日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
おはよう。 静岡出身と..
by ejichan555 at 09:26
スーパームーンも夜景も ..
by gipsypapa at 08:55
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 05:23
London Calle..
by j-garden-hirasato at 05:17
iris304さん、コメ..
by j-garden-hirasato at 05:09
blackfaceshe..
by j-garden-hirasato at 05:07
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:03
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 04:59
雪だるまさん、コメントあ..
by j-garden-hirasato at 04:57
つい先日のこと 若い子..
by ninja2005y at 22:37
家康のこと、初めて聞きま..
by London Caller at 22:06
こんにちは〜 スー..
by iris304 at 17:31
徳川家康と言えば、このあ..
by blackfacesheep2 at 15:49
おはようございます!! ..
by voyagers-x at 10:24
やっぱり満月と城は合いま..
by saheizi-inokori at 09:43
あれま 静岡の駅 随..
by 雪だるま at 05:42
YuccaRさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 05:24
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 05:18
aozoracafe12..
by j-garden-hirasato at 05:14
焼津の魚センターには行っ..
by YuccaR at 21:21
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
ライフログ
画像一覧


庭園探訪:慶沢園

大阪探訪第4弾。
四天王寺の次に訪れたのは、
天王寺公園内にある『慶沢園』。
f0049074_5493057.jpg

住友家・茶臼山本邸庭園として作庭された
池泉回遊式庭園です。
f0049074_5495493.jpg

設計は木津聿斎、
作庭は小川治兵衛。
f0049074_5502290.jpg

明治41年(1908)に着工、
大正7年(1918)に完成。
f0049074_5504231.jpg

全国から銘石・銘木が集められ、
完成までに10年の歳月が費やされました。
f0049074_551387.jpg

大正10年(1921)、
隣接する茶臼山とともに
住友家から大阪市に寄贈されました。
f0049074_5512756.jpg

小川治兵衛らしい意匠が
あちこちに見られました。
f0049074_5514797.jpg

定番の石臼を使った飛石も健在。
f0049074_552457.jpg

意匠が特徴的な石橋。
f0049074_552185.jpg

これも銘石の一つでしょうか。
f0049074_5524121.jpg

人が笑った横顔のようで、
何ともユニーク。
f0049074_5532830.jpg

ちょっとしたところに見られる意匠が、
味わい深いです。
f0049074_5534864.jpg

撮影日:2012.03.22
by j-garden-hirasato | 2012-04-27 05:54 | 庭園 | Comments(22)
Commented by voyagers-x at 2012-04-27 09:45 x

おはようゴザイマス!!
石と池がテーマの様な素朴な雰囲気がいいですね。石にもいろいろな表情がありますね。石の経年変化が楽しめそう。苔生した感じがいいですね。どこからともなく苔の臭いがしてきそう。今日は快晴になっています。でも今朝の天気予報では連休中はあまり天気よく無さそうですね。


Commented by N-styel at 2012-04-27 16:42
下から3枚目、ワンちゃんがお座りをしていい子にしている姿に見えました!!
!(^^)!
ホント、随所に素敵な御配慮があって、それでいてスッキリと纏まっている印象が心地良いお庭ですね。
10年の歳月をかけて整えられたお庭、ホントに素晴らしい…。
当時の財力の大きさとお庭への思いが伝わって参ります。
!(^^)!
Commented at 2012-04-27 16:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kafe3232 at 2012-04-27 18:52
人の横顔見たいな石・・・
確かに、笑っているように見えますが、
下あご出過ぎ・・・(笑)
Commented by ninja2005y at 2012-04-27 23:12
茶臼山ってこの辺りに合ったんですね。

あ!そっか!
【じゃりん子ちえ】てバリバリの大阪ですもんね。


ナルホド・・・
Commented by yaguchitenga at 2012-04-28 05:43
石を見事に撮りましたね。この前清澄庭園に行った時は
難しすぎてうまく撮れませんでした。ほんとに笑っているようです
Commented by risaya-827a at 2012-04-28 15:30
j-garden-hirasato さん、こんにちは^^
10枚目、これはワンコでしょう?
人間だとしたら原始人の顔かしら? (笑)
でも、面白いのや素敵なのや、なるほどと思わせる意匠がいっぱい☆
これは飽きませんね、きっと!!!
完成まで10年とは恐れ入りましたm(__)m
Commented by London Caller at 2012-04-28 20:36 x
石臼の飛石、すてきなアイデアなんですね!
ハイヒールをはいている女はこれを踏まないんでしょうね。^^;
Commented by 雪だるま at 2012-04-30 05:33 x
違う視点で見せて頂く庭園
感無量ですね
同じ風景でも
見る人と機材によって変わる風景がまた楽しくもあります
Commented by j-garden-hirasato at 2012-04-30 21:01
voyagers-xさん、コメントありがとうございます。
時間の経過とともに、
味わいが増していくのが庭園です。
この時間の経緯が楽しめるようになると、
庭園の見方も変わります。
そういう楽しみ方、
他にはないかもしれません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-04-30 21:07
Naoさん、コメントありがとうございます。
何をイメージしてこの石を選んだかは知りませんが、
自分には、
笑う原始人にしか見えません。
個性が強過ぎです。
10年って、
今ならすごく長く感じるかもしれませんが、
当時はそれほどガツガツしていなかったので、
そんなものだったのかもしれませんね。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-04-30 21:10
鍵コメさん、コメントありがとうございます。
実家には、GW後半を予定しています。
状態が少し良くなってきたようなので、
前半は、
自分の身の回りのことをいろいろしてました。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-04-30 21:12
kafe3232さん、コメントありがとうございます。
誰が見ても、
笑った顔に見えますよね。
なんで、
こんな石を選んだのでしょう。
真相を知りたいところです。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-04-30 21:14
ninjaさん、コメントありがとうございます。
茶臼山は、
この庭園のすぐ隣りの丘でした。
【じゃりん子ちえ】に、
茶臼山が出てきましたっけ。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-04-30 21:20
yaguchitengaさん、コメントありがとうございます。
石がどう組まれているかで、
その庭の雰囲気が決まってしまいます。
石を立てれば、
キリっとした緊張感が漂う庭園になるし、
石を寝かせれば、
穏やかな庭園になります。
この庭園を造った小川治兵衛は、
立てるより寝かせる組み方が多いですね。
治兵衛の庭は、
どこも穏やかです。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-04-30 21:24
risayaさん、コメントありがとうございます。
不思議な石ですよね。
こんなヒョウキンな石は初めてです。
龍とか虎とか、
昔から庭園の主題に登場するものなら分かりますが、
この石は、
自分も原始人かと…。
実際には、何を表しかったのでしょうか。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-04-30 21:28
London Callerさん、コメントありがとうございます。
小川治兵衛は、
この石臼をよく使います。
この庭園では、
飛び石以外にも、
手水鉢周りにも使われていました。
この「円」を好んだんでしょうね。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-04-30 21:35
雪だるまさん、コメントありがとうございます。
雪だるまさんが、
どんな視点で庭園をご覧になっているのか、
実に興味があります。
自分の場合、
写真を楽しむというより、
どうしても庭園を紹介するという視点になってしまいます。
でも、
これが自分の写真、
と、ようやく割り切れるようになりました。
技術面は、
少し脇に置いといて、の話ですけど(笑)。
Commented by shinmemo0417 at 2012-05-01 06:35
東の岩崎家に対して西はやはり住友家
作庭も池をぐるりと回遊する型も、どことなくコンセプトが近いですね
あでやかさの岩崎家に対し、小川さんを採用する辺りも渋いです
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-02 21:51
shinmemo0417さん、コメントありがとうございます。
江戸時代、
各大名が競って大名庭園を造ったように、
明治時代には、
財閥が大庭園を作庭しました。
そのお蔭で、
こうして一般庶民の自分たちが
こういう庭園を楽しめるのであって、
実にありがたいことです。
小川治兵衛は、
関西だけでなく、関東でも作品を残しています。
当時、日本庭園といえば小川治兵衛だったんですね。
Commented by gipsypapa at 2012-05-03 09:21
3枚目の写真の遠景に写っている建物は
大阪市立美術館かな。
1回だけ行ったことがありますが、
その時にはこんな庭園があるのに気づきませんでした。
天王寺公園は広いですよね。
行った時は美術館が閉まっていたので
近接写真が撮れていません。
いつか機会があれば、
もう一度ゆっくり行ってみたいです。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-05-05 06:00
gipsypapaさん、コメントありがとうございます。
「3枚目の写真の遠景…」
さすが、正解です。
この庭園は、
美術館の脇から入って、
ちょうど建物の裏手になるので、
建物に気を取られていると、
気が付かないかもしれませんね。
建物も存在感があったし、
可愛らしい券売所が印象的でした。
残念ながら、
時間がなく、建物内には入りませんでしたが、
後日アップの予定です。
<< 散歩の景:遅い春を楽しむ 庭園探訪:大阪・四天王寺本坊庭園 >>