日本庭園、レトロな建物、古い町並みなどを巡っています。
by j-garden-hirasato
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログジャンル
タグ
カテゴリ
全体
庭園
文化財
土木遺産
町並み
伝統
季節
芸術
風景
スポーツ

仏像
空港
祭り
土木構造物

商業施設
北アルプス

レトロな建物
歴史的建物
神社仏閣
美術館・博物館
街道歩き
そぞろ歩き
ランドスケープ
公園
遊具
イベント
日常
長野
鉄道
自然
山岳
廃墟
映画
港・漁港
高原
海辺
温泉地
観光地
スタジアム


動物
現代建築
産業遺産
遺産
バイク
未分類
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
Slow Life
BLOWIN' IN T...
京都写真(Kyoto P...
シャシンとノート(臺灣編)
Another  war...
漂泊のブロガー2 
みどりのたより
*un deux trois*
Musta96 Mono...
夏の道
smile 自然の散歩道
レトロな建物を訪ねて
風の色を探して。。。
歌ったり 走ったり 考えたり
一茎草花
花景色-K.W.C. P...
京都でお仕事してます!!
かもすブログ
CAFE LATTE
TOM's Garage
カフェ・ロッジ パルチザン
N-style
はーとらんど写真感
夢と希望
Voyagers ......
おすすめサイト
自社HP 『庭園探訪
は、ただいま閉鎖中。
再開をめざして、ただいま再構築中。

ブログ
苗成長日記
自然保護レンジャーの日記
蕎麦喰らいの日記
雪だるま倶楽部
最新のコメント
津南町がどの辺りにあるの..
by gipsypapa at 09:05
津南といえば 豪雪地帯..
by 雪だるま at 05:59
おお、これは凄い♪ 質..
by blackfacesheep2 at 22:10
>>カミさんが結婚式に参..
by ninja2005y at 21:57
火焔型土器。本当に凄いで..
by ほしがき at 21:55
たしかにすごいですね! ..
by London Caller at 18:48
新潟まで行かれましたか ..
by yaguchitenga at 18:22
民俗資料館や郷土博物館に..
by sternenlied2 at 15:01
おはようございます^^ ..
by risaya-827b at 10:51
おはようございます ! ..
by voyagers-x at 09:37
おはようございます。 ..
by tomiete3 at 07:00
sarutvさん、コメン..
by j-garden-hirasato at 06:22
London Calle..
by j-garden-hirasato at 06:19
ninjaさん、コメント..
by j-garden-hirasato at 06:18
sternenlied2..
by j-garden-hirasato at 06:15
risaya-827bさ..
by j-garden-hirasato at 06:09
Naoさん、コメントあり..
by j-garden-hirasato at 06:05
gipsypapaさん、..
by j-garden-hirasato at 06:00
voyagers-xさん..
by j-garden-hirasato at 05:56
saheizi-inok..
by j-garden-hirasato at 05:52
最新のトラックバック
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
Rhodes Hotel..
from 英国紀行
THE BLACK HO..
from 英国紀行
Canterbury C..
from 英国紀行
Churchill Gu..
from 英国紀行
HOPE ANCHOR ..
from 英国紀行
Seaside B&B ..
from 英国紀行
Manchester P..
from 英国紀行
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ライフログ
画像一覧


レトロ探訪:旧エンバーソン住宅

サクラが散り、
気分はもう夏気分ですが、
ちょっと前のアップです。
f0049074_186223.jpg

春休みに静岡の実家に帰ったとき、
大雨の降る中、午前は駿府公園に出掛け、
午後は以前から気になっていた
「旧エンバーソン住宅」に行きました。
f0049074_1862863.jpg

キリスト教伝道のために派遣された、
カナダ人ロバート・エンバーソンの自邸です。
f0049074_1865014.jpg

明治37年(1904)に建てられたのを、
昭和61年に移築したものです。
当初に建てられてから、
すでに100年以上が経過しています。
f0049074_1871037.jpg

何ともいえない時間の経過が染み付いていて、
なぜか、ホッとします。
f0049074_1873788.jpg

この建物の当初の主であったエンバートン氏。
数奇な運命を歩んでいました。
f0049074_1875786.jpg

明治34年(1901)に来日。
明治37年(1904)にこの建物を宣教師館として建設。
明治40年(1907)に任期を終えて帰国。
明治41年(1908)に日本駐在宣教師団総理として再来日、静岡に滞在。
明治42年(1909)に健康を損ない入院。
明治43年(1910)1月に療養のために帰国。
その年の2月に死去。
日本で暮らしたのは、10年足らず。
f0049074_18816100.jpg

キリスト教の布教が仕事の宣教師、
信じる神のために、でしょうか。
f0049074_1883825.jpg

建物探訪するときは、
建物そのものを見るようにしています。
f0049074_1885729.jpg

サクラには、ちょっと早い時期の探訪でした。
f0049074_1891986.jpg

撮影日:2009.03.22
by j-garden-hirasato | 2009-04-19 18:13 | レトロな建物 | Comments(18)
Commented by nakanokeiichi at 2009-04-19 20:47
古い木造洋風建築 いいですね
当時の大工さんの意識はいかがなものでしたのでしょう。 しっかり残っているってコトは まじめに仕事をしたのでしょうね。 ポストアンドビームで作ったのでしょうから 柱芯のピッチが知りたいです  インチかもしれません。         で ロバートさん 水が合わなかったのですか・・
Commented by ninja2005y at 2009-04-19 22:24
ウチの近くにもこういう建物があり
(カネボウ所有)
それを今度は、神戸の譲渡し(県かもしれない)
今は建物丸ごと引越して、明石海峡大橋の袂に移設中であります。

どうも、明石海峡大橋の近くにこういう建物を纏めたいらしく
他に移情閣・旧木下邸(未公開で只今修復中らしい)
もありますね。

孫文記念館(移情閣)
http://sonbun.or.jp/jp/

旧木下邸
http://kobeport.exblog.jp/10065469/

武藤邸
http://www.hi-net.zaq.ne.jp/odagiri/topics06/mutou.html


ちなみに武藤邸の写真の近所に我が家があります。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-20 05:20
nakanokeiichiさん、コメントありがとうございます。
この建物の設計者、実際に造った人物等のデータはなく、
分からないんですが、
当時とすれば、最新の建築技法だったんでしょうから、
どういう人達がどんな経緯で関わったんでしょうね。
地元の工務店で造ったりもしたんでしょうか。
また、日本建築の技術は活かされたのか、
などなど、考えてみるのも楽しいですね。
「水が合わなかった…」
カナダは硬水なのかなあ。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-20 05:36
ninjaさん、コメントありがとうございます。
こういう建物が一堂に介するのも楽しいですね。
明治村みたいで、観光名所になります。
神戸の異人館を意識しているんでしょうか。
「武藤邸の写真の近所に我が家…」
いいところにお住まいなんですね。
海はすぐだし、明石海峡大橋も近いし、
ちょっと行けば四国ですか。
瀬戸内の景色って、憧れです。
Commented by 雪だるま at 2009-04-20 05:53 x
こういうレトロな洋館とっても好きです
静岡は兄弟が住んでいる場所なので
行こうと思えば行ける場所
いつかその折に訪れてみたくなりました

雨に濡れて雰囲気が出ている写真
堪能させていただきました
Commented by farfarsideK at 2009-04-20 09:55
雰囲気のある洋館ですね。桜が終わり暑くなるまでちょと過ごしやすい気候になりますね。ここは宣教師館だったのですね。普通の洋館のような雰囲気ですね。別荘みたいな素敵な雰囲気に感じました。
Commented by Mozuku_18 at 2009-04-20 15:21
100年。永いですね。
100年後、現在の建物もこんな風に手沢を感じる
モノになれるのかな。。。

Commented by beibe-k at 2009-04-20 18:59
こんばんは!!ご無沙汰していました。
エンバーソンというお名前は初めて聞きました。この建物の手すりなどなぜか、すごく愛おしい感じがありますね。建物そのものになにか人のぬくもりみたいなものを感じます。私は近畿ではヴォーリズの建物をみることがあります。自分にもっと建物を見る眼がはしいです。
Commented by shinmemo0417 at 2009-04-21 00:15
建築探訪の時は建物のヒストリーが一番大事だと思っています
単なる物理的現象だけで見れば、この館もアメリカ田舎風、あるいはコロニアル風の普通の建物です。
建物は其所に住んだ人の歴史だけだと思っていますが、いかが.......
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-21 05:49
雪だるまさん、コメントありがとうございます。
この旧エンバーソン住宅は、
日本平動物園に隣接して建っています。
動物園の遊園地のロケットのすぐ横。
ちょっと分かりにくい場所ですが、
機会があったら行ってみてください。
でも、わざわざここだけ見に行くのは、
レトロな建物好きに限定されるんでしょうか。
かなり、地味です。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-21 05:54
farfarsideKさん、コメントありがとうございます。
ここを訪れたのは、サクラが咲き始めの頃だったので、
お目にかかれませんでしたが、
満開になると、サクラのトンネルになって、
すごく雰囲気がいい、とのこと(管理人のおばちゃん談)。
来年、またチャレンジしてみます。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-21 06:01
Mozukuさん、コメントありがとうございます。
現代の建物はどうでしょうね。
時間が経てば、レトロ感が出てくるんでしょうか。
現代建築で建物様式ってあまり聞かないから、
混沌としたまま、なくなっちゃうんじゃないんでしょうか。
残るとしたら、有名人の大豪邸かなあ。
でも、この建物だって、
当時はそういう存在だったんですからねえ。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-21 06:18
beibe-kさん、コメントありがとうございます。
たぶん、静岡の人間しか知らないと思います。
この時代の建物には、
beibe-kさんがおっしゃるように、
「愛おしい感じ」、「人のぬくもり」が感じられますね。
それに、はまってます。
「ヴォーリズの建物」もいいですね。
近江八幡にも、いつか行きたいと思ってます。
なかなか機会に恵まれませんが(笑)。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-21 06:30
shinmemo0417さん、コメントありがとうございます。
建物とそこに住んだ人物を
全く分離して考えている訳ではありませんが、
意識しないようにしているのは、
ただ、こういう時代の建物のもつ時間の重み、
エイジングのようなものを純粋に感じたいのかもしれません。
こういう雰囲気は、
人間が意図的に造ろうとしても、
なかなかできるものではありません。
そういうものを写真で撮りたい、と思っています。
なかなか、うまく撮れていませんが(苦笑)。
これは、日本庭園にも共通していることで、
このエイジングが「詫び・寂び」へと通じているのではないか、
と、思っています。
Commented by candypop-m at 2009-04-21 09:17
素晴らしい♪
建物に歴史あり!時代を語り継ぐものなのでしょうね
それがまたきちんとした形で残されているって凄いことですよね

去年ヨコハマの山手洋館へ行きましたが
レトロな窓枠や扉・調度品などなど
一瞬であの頃へタイムスリップできる雰囲気を持っていました
近代的なオシャレな建物も良いですが
たまには古き時代に想いをはせてみるのも楽しいものですね


Commented by kikouchi at 2009-04-21 22:14 x
写真から建物の雰囲気が濃厚に伝わってきます。
古民家などでは、移築されるとなんだか取ってつけたような感じになる事が多いですが、そういう違和感がまるで感じられない写真ですね。
何回も見に来てしまいました。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-22 05:54
candypop-mさん、コメントありがとうございます。
こういう歴史なある建物には、
とても魅力を感じます。
訪れるとなぜかホッとします。
ただ残ってきたのではなく、
残すためにいろいろな人が関わって、
残されてきたわけで、
そういう気持ちが宿っているのかもしれません。
横浜にはこういう洋館が多く残されているみたいですね。
いつか訪れてみたいです。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-22 06:07
kikouchiさん、コメントありがとうございます。
移築されたばかりの頃は、
そんな感じがあったのかもしれませんが、
この建物自体、
この場所に移築されて20年以上が経っています。
移築の際、
新しい部材をどれくらい使うかでも、
雰囲気がガラッと変わってしまうかもしれませんね。
移築と言いながら、
部材が新しいものばかりだったら、
新築と変わりませんから。
<< 庭園意匠:借景 サクラ散る >>