という気がします。
庭園は国の名勝に指定されています。
探訪日:2007.01.01
by j-garden-hirasato | 2007-01-13 07:45 | 庭園 | Comments(20)
Commented by farfarsideK at 2007-01-13 08:42
庭園の丸いカットのモノが遠目でみると、サボテンみたいに見えます。あるいは子供の頭が沢山あるように見えてしまい、少しほほ笑ましく感じました。今年は暖かい冬なのでしょうけど、年々冬は自分には寒く感じます。去年掲載した自分のブログ記事を見返していたら、去年は3月に雪が降っています。寒いのはまだまだこれからかもしれませんね。大寒は2月ですからね。いつもありがとうございます。
Commented by farfarsideK at 2007-01-13 08:44
追伸
新年のご挨拶が凄く遅れてしまいました。今年もよろしくお願いします。素敵なカメラ、今年も沢山一緒に遊ぼうと思っています。素敵な庭園風景を今年も沢山見せて下さいね。春には、僕もどこか庭園探してみたいと思います。
Commented by bassneco at 2007-01-14 00:06
広々と大きな庭ですねー。
たくさんのツツジの植え込みがリズミカルで楽しいですね。見ててとっても気持ちよさそうな庭だなぁと思いました。

小さな敷地を大きく見せるのって小堀遠州の得意とするところだと思うんですけど、この庭は敷地自体が本当に大きそうですね。
ちょっと京都の智積院みたいだなぁ、なんて思ったりしました。
Commented by j-garden-hirasato at 2007-01-14 06:19
farfarsideKさん、コメントありがとうございます。
サツキの刈り込み、綺麗な状態で維持するには、
マメに手を入れていないとダメなんですが、
この庭園では綺麗に刈り込まれていて、
庭園が大事にされているんだ、ということがわかります。
サツキの咲く5月に是非訪れたい、と切望しつつ、早数十年。
未だに実現できてません。
今年も楽しい写真、お願いします。
Commented by j-garden-hirasato at 2007-01-14 06:19
bassnecoさん、コメントありがとうございます。
禅寺庭園の広さとしては、それほど大きくもなく、小さくもなく、
平均的な大きさ、というところではないでしょうか。
庭園を持たない寺院と比べると、庭園分だけ広いんでしょうね。
この庭園、手前に池があって、築山に刈り込みを配しているところ、
確かに智積院の庭園と雰囲気が似ています。
自分もはじめて観たときに、そのように感じました。
Commented by ninja2005y at 2007-01-14 20:36
わたしも2年程前には、よく家族で京都へいったりもしてたんですが
さすがに広い庭園とかは、自分なりにさへ纏めることができなかったっす。
つうことは・・・・ヤッパリわたしには、鉄工所の裏とかの方が
性にあってるのかなぁ。
Commented by aippp at 2007-01-14 22:02
立派な庭園ですねー!
右側からの眺めが好きかな♪
こんもりしたサツキがたくさんで、なんだかかわいらしく見えますね。
5月には、ピンクが賑やかな「咲き乱れる」庭になるのでしょうか。
それもまたステキでしょうね~♪
Commented by j-garden-hirasato at 2007-01-15 05:55
ninjaさん、コメントありがとうございます。
自分は庭園ばかり撮っていますが、
庭園のある寺院に行っても建物はほとんど撮らないし、
建物マニアの人は建物を撮っても庭園を撮らない。
人それぞれ、惹かれるものが違って、撮るものも違う、
だから面白いんでしょうね。
今年になって、いろいろと試しもしているんですが、
ninjaさんタッチの写真、なかなか撮れません。
使っているレンズとかもあるんでしょうか。
Commented by j-garden-hirasato at 2007-01-15 05:55
aipppさん、コメントありがとうございます。
立派な庭園でしょ、京都にあってもおかしくないでしょ。
この庭園のある湖北地方(浜名湖の北側)は、
ほんとに田舎で、のんびり、ほのぼのとしてしまうところなんですが、
庭園がいっぱんあるんです。
この龍潭寺のほかにも、長楽寺、実相寺、摩訶耶寺、大福寺など。
京都・滋賀以外で、これほど庭園がまとまっているところって、
珍しいと思います。
機会があったら、うなぎと庭園巡り、してみてください。
Commented by papaphoto at 2007-01-15 14:29
(*´∀`)ノ こんにちわ!!
以前、龍潭寺へ行った時に住職から亀出島の説明も受けましたが
目玉の事まで言ってたかなぁ・・・(笑)
j-garden-hirasatoさんの説明がなければ、口を頭だと信じ込んでいましたよ。
龍潭寺は常に庭園が綺麗に整えられていますよね。
昨年は長楽寺にも行きましたが、あそこの庭園は少し寂れた感じを受けました。
行った時期が悪かったのかもしれませんが、ホントの所どうなんだろう?
Commented by ninja2005y at 2007-01-16 01:47
>>使っているレンズとかもあるんでしょうか。

わたし?
大したものは、使ってないですよ。
ブログに貼ってあるのは、その98%がケータイ電話のカメラだし
HPに貼ってあるのは、フィルム一眼で
レンズは主に35mm/f2という極めてスタンダードな準広角レンズですよ。
フィルターも殆んど使ってないです。(UVフィルターは着けてます)

Commented by j-garden-hirasato at 2007-01-16 06:11
papaphotoさん、コメントありがとうございます。
目玉の件、勝手な思い込みかもしれません。
龍潭寺には何度か行っていますが、
説明のテープ、いつもじっくり聞いていないので…。
あんまり自身ないです。
長楽寺は、以前このブログにも書いたんですが、
ちょっと管理が行き届いていないようですね。
住職曰く、檀家の数が少なくなって、ということのようですから、
維持管理には、それなりの費用が必要で、
その費用の捻出が難しいということでしょう。
一寺院だけに文化庭園の維持を任せる、というのも、
考え直さなくてはならないと思います。
そのうち、ほんとに荒れ果ててしまいそうな気がします。
Commented by j-garden-hirasato at 2007-01-16 06:16
ninjaさん、コメントありがとうございます。
え~、携帯のカメラですか。
これは意外です。
今の携帯のカメラって、そんなに綺麗に撮れるんですか。
レンズも35mmなら、特別なものではないですね。
やっぱり腕ですかねえ。
修行が足りない…。
Commented by furarann at 2007-01-18 00:08
NINJAさんは気合で撮ってますから(爆)
好きなものを突き詰めた方がいいみたいですよ
j-garden-hirasatoさんの庭園の写真はとても好きですよ
それにしてもここのお庭の手入れ・・・
大変でしょうね・・・・(;^_^A アセアセ・・・
Commented by j-garden-hirasato at 2007-01-18 19:56
furarannさん、コメントありがとうございます。
人の物真似はしない方がいいんでしょうか。
でも、まず物真似から、と学んできたんですが…。
まあ、とりあえずマイペースってことでしょうか。
庭園写真では、がんばります。
Commented by ninja2005y at 2007-01-23 21:17
>>人の物真似はしない方がいいんでしょうか。

面白い展開なので失礼しま~す。

モノマネは決して悪いものではありませんよ。
-garden-hirasatoさんの仰る通り
”まず物真似から”というのも、わたしとしては頷けるものがあります。

でも、私の主観(飽くまでも主観です)からすると

マネをする、するとそういう画像がご自分の深層心理に残り
それが無意識のうちに、自分のオリジナルとなってでてきてしまうという
可能性も、”無きにしも非ず”ではないかと考えますので
わたしは、一切の写真集を持ちませんし
写真展(キャパは別)へは行かないことにしています。

それとj-garden-hirasatoさん、
写真は、フレーミングだけでは絶対にマネはできないですよ。

↑これは何も悪気があってというのではなく
一枚の写真における、撮影者の視点の移動、眼差しの強さというのが
人それぞれにあって違ってくるからなんです。

生意気申しました。m(__)m



Commented by j-garden-hirasato at 2007-01-24 05:59
ninjaさん、コメントありがとうございます。
字数が多いと指示されたので、分割します。
その一。
ninjaさんのおっしゃること、理解できます。
ご自分の感性を信じておられる証拠、うらやましいです。
自分としては、マネしているうちに、
だんだん自分の感性でマネしたものが変わっていって、
最終的には自分のオリジナルになる、と考えているので、
マネをしても、全くのコピーになるとは考えていません。
いいものはいい、好きなものは好き、
性にあわないものはマネはしません。
技術を盗む(ちょっと大袈裟)、ということと割り切っています。
何か、すごく、高度成長期の日本、みたいなこと書いてしまった。
自分も写真集は持っていないですね。
ただ、どこにどんな庭園があるのか情報として得るため、
書籍類は買い漁るほうです。
Commented by j-garden-hirasato at 2007-01-24 06:00
ninjaさん、コメントありがとうございます。
その二。
フレーミングに関しては、おっしゃる通り、そう思います。
写真って、突き詰めていくと奥が深くて。
自分の性格からして、奥深く突き進む、というのがどうも苦手で…。
そういう点で、あまり考えず、
すごく感覚的に写真を撮っているのかもしれません。
こういう姿勢が良くないのかもしれません…。
フレーミングだけで写真が決まる、とは考えていませんが、
まずはフレーミング、くらいの発言とご理解ください。
これからも、よろしくお願いします。
Commented by ninja2005y at 2007-01-24 21:05
>>フレーミングだけで写真が決まる、とは考えていませんが、
>>まずはフレーミング、くらいの発言とご理解ください。

実は、わたしもフレーミングって意識したことがないんですよぉ。
(↑は本当なんです。)
なんと説明すれば良いかのかが分りませんが
例えば、洗面器に水を張り、そこへ小さな小石を落とすと・・・・・・

石が落ちた地点を中心として、波紋が広がっていきますよね。

ちょっと変な例えになり、また余計に難しい説明となってしまったかもわかりませんが、フレーミングって、ある一点を中心とした時に
別段、何を考えてなくとも自然に決っていく・・・・・

なんか・・・・・そんな感じがしてます。
上手く言えないし、あやふやな言い方ですけど・・・・・
Commented by j-garden-hirasato at 2007-01-25 04:13
ninjaさん、コメントありがとうございます。
何となくですが、わかりますよ。
波紋のどこを撮るか、中心を真ん中にする人もいるでしょうし、
洗面器とぶつかるところを撮る人もいるでしょう、
波紋自体の様子を撮る人もいる。
広角で撮る人もいるし、アップで撮る人もいる。
みんなそれぞれ違う写真を撮っている。
そして、それはその人の感性がそうさせている。
それを意識するか、しないか。
そういうことですよね。
たぶん、写真を撮っているときは意識していないんでしょうね。
簡単に言ってしまうと、写真を撮る、ということは、
目の前の風景なり光景をカメラによって切取る作業なので、
どうしてもカメラの画面という枠に縛られる。
各自それぞれの感性によって、気持ちよく収まるフレームがある、
それがフレーミングだと思うのですが…。
ますます、混沌としてきてしまいましたね(微笑)。
<< 京都探訪・再び:建仁寺 竜ヶ岩洞 >>