日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
ハイボール濃いめ、良いで..
by yaguchitenga at 19:22
東京の銅像といえば、まず..
by sternenlied2 at 17:12
あはは、例によって濃い目..
by blackfacesheep2 at 13:08
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 11:08
最後の写真、 すごい行..
by gipsypapa at 09:20
西郷本がめだちますね。 ..
by saheizi-inokori at 09:09
普通銅像というと立派な軍..
by ericanada at 08:49
濃いめ‼︎(*´艸`) ..
by N-styel at 06:58
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:07
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 05:05
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 05:01
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 04:58
こんにちは☆ 青空に雪..
by aozoracafe123 at 18:17
オォ~‼ 最後の一枚は..
by N-styel at 13:30
おはようございます^^ ..
by risaya-827b at 11:12
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 11:00
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:55
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:51
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:48
yaguchitenga..
by j-garden-hirasato at 05:41
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ライフログ
画像一覧


歴史探訪・長野編:松代象山地下壕

今回は、

ちょっとシビアな歴史探訪。

少し前のことですが、

松代大本営跡『松代象山地下壕』を訪れました。

f0049074_06071336.jpg

太平洋戦争末期、

大日本帝国の国家中枢機能移転のため、

長野市松代地区の象山、舞鶴山、皆神山の3箇所で、

全長10kmに及ぶ地下坑道が掘られました。

このうち、

象山地下壕が無料で一般公開されています。

f0049074_06074385.jpg

太平洋戦争以前より、

海岸から近い東京は防衛機能が弱いと考えられており、

本土決戦を想定し、

海岸から離れた場所への中枢機能移転計画が

陸軍により進られていました。

f0049074_06081824.jpg

昭和19年(19447月のサイパン陥落後、

本土爆撃と本土決戦が現実的な問題となり、

同年同月の東條内閣最後の閣議で、

長野松代への皇居、大本営、

その他重要政府機関の移転のための工事が了承されます。

f0049074_06084586.jpg

象山地下壕には、

政府、日本放送協会、中央電話局が、

舞鶴山地下壕付近の地上部には、

天皇御座所、皇后御座所、宮内省を移転する建物が造られ、

現在も残っています。

皆神山地下壕には、

備蓄庫の配備が予定されました。

f0049074_06091855.jpg

その他関連施設は善光寺平一帯に配置され、

まさに「一大遷都」計画でした。

f0049074_06094039.jpg

昭和19年(194411111111分、

象山にて最初の発破が行われ、

工事が開始されました。

ダイナマイトで発破して、

崩した石屑をトロッコなどで人海戦術で運び出す、

という方法で工事は行われました。

総計で朝鮮人約7,000人と日本人約3,000人が

当初8時間三交代、

のち12時間二交代で工事を行い、

最盛期の昭和20年(19454月頃は、

日本人と朝鮮人約1万人が作業に従事しました。

f0049074_06101440.jpg

当時の金額で、

2億円の工事費が投入されたと言われていますが、

昭和20年(1945)年815日の敗戦により、

進捗度75%の段階で工事は中止されました。

f0049074_06104548.jpg

探訪日:2013.12.01


by j-garden-hirasato | 2014-03-10 06:11 | 遺産 | Comments(18)
Commented by London Caller at 2014-03-10 08:31 x
4枚目:一瞬、伏見稲荷大社を思い出しました!
Commented by gipsypapa at 2014-03-10 09:17
むむむ、
面白いものを見つけましたね。
防空壕はほとんど残っていないのでは。
愛媛県の八幡浜で
入り口だけを見たことがあります。
http://gipsypapa.exblog.jp/12039633/
ここのように中に入れるのは
この関連以外にもあるんでしょうか。
それにしても国家中枢機能移転のためとは
驚くべき計画があったものです。
初めて知りました。
Commented by saheizi-inokori at 2014-03-10 10:05
こんなところで戦争指揮やら国家経営が可能と考えたのは狂気の沙汰だと思います。
想像力の貧困以前。
Commented by Voyagers-x at 2014-03-10 11:59

おはようゴザイマス!!
凄く威圧感がある、少し不気味な雰囲気の所ですね。
歩いて奥に入ると何だか圧迫感を感じそう。
空想の中で崩れ落ちてきたらと想像してしまいます^_^;

今日も風が強くて寒いです (* ̄□ ̄*;


Commented by N-styel at 2014-03-10 14:29
もう驚きの事実に言葉もありません…(/ω\)
こんなコトになっておりましたか…。
逼迫した当時の空気さえも、まだ風化してないような…戒めとして後世にしっかりと伝えていかなければなりません。
二度と同じ悲劇は繰り返してはならない、強く強く思います。
ご紹介、どうもありがとォございました。
Commented by yaguchitenga at 2014-03-10 18:12
初発破が、ぞろ目なんて驚きです
縁起をかついだんでしょうかね
それでも、凄く長い防空壕を見て驚いてます
やはり、平和が1番だと感じました
Commented by 雪だるま at 2014-03-10 21:14 x
戦中の遺物
雪だるまが題材としていないジャンルです
といいますか、行動半径にこういった場所が無いんですよね

こういう遺産は
色んな意味で
これからも保存していってほしいものです
Commented by ninja2005y at 2014-03-10 22:36
>>崩した石屑をトロッコなどで人海戦術で運び出す、

産業機械とは、なんとありがたいことでしょうね。
いまだと絶対にベルトコンベアだし
トンネル掘削にはシールドですもんね。

石炭採掘でも20万トンの船満載なんて
スコップで人力なんかでしたら一生ものも痛いな量ですしね。
Commented by kikouchi at 2014-03-11 23:03 x
いささかヘンな所に目が行ってゴメンなさい。昭和19年11月11日11時11分に発破を開始。これに類する時刻の合わせ方、記憶にあります。都営大江戸線の開通、平成12年12月12日、時の石原都知事が決めました。この手の政治家には似たようなメンタリティがあるのでしょうか。

そういえば、書籍の取次が松代から遠からぬ須坂に流通センターを立ち上げようとしたのも今は昔。日本の地理的な中心にあるからなのでしょう。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-13 06:26
London Callerさん、コメントありがとうございます。
穴を支えるための補強材ですが、
確かに、鳥居と同じ形をしています。
鳥居の形は、
実は穴の支えだったりして(笑)。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-13 06:36
gipsypapaさん、コメントありがとうございます。
以前からここの存在は知っていましたが、
なかなか中に入る機会には恵まれず、
今回、ようやく訪れることができました。
公開しているのは、まだほんの一部。
よくこんなものを人力で掘ったものです。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-13 06:39
saheizi-inokoriさん、コメントありがとうございます。
資料館にアメリカ軍が撮った航空写真がありましたが、
掘り出したガラがくっきり写っていました。
この計画自体が、
バレていたんですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-13 06:42
Voyagers-xさん、コメントありがとうございます。
こういう穴に入り込むだけでも抵抗があるのに、
戦争遺産ということが加わり、
気分的には楽しいものではありませんでした。
しかも、崩れてきそうだし…。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-13 06:43
Naoさん、コメントありがとうございます。
戦争という愚行は繰り返してはいけない。
でも、自分たちの世代は経験していない。
でも、
こういう戦争遺産を後世に伝えることはできます。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-13 06:46
yaguchitengaさん、コメントありがとうございます。
こういう追い込まれた状況でも、
事故がないように、
縁起をかついだのでしょう。
工事を請け負ったのは、
今のゼネコン2社です。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-13 06:49
雪だるまさん、コメントありがとうございます。
大なり小なり、
全国各地に戦争の遺産はあったと思いますが、
戦争が終結し、
早く忘れたい、という気持ちも加わって、
保存されてこなかったんでしょうね。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-13 06:51
ninjaさん、コメントありがとうございます。
よく人力で、
これだけのものを掘ったものです。
でも、
強制労働ではなく、
賃金制だったそうです。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-13 06:54
kikouchiさん、コメントありがとうございます。
大江戸線でもそうでしたか。
トンネルを掘り縁起担ぎで、
そういう約束事があるのかもしれませんね。
「須坂に流通センター」
ずいぶん前に聞いたことがありますが、
いつの間にかなくなってしまったような…。
オリンピック招致のころだったでしょうか。
<< レトロ探訪・松本編:旧司祭館 長野そぞろ歩き・松本編:中町通... >>